歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

足利義晴/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

足利義晴(室町幕府12代将軍)40年の生涯は京と近江を行ったり来たり!?

更新日:

室町幕府の将軍は、ほとんどが無名です。

目立った功績や争いがない――というのが主な理由で、名の知れた将軍と言えば以下の4名ぐらい。

1代・足利尊氏
3代・足利義満
8代・足利義政
15代・足利義昭

ここで問題なのは……。
彼らだけを学んでも、全体像を把握するのが難しいということです。

実際、皆さんの記憶における室町時代って、なんとなーくボヤけた印象になってません?

それは数少ない有名将軍をつまみ食いしているから。特にこの時代は、前の世代で火種となったものが爆発しているケースが多く、歴史で一番重要な【流れ】を無視しがちとなっています。

例えば、足利尊氏の時代に起きた南北朝問題
これは鎌倉時代末期の皇室事情(平たくいえば後嵯峨天皇のワガママ)が原因でした。

また、足利義政がグレて仕事をしなくなり【応仁の乱】へと至るのは、父である六代将軍・足利義教が暗殺され、息子の七代将軍・足利義勝と義政に満足な教育ができなかったことが遠因となっています。

そしてラストエンペラーの十五代将軍・足利義昭なんて悲惨です。
いきなり流浪の身になったり、織田信長に追い出されて幕府そのものが\(^o^)/オワタ状態になったり。

どうして義昭こうなった?
というのは、父ちゃんである十二代将軍・足利義晴に原因がありました。

今回は、義晴と共に室町幕府の後半を見てみましょう。

 

父・義澄が近江の六角氏に身を寄せていた頃に誕生

足利義晴は、父である十一代将軍・足利義澄が、近江の六角氏に身を寄せていた頃に生まれました。
十代将軍・足利義稙の上洛による戦火を避けるため、京都から避難していたんですね。

もう、この時点でややこしいです。
義稙とか義澄の影響があるのですから。

彼らも合わせてシッカリ押さえておきたい方は、以下の記事をご覧いただければ幸いです。

足利義稙(室町幕府10代将軍)は京都を出たり入ったり 応仁の乱は一応鎮静化したけれど……

足利義澄32年の生涯マトメ!室町幕府11代将軍もまた身内争いの日々に追われ……

なお、義晴が生まれて5ヶ月程で義澄は亡くなっており、親子の会話はほとんどなかったと思われます。

逃亡先で子作りに励めたのも、本能的な欲求だったのかもしれませんね。
子孫を残すのも為政者の義務であり、むしろこの時点まで子供がいなかったことのほうが当時は問題視されたことでしょう……。

 

スポンサーリンク

幼い頃は播磨守護・赤松義村のもとで

幼い義晴は、義澄派の重臣である播磨守護・赤松義村(よしむら)のもとで育ちました。

幸い、永正十年(1513年)2月には、義澄派と義稙派の和睦が成立し、義稙が再度将軍になることで合意。
幼すぎる義晴を将軍にしたところでお飾り状態は明白ですから、成人している義稙が将軍に返り咲くほうがいい……という判断でしょうか。

しかし、いつの時代も決定事項に反する者はいます。

義晴の養父にあたる赤松義村はこれを不服とし、義晴を担ぎ上げて一戦しようとしました。

義村は備前守護代・浦上村宗に反攻するための神輿が欲しかったのです。
主筋の人間を巻き込むなよ……というのは今更の話ですね。

結局、義村は永正十八年(1521年)1月に敗れ、強制的に隠居させられます。
また、義晴も浦上村宗のもとへ身柄を移されてしまいました。

ゴネたせいで自分の立場も神輿の善晴も失うなんて、ほんと義村さん、カッコ悪いっす(´・ω・`)

もしも彼に
「義晴がもう少し大きくなるまで、養父としての力を強めることに専念する」
とか
「息子の代に幕府の中枢になれるよう地盤を整えておく」
とか、そういう発想ができれば、運命も大きく変わっていたことでしょう。

 

満10歳、またしても少年将軍の誕生となる

しかし、いざ将軍になった義稙も全く落ち着きのないものでした。

二ヶ月後、管領・細川高国と対立して京都を出奔し、直後に行われた後柏原天皇の即位式に出仕しなかったのです。
結果、高国が警固の職務を遂行することになりました。

すっかり義稙に愛想を尽かした高国は、義晴を新たな将軍にすげ替えようと考えます。そこで、かねてから親交のあった浦上村宗に連絡し、将軍代理として義晴を即位式に出席させることにしました。

義晴にとっては初めての上洛。
高国に歓待され、内裏にも上がって天皇へのご挨拶もすることができました。

すると、その様子が問題ないと判断されたのか、朝廷から正式に将軍補任の合意が出ます。

急ピッチで官位の授与や元服式が行われ、永正十八年の年末、義晴は正式に第十二代将軍に任じられました。

満10歳、またしても少年将軍の誕生です。

 

スポンサーリンク

教育係は佐子局

悲しいかな、この年齢の義晴がすぐに実務を行うのは難しい……というのは、現代の我々から見ても明らか。

政治を行ったのは義澄派だった家臣たちとなります。

具体的には、細川高国や、政所執事(頭人)である伊勢貞忠、飯川国信や大舘常興などです。
義晴と共に播磨へ下っていた人もいたので、心強かったかもしれませんね。

細川高国/wikipediaより引用

一方で、播磨国に所領を持つ奉公衆の一人・三淵晴員の姉で大舘氏の養女ともされる佐子局(後に清光院)などが、義晴の教育を行いました。

この女性は、かな書きの書類発行などもしており、事務仕事もかなりデキる方だったようです。
彼女の生没年はわかっていませんが、義晴より一回り近く年長で、後に義晴の息子である義輝の教育係もしているので、かなりの長寿だったことがうかがえます。
義晴にとっては頼れる姉、あるいはばあやという存在だったのでしょう。

こうして幼い将軍を守り立てていく形になった室町幕府に、新たな戦乱が降りかかります。

大永六年(1526年)、高国が家臣の香西元盛を殺害したことがキッカケで、細川氏の内紛が始まってしまったのです。

理由は、
”「香西元盛が細川晴元に内通している」という讒言を、高国が信じたから”
だそうで……あのさぁ!

 

そして「京と近江の反復横跳び」が始まった

この動きを見て、高国と対立していた細川晴元(当時は六郎)は、三好元長の援助を受け義晴の弟・足利義維(あしかが よしつな)を擁立。
元盛の2人の兄・波多野稙通や柳本賢治も高国から離反という具合で、芋づる式に敵が増えていきました。

そして大永七年(1527年)2月に起きた【桂川原の戦い】で高国が敗北すると、三好元長や細川晴元らが入京し実権を握ります。

このまま京にいれば、身に危険が!

義晴は、高国らと共に近江に逃れました。
この件について義晴には責任がなく、晴元と義晴の間で交渉が行われ、数ヶ月で帰京していますが……今回のような「京と近江の反復横跳び」は生涯大部分を占めることになります。

享禄元年(1528年)にも義晴は、近江の朽木稙綱を頼って同地へ逃げました。
そして若狭の武田元光らを味方につけ、三好元長らが擁立した堺公方・足利義維と対立します。

こうした状況を受けて義晴から義維へ寝返った幕臣もいました。

ただ、奉公衆・奉行衆・女房衆・昵懇公家衆など、将軍の身辺に仕える人々は義晴に従い続けたのが救いだったでしょう。

このとき義晴、17歳。
古い付き合いの人々とは、擬似的に親子のような感情があったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

もう近江に幕府を移せばいいじゃない

朝廷からの心証も悪くなかった義晴は、享禄三年(1530年)に権大納言へ昇進します。
地方大名との関係も維持していたため、実際に派兵などは行わなくとも、世間的に「正しいのは義晴」とみなされていたのかもしれません。

一方、高国は高国で、味方してくれる大名を探したり、実際に軍を動かして対抗したりしていました。

が、晴元を討つべく堺へ出陣した細川高国は、その手前で晴元方の兵に阻まれて敗北。
そのまま自害に追い込まれます。

敵対していた二人のうち一方が命を落としたのですから、普通はここで話が収束しますよね。

ところがどっこい、まだまだ続きます。
今度は義維派の細川晴元と三好元長が対立しはじめたのです。

「お前らは敵を作り続けないと死ぬ病気にでもかかってるの?」……とツッコミたくなってきます(´・ω・`)

天文元年(1532年)、晴元と手を組んだ一向一揆によって三好元長は討たれます。
これを避けるため、義晴はまた近江に逃れなければなりませんでした(四年ぶり三回め)。

今度も前回と同じく奉公衆・奉行衆を含め、幕府の中枢人物を軒並み引き連れていっていいます。

「もう京都に戻るのやめて、近江に幕府を移せばいいんじゃ……」と思ってしまいますが、義晴はこの移転の後も京都の公家たちと連絡を取り続け、桑実寺の縁起絵巻作成や改元を提案する武家執奏&儀式の費用献上などをしています。

「朝廷を味方につけておけば、俺たちの正当性を保てる」と考えたのでしょうね。
義稙が京都を捨てて朝廷の信頼を失ったことが、この状況の原因でもありますし。

 

帰京が決まり、結婚も済ませ、子宝にも恵まれる

義晴がそうした態度を取ったためか。
義維派の大名や公家はほとんど増えず、義晴と和解を唱える者もいました。

また義維は、細川晴元が京都の実権を握った後も治安の悪化によって上洛できず、将軍宣下を受けるどころか朝廷に接近することもできない状態が続きます。
政治的には義晴のほうが有利な位置にいた、と考えていいでしょう。

そして天文三年(1534年)、義晴は六角定頼・義賢父子の後ろ盾を得て細川晴元と和解し、9月に帰京します。
直前には、近衛尚通の末娘(慶寿院)との結婚も済ませておりました。

尚通の正室の実家である徳大寺家と細川高国が縁戚関係にあったため、高国の仲介で婚約が成立したようです。

従来、足利将軍の正室は日野氏から迎えられてきましたが、慶寿院は、初めて摂関家から輿入れしています。
義晴は生母が不明(=母の身分が低い)とされており、母方の後ろ盾がなかったため、公家(摂関家)の力も利用したかったようです。

そして、この妻が、将軍の御台所としては日野富子以来となる男子(しかも三人)をもうけたことは、義晴にとって大きな後ろ盾となりました。
なんせ実の兄弟ですら誰かが担ぎ上げてきて敵になるので、後継者の確保は早ければ早いほど良かったのです。夫婦間において「子はかすがい」といいますが、家同士の場合もあてはまるんですね。

この時期の足利家と近衛家との関係は比較的良好でした。

特に、義晴から見て義兄の近衛稙家は、正式な武家伝奏にはなっていないものの、幕府と朝廷間、及び諸大名と幕府間のパイプ役を務めるほど
余談ですが、稙家の息子が織田信長のマブダチ・近衛前久です。

そろそろ戦国末期に繋がるポイントが出てくるようになるので、覚えておくとより楽しめますね。

 

スポンサーリンク

息子の菊幢丸に将軍職を継承させようと

義晴は体調を崩し、天文三年の前半にはほとんど政務をしておりません。

本人も健康上の不安を感じていたのか。
天文五年(1536年)8月には、嫡男・菊幢丸(きくどうまる・後の13代将軍足利義輝に将軍職を譲る意向を示し、その後見として八名の「年寄衆」を指名しました。
このときは義晴が回復したため、将軍職継承は行われませんでしたが、年寄衆は後に「内談衆」と名を変え、義晴を支えていくことになります。

行き当たりばったりな印象の強い室町幕府将軍の中で、義晴は、かなり後のこと(自分の死後)も考えているという気がしますね。

天文四年(1535年)には、長年、仮名の「六郎」だった細川晴元が、義晴の偏諱を受けて改名します。
偏諱を受けることは臣下になるという意思表示みたいなもの。
晴元はこの時点で義晴に従う姿勢を見せたともいえます。

さらに、その二年後に晴元は六角定頼の猶子(実父は三条公頼)を妻に迎えました。
当時、京都に出仕していた大名は晴元と同族の細川元常しかおらず、彼らと近江の六角定頼を加えた3人と義晴の協調の下、幕府は一時的な安定を迎えることになります。

しかし、それで収まらないのが室町時代です。
ここから先は、義晴の弟・義維を推していた勢力内での対立が絡んできます。

 

敵の敵は一時味方でやっぱり敵となる

天文十年(1541年)10月。
義維派だった細川晴元と、畠山氏の重臣・木沢長政が対立しはじめました。

この畠山氏は、応仁の乱の一因となった軍事衝突「御霊合戦」(上御霊神社の戦い)を起こした家。
そんな主を見限った長政は、主家の実権を握りつつ、細川晴元に接近していました。

そして晴元と長政は、細川高国を滅ぼすまでは協調していたのです……が、こういう結びつきは共通の敵がいなくなると破綻しやすいものです。
テンプレ通り、彼らの関係も決壊。新たな戦が始まったのです。

木沢長政は一向一揆を味方につけながらも、これを制御しきれません。

イラスト・富永商太

一揆のメンバーは興福寺をはじめとした他宗派との衝突(物理)を起こしまくったため、義晴や晴元から、長政に対して
「お前のオトモダチなんだからお前が始末をつけろ!」(超訳)
という命令が出されます。

長政はこれを受け、今度は日蓮宗徒を味方につけて一向一揆を鎮めたまでは良かったのですが、その後は日蓮宗徒が邪魔になって始末しようとします。

むろん、日蓮宗徒もタダで利用されて引き下がる訳にはいきません。
これが一向宗vs日蓮宗の大ゲンカ「天文法華の乱」に続きます。

延暦寺と日蓮宗のしょーもないガチバトル「天文法華の乱」で京都の街は大焼失

しかもこれだけ引っかき回した当人の長政は、素知らぬ顔で畠山氏を牛耳り続けるのですからどうしようもない。
絶対ロクな死に方しないやつですよ。

 

やむを得ず畠山政国に味方を

将軍である義晴には、晴元と長政の両方から支援要請が届いていました。
どちらに味方するのか。
しばらく悩みましたが、最終的には晴元を選びます。

そのため、天文十一年(1542年)の【太平寺の戦い】で長政が敗れたとき、その首は近江坂本へ避難していた義晴に届けられました。
義晴は、その後も晴元支持の姿勢を保っています。

ところが、です。
天文十五年(1545年)に入って畠山政国が、晴元のライバル・細川氏綱方につき、晴元を京から締め出してしまいました。
晴元は丹波へ行ってしまい、義晴は慈照寺(銀閣寺)に移らざるを得なくなります。

更には、張本人の畠山政国から
「私と氏綱サンに協力してくださいよ^^」(意訳)
という要求が義晴に届いたため、その通りにしなければなりませんでした。
晴元が苦戦しており、なかなか京に戻る目処が立たなかったからです。

万が一、固辞していたら、
「じゃあアンタいらないから、ブッコロして他の足利氏のヒトを担ぎ上げるわ^^」
てなことになった可能性は高いでしょう。

そして状況はめまぐるしく動きます。

晴元の家臣が四国から兵を率いてやってくると、一気に晴元方が優勢になり、天文十六年(1547年)「舎利寺の戦い」で勝利を得るのです。
このとき大きな戦功を挙げたのが、三好長慶でした。

松永久秀の最初の主君であり、この後しばらく畿内の実権を握り、織田信長より先に天下人になった――とも称される方ですね。

三好長慶は信長よりも前に天下人!? 松永久秀に翻弄されて迎えた不憫な最期

 

ついに息子の義輝を13代将軍に!

義晴は氏綱方の敗北を知り、またまた近江坂本へ逃れました。
ほんと、オリンピックみたいなスパンで京都と近江を往復しています。

そして、この頃になるとさすがに反復横跳び状態にケリを付けたくなってきたのか、一つ大きな行動を起こしています。

天文十五年(1545年)12月に嫡男・菊幢丸を元服させて「義藤」(後の13代将軍足利義輝・以下、義輝で統一)と名乗らせ、その翌日には足利義輝へ将軍職を譲っているのです。
将軍職を継承させるために元服させたと見て間違いないでしょう。

足利義輝/wikipediaより引用

これに関して、足利義晴の考えが見える出来事が二つ。

一つは、元服式の役目についてです。

室町幕府の将軍、あるいはその第一候補者が元服する際、烏帽子親は本人の父(現職の将軍)か、あるいひあ管領が務めることになっていました。
しかし義晴は、管領ではない六角定頼を管領代に任じ、義輝の烏帽子親にしています。

当時の管領である晴元が近江まで来られなかったことと、この時点で実質的な将軍家の庇護者が六角氏になっていたからと思われますが……これによって、義晴と細川晴元の関係が悪化。
さらには氏綱と晴元の舅・六角定頼も対立することになりました。

もう一つの出来事とは、引退して大御所になった義晴が「右近衛大将」の官職を受けていることです。

室町幕府の将軍は、在任中に権大納言と右近衛大将を兼務→内大臣という順番で官職が進むのがスタンダードでした。
しかし、義晴は権大納言になっていながら、長い間、右近衛大将の職を受けていなかったのです。

その状態のまま義輝に将軍を譲ろうとしたので、ときの帝である後奈良天皇や義晴の義兄(妻の兄)である近衛稙家は
「まさか義晴のヤツ、何もかも投げ出して『あとのことは家臣と倅に任せた!^^b』なんていい出すつもりじゃないよな?」(超訳)
と懸念を抱きました。

似たようなことやってる人がこれまでの足利家に何人かいるので、朝廷の懸念も尤もなコトだったのです。

そのため、まだ義晴が就いていなかった右近衛大将の官職を与えて、引き止めにかかったのでした。

残念ながら義晴の真意はわかりません。
ただ、官職に任じるたびに何かしらの式が行われて費用がかさむため、無駄を省こうとしたのではないでしょうか。これはこれで現実的な考えですね。

 

右腕だった六角定頼にあっけなく裏切られ

何はともあれ、義晴は室町幕府では数少ない”大御所”として、義輝の後見を行っていくことになりました。

親子の会話がどんなものだったかは推測するしかありませんが、おそらくは将軍の立場や役目、その地位を保つことの難しさなどを諭したことでしょう。

上記の通り、義輝はこのとき11歳。
実務を行うには厳しいにしても、ものの善悪や自分の立場は充分理解できる年齢です。大人として扱われるのが早かった時代のことですし。

あるいは義輝の言動を見て、義晴が「そろそろあいつも道理がわかるようになってきたから、俺が元気なうちに将軍を譲りたい」と思ったのかもしれませんね。

こうして後のことは定まってバンザーイとはならないのが、この時代。
細川氏の争いはまだまだ続きました。完全にペンペン草も生えません。

義晴は天文16年(1547年)3月、瓜生山城(うりょうさんじょう・現京都市左京区)へ入って、今度は氏綱方に味方する姿勢を明らかにしました。

しかし、義晴方だった六角定頼が離反して晴元に味方し、摂津でも義晴方の薬師寺元房ら諸将が晴元に降伏。
上記の通り、六角定頼は「管領代」、つまり義晴が「これからお前を右腕扱いにするからよろしくな」と頼りにしていた人物です。

そういう人に裏切られてしまったのです。嫌な予感しかしませんね。

更にはこの年の夏、細川・六角連合軍が瓜生山城を攻撃し、義晴は自ら城に火を放ってまたまた近江坂本へ逃走。
半月程度で晴元と和睦して京に戻ってますが、もう数えるのも疲れたよ(´・ω・`)

六角定頼からは「晴元殿と和解なさったほうがいいですよ」(意訳)という手紙が届きました。
関係性がややこしいところですが、定頼からすると義晴は「頼りない将軍だがむざむざ殺すのも気が引ける」、晴元は「娘のダンナだから味方してやろう」みたいな感じです。まったくもってイヤな三角関係です。

こんな感じの「アイツは気に食わないけど、ダチのダチだからできれば対立したくない(ダチとの関係が壊れるから)」みたいな関係があっちこっちで同時に存在していたのが、当時の室町幕府と近隣事情です。
もうホント、将棋大会でもやって権力者を決めればいいのにねぇ。

 

再び近江へ逃げながら、慈照寺の裏に中尾城を築城

天文十八年(1549年)、今度は細川晴元と三好長慶の二人が三好政長の処遇をめぐって対立し始めました。
政長は三好氏の分家筋の人で、晴元の側近です。

三好本家の長慶からすると、
「なんでアイツ、俺を飛び越えて細川氏に仕えてんの? おかしくない?」
と思うのは当たり前です。また、河内の複数箇所の代官職を巡る対立もありました。

そのため、政長から見て主君の晴元と、本家の長慶の仲もこじれはじめた……というわけです。

義晴は、晴元に味方しました……が、【江口の戦い】で政長が戦死し、晴元が敗北すると、今度は、義輝と晴元、妻の兄である近衛稙家と共に近江の朽木谷へ逃げます。

やっぱり「そのまま近江にとどまればいいんじゃないかな」という気がしますが、義晴は諦めません。
慈照寺(銀閣があるお寺)の裏にある地蔵山に、中尾城の築城を開始したのです。

当時、普及し始めたばかりの鉄砲を意識し、城の壁に石や砂利を詰めさせて防御力を高めたといいますから、ガチでやり合う気だったのでしょう。
その割に、根本的な問題を解決しようとか、似たようなことが今後起きないように工夫するとか、そういう素振りが見えないのですが……。

もしくは、そういう考えが浮かぶ前に、寿命が来てしまったのかもしれません。

中尾城を造り始めて間もなく、義晴の体調は悪化。
天文十九年(1550年)3月には穴太(あのう・現滋賀県大津市穴太)に移り、そのまま回復せず亡くなっています。
享年40(満39歳没)。

足利義晴/wikipediaより引用

 

死因は悪性の水腫ながら自殺説も残っている

足利義晴の死因は、悪性の水腫だったといわれています。

水腫が起こる病気はいろいろありますが、最晩年は「果汁の粥をすすりながら進軍した」という記録があります。この果汁がどの果物かわかれば、病名を突き止めるヒントになるかもしれません。
人間、無意識に足りない栄養素を補おうとするものですから。

一方、義晴の死の直後、奉公衆の一人・進士晴舎(しんし はるいえ)から上野の戦国大名・横瀬(由良)成繁に宛てた書状では
「義晴様が自害なされた」
と書かれているとか。

となると、病状を悲観した義晴が自ら……ということもありえますね。

死の前日、絵師の土佐光茂を呼び寄せて自らの肖像画(上掲の画像)を描かせているのも、その裏付けになるかもしれません。
普通、肖像画を描かせるのって元気なときに権勢を誇るためですから、遺影として残そうとしたのでしょうか。義晴の葬儀はかなり簡素なものだったと伝わります。

近江と京の反復横跳び生活ではありましたが、義晴は久々に生涯「将軍」の座を保ち続けた人でもあります。

おそらく、義晴の後半生は息子・義輝が将軍として安定した一生を送るための準備だったのでしょう。
細川氏の始末ができていれば、それも不可能ではなかったはずです。

ただ、その義輝は、歴代の征夷大将軍の中で最も苛烈な最期を迎えることになるのですが……。

足利義輝の壮絶過ぎる散り際! 剣豪レベルまで剣術を磨いた室町将軍

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典「足利義晴」
足利義晴/wikipedia

 



-鎌倉・室町時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.