歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

飛鳥・奈良・平安時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

武士はいかにして生まれた? 複数ある起源や成り立ちを整理してみました!

更新日:

日本史に限らず世界史でも、大部分の時代には身分制度が存在します。

皇室や王族などの君主層。
それを支えたり利用したり下克上したりする貴族層。
そしてほとんどの割合となる庶民層。

そういった中で最も人気があるのは、武士や騎士など武力とある程度の権力を持った層ではないでしょうか。
実際、日本史では戦国時代が人気No.1ですし創作物も多いですよね。

そこで今回は【武士の起源・成り立ち】についてスッキリ整理してみましょう。

 

貴族が地方へ土着したり、地域の住民たちが武装したり

今日「武士」と呼ばれている人々の成り立ちには、以下のようなパターンがありました。

・武力で朝廷に仕えていた者「もののふ」(武者) 武官とも呼ばれる
・合戦に参加する者「つわもの」(兵)
・公家に仕え、家政・警固を担当する者「さぶらい」(侍)

もうちょっと具体的にいうと、坂上田村麻呂などの最初から武官としての官位をもらっていた公家は、一番上のもののふ(武官)となります。

清和源氏(河内源氏)や桓武平氏(伊勢平氏)など、公家に仕えて一族全体の地位が向上した場合はさぶらい(侍)ですね。

特定の呼び名がついていないパターンとしては、

・中央の名家だった人が、地方へ土着して一大勢力圏を築いた(奥州藤原氏など)
・元から中央政府と関係なく、独自の勢力になっていた(東北の安倍氏・清原氏など)
・荘官(荘園の現地責任者)や郡司が武装した
・有力な農民が自分の田畑を守るために武装した

というケースもありました。

 

スポンサーリンク

古来から軍事関連の仕事が庶民に課されていた

元々、日本には防人(さきもり・辺境警備兵)や衛士(えじ・宮中警備)など、一般人を期限付きで徴用し、軍事的な仕事をする制度がありました。
庶民が武器を日常的に扱っていたからこそ、できた制度ともいえます。

こういった流れに少し変化を起こしたのが桓武天皇です。
地方役人である郡司の子弟から武芸の得意な者を編成する――という健児制(こんでいせい)を拡大させたのです。武芸に慣れない庶民への軍事的負担を軽くしたのですね。

それでも「農民の中で武芸の得意な者は軍事をやってね」ということになっていたので、自主的に腕を磨く者は少なくなかったでしょう。
なにせ、警備がいるはずの宮中や貴族の屋敷でも、強盗が入るような時代です。

一般庶民や農民には盗るような財産もなかったでしょうけれども、ある程度の田畑を持っているような人の家なら、狙われていてもおかしくありません。

つまり、一口に「武士」といっても、その起源は複数に渡るというわけです。

むしろ、このように細かく使い分けられていた言葉や成り立ちの人々を、後世になって「武士」と一括りにした……というほうが正しいかもしれません。

学校の教科書や参考書などでも(時期や版にもよりますが)、上記のうち一つしか紹介されていないことが多いようです。少なくとも、私の手元にあるピー十年前の教科書はそんな感じでした。
まあ、武士の成り立ちだけで何ページも割くわけにはいかない、という事情もおありでしょうし。

 

弓馬の道だけに馬とは切り離せない

「武士」という単語が定着するのは、平安時代後期からだと考えられています。
もう少し後の鎌倉幕府ができたあたりから「幕府に所属する(征夷大将軍に仕えている)人間」を武士・武家と認識する見方が主流になっていったのではないでしょうか。

また、武芸のことを「弓馬の道」とも呼ぶように、馬も重要な要素でした。
つまり、良い馬を多く育てられる土地柄であるほど、武士が勢力を強めやすかったわけです。

地理の授業をちょっと思い出していただきたいのですが、「◯◯平野」は近畿地方=平安京周辺にはほとんどないですよね。
もちろんあるにはありますが、当時は既にお寺が多く建てられていたり、農業に使われている土地が多く、牧畜をするには向かなかったと思われます。

馬をたくさん飼って育てるには、それ相応の土地が必要。
となると、やはり関東や東北など、大規模な平野があり、当時は開発が進んでいなかった地域が適しているということになりますね。

特に東北(奥州)は、昔から名馬の産地として知られていました。

奥州藤原氏の下に身を寄せていた源義経が、兄・頼朝の元へ参陣する時、佐藤継信・忠信兄弟という武者数十騎をつけられた……というのは有名です。
逆にいえば、「海の物とも山の物ともつかない義経に、数十騎つけてやってもまだ余裕があるくらい、奥州には名馬がたくさんいた」ということになります。

 

スポンサーリンク

甲斐の武田や武蔵の北条

他には、信濃の長野盆地や松本盆地などが名馬の産地でした。

平安時代に信濃・上野・甲斐・武蔵に置かれていた32ヶ所の勅旨牧(ちょくしまき・国営牧場)のうち、信濃が半数を占めていたといいます。

この四ヶ国と言えば、武田信玄に北条氏康、あるいは上杉謙信に関わってきますね。
戦国時代あたりまで有力な武士の本拠とされていたのも、元々名馬の産地だったことが大きな要因の一つでしょう。

実際、織田信長は、長篠の戦い前に武田家の騎馬隊を警戒している記述が『信長公記』にも見られたりします。
西国よりも騎馬に長けた東国の戦闘集団という認識があったのですね。

こうして、あっちこっちで成り立ちの異なる武力を持った集団ができました。

その中には強盗や山賊・海賊など、よからぬことで生計を立てる者もいたでしょう。
平安時代に、令外の官で設置された「追捕使」などは、そういった賊に対する警察部隊として置かれ、徐々に国司や地方の豪族にその任が与えられるようになりました。

要は、治安維持のためには、ある程度の軍事力が欠かせないワケです。当たり前ですが。

中央の公家たちも、全国に点在する荘園の管理や、地方の統治、自分の屋敷の警備などに武士を利用し始めました。
武士のほうでも公家とパイプができれば万々歳なので、ある意味win-winの関係が生まれます。

その後、平将門の乱藤原純友の乱などの衝突はあったものの、基本的に「中央政府は皇室と公家、地方の有力者は武士」という構図ができました。

 

壇ノ浦の前に義経と景時が大喧嘩して

ただし、できたばかりの組織というのは不安定なものです。
現代で一般にイメージされるような、武士の主従関係がはっきりするのは鎌倉時代以降でした。

これを裏付けるエピソードとしては、源義経が壇ノ浦の戦いに赴く際の話があります。

このとき、義経の軍に梶原景時という人がいました。
彼は頼朝の家臣で、とても勇敢な武士です。
鎌倉を動けない頼朝の代わりに、義経のお目付け役という意味もあって、同行していたと思われます。

景時は義経のことを「殿の弟さんだから、実質的には総大将」と見ていました。
しかし義経は「総大将はあくまで兄上であって、自分は一介の将(だから陣頭にたってもおk)」と考えていたのです。

どちらの考え方も間違ってはいないのですが、このときは二人とも戦の直前でイライラしていたこともあり、一族や家臣を巻き込んで同士討ち寸前の大ゲンカになってしまいました。
平家側がこれを知っていたら、急襲するかもっと遠くまで全速力で逃げるか、どちらかの対応をできたでしょう。

もしもこの時点で「源氏のトップは頼朝であり、それ以外は一族の人間であっても家臣」という認識が共通のものだったら、このケンカは起きなかったはずです。

源義経/Wikipediaより引用

この手の「お互いの認識がズレていたことによるトラブル」は後世でも多々ありますが、武士社会が確立されていない頃は日常茶飯事だったと思われます。
むしろ、腕に覚えがある者がそのまま武士になっているだけに、流血沙汰も珍しくなかったでしょう。

武家政権ができてからも、公家の間では主に関東の武士を「東夷(あずまえびす)」と下にみなしていました。
が、おそらくはそうした「価値感の統一という概念に乏しい」「しかもすぐ暴力沙汰になる」ところによって、そういうイメージが確定してしまったのでしょう。

まあ、公家は公家で血の気の多い人もいましたし、「もうちょっと何とかならなかったの?(´・ω・`)」とツッコミたくなるようなトラブルが起きてたりしますが……。

 

スポンサーリンク

文化・教育レベルも上がっていく

武士たちのターニングポイントは、やはり鎌倉幕府の創設でした。

当時、「京都大番役」という京都警備に一定期間就く役目があり、これを経験したことによって、公家と結びつきを持ったり、京の文化に触れる武士が増えていったのです。

これにより、進んだ文化がその武士の地元にもたらされるようになりました。
別の場所に伝われば、本場とまた違った進化を遂げていくものですよね。

また、血の穢れを基本的に忌む皇室や公家と違い、武士は直接人の生死に関係する立場であることから、仏教へ傾倒する者も少なくありませんでした。

有名どころでは、平家物語の「敦盛の最期」で平家の若武者・平敦盛を討った熊谷直実(くまがい なおざね)が、鎌倉時代に入ってから相続争いなどに疲れ、出家しています。
こういった影響で、武士の文化・教育レベルも上がっていきました。

実は、源平の戦いあたりまでの武士は身分が低かったこともあり、文字を読めない者も少なくありませんでした。
「文字を読める」というだけで珍しがられた人がいたくらいです。

しかし、支配者層になったことで、統治に必要な文書作成のため、または仏教の経典を読むため、「日常生活における読み書きの需要」が生じ、積極的に文字を学習する武士が増えたと思われます。
もちろん、江戸時代や現代と比べれば、識字率はずっと低かったでしょうけれども。

鎌倉幕府のほうでも、武士の文化レベル向上には力を入れていました。

具体的には、北条氏一門の北条実時が和書・漢書を集めて金沢文庫を創設したり、歴史書「吾妻鏡」を編纂したりしています。
また、御成敗式目の浸透と武士の統制のためにも、識字率の向上は必須だったでしょう。

こうして武士は皇室・公家に続く、日本の大きな一要素として成り立ちました。
同じ武士でも、鎌倉・室町・戦国・江戸時代でだいぶ違ってきますが、その辺はまたそれぞれの時代にお話しましょう。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:国史大辞典「武士」 武士/wikipedia

 



-飛鳥・奈良・平安時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.