歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

北条時宗/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

北条時宗34年の生涯をスッキリ解説!死因不明なれど元寇のストレス影響したのは間違いない!?

更新日:

鎌倉時代に入って実権を握った北条氏。
将軍の補佐役「執権」として政治を主導しつつ、次第に一族の長である「得宗家」でも政権運営を担うようになります。

ややこしいことに、執権と得宗家は必ずしも一致しなかったんですね。

こうした状況が鎌倉中期あたりまで続きまして、なんとか国内の政治を乗り切っていた頃、

ズドン
と、大きな衝撃がやってきます。

元寇です。

国立国会図書館蔵

相手は、アジアどころか、ユーラシア大陸全てを飲み込もうとしていたモンゴル帝国(=元)のフビライ・ハーン。
対するは、まだ年若い八代目執権・北条時宗

本日は、この北条時宗がどのように生まれ育ち、未曾有の国難に対応したか。見てみましょう。

元寇そのものの詳細記事は後日掲載いたします。

 

北条一族のサラブレッド

北条時宗は1251年に生誕。

父は、五代執権・北条時頼です。
母は当時連署(執権の補佐役)を務めていた北条重時の娘・葛西殿でした。

北条一族のサラブレッドといいましょうか。
鎌倉幕府の内部では、まさに「執権になるべく生まれてきた」ような血筋です。

ただ、時頼が病のため出家したとき、時宗はわずか5歳です。
将軍であれば、ぶっちゃけお飾りなので、実年齢が何歳でも関係ありませんが、即戦力にならねばならない執権は話が違います。

そこで時頼は、自分の義兄(妻の兄)にあたる長時を六代執権としました。
もちろんこれは、「ウチの倅がでかくなるまでよろしくな^^」(超訳)という意味であって、長時には大した期待はされていませんでした。

また、時頼の体調が回復してから亡くなるまでの数年間は、再び時頼が実験を握っています。
この辺のお話は先日取り上げましたので、詳しく知りたい方は以下の記事をご参照ください。

【関連記事】
北条時頼37年の生涯と堅実な政治 五代目執権に訪れた難局は?
北条長時(六代目執権)の時代は何もない!しかし血筋は長い!800年以上も続いているんだぜ

時頼は、自分の目の黒いうちに安心したかったのか。
時宗を満6歳で元服させています。

元服=現代の成人式ですから、当時の基準としても、これは相当に早いといえます。

庶兄である北条時輔との差別を明確にするという意味もありました。
この時代、「相続は正室の息子が優先」という慣例が広まりつつありましたが、まだ確定していたわけではありません。

平たくいうと、
「時輔がヘンな気を起こさないように、時宗をさっさと成人扱いにした」
わけです。

北条氏の通字(代々名付けに使う字)である「時」と、ときの将軍・宗尊親王から賜った「宗」の字を合わせて名乗っていることにも、それは現れています。

大人になったからには、仕事にも取り組まなければなりません。
さすがに元服直後からではありませんでしたが、9歳のときには小侍所(こさむらいどころ・鎌倉幕府における将軍親衛隊のような部署)に入り、実務に携わるようになりました。

 

スポンサーリンク

鎌倉幕府の出世コースは引付衆から評定衆へ

当時、この別当(長官)を務めていたのは、北条氏の中でも勉強家で知られていた北条実時(二代執権・義時の孫)です。
彼は若い頃から真面目で信頼されていたようで、引付衆や評定衆などの要職を歴任していました。

引付衆は、御家人たちの領地に関する訴訟を直接取り扱う部署。
評定衆は、二代将軍・頼家時代に作られた十三人の合議制を原型とする議会のようなものです。

鎌倉幕府で出世するためには、まず引付衆の一員となり、評定衆に入るのを目指すのがセオリーでした。

いわば実時は、当時の幕府における政務のエキスパートであり、時宗を実地でビシバシ鍛えるにはうってつけの人材だったということです。

また、実時は和書漢籍にも広く通じ、隠居後に金沢文庫を創設した人でもあります。

彼はその知識を惜しみなく時宗に教示したようで、時宗が成長後、禅宗に帰依したり、中国から僧を招いたりしたのは、おそらく実時の影響によるものと思われます。

仕事が出来て教養もあり、野心もない実時。
幼い時宗にとって公私両面で良いお手本だったでしょう。

北条実時/wikipediaより引用

実地教育中にあたる10歳のときには、正室の堀内殿を迎えています。
彼女は安達義景の娘で、宝治合戦でアレコレやった安達景盛の孫にあたる人です。

とはいえ決して荒っぽい人ではなく、時宗の死後仏門に入り、東慶寺を開いたといわれていますので、慈悲深い感じの女性だったと思われます。

東慶寺は後年、大坂落城後に豊臣秀頼の娘・天秀尼が入ることになるお寺であり、江戸時代には女性の駆け込み寺となったことでも有名ですね。
確たる史料はないものの、堀内殿が夫の暴力等に苦しむ女性の味方をしたのが由来だともいわれています。

こうして、少しずつ公私共に成長していく時宗。

その様子に安心したのか、父・時頼は時宗が12歳のときに亡くなりました。
それから一年も経たずに長時も亡くなり、連署を務めていた政村(二代執権・北条義時の五男)が七代執権となり、もうしばらく中継ぎを務めます。

そして13歳になった時宗が、連署として、いよいよ幕府中枢に入るのです。

 

時宗17才 元から服従を迫る文書を受け取る

この代替わりがあったためか、それまで良好な関係を築いていた将軍・宗尊親王が廃位され、京都に送還されました。

親王の正室・近衛宰子と、彼女の出産の際に護持僧を務めた良基という僧侶が密通したのがキッカケだとされていますが……ぶっちゃけイチャモンにしか見えません(´・ω・`)

この二人の間に生まれた惟康親王が、七代将軍になっていますしね。
なんだかスッキリしない顛末です。

それから一段落した文永五年(1268年)正月。
時宗は17歳になりました。

ここで鎌倉幕府は、「元」から服従を迫る文書を受け取ります。
が、返事はしません。

朝廷としては「こんな感じで返事して」(超訳)という指示をしたかったようですが、鎌倉幕府は最初から「よろしい、ならば戦争だ」(※イメージです)と方針を決めていました。
文書を受け取って二ヶ月後に時宗が執権に就任していましたし、並行して幕府中枢では戦支度を始めているからです。

また、時宗にとっては心強いことに、政村がまだ存命中だったため、連署として後見役を務めました。
政村はその後政治的野心を出さず、文永の役の前年まで幕府を支えています。

 

スポンサーリンク

合戦準備中に内輪揉め【二月騒動】起きる

こうして幕府は、各地の田畑に関する台帳を作って兵糧の準備をしたり、前線になるであろう九州の沿岸警備(異国警固番役)を強化したり、来るべき日に備えます。

元への返事を出さなかったのは、断固として服従を拒む意志を見せるとともに、曖昧な状態を長くしておくことで、準備のための時間を稼ぐのが目的だったのかもしれませんね。

が、その準備中に鎌倉幕府の内部でドンパチが起きてしまいます。
【二月騒動】と呼ばれる、北条氏の内紛です。

「外国が迫っているときに仲間割れしてる場合か!」
とツッコミたくなりますが、そもそも歴史を辿れば、幕府の創設者・源氏からして……ねぇ(´・ω・`)

二月騒動の中心になったとされるのは、時宗の庶兄である北条時輔です。

 

彼は六波羅探題南方を務めていました。
しかし、同職北方に就いていた北条時茂(二代執権・義時の孫/極楽寺流)が文永七年(1270年)に亡くなって以降、後任が来なかったため、京都では時輔の勢力が強まっていたのです。

さらに、得宗家への反発心が強かった北条教時(二代執権・義時の孫/名越流)という人が恨みをつのらせていました。
名越流は九州の守護職を多く務める家でしたが、かつて宮騒動の際に長兄・光時が伊豆に配流されていたことなどをきっかけとして、得宗家に恨みがあったようです。

また、教時は前将軍・宗尊親王の側近でもあったため、余計に得宗家に対する不満が溜まっていました。

彼らの謀反を事前に察知した……として、時宗が御内人(得宗家に仕えている武士)を派遣し、誅殺したといわれています。

が、無関係だった教時の兄・時章までブッコロしてしまっているあたり、どちらかというと謀反云々ではなく、
「元を相手に戦をしないといけないのに、身内の不穏分子をほっといたら何されるかわからん。いっそブッコロしてスッキリさせよう」
という考えのようにも思えますね。

あまりにもその死があっけなかったためか、時輔には生存説もあったようです。

大河ドラマ「北条時宗」では生存説を採用し、元との対立を平和的に解決するため暗躍する、という役回りになっていましたね。
源義経真田幸村など、生存説はだいたいヒロイックな話になりますが、大河ドラマでの時輔はなかなか特殊で斬新でした。

 

朝廷でも皇太子問題ががが……

こうして、内部の憂いがほぼなくなった鎌倉幕府でしたが……。
京都では別の問題を作り出すことになります。

この頃、鎌倉幕府にとっての前将軍・宗尊親王の父、後嵯峨法皇が崩御しました。
後嵯峨法皇には数多くの子女がおり、中宮生まれの皇子も二人成人していたため、皇位継承には問題ないかに思われたのですが……。

後嵯峨天皇/wikipediaより引用

後嵯峨法皇が、長子である後深草天皇よりも、次男である亀山天皇を何かとひいきし、次の皇太子を亀山天皇の皇子・世仁親王としてしまいました。
後深草天皇には、世仁親王より年長の皇子がいたにもかかわらず、です。

当然、後深草天皇は後嵯峨法皇を深く恨みました。
その恨みが解けないまま、後嵯峨法皇が崩御してしまったものですから、さあ大変。

しかも、世仁親王以降の皇位継承のことや、治天の君の座をどうするか、については
「幕府に任せるからヨロシク^^」(※イメージです)
と丸投げしただけで、何の意思も示しませんでした。
これはひどい。

これには、朝廷も幕府も大いに困りました。

 

スポンサーリンク

おまけに日蓮宗の開祖・日蓮までややこしや

まずは朝廷から幕府へ連絡が送られますが、幕府としても勝手な判断はできません。

そこで後嵯峨法皇の中宮であり、後深草天皇・亀山天皇両者の母親でもある大宮院(おおみやいん)にお伺いを立てることにしました。
……最初から、朝廷のほうで大宮院の意向を確認して、それから幕府に連絡したほうが無駄がなかったんじゃ?……とツッコミたくなるのは野暮ですかね。

大宮院はやはり、
「亀山天皇の血筋を続けていくのが故院の意思かと思います」
との返事。

こうして幕府は亀山天皇側につき、世仁親王が後宇多天皇として即位。
亀山天皇は上皇となり、治天の君として政治を執り行うようになります。

まあ、これで後深草天皇側が黙っているわけがないのですが……。
次に事態が大きく動くのは元寇の後のことなので、ここで一区切りとしましょう。

ついでにいうと、ほぼ同時期に日蓮宗の開祖・日蓮が
「今の仏教と世の中はここがなってない!!」(超訳)
というようなことを立正安国論などで主張し、世間を(いろんな意味で)賑わせていました。

日蓮/wikipediaより引用

時宗からすれば
「この忙しいときに人心を惑わすんじゃねぇよクソ坊主(#^ω^)」(※イメージです)
としか思えなかったでしょうね。

時宗は禅宗に帰依していましたので、自分の信じる宗派を否定されて気分を害したでしょうし、ただでさえ元軍の迎撃体制を整えたり、上記の皇室がらみでバタバタしていたところですし。

それでなくても、歴代の執権は激務のせいで早死にしたといわれています。
こんな歴史に残る大事件を、ほぼ同時に複数処理しなければならなかった時宗の心身に、どれほどの負担がかかったかは想像を絶する……といっていいでしょう。

時宗に子供が少なく、側室がいないのも、それどころではなかったからなのでしょうね。
忙しいからこそ癒しを求めて……というタイプの人もいますが、時宗はそうではなかったようです。

 

クビライ・カーン、いよいよ

さて、話を元寇関連に戻しましょう。
戦闘の経過などはまた後日扱いますので、ここではざっくりとした流れをお話しますね。

最初の数回は元から
「ウチの傘下になれよ。ならないとどうなるかわかってるよね?^^」(超訳)
という手紙を無視していた幕府ですが、あまりにもその回数が多いため、日本からも元の都・大都へ使者が立てられました。

元の皇帝であるクビライ・カーン(フビライ・ハーン)に謁見し、その意志を確かめようとしたのです。

クビライ・カーン(フビライ・ハーン)/wikipediaより引用

しかし、これまで返書をしなかった鎌倉幕府に対し、元のほうでは相当に不審感がつのっていました。
そのため、せっかく無事に海を渡れたというのに、日本の使者は謁見できずにトンボ返りすることになります。

この時点で、既に元の出兵が決まっていたのかもしれません。
実際、元は日本からの使者を追い返した翌年から、本格的に日本侵攻の準備を始めています。

そしていよいよ文永十一年(1274年)10月。
元の大軍が数百隻の軍船が、対馬・壱岐に襲来しました。

両島に赴任していた御家人らは勇戦しましたが、衆寡敵せずあえなく敗れ去り、住民のほとんどが惨殺されるか、捕虜としてさらわれるかという惨状になりました。
そのまま九州・肥前へ上陸した元軍は、ここでも似たようなことを繰り返します。

 

スポンサーリンク

弘安の役】暴風雨は微妙では?

一方、日本側では、対馬・壱岐のことが大宰府に伝えられ、九州の御家人たちが博多へ集合していました。
そして、博多湾で元軍vs九州御家人たちの戦いが始まります。

やはりここでも激戦が繰り広げられ、多くの武士と庶民が命を落としました。

しかし、遠く海を渡ってきた元軍としては、帰り道のこともそろそろ考えねばならないところです。
元の武将の一人が日本軍にやられたこと、兵が疲弊しつつあることも勘案された結果、元軍はここで一度引き上げることになりました。

が、そこは海の事情に明るくない内陸国のこと。
本来ならば日和待ちをしなければならないところを、元軍は急いで帰ろうとしたために、出港には向かない荒天、しかも夜間に船出したため、多くの犠牲を出してしまいました。

この辺が日本では「神風」と呼ばれたわけですが、近年の研究では
「旧暦10月=新暦11月に暴風雨は起きにくいんじゃないか?」
との見方も強まっています。

福岡管区気象台のホームページによりますと、2011年1月のように、大陸や海上の気圧の影響によって強い寒気が九州に流れ込むことがあるようです。
もしかすると、元寇のときも急激な寒気のせいで船の漕ぎ手が激減し、海を渡れなかった……なんて理由だったのかもしれません。
それならそれで気圧の流れ=神風といえないこともないですが。

この辺も後日、元寇をピックアップするときにもう少し考察してみるとしましょう。
今回は時系列を進めていきます。

こうして第一次襲来である【文永の役】は終わりました。

 

いっそコチラから高麗へ攻めこんだろか

防戦一方の難しさを理解した時宗と幕府は、
「いっそこっちから、元の拠点である高麗(朝鮮半島)に攻め込んではどうか?」
とも考えます。

が、費用と人手不足の面から、この計画は取りやめになりました。
まぁ、少し考えれば、わかりますよね。
立場が逆になったら不利になるのもこっちになり、ズタボロに負ける可能性のほうが高いということに気づきそうなものです。ただ、古代には白村江の戦いが……。

ともかく幕府は、九州沿岸への防塁建設や人員増を進め、再度の侵攻に備える方針に切り替えました。

元寇の防塁跡

九州を一つの城と見立てれば、攻城戦と同じく、防衛側が有利です。
元が天候などの地理に関心が薄かったことも、日本にとっては幸いでした。

とはいえ元も諦めたわけではなく、文永の役の後にも【降伏を迫る】使者を送ってきています。
時宗は彼らを鎌倉に連れてこさせ、江ノ島にあった刑場で斬首しました。

「攻めてくるなら攻めて来い。何度でも追い返してやる!」

これは、元に対してというよりも、御家人たちへの示しをつけるための果断だったのでしょうね。
こういうときにトップが方針を変えたり、気弱なところを見せたりすると、一気に団結が崩れてしまいますから。

そうなれば時宗だけでなく、得宗家全体への不審が爆発しかねません。
一度は鎮めた北条氏内の対立が激化することも考えられます。

残酷なようにも思えますが、このときの時宗は、自分のため、幕府のため、そしてもちろん日本という国のために、絶対に引けない立場でした。

 

世界史上でも稀に見る規模の軍団

そのぶん心身にかかる負担も凄まじいもので、これ以前から南宋(当時の中国王朝)より招いていた無学祖元という僧侶などに支えられています。
※祖元は「莫煩悩」(煩い悩む莫(な)かれ)という書を時宗に与え、腹をくくるよう促したといわれています。

元もこの事は半ば予想していたのでしょう。
使者を送り出してすぐに再軍備にかかりました。

並行して南宋の完全攻略も進めていて、そちらは成功させているので、やはり陸戦には強いことがわかります。

「陸上の進軍と同じノリで渡航するから失敗するんじゃね?」
とツッコミたいところですが、これが成功していたら今日までの日本の歴史が変わっていたでしょうから、心の中にしまっておきます。

元の内部でも、
「日本をいつ討つか」
という点で意見が割れ、二回目の侵攻である【弘安の役】までは数年の間が開きました。

そして弘安四年(1281年)、再び元軍が襲来します。
細かな数字には記録上バラつきがあるものの、文永の役から数倍の規模だったようで。

日本史どころか、世界史上でも稀に見る規模の軍です。

今回も対馬・壱岐がまず侵攻されましたが、一部は長門にも上陸したようです。
長門については史料があまり見つかっていないようですので、今後新たな事実が発覚するかもしれません。

主戦場となったのは、やはり博多湾周辺でした。

防塁を利用して奮戦した日本軍を恐れ、元軍は少し離れた志賀島を拠点にしようと試みます。
が、日本軍に夜襲をかけられたことを皮切りに、どんどん劣勢になっていきます。

国立国会図書館蔵

そのため壱岐へ後退して援軍を待とうとしたところ、軍の中で流行病が発生。
見えない敵に苦しめられながらも元軍は待ち続けましたが、あろうことかその援軍が別の島に行ってしまい、大幅なタイムロスができてしまいました。

やっと合流して再び戦闘に入ったものの、その頃には海が荒れ始めており、ついに7月末に台風の直撃を受けて元軍は壊滅します。

といっても、元軍は5月からずっとこのあたりにいたはずなので、台風のことを全く知らなかったはずはないのですが……7月末の台風だけが今で言うところの超大型台風クラスで、元の予想と対策を上回ったのでしょうか。

その後、日本軍が数回ほど追撃戦を仕掛け、武士たちも面目を保つことができました。

こうして、二度めの襲来である弘安の役も日本の勝利で終わります。

 

元では反乱も起き日本への侵攻できず

元ではその後、
「日本の武士も女も戦闘力がパネェ。こっちから攻めていくとかやめといたほうがいい」(意訳)
「日本を攻めても全然得しない。行くだけ無駄」(同上)
というような世論が高まったといいます。

それでも諦めないクビライ・カーンは、その後も日本へ服従を迫る使者を送り続けました。

が、こういった世論に怯えた水夫たちが使者をブッコロしてしまうなどの事件が起きたりして、そもそも到達できなかった……なんてこともありまして。
そりゃあ、支配者は民衆にいくらでも無茶ぶりできますけれど、やらされるほうとしてはたまったもんじゃないですよね。

また、クビライの身内かつ重鎮が戦費の負担に耐えきれなくなり、
「こんな戦争やってられるか! 皇帝ブッコロ!」(超訳)
と反乱を起こしたこともあって、一時日本への侵攻はとりやめられます。

とはいえ、日本側ではそういった元の内部事情はわかりません。

時宗は弘安の役の翌年、鎌倉に円覚寺というお寺を作って、元寇の戦死・溺死者を弔うと同時に、九州の警備を続けさせました。

国を守るためにしたことでしたが、御家人たちは
「いったい、いつまで費用を負担すればいいんだ?」
「俺たちは戦に勝ったんだから、幕府から恩賞をくれるはずだよな? いつになったらもらえるんだ?」
といった不安と不満を溜めていきます。

しかし、防戦一方だった元寇では、敵からモノやお金や土地を得ることはできません。
つまり、恩賞を与えたくても、元手がないのです。

 

弘安の役から三年後の1284年……

幕府のほうでもそれはわかっていて、何とか御家人たちをなだめようと、改革案が立てられます。

が……解決し切る前に、時宗の心身が限界を迎えてしまいます。

弘安の役から三年後の1284年、時宗は満32歳の若さでこの世を去ってしまいます。享年34。

歴代執権の中でも、三番目に短い生涯。
ちなみに、一番短かったのは四代・経時で病死、二番目は十四代・高時で、執権から退いた後、討幕の際に自刃しています。

時宗の死因はハッキリしておりません。
結核とも心臓病ともいわれています。

まあ、これだけストレスにさらされていれば抵抗力も弱まるでしょうし、食事や睡眠がまともに取れていたかどうかもアヤシイですよね……。

時宗は戦前辺りまで「国難を救った英雄」と評価されておりましたが、彼にとって、この世を去ることが唯一の休息だったとしたら、何とも悲しい話です。

長月 七紀・記

※1 白村江の戦い…天智二年(663年)、朝鮮半島にあった百済復興のため日本が援軍を出したものの、唐(当時の中国)・新羅(朝鮮半島の有力国)連合軍にボロ負けした戦い




スポンサーリンク


参考:国史大辞典「北条時宗」 北条時宗/wikipedia

 

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-鎌倉・室町時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.