歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

女性 飛鳥・奈良・平安時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

紫式部とは?「源氏物語」ではなく「紫式部日記」を読めば彼女の素顔が見えてくる

更新日:

平安女流文学にとって絶対に欠かせない人物といえば……紫式部ですよね。

超長編小説「源氏物語」の作者であり、歌人でもあり、「紫式部日記」の著者という才媛。
しかしその社会的なデビューは案外遅く、二十代半ば~三十代前半頃だったと考えられています。

現代でも遅めに思えますが、当時の価値観では「なんで今さら社会に出てきたの?」というような年齢でした。
それには、彼女の生い立ちや価値観などが影響しています。

紫式部/Wikipediaより引用

 

先祖をたどれば摂関政治の礎・藤原冬嗣にあたる

紫式部の生没年は不明です。
だいたい天禄元年(970年)~天延元年(973年)あたりだと推測されています。

先祖をたどっていくと、父方も母方も藤原北家の冬嗣に行き着きます。
藤原冬嗣は摂関政治の礎を作ったような人で、その息子・藤原良房は臣下で最初に摂政となっています。
つまり彼女は、非常に由緒正しい家柄の出でした。

しかし、紫式部の父・藤原為時は大した出世をしていません。
おそらくや生粋の文化系だったのでしょう。文章道(漢文学)を志して学者になるのです。
世間の主流とは少々異なる道に、最も身近な先達である父が進んでいたのでした。

また、母に関する紫式部の言動や記述が全くないことから、幼い頃に両親が別れたか、母と死別したものと考えられています。

そのため、紫式部は弟(もしくは兄)と共に、父の手元で育ちます。
「幼少期の紫式部が、弟よりも先に漢文を読みこなし、父に『お前が男だったら』と言われた」
なんてエピソードもあります。

 

スポンサーリンク

25才ごろに藤原宣孝と結婚 娘・賢子を授かる

彼女はこのことをずっと覚えていたようで、実家にいる間、父の蔵書から得た多くの知識を表に出そうとはしませんでした。
琴もうまかったようですが、それも自らひけらかそうとはしていません。

若い頃には、父の任国である越後に行ったこともありました。
場所こそ違うものの、旅の経験は源氏物語の須磨謹慎のあたりに活かされたことでしょう。

それと前後する25歳あたりに、父の友人でまたいとこにあたる、藤原宣孝(のぶたか)と結婚しています。

親子に近い年の差で、しかも正妻としてではない結婚でした。
が、宣孝はたびたび手紙でおちゃめな謎掛けをするなど、紫式部の才気を愛していた様子がうかがえます。

やがて、二人の間には娘・賢子(かたいこ・のちの大弐三位)が生まれ、ささやかな幸福が訪れました。

しかしそれもつかの間のこと。
元々かなり年上だった宣孝は、長保三年(1001年)四月に急死してしまい、母娘は取り残されてしまいます。

 

夫を喪ってから源氏物語を書き始めた

この時点では父・為時も存命中でしたので、頼るアテがないということはありませんでした。
が、紫式部日記などからすると、彼女は結構寂しがりなところがあったようですので、身近な人物の急逝は、相当メンタル的に堪えたと思われます。

源氏物語を書き始めたのは、夫を失って半年ほど経った頃からとされています。
書かれた順序は不明ながら、数年のうちに貴族社会で評判となり、やがて当代きっての藤原道長の耳にも入りました。

その頃、道長は娘・彰子を入内させて数年経った頃です。
しかし、彰子の夫である一条天皇は、恋女房で既に薨去していた藤原定子(清少納言の主人)を忘れかねており、定子の妹の元に通うなど、彰子への関心を示していませんでした。

ゴリ押しして彰子を中宮にした道長としては、なんとしても一条天皇と彰子を親密にし、皇子が産まれてもらわないと困ります。
そのためには彰子の周辺に良い女房を揃え、彰子自身を魅力ある女性に教育させるのが一番と考えました。

 

スポンサーリンク

女房としての生活はなかなか大変だったでしょう

当時、彰子の周りには中宮へ仕えるにふさわしい家柄の女房が多々いたようです。
ただ、彼女らはあまりにお姫様すぎて実務ができず、また風情にも欠けていたのだとか。

そのため道長は気分を切り替え、紫式部や和泉式部、赤染衛門といった、世に才媛として知られている女性たちを彰子の元に集めます。

和泉式部は、少なくとも母親が女房勤めをしていましたし、赤染衛門は元々彰子の母で道長の正妻である源倫子に仕えていたため、いざ2人が彰子の元にやって来ても、ある程度の要領はわかっていたと思われます。

しかし、紫式部は違います。
それまでずっと実家にいたため、宮中の女房としての暮らしや仕事にはなかなか慣れることができませんでした。

風流や優雅なイメージが強い宮中ですが、その実態は割とあけすけな共同生活です。
壁のない大きな部屋を几帳などで区切って使っているため、プライバシーなどはありません。

また、日記や手紙を他人が見てしまう……ということもままあったようです。

盗賊が入ってくることもあれば、すぐ側を貴賤問わず男性が通り、顔を見られてしまうこともありました。
「顔を見られる」と「関係を持つ」ことがほぼイコールだった当時、これは相当に異質なことでした。

女房勤めに慣れていればともかく、紫式部のようにずっと実家にいて大人になった貴族女性にとって、耐え難い環境と言っても過言ではないわけです。

 

「貴女はもっと近寄りがたくて嫌味な人だと思っていたわ」

また、彼女自身、漢学の素養や源氏物語の作者などといった点で、人の口に上るのは嫌だと思っていたらしき記述が、紫式部日記に書かれています。

いつの時代も、何か特徴のある人は勝手なイメージを持たれやすいもの。
近い時代に同じく漢学の知識があり、それをおおっぴらにしていた清少納言という先例もあったためか、紫式部も「勝ち気な女」と思われがちだったようです。

ある人は、初めてきちんと紫式部と話したとき
「貴女はもっと近寄りがたくて嫌味な人だと思っていたから、皆で毛嫌いしていたのよ。でもお会いしてみたら、とても穏やかな人で別人かと思ったわ」
などと言っていたとか。
まぁ、それを本人に言うのがどうかとも思いますが……。

一条天皇が寛弘八年(1011年)に崩御した後、紫式部は皇太后となった彰子についていき、ずっと仕え続けたと考えられています。

記録上、二年後までは少なくとも存命だったようですが、その先はわかっていません。
娘の大弐三位も彰子に仕えているので、どこかで混同が起きた可能性もありますね。

 

スポンサーリンク

紫式部日記は彼女の人となり等が見えてくる

さて、紫式部といえばやはり、源氏物語の話をしないわけにはいきません。
が、一通りストーリーがわかっている方も多いかと思いますので、ここでは「紫式部日記」をオススメさせていただきます。

この日記には、彼女のものの考え方や対人関係、当時の貴族の生活が克明に記されており、歴史的背景を実感することができて非常に貴重だと思います。

紫式部日記は、彰子が第一子・敦成親王出産のため、実家に帰っていたときのことから始まります。
この時代、お産は穢れとされていたため、后妃は実家に戻って(宿下がり)産前産後を過ごしておりました。

その中に、「産まれたばかりの敦成親王の様子をホクホク顔で見に来た道長が、おしっこを引っ掛けられてしまった。道長は怒りもせず、これはめでたいとデレデレだった」というシーンがあります。

現代でも「おじいちゃん(おばあちゃん)なんて絶対に呼ばせないから!」と言い張っていた人が、孫が生まれるなり「おじいちゃん(おばあちゃん)でちゅよ~♪」と言うのに似ている……かもしれません。

道長というと、いかにもやり手政治家なイメージが強いですけれども、人の親・祖父という一面や茶目っ気も十二分に持っていたことがわかります。

 

宮廷の記録と人間観察が二本の柱

この日記は、大きく分けて二つの柱があります。

一つは彰子を中心とした宮廷の人々や宴・行事などの記録。
五節の舞(宮中儀式のひとつ)などの年間行事の他、紫式部の周辺で起きたちょっとした事件、公家の男性たちとのやりとりなどが、実にリアルに書かれています。

衣装の色や名称に関する記述も多いので、手元に日本の伝統色の史料などがあるとより想像が膨らむでしょう。
最近はインターネット上でも見られるサイトが増えてきましたので、ブックマークしておくのも良いかと。

もう一つは、自身を含めた人間観察や推測です。
かの有名な清少納言への批判も含まれていますが、それよりも紫式部は同僚の女房たちを褒めている記述や、自分の気鬱について頻繁に記しています。
この辺は、源氏物語でさまざまな人物の描写に活かされていますね。

もちろん、主人である彰子についてもよく書いています。
皆さんご存知の通り、彰子は父のゴリ押しで中宮になった人ですが、それに奢らず控えめでおっとりした性格でした。

産前の宿下がり中の彰子について、紫式部は
「身重の体は辛いものなのに、それを表に出さずに、いつも通りにしておられる。このような方には、自分から志願してでもお仕えするべきだと思う」
というようなことを書いています。

彼女が娘を産んだときは体が成長しきった後でしたが、彰子はまだ若く、心配だったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

エッセイストと小説家の違い

当時の常識的に仕方のないことなのですが、紫式部の周りには
「女性が漢籍を読むのはいただけない」
という価値観の人が多かったらしく、そういう人の目を気にして、日頃は漢文には触れないようにしていました。

しかし、彰子が「漢文を学びたい」と希望したときは、こっそり手解きをしていたといいます。

また、彰子は源氏物語をいたく気に入り、一条天皇に披露した人でもありました。
紫式部にとって、彰子はただの主人ではなく、弟子であり恩人だったのです。

そのためか、紫式部が彰子を見ている目線は、愛弟子を見守っているような印象を受けます。

対照的に、清少納言が枕草子の中で定子を褒めているときは、アイドルに黄色い悲鳴を飛ばすような、ものすごくテンションが高い感じがしますね。(※どちらも個人の感想です)

紫式部にも「あの人はちょっと」と思うような相手はいたようですが、それはあえて書かないと自分で記しています。宮仕えでは手紙や日記などを他の人に読まれることも珍しくなかったので、用心していたのでしょう。

清少納言が一人称視点で随筆を書いたのに対し、紫式部は三人称視点で自身の心中を含めた宮廷の日々を記した……といえるのではないでしょうか。
エッセイストと小説家の違いともいえそうです。これは優劣の問題ではなく、得意分野の差異でしょう。

源氏物語を原文・現代語訳で読んだ方はもちろん、「あさきゆめみし」などのマンガ版で親しんだ方、これから源氏物語を読んでみようという方。

「紫式部日記」でより深くストーリーを味わってみてはいかがでしょうか。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:国史大辞典「紫式部」

-女性, 飛鳥・奈良・平安時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.