歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

その日、歴史が動いた 文化人 キリシタン

名医・曲直瀬道三は腕もスゴくて患者も凄い! 信長、元就、長慶、義輝、正親町天皇……

更新日:

戦国時代には、二人の「道三(どうさん)」がいます。
一人は信長関連の逸話でお馴染みの斎藤道三。「美濃のマムシ」と称されるほど手段を選ばない人物で、下克上を成し遂げた例の一つとしてもよく挙げられます。
「名は体を表す」とはいいますが、もうひとりの「道三」は、斎藤のほうとは全く違う生涯を歩みました。

永正四年(1507年)9月18日は、医師の曲直瀬道三(まなせ どうざん)が誕生した日です。

戦国武将のような派手さこそないものの、別の意味で伝説を作ったお人……というのが彼に対する正しい形容でしょうか。
さっそく生涯を追いかけていきましょう。

 

近江源氏・佐々木家の血を引く

道三は、近江源氏の佐々木家の血を引くといわれています。
しかし母は出産の翌日に亡くなり、父もすぐ戦死したため、親族に育てられたようです。

みなしごの運命は過酷なもの。
それが戦国の世であればなおさらです。
道三は9歳で京都の相国寺に入り、仏道を歩み始めました。

転機は、22歳のときに訪れます。
足利学校で学ぶため東国にやってきた道三は、にわかに医学へ興味を惹かれたのです。

というか医学も宗教も他者を救うものですから、そうかけ離れているわけでもありませんね。
また、日本には薬師如来が存在するように、現世利益(「死後の救済よりも、生きている間の苦難から救ってほしい」という考え方)も広く求められていたので、道三もその辺から医学に関心を持っていったのでしょうか。

そして名医として知られた田代三喜斎(さんきさい)と出会い、入門して当時の明からもたらされたばかりだった、最新の漢方医学を修めました。

 

スポンサーリンク

松永久秀には夜の生活指南書を提供

こうして医学を学んで京都へ帰ってきた後は、還俗して医師としての務めに専念します。

早いうちから信用を得ていたらしく、将軍・足利義輝や細川晴元、三好長慶など、室町幕府のお偉いさんを多く診察。
また、松永久秀には夫婦の夜の生活に関する指南書を渡しています。まぁ、医学と関係あるといえばありますものね。

久秀は子沢山ではなかったので、単純にもっと子供がほしかったのかもしれません。
子授けの神社とかおまじないの類に行かないあたりが、合理主義の久秀らしいですね。

三好長慶は信長よりも前に天下人!? 松永久秀に翻弄されて迎えた不憫な最期

徐々に信頼を集めていった道三に、次は朝廷からお呼びがかかりました。
53歳のとき初めて皇居に参上し、たびたび訪れるようになっています。

当時は、正親町天皇が即位して三年目の頃。
毛利元就の献金により即位式ができた頃か、その前くらいだと思われます。

天皇の診察を許されるのはもっと後の話なので、后妃や女官たちの中にでも、この時期に体調を崩していた人がいたのでしょうか。
公家なら自分の家に呼ぶでしょうしね。

あるいは既に公家の中で道三の診察を受け、体調を回復したことがあったので、「宮中にお勧めしても良いかもしれない」と考えた……なんてのもありそうです。

毛利元就はナゼ一代で中国地方8カ国を支配できたのか 人生75年の出世ストーリー!

 

月山富田城攻めの最中にも診察を頼まれるほど

宮中でも信頼された道三は、毛利家への使者を務めたこともあります。

毛利家にも道三の医術の腕が伝えられていたようで、その後たびたび元就の治療にも赴きました。

元就の長寿は、本人の節制もさることながら、道三の功績でもあったのでしょう。
なにせ、永禄九年(1566年)の月山富田城攻めの最中にも、診察に行っているくらいですから。

他にも道三は、能登(現・石川県)の大名・畠山義綱とも交流していたようです。
能登畠山氏は代々文化や医学に関心が強い家柄だったことや、義綱が中風にかかっていたこともあり、その治療をお願いしたのでしょう。

天正二年(1574年)には、著書を朝廷に献上し、正親町天皇の診察も頼まれるようになっていました。

過酷な戦国時代を生き抜いた正親町天皇 ド貧乏だった朝廷は信長に助けられ……

 

スポンサーリンク

弟子は数百人単位……信長の診察も行い、あの蘭奢待を!

織田信長の上洛後は、信長の診察も行い、名香・蘭奢待(らんじゃたい)を下賜されています。

蘭奢待は正倉院にある名香木で、ごく限られた功績のある人しか切り取りを許されないという秘宝です。
信長はこの年に切り取ったばかりでした。

まさか手元にある分全部を道三にやったわけではないでしょうけれども、どのくらいだったのかはわかりません。
蘭奢待は50回くらい切り取られた跡があるらしいので、信長が切り取った部分の大きさも推定しにくいですしね。

わかるのは、「信長が道三の腕を認め、最大限の敬意を表するために蘭奢待を使った」ということでしょうか。
医師としてだけでなく、これだけ多くの人にアテにされた人も珍しいでしょうね。

蘭奢待/wikipediaより引用

茶の湯に通じていたことも、大名との付き合いに有利に働いたと考えられています。
時代や大名によっては、スパイとして召し抱えようとした可能性もあるでしょう。

多忙な中でも著作や後進の育成に力を注いでおり、弟子は数百人単位。
その分、自身の健康にも気を使っていたようで、なんと77歳のときに豊後(現・大分県)にいたイエズス会宣教師・オルガンティノを診察しています。

また、これがきっかけでキリスト教に入信し、洗礼を受けました。
洗礼名は「ベルショール」といいます。

オルガンティノ同様、この頃に診察したベルショール・デ・フィゲイレド神父からきているようです。
既に秀吉の時代に入りかけていたこともあってか、宗教的な活動はしなかったようですが。

織田信長は意外と優しい!? 49年の生涯をスッキリ解説!【年表付き】

 

子孫は江戸幕府の奥医師筆頭「典薬頭」を世襲

天正二十年(1592年)には後陽成天皇から橘姓と今大路の家号を賜り、道三の子孫は「今大路」を名乗るようになりました。

道三は一男一女がいましたが、息子が早逝してしまったため、妹の息子を娘の婿養子として、家と医術を継がせています。

健康オタクで知られる徳川家康とのエピソードを聞かれないのが不思議ですが、道三当人が1594年に没してしまったため、この段階では親しくなる機会に恵まれなかったせいですかね。

かといって功績が評価されていなかったワケではないようで、彼の子孫は後々、江戸幕府の奥医師筆頭である「典薬頭(てんやくのかみ)」を世襲。
道三が師の三喜斎から教わった「個々人に合わせて薬を調合・処方すること」を守り続けます。

現代であれば当たり前のことですが、中にはいわゆる“教科書通り”な処方のために、月にキロ単位の薬を飲まねばならない人もいますよね。
それが本当に必要なものであったり、最低限に減らしてもそういった量になってしまうこともあるのでしょうが……。

高齢化もあって、どちらのドクターもとてもお忙しいでしょうけれども、道三のように、どんな人とでも向き合って診察・処方をしていただきたいものですね。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:曲直瀬道三/wikipedia

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-その日、歴史が動いた, 文化人, キリシタン

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.