歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

その日、歴史が動いた 諸家

蘆名家を滅ぼしたのは蘆名盛隆? 二階堂家からやってきた元人質の身内贔屓が……

更新日:

一昔前まで「女性は結婚したら、嫁ぎ先の言うことを聞くように」というのが当たり前でした。
しかしこれ、よくよく考えれば婿養子にも当てはまります。どちらにしろ「実家を出て別の家に入るのだから、以後は結婚先に従う」というわけです。
戦国時代、これを怠ったばかりに、なかなか笑えない事態を招いた人がいました。

天正十二年(1584年)10月6日は、戦国大名の蘆名盛隆が亡くなった日です。

戦国時代の東北を見ていくとよく出てくる名前ですが、「今初めて見た」という方もいらっしゃるかもしれませんので、まずは「蘆名家とはどんな家なのか」をざっくりお話しするところからいきましょう。

 

桓武平氏の流れをくむ三浦義明の七男が祖

会津蘆名家は、桓武平氏の流れをくむ三浦義明の七男・佐原義連をご先祖様とする家だといわれています。

つまり、蘆名氏全体が平氏、ひいては皇室の末裔ということになりますね。
まぁ、日本である程度由緒ある武家は、大半が皇室(源氏・平氏)か藤原氏の血を引いておりますけど。

蘆名家は室町時代から会津守護を名乗り始め、十六代・盛氏が家を大きく発展させました。

しかし、親戚の猪苗代家を含めた家中の統制であたふた(マイルドな表現)していたところ、天正二年(1547年)に十七代の盛興が亡くなり、さらには天正八年(1580年)に盛氏もまたこの世を去って、混乱の極みに陥ります。

仕方がないので、蘆名家の家臣たちはどこかから養子を迎えて、家名を保とうと考えました。
そこで白羽の矢が立ったのが、これまた東北の名家である二階堂家の盛隆でした。

 

スポンサーリンク

「人質だったのに、いつの間にか当主を任されていた」

二階堂家は、藤原南家・武智麻呂(むちまろ)の子孫といわれる家です。
途中の動向が不鮮明な部分もありますが、二階堂氏も鎌倉以来の長い歴史を持っており、いつの頃からか現在の福島県須賀川市に根を下ろしていました。

ただし、この時代には蘆名氏に圧されて人質を出しており、栄えていたとは言い難い状態でもありました。
その人質が盛隆です。

彼は先代である盛興の未亡人、そして自分から見れば叔母でもある彦姫と結婚して蘆名の婿養子に入っています。
叔母とはいえ、彦姫は盛隆の9歳上ですから、当時としては「ちょっと歳離れてるけど別にいいよね」くらいの感じだったでしょう。

ついでにいうと、彦姫は伊達晴宗の娘であり、伊達政宗にとっては叔母にあたります。まぁ、火種の予感がしますわなぁ。

また、盛隆は4歳の時から蘆名氏の人質になっていたので、家を継ぐ事自体は違和感がなかったかもしれません。
婿入りする前に彦姫と接点が多かったかどうかはわかりませんが、何度かは顔を合わせたこともあったでしょうし。

「人質になったと思っていたら、いつの間にか当主を任されていた」という一見わけのわからん話ですが、こうして盛隆は東北の雄・蘆名家を背負っていくことになります。

 

段々と二階堂家に肩入れをし始めて……

当初は御館の乱が終わったばかりの上杉家へ工作をしたり、信長と連絡を取って朝廷から官位を受ける斡旋をしてもらうなど、時勢に敏感に動いていました。

が、次第に実家である二階堂家を再興させようと動き始めてしまいます。
これはもちろん、蘆名氏の家臣たちからすれば面白くない話です。
「元は人質だったくせに生意気な!」
と思われてしまいますよね。

現代でいえば、
「創業者一族の直系が絶えてしまったので、同業他社からの入婿だった専務が社長になった。だが、今の会社より実家の会社が有利になるように動き始め、株主会議でフルボッコになった」
みたいな感じでしょうか。あくまでイメージですが。

これがもう少し落ち着いた時代であれば、お家騒動くらいで済んだでしょう。

しかし、ときは群雄割拠の戦国時代。
家中が乱れれば、それは即座に他家へ隙を晒すことになります。

この場合は、上杉家が真っ先に横槍を入れてきました。
直江兼続などにより、葦名家臣への調略が行われ、蘆名家は内乱状態に陥ってしまうのです。

 

スポンサーリンク

伊達家を頼ろうとしたら政宗が当主になってて笑えない

盛隆はこれに対し武力での解決を図りました。
が、黒川城で寵臣にブッコロされてしまいます。あっけない……。

幸い息子・亀王丸はいたものの、まだ生後一ヶ月の新生児ですから、当然、家中の采配などできるはずがありません。

そのため、亀王丸の母である彦姫が実家の兄・伊達輝宗(政宗のトーチャン)を頼って、家を守ることにな……ったつもりが、伊達家の方でも代替わりしてしまい伊達政宗が当主になりました。
そして伊達家は蘆名家と戦う事を選んだのです。

更に……苦境に陥った最中に亀王丸が幼くして疱瘡で死亡。
もうどうにもならない不幸のオンパレード状態に陥りました。

当然「蘆名家の名跡を誰が継ぐか?」という話が周辺の大名の間で持ち上がりました。
具体的には、政宗の弟である伊達小次郎と、佐竹義重の次男・義広が火花を散らします。

鬼義重と称された佐竹義重 秋田美人を育て、水戸を3大ブスにしたのも……?

 

大名として復帰させて貰うも関ヶ原で西軍についてあっけなく

最終的に義広が蘆名氏を継ぎましたが、摺上原の戦いで負けて領地を伊達家にぶん取られることに。
これについては秀吉が「ワシが惣無事令出した後になにドンパチしてくれてんの?」(超訳)と伊達家から旧蘆名領を取り上げたため、一応蘆名家は大名に復帰しました。

が、関が原で西軍側についたので、また領地を没収されています。

義広は「盛重」と名を改めて実家に戻りましたが、息子たちが立て続けに亡くなって血筋も家名もまた絶えてしまいました。
ここまでくるともはや「何の呪い?」ってレベルですね。もう、てんやわんやですよ。

ただし、蘆名氏の別系統の血筋である針生氏が伊達家に仕えて存続しているので、一族全滅というわけでもありません。こちらは仙台藩四代・伊達綱村によって、蘆名氏への改姓を許されています。

養子を迎えてでも名を保とうとした本家が滅んで、地道にやっていた分家筋が旧姓に復したことになるわけですが、なんとも皮肉ですね。
運命のいたずらといえばそれまでですけれども。

長月 七紀・記

伊達政宗の2大イベント「摺上原の戦い」と「小田原参陣」は両方6月5日に起きていた

 

危うく改易の伊達騒動 ドタバタの遠因はやっぱり政宗だったのか?




スポンサーリンク


【参考】蘆名盛隆/wikipedia 蘆名氏/wikipedia 二階堂氏/wikipedia

 



-その日、歴史が動いた, 諸家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.