歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

女性 飛鳥・奈良・平安時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

清少納言はインテリでヒステリックな性格!? 結婚歴や枕草子秘話など素顔に迫る

投稿日:

平安時代の有名人といえば、
桓武天皇
藤原道長
平将門
平清盛
あたりでしょうか。
この四人について調べれば、平安時代の重要事項にかなり触れられます。

しかし同時代は、日本史の中でも、女性に関する逸話が多いのも特徴でありまして。

和歌や著作などの文学が発達し、活躍の場が大いに広がりました。
特に漢字を簡略化した「カタカナ・ひらがな」が生まれてからは、「漢字は男性、かなは女性の書くもの」と、歌や文章を書ける人数が急増します。

特に道長をはじめ、摂関家が強い力を持っていた時期は、後宮のあっちこっちで女性を中心とした文学サロンが開かれます。
その代表格が一条天皇の中宮・定子に仕えた清少納言、そして同じく一条天皇の后になった彰子に仕えていた紫式部でしょう。

今回は清少納言についてお話したいと思います。

 

文学的才能に恵まれた血筋だった

清少納言と言えば、三大随筆のひとつ「枕草子」の著者。
それも突発的に備わった才能ではなく、血筋的に文学的素養のある家柄でした。

父・清原元輔(きよはら の もとすけ)は後撰和歌集の撰者の一人で、「梨壺の五人」と称されていた人です。

清少納言もそれを誇りに思っており、彼女が定子の元に出仕し始めた頃、
「父の名を辱めたくないので歌は詠まない」
といって許された……なんてことがありました。

元輔もさすが清少納言の父というべきか、ユニークな人だったらしき逸話が多々あります。

彼は頭髪が寂しい感じの人だったらしいのですが、ある年の賀茂祭(葵祭・貴族のための祭)の最中に落馬してしまい、冠が脱げてしまうという珍事がありました。

この時代、頭頂部を人に見せてしまうというのはとても失礼かつ恥ずかしいこと。
常人であれば真っ赤になって逃げ出してもおかしくないところです。

しかし、元輔は冠をかぶり直そうともせずに、見物のため並んでいる車のひとつひとつに弁解を述べて歩いたのだとか。
いっそ清々しいほどの開き直りようです。それがまた見物客の笑いを誘ったのだとか。

なんというか、「ああ、親子なんだな」と感じる話ですね。

また、曽祖父もしくは祖父の清原深養父(きよはら の ふかやぶ)も、百人一首の次の歌などから、茶目っ気がうかがえます。

「夏の夜は まだ宵ながら 明けぬるを 雲のいづくに 月宿るらむ」
【意訳】「夏の夜は明けるのが早いなあ。沈む間もなかった月は、今頃慌ててどこかの雲に宿を取っているだろう」

月がコロコロと動いて、可愛く感じてしまうような。
わかりやすい歌ですよね。

 

スポンサーリンク

橘則光と結婚してスグ離婚 でも友達みたいな

清少納言の生没年が不明なため、何歳ごろのことかはっきりしませんが、父の元輔が周防守に赴任した頃に彼女も同行していたといわれています。

その後、定子に仕える前に橘則光(のりみつ)という貴族と結婚しました。
が、早いうちに夫婦関係は解消されていたようです。

それでいて友達付き合いは続けていたらしく、宮中でも「あの二人はそういう仲なのよ」(意訳)とされていたとか。
男女の友情はなかなか成立し難いものですが、この二人の場合は違ったようですね。

定子に仕え始めたのは、正暦三年(992年)頃とされています。
その父で「中関白」と呼ばれた、藤原道隆の絶頂期でした。

中関白家は貴族社会には珍しく、親子仲・きょうだい仲が非常に良好な一家で、枕草子でもその様子がたびたび描かれています。

しかし、長徳元年(995年)、道隆の死去や定子の兄弟の政治的ミスで、政権の座は道隆の弟・道長に移りました。
このころ清少納言は「道長に通じている」という根も葉もない噂を立てられ、一時、実家に帰っています。
枕草子を書き始めたのもこの時期だったのだとか。

さらに、道長の娘・彰子が入内してしばらくすると、長保二年(1000年)に定子が産褥で崩御。
明確な時期は定かでないものの、定子崩御が清少納言にとって宮中を去るに十分なキッカケであったことは想像に難くありません。

 

再婚した藤原棟世との間に娘が生まれる

その前後に、藤原南家の人で摂津守を務めていた藤原棟世と再婚し、一時は彼の任国である摂津に身を寄せていたようです。

ちなみに、棟世は清少納言より20歳は上だったと推測されていますが、上東門院小馬命婦(じょうとうもんいんこまのみょうぶ)と呼ばれる娘をもうけています。
この年齢差で子供ができて、さらに母子ともに無事というのは、当時の健康状態や衛生を考えると地味にすごい話でしょうね。

上東門院とは藤原彰子のことなので、小馬命婦は母親の主人のライバルに仕えたことになります。「小馬命婦」という名前の女房が別の時代にもいるので、区別のためにこう呼んでいるのですが……いくらなんでも長すぎ(´・ω・`)

彰子の出家と院号宣下が万寿三年(1026年)ですので、清少納言の娘が出仕したのはその頃と思われます。
仕えはじめたのがずっと前で、院号宣下の後に呼び名が変わった……ということも考えられますが、はっきりしません。

また、彰子の女房といえば紫式部ですが、上東門院小馬命婦が出仕したのがいつ頃のことなのか、両者の関係はどうだったのかは不明です。
清少納言・紫式部・上東門院小馬命婦の三人とも生没年不明ですからねぇ。

清少納言自身は、晩年に父・元輔の山荘があった東山月輪の辺りに住み、藤原公任ら宮廷の旧識や和泉式部・赤染衛門ら中宮彰子付の女房とも消息を交わしていたといいます。
文献上に彼女が出て来る最後の記述は、兄弟の致信が寛仁元年(1017年)に殺害されたとき、同宿していたというものです。
その後、治安・万寿年間(1021~1028年)あたりに亡くなったのでは……と考えられています。

 

スポンサーリンク

枕草子は中関白家や宮中などの段が興味深い

さて、清少納言といえばやはり、その著作である枕草子に触れないわけにはいきません。

第一段はほぼ全ての日本人が暗記させられた文章のひとつでしょう。ま
た、第一四六段「うつくしきもの」や、第二八四段「雪の高う降りたるを」(香炉峰の雪)など、他にも有名な段がいくつかありますね。

歴史上からすると、「枕草子」は清少納言の好みを書いたいわゆる「ものの段」よりは、中関白家や宮中の様子などを書いた日記的な段に注目したほうが良い気がします。

例えば、
第二〇段では清涼殿の春の一コマが、
第七三段には細殿という清少納言たちの日常生活の場が、
第一〇〇段には定子の妹・原子が尋ねてきたときのことなどが、
実に鮮やかに描かれています。

そのとき誰がどんな着物を着ていたか、どんな会話がされていたのか、そのままわかる本は実に貴重です。

しかし、特に嫌いなものを並べあげている段などは、いっそ見苦しいまでに悪口の羅列で、読んでいて気分が悪くなる人も少なくないでしょう。
古典の専門家の方は「清少納言は明るくて面白くてスバラシイ」という意見が大多数なので、そういう段も褒めていますが……。

第一段の「春は曙」など、いかにも文学的才能があふれている美しい表現をできる人が、どうしてこうも口汚く他人や物事を罵るような文章を残したのかが不思議です。
まあ、「枕草子は元々人に見せるつもりで書いたものではない」と清少納言自身があとがきにあたる部分に書いているのですが。

 

彼女の性格は? 頭脳明晰だけど近寄り難し!?

清少納言について一言でまとめるとするなら、「才女」だけで括るよりも「インテリかつヒステリック」といったほうが近い気がします。

なぜかというと、清少納言の逸話はほとんどが定子をはじめとした中関白家の人か、彼女がやりこめた男性との話だからです。

枕草子の中でも
「いけないこととはわかっているが、人の悪口ほど面白いものはない」
とか
「男をやりこめてやるのは実に愉快だ」
と書いていますしね。

いつの時代も、本当に優れた人は異性や同性、年齢や身分の上下問わず認められるものです。
そのてん清少納言への苛烈な批判といえば紫式部ですけれども、彼女以外の同時代の人から見ても「清少納言は確かに頭がいいけれど、あんまり親しくお付き合いしたい人ではないね」と思えたのではないでしょうか。

それに、「父の名を辱めないように歌はおおっぴらに読まない」と言ったことがあるのに、漢詩の知識でしょっちゅう男を言い負かそうとするのは何だか矛盾するような、しないような。イヤだと言っていた和歌も【小倉百人一首】に選ばれちゃってますし……。

なんだか辛辣になってしまいましたが、個人的には紫式部のほうが好きなのでご勘弁下さいm(_ _)m

これから枕草子を読んでみたい、という方は、角川ソフィア文庫のビギナーズ・クラシックス版がダイジェストになっていてとっつきやすいかと思います。
Kindle版もありますよ。

枕草子絵巻/wikipediaより引用




スポンサーリンク


参考:国史大辞典「清少納言」 清少納言/wikipedia

 



-女性, 飛鳥・奈良・平安時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.