歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

後醍醐天皇図/Wikipediaより引用

鎌倉・室町時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

建武の新政が超絶失敗した理由とは?味方のはずの公家からも「物狂いの沙汰」とディスられて……

投稿日:

歴史にはツッコミどころが満載。

「なんでこのタイミングでそんなことしたの?」
「ソレやって、周りがどう思うかわからなかったの?」

だからこそ現代の我々も興味を惹かれてしまうのですが、当事者たちは超マジメにやっていたりするのですから、何と反応すべきか困ってしまいます。

今回はそんな出来事の一つ【建武の新政】について、ジックリ見ていきましょう。
「建武の中興」ということもありますが、正直ちっとも中興に感じられず……。

 

そもそも建武の新政とは?

言葉の意味としては
「元弘三年(1333年)に鎌倉幕府が倒された直後から、後醍醐天皇が始めた数々の革新的な政策」
となります。

ただし急進的すぎて全く成功しておりません。

後醍醐天皇はこれ以前から独自の政策を始めており、例えば京都の米や酒の値段を決め、商人に米の定価販売をさせようとしておりました。
京都ひいては全国の商業と流通を朝廷の支配下に置こうとしたのです。

後醍醐天皇/wikipediaより引用

その頃の鎌倉幕府(というか北条氏)は、元寇に対する恩賞問題に加え、エコヒイキで身内をあっちこっちのお偉いさんに任じて現地で反感を買い、瓦解寸前。
後醍醐天皇が新たな政策をとりやすかったのですね。

絶好のチャンス!
だったはずですが、このタイミングで後醍醐天皇と側近が立てた討幕計画
・正中の変
・元弘の乱
は、二回とも天皇方から幕府への密告でポシャっています。
そして隠岐へ流されてしまいますが、後醍醐天皇の皇子である護良親王を中心に、京での討幕の動きは強まっていきました。

 

スポンサーリンク

どうせなら名門出身の尊氏さん、お願いしますよ

幕府のほうでも、足利尊氏新田義貞が幕府に反抗し、他に楠木正成などの悪党も挙兵。
こうして鎌倉幕府は倒されましたが、この時点で武士たちと後醍醐天皇の間に大きな意見の不一致がありました。

当然ながら後醍醐天皇は、天皇親政を目指して幕府を倒そうとします。

一方の武士たちは
「幕府という形態に文句はなく、北条氏が勝手すぎるので別の人が親分をやってほしい(どうせなら名門出身の尊氏サン!)」
という考えでした。

足利尊氏像

つまり、多くの武士は後醍醐天皇のために幕府を倒したわけではなかったのです。

しかし、そんなことに気付かず(気にせず?)
「幕府を倒すのに協力したんだから、全国の武士もワシに従うに違いない!」
と早合点して、実情にそぐわない政策を始めてしまいました。

これが建武の新政というわけです。

 

天皇親政の理想を目指していたものの

目標は、天皇親政の聖代とされた「延喜・天暦の治」でした。

第一の間違いが「何をするにも、天皇の綸旨がなければならない」というところです。
ちなみに建武の新政では、以下のような役所が設けられていたのですが……

○中央政治
記録所 建武政権における最高機関。荘園の調査と訴訟を扱う。楠木正成などが所属。
武者所 後醍醐天皇の親衛隊。新田義貞などが所属。
恩賞方 討幕に参加した者への恩賞を決めるため、先例や意見を参考に話し合う部署。
雑訴決断所 所領に関する訴訟を担当。二条河原の落書で「役に立たねえ」(超訳)と名指しされたところ。

○地方統治
陸奥将軍府 長官:義良親王、補佐:北畠顕家。現在の宮城県多賀城市にあった。
鎌倉将軍府 長官:成良親王、補佐:足利直義(尊氏の弟)。

これら全ての部署が天皇直属とされ、古来から政治を執り行ってきた太政官とその下の八省の仕事を実質的に否定してしまったのです。
正確には、八省の長官を左大臣や右大臣に兼任させて、天皇が直接八省を支配できるようにという狙いでした。

しかし、そもそもお役所というのは、
「政務を専門家によってできるだけ早く処理する」
ために作られています。

さらに、業務が円滑に進むよう、先例やノウハウを世襲で伝えてきたのが公家社会です。
つまり、後醍醐天皇はそういった流れをぶった切るに等しいことをやってしまった……ということになります。

手段と目的が入れ違うどころの話ではなく、「車輪の再発明」にも似た無駄です。

 

スポンサーリンク

息子の護良親王すらも制御できなかった……

他に、下級役人が就くものだった守護や国司に、もっと上の身分の人を就けて、地方にも天皇の力が行き届くように図っています。その結果はゲフンゴホン……。

後の時代にもまま起きることですが、
「中央のやり方や最新技術をいきなり地方に持ち込み、しかも地方のやり方や慣例を無視したので反感を買いまくる」
というパターンですね。

また、護良親王は足利尊氏と対立し、暗殺狙いで乱暴を働くなどして、征夷大将軍をクビになりました。
その後は中先代の乱いおける混乱の中で殺害されてしまっています。

護良親王/wikipediaより引用

護良親王は後醍醐天皇の皇子です。
これだと「息子の制御すらままならなかった」ということになりますね(´・ω・`)

それでも、後醍醐天皇を支えようとした人もいました。

 

後醍醐天皇を補佐した三人の公家たち

特に、建武の新政を補佐した三人の公家を【三房】といいます。全員の名前に「房」の字がついていたからです。
彼らのことも、ほんの少しご紹介しましょう。

・北畠親房(村上源氏

「神皇正統記」の著者としても知られている人です。
建武の新政に対しては批判的でしたが、後醍醐天皇の信頼は厚く、天皇崩御後の南朝を主導していくことになります。
余談ですが、後に織田信長の次男・信雄が婿養子入り(という名の乗っ取りを)する戦国大名・北畠家のご先祖様でもあります。

北畠親房/wikipedia

・万里小路宣房(藤原北家勧修寺流)

雑訴決断所を任されましたが、後醍醐天皇が吉野に行った後は従っておらず、その後の万里小路家は北朝方についています。
他には、「万一記(万里小路一品記・宣房卿記)」という日記を書き、家の地位を高めています。

・吉田定房(藤原北家高藤流)

後醍醐天皇が幼い頃に乳父となり、その後も鎌倉幕府への使者を務めるなど、側近中の側近ともいえる人です。

後醍醐天皇に対しては、やはり親心めいたものを持っていたのでしょう。
正中の変の際は幕府への申し開き、元弘の乱では六波羅探題への密告をしました。後醍醐天皇の身を案じるからこそ、穏便な方針を取りたかったと思われます。

建武の新政では恩賞方や雑訴決断所を任されましたが、その後の動きには不明確な点があります。
徒然草」の著者・吉田兼好とは同姓ですが、血縁関係はおそらくありません。

……お気づきでしょうか。
三人のうち一人は途中離脱、一人はよくわからん行動をし、後醍醐天皇の崩御後まで南朝にいたのは一人だけだということに……。
中枢扱いの人間ですらそれなのですから、下や地方は言わずもがな。

 

スポンサーリンク

勲功第一ながら重職から外されていた尊氏

実際、鎌倉には鎌倉将軍府があったにもかかわらず、親政が始まってたった2年後に中先代の乱が起きています。
上記の通り、ここの補佐役が足利尊氏の弟・直義だったため、尊氏が無断で関東にやってくることになり、あれよあれよという間に室町幕府の創設や南北朝分裂へ流れていくわけです。

南北朝時代の発生から消滅までの詳細は以下の記事をご参照ください。

また、建武の新政が始まって一年ちょっと経った建武元年(1334年)には、あの有名な【二条河原の落書】で、庶民(仮)からもボロクソに言われています。

それを見て後醍醐天皇が方針を改めるとか、広く意見を募るとかすればよかったのですが……。

実際にやったことといえば、大内裏造営のための費用として全国に徴税したり、銭や紙幣を新しく作ろうとしたり、もはや滅茶苦茶としかいいようがありません。
なんで予算もないのにデカイことをやろうとしたのかなぁ。

ここまであっちこっちから不評を言われても、反省もせず方針を改めない――メンタルがゴイゴイスー!

一方、足利尊氏は勲功第一とみなされながらも、建武政権の重職には任じられませんでした。この状態は世間に「尊氏なし」と呼ばれ、不可解に思われていたようです。
普通、一番功績の大きかった人が中央政権で一番エライ役職につきますものね。

もちろん何も享受できなかったわけではなく、官位と、後醍醐天皇の諱から「尊」の字、それから多くの土地の地頭に任じられています。

尊氏はダメなときはダメな人ですが、この頃は割とキレッキレな時期で、
「後醍醐天皇のやり方じゃ絶対うまくいくわけない」
と考え、わざと建武政権の中に入らなかった、ともいわれています。

中先代の乱が起きたときには、弟を助けるために後醍醐天皇には無断で出兵したりもしていますしね。

 

「御代は物狂いの沙汰としか思えず」

そんなこんなで、後醍醐天皇を支持する勢力は楠木正成ら「三木一草」と、尊氏の対抗馬になった新田義貞など、ほんのわずかになってしまいました。

しかも、後醍醐天皇自身は建武の新政から数年後に崩御してしまうという……。
他の人達からすれば、さんざん混乱の種を蒔いた当人がさっさとあの世に逃げてしまったわけですから、やるせないにも程がありましょう。

ちなみに、当時の有様について、三条公忠(きんただ)という公家が日記「後愚昧記(ごぐまいき)」に記しています。

いわく
「後醍醐天皇の御代は物狂いの沙汰としか思えず、先例になるとは到底思えない」(意訳)
だそうで……。

三条公忠は、建武の新政当時はまだ10歳前後。
後愚昧記を書いたのはそれから30年近く経った後のことです。

既に記憶が曖昧になっていたはずですが、それでも「あの頃はサイテーだった」と書きたくなるほどだった……ってどんだけなんですかね。
ちなみに、公忠は従一位内大臣まで上っています。
いわば当時の最上流階級の一員にボロクソ言われてしまったのですから立つ瀬がない。

さらにいうと、公家の日記というのはただの愚痴の掃き溜めではなく、子孫が読んで仕事の参考にするものです。

公忠はおそらく
「天皇とはいえ、臣下が諌めないととんでもない事をやり出すこともあるから気をつけろよ」
というような教訓を込めて、こんな文を残したのでしょうね。

その甲斐があったかどうかは、この後の歴史を見て考えていくこととしましょう。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典「建武新政」




スポンサーリンク


建武の新政/wikipedia
護良親王/wikipedia

 

-鎌倉・室町時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.