歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

鎌倉・室町時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

鎌倉時代の御家人制度~普通の武士との違いや御恩と奉公、手続きなども解説!

投稿日:

最初の武家政権である鎌倉時代は、新しいシステムが登場した時代でもあります。

その最たる例が【守護地頭】。
昨日の記事でその詳細に触れさせていただきましたが、守護地頭と並んでもう一つビッグな存在が
御家人
ではないでしょうか。

鎌倉時代の御家人と言うと、歴史の授業で習う「いざ鎌倉」とか「御恩と奉公」なんて言葉が浮かんできますかね?

鎌倉時代の武士は、さも全員が御家人だった――そんなイメージもありますが、実際は違います。
あくまで幕府と主従契約を結んだ武士に限られまして。

江戸時代の【旗本・御家人】ということも気になりそうですので、その辺にも触れつつ進めたいと思います。

 

御家人となるのに必要な手続きは?

前述の通り、鎌倉時代における御家人とは、鎌倉幕府の将軍と主従関係を結んだ武士のことです。

◆将軍⇔武士(御家人となる)

室町時代や江戸時代でも同じ名称が使われますが、細かいところが違うので少し注意が必要です。
※その辺は下の方で説明

では、どんな【手続き】で主従関係を結んだら、単なる武士ではなく御家人となるのか?

この辺の手順って、歴史の授業では習いませんよね。

鎌倉時代に「御家人」と扱われるためには、
・将軍に「名簿」(後に「交名注進」)を提出し
・挨拶に行く
そんな決まりがありました。

名簿は「めいぼ」ではなく「みょうぶ」とよみ、その武士の名前や官位を書いた身分証明書のようなものです。
もともとは平安時代に始まった慣習で、臣従の証となっていました。
例えば平将門も、ときの太政大臣・藤原忠平に提出して仕えたなどの記録があります(『将門記』)。

ただし、この儀式も後に簡略化され、将軍に謁見する「見参の式(けざんのしき)」だけでOKとなり、名簿の代わりに、武士の名前が列挙された「交名注進」が提出されました。
まぁ、提出と受理をいちいち交わしていたら、将軍様にとっても御家人にとっても、時間かかりすぎですもんね。

現代でいえば、入学式とか入社式、あるいは転勤時の挨拶みたいなもんでしょうか。

 

スポンサーリンク

武士出身者だけでなく文官出身者も

少し意外かもしれませんが、御家人には武士出身者だけでなく文官出身者もおりました。

武士の代表例は千葉氏・三浦氏・小山氏など。
そして文官の代表例が大江広元・三善康信・二階堂行政などです。

それぞれについて、ごく簡単にご紹介しましょう。

武士からの御家人

千葉氏・三浦氏・小山氏は、いずれも頼朝挙兵の際に協力した武士の家です。
千葉氏・三浦氏は桓武平氏の流れを汲んでいるとし、小山氏は平将門を討った藤原秀郷の子孫を名乗っていました。

しかし、建暦三年(1213年)の和田合戦で、三浦氏は北条氏に滅ぼされ、縁戚関係にあった千葉氏もその余波で勢力を弱めることになります。

小山氏はかなりの紆余曲折を経て、戦国時代までは大名として存続しました。
江戸時代には水戸藩士として取り立てられていますので、大名ではなくなっただけで、家は続いているといってもいいでしょう。

文官からの御家人

大江広元は鎌倉時代初期によく出てくる人なので、ご存じの方も多いかもしれませんね。
当コーナーでもたびたび名前を挙げています。

彼は当初朝廷に仕えていました。
が、兄の中原親能が源頼朝と親しかったことから、鎌倉に下って御家人となります。
早い時期から頼朝の能吏として動いていて、源義経が頼朝への仲介を頼んだこともありまして。

また、大江匡衡と赤染衛門夫妻の子孫とされていたり、さらには毛利元就の毛利氏などの祖先とされるなど、歴史上の接点が多い人物ともいえます。

・赤染衛門(あかぞめえもん)……紫式部らと共に藤原彰子に仕えた女流歌人
・大江匡衡(おおえのまさひら)……文章博士で赤染衛門とはオシドリ夫婦

三善康信は元々太政官の下級役人でした。
が、母が源頼朝の乳母の妹だったことから付き合いがあり、頼朝が流人だった頃は月に三回も京の情勢を知らせていたのだとか。

乳兄弟に近い関係だったでしょうし、幼い頃から仲が良かったのかもしれません。
康信も広元と同じく鎌倉に下り、問注所(裁判所)の初代長官を務めています。

二階堂行政(ゆきまさ)は、藤原南家の血を引く公家で、母は頼朝の外祖父である熱田大宮司・藤原季範の妹でした。
やはりその血縁から頼朝に登用され、鎌倉に下って政所(政治と財政を扱う役所)の長官になっています。

こうして見てみますと、源頼朝って、ちょっと血筋が離れた人は重用するのに、直接血の繋がった弟やいとこを全く信用していない、という一面が見えるような……。きっと気のせいデスネー。

近年では足利直義説が唱えられている源頼朝肖像画/wikipediaより引用

 

鎌倉時代の主従契約は割とドライです

御家人になると、幕府から領地を公認してもらえたり、地頭などの職につけることもありました。

これを【御恩】といいます。
制度の割には感情的な名前ですが、当時の武士の気持ちが現れているのでしょうか。

【関連記事】守護地頭

それに対し、御家人は【奉公】というオシゴトで返します。

仕事の中身は、大番役(平時の鎌倉・京都警備)や、戦時の軍役などが含まれており、それらをまとめて「いざ鎌倉」というスローガンのような表現ができました。
元寇の頃によく出てくる異国警護役も奉公の一つです。

他にも、御家人には「公事」が義務付けられました。
幕府に米や銭などの税を納めることです。
まぁ、どんな機関もタダじゃ運営できませんものね。

武士の主従関係というと、
「ウチの殿様は素晴らしい方だから、我が生命を捨ててでもお仕えするのだ!」
というような、情による忠誠といったイメージが強いかもしれません。

それは江戸時代の長い平和な期間に醸成されていったものでして。
鎌倉時代においては契約的というか、かなり平等な関係です。

武士の立場や身分が良いものではなく、生き死にの合戦もあっただけに、
「生活を保証してくれるんなら、幕府の運営に協力するよ」
という理屈が成り立っていたんですね。

 

スポンサーリンク

西国では勝手に名乗る武士もいた

鎌倉幕府の初めの頃は、西国では荘園領主の勢力が強く、御家人に対する幕府の保護は強くありませんでした。
そもそも幕府が安定していませんでしたし、強く出られなかったのでしょう。

また、承久の乱の際、西国の御家人の中には上皇方としてみなされ、地頭の職や領地を幕府に取り上げられた者もいたそうです。

しかし、御家人が減ることは、幕府の勢力が弱まることに繋がります。
幕府は荘園領主が御家人を圧迫しすぎないよう間に入ったり、御家人が経済的困窮から領地の売買をしないよう禁止したり、工夫を重ねました。

また、西国武士の中には御家人のオイシイところだけを持っていこうとして、勝手に御家人を名乗る者もいたとか。
それで荘園領主とケンカになることもあったというのですから……子供かっ!

当然ながら、御家人の中にも、経済的な格差はありました。
これはいつの時代も仕方ないことでしょう。

経済面に関しましては、幕府と御家人という構図には関係ありません。
豊かな御家人と余裕のない御家人の間で、公的な立場が変わるということもありませんでした。

もちろん、有力な御家人であればあるほど、守護に選ばれやすいという面もありましたが、これは職務に関する費用を考えると仕方がないことでしょう。

またまた後世の話ですが、江戸時代には収入と職務が釣り合わなくなったせいで財政危機を招き、それをどうにかしようとしてお家騒動になり、最終的に改易……なんて例が多々あります。
それを考えれば、鎌倉幕府の御家人制度のほうがより合理的だったと見ることもできそうです。

 

複数の主人を持つこともできた

ちょっと面白いのが、「当時の武士は複数の主人を持つこともできた」という点です。

御家人として鎌倉幕府に仕えると同時に、公家に仕える者もいたとか。
さらに、領地や財産を持つ有力な御家人は、それらをあまり持たない御家人を傘下に入れることもあったそうです。
ややこしい話ですけれども、現代でいえばWワークみたいなものですかね。

また、興味深いのが「鎌倉時代の武士がすべて、御家人だったわけではない」という点です。

そもそも荘園領主と良い関係(きっちりとした報酬制度)が築けていれば、幕府の傘下に入る理由がありません。

建治元年(1275年)の記録では、全国で約480人の御家人がいたようですが、そのうち武蔵国が約80名、相模国・信濃国がそれぞれ30名で最も多い部類とされています。

つまりは他の数十国に残りの約340人の御家人がいたことになりますから、一国あたり御家人が10人いれば多いほうという計算。
場合によっては、一国にほんの数人というケースも珍しくなかったでしょう。

源頼朝が全国を支配したわけじゃない、つまりは鎌倉を中心とした東国限定という見方があるのはこのためです。
※その後の承久の乱や元寇によって支配領域は拡大して参ります

御家人でない武士については、特別な呼び名はないようです。

さすがに元寇の際にはそういった武士も徴用されました。
以降、御家人以外の武士も幕府の命令を受けることになりましたが、御家人とのあからさまな扱いの違いに反感を持つ者も多かったようです。まぁ、そりゃそうだ。

そのまま悪党(在野で盗賊も働くような武士)になった者も少なくなかったといいます。
そしてこうした勢力もまた、鎌倉幕府打倒!の一翼となっていくわけです。

 

スポンサーリンク

将軍に御目見得できるかできないか

鎌倉幕府が倒れた後も、御家人という単語は残りました。

後醍醐天皇建武の新政の際、この名称を廃止させたことがありますが、一年くらいで復帰しています。

個人的には、これって、ただ単に後醍醐天皇が「“御家人”だと幕府っぽくてヤダ」って思ってただけなんじゃ? という気がしてしまいます。
いや、イメージ戦略は大事ですけども、建武の新政のアレコレからするとどうも……。

室町時代~戦国時代においても、誰かに仕えている武士のことを「御家人」と呼ぶ慣習は続いています。

さらに、江戸時代には再び「御家人」が幕臣の一カテゴリとして定められました。

幕臣というのは、江戸幕府に直接仕えた武士のこと。

具体的には
・旗本
・御家人
の2つに分類されます。

江戸時代の御家人は
「1万石以下の所領を持ち、徳川将軍家に直接仕え、お目見え以下(=将軍に直接謁見できない)」
の武士を指します。

お目見えができる武士は「旗本」といいました。

旗本の力は案外強く、大名家とのパイプ役になって、若年寄や各種奉行、老中との折衝役を務めていることも多々あります。
江戸時代はそれぞれの大名家が穏便にトラブルを解決するため、あっちこっちで旗本や御家人などを通じた連絡がよく行われていました。
その辺もまたいずれ説明させていただきます。

ちなみに、大老とか老中とか、主に幕末になると、そういった言葉が目立つようになりますよね。

これは幕府内の役職の話であって、旗本や御家人とは全く考え方の違う話です。
詳細は以下の記事をご覧ください。

大老・老中・若年寄の違い、ご存知ですか? 細分化された江戸幕府の役職

とまぁ、鎌倉時代・室町&戦国時代・江戸時代では、「御家人」という言葉の意味が全く違ってきます。
武士の呼び名というところは共通ですが。

受験ではそこまで問われることはないでしょう。
ただし、歴史関連のドラマや書籍をたしなむ際に、これを知っておくと俄然理解度が変わってきて面白くなります。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:国史大辞典「御家人」 御家人/Wikipedia

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-鎌倉・室町時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.