歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

南無阿弥陀佛/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

一向一揆はなぜ起きた? 10の事例マトメ~悪いのは浄土真宗というより権力者!?

投稿日:

室町時代に発生し始めた【一向一揆】って、なんだか怖いイメージがありますよね。

お坊さんや農民たちが念仏を唱えながら、武士たちに突っ込んでいきそうな、命知らずな雰囲気と申しましょうか。
宗教ってあらためて恐ろしい――そう感じる方もおられるでしょう。

しかし、当時を考えると「そりゃ仕方ないわ」という状況だったりします。

将軍が殺されたり(嘉吉の乱)、追い出されたり(明応の政変)、そうした政争に地侍たちがキレたり(山城の国一揆)。
戦国の世を迎えつつある殺伐とした時代に誰もがみな生きるために必死だったのです。

一向一揆もまた同様。
生きるために民衆が選んだ選択肢とはいかなるものだったか?

10の事例と共に見て参りましょう。

 

そもそも一向一揆とは?

言葉の定義としては「浄土真宗本願寺派の信徒、あるいは本願寺のお偉いさんが関わった一揆」となります。

「信徒」の中には、僧侶はもちろん農民だけでなく武士も含まれました。

となると「浄土真宗ってヤバイ宗教だったの?」と思ってしまうかもしれませんが、当然、そんなことはありません。

開祖・親鸞は「俗世の権力を否定すべき」とか煽動するようなことは行っておりませんし、また、室町時代の法主(本願寺のトップ)・本願寺蓮如も、当初は一向一揆を起こしていた宗徒たちに
守護地頭に逆らうな」
「年貢をちゃんと収めなさい」
「他の宗教を否定してはいけない」
とお達しを出していたこともあるほどです。

それに浄土真宗の信者だからといって、必ずしも一向一揆に参加していたわけではありません。
エリア的に見ると、一向一揆が多かったのは近畿(一部東海)や北陸であって、その他のエリアにはほとんど出てこないですよね。

親鸞/wikipediaより引用

では、なぜ浄土真宗が一揆の主犯であるかのように言われるのでしょうか?

それは、浄土真宗がもともと
「学のない農民や武士も救われるように」
「面倒な儀式や厳しい修行をしなくても、念仏を唱えれば誰でも救われる」
という宗旨を掲げていることが影響しています。

室町時代に一揆を起こすような状況に追い込まれたのは、農民や国人など、世間的な地位が高くない人が大多数でした。
というか権力者に「ふざけんなテメー!!(物理)」をするのが一揆ですしね。

つまり「浄土真宗がヤバイ」のではなく、「浄土真宗の信徒」と「室町時代に追い詰められた層が一致した」だけの話です。

まぁ、同じ信仰を持つことによって勇気づけられたり、結束が強まったという面はありますが……徳川家康を苦しめた【三河一向一揆】はその典型例ですね。
他の一向一揆はケースバイケースです。

 

スポンサーリンク

守護や国人、戦火から身を守るため

鎌倉仏教以降、浄土真宗以外にも多数の宗派がありましたが、それらが一揆に結びつかなかったのは、やはり信者の数が大きな要因ではないでしょうか。

本願寺側では、村単位での布教や説法を主軸にしていましたし、村でも村長などを中心に教えを請うていたので、他の宗派より世俗との結びつきが強かったのです。

こうして結束の強まった村が、
・守護や国人などの領主の支配から独立するため
・戦火から自らを守るため
立ち上がったのが、大多数の一向一揆となります。

更には武士階層の中にも浄土真宗の信徒が多かったため、一揆に加わった者は少なくありません(それで話がこじれるケースも……)。

では、実際にはどんなパターンがあったのか、一つ一つざっくりみていきましょう。

過去記事があるものはリンクを貼らせていただきましたので、お手数ですがそちらをご参照ください。
全部書くと、文字数が膨大になって誰も読んでくれなくなるので(´・ω・`)

イラスト・富永商太

 

【近江・金森合戦】文正元年(1466)

近江で起きた史上初の一向一揆とされています。

当時、本願寺法主・蓮如が比叡山延暦寺の圧迫により京都を追い出され、近江に身を寄せていました。
これを「寛正の法難」ともいいます。

その後、蓮如は宗派再興のため大々的に布教をスタート。特に大津周辺は真宗の信徒が激増していきました。

当然、追い出して権力を削ぎたかった延暦寺からすれば、憎々しいことこの上ない話です。
そこで、大津へ向けて僧兵を派遣し、こうして起きたのが近江・金森合戦でした。

他の一向一揆と違って「真宗vs領主」ではなく、「真宗vs天台宗」の戦いだったのですね。

ほんと宗教の怖さで。教えが違うからブッコロ!というのはヤメてほしいにもほどがあります。
お釈迦様も最澄も仏罰当てたいでしょうね。

文正二年(1467年)には本願寺との間で和議が成立していますので、宗教戦争の割には早くケリが付いています。全体的にはついてませんが。

 

スポンサーリンク

【吉崎一向一揆(仮称)文明六年(1474年)

ものすごく端折ると、後述する加賀一向一揆の前哨戦みたいなものです。
そのためか、この時点での特定する名称がないので、ここでは仮称をつけさせていただきました。

この頃は蓮如が、経覚という法相宗の僧侶に「朝倉氏の圧迫がスゴイので、手を貸してくれんか」と請われ、吉崎御坊(現・福井県あわら市)に滞在していました。経覚と蓮如は親戚でもあります。
蓮如は親鸞の血を引いていることを根拠として、北陸の浄土真宗系寺院を吸収し、勢力を広げていきました。

そして文明五年(1473年)には加賀守護・富樫政親の要請を受け、富樫家の内紛に介入。
政親と対立していた富樫家二十二代当主・幸千代を締め出して(殺害説もあり)、政親に勝利をもたらしました。

蓮如としては、政親の庇護を得るためにやったのですが、政親は逆に
「こんなにまとまった力があるヤツを近所に置いておいたら、今度は、俺の身が危険になるんじゃん!」
と恐れ、蓮如以下の浄土真宗信徒を弾圧して追い出してしまいます。

蓮如に従っていた国人たちを政親の傘下に入れるため、という目的もあったようです。
古今東西、手強い奴は真っ先に殺すか、何とかして味方につけないと痛い目見るもんなんですけどねえ。それが後々響いてくるわけですが……。

 

【越中一向一揆】文明十二年(1480年)~天正四年(1576年)

こちらも、吉崎一向一揆(仮称)と繋がっています。

加賀守護・富樫政親に追い出された真宗信徒のうち、越中の瑞泉寺へ逃げた人々がいました。
現在は「真宗大谷派井波別院瑞泉寺」(富山県南砺市)となっています。

まず、彼らを脅威と感じた越中福光城主・石黒光義が、瑞泉寺を襲撃しようとして返り討ちに遭いました。

「殺られる前に殺れ」は戦の常套手段ですが、それが通じる相手かそうでないか、少し考えてからやりなさいってば(´・ω・`)

その後、蓮如の次男・蓮乗が、瑞泉寺ともう一つのお寺(本泉寺)を、その弟・蓮誓が土山御坊を譲り受け、兄弟で越中に根付き、信徒を教えるようになります。
二人が亡くなった後も、その子孫や親戚によってその状態は続きました。

そして享禄四年(1531年)に加賀の一向一揆勢と本願寺が対立すると、越中の浄土真宗徒は本願寺側につきました。
しばらくして加賀は本願寺が統治することになり、越中は瑞泉寺などの支配下に入り、能登守護・畠山氏や越後守護代・長尾氏、越中・守護代遊佐氏と長く対立していきます。

戦いは、なんと、あの上杉謙信とも行われています(永禄~天正年間)。

謙信というと仏教への信仰が厚いイメージもありますが、彼は臨済宗のお寺で授戒していますので、浄土真宗に対しては躊躇しなかったのかもしれません。
それでなくても越中は、謙信から見て上洛ルートの途中にありますしね。

しかし、元亀三年(1572年)9月の尻垂坂の戦い(富山城の戦い)で加賀及び越中の一向一揆勢は壊滅。
やがて謙信と本願寺の間に和睦が成立し、越中一向一揆は収束しました。

加賀は本願寺と織田信長の戦いにケリがつくまで、あと数年間粘っています。

 

スポンサーリンク

【加賀一向一揆】長享二年(1488年)~天正八年(1580年)

「一揆衆が百年の自治を勝ち取った!」という点で有名なアレです。

詳細は別記事に譲り、内容を超ザックリ説明しますと……。

富樫政親の要望に応じて本願寺蓮如が送った一向宗の信徒たち。
政親が、彼等を働かせながら、無碍に追い出した事は【吉崎一向一揆】で説明した通りです。

その後、キレた信徒たちは高尾城を攻め落として富樫政親を自害させ、蓮如から「おまえらいい加減にしろ」という書状も無視して、自分たちで治めるようになります。

これを武力で衝突し始めたのが朝倉家であり、そこには名将・朝倉宗滴がおりました。
ただし、宗滴といえでも、一揆勢を完全には倒しきれていません。

少し時代が進んで、上杉謙信がプレッシャーをかけたりしながら、いよいよ織田信長が勝家砲を発射。
このカオスの中で柴田勝家は、手取川の戦いにおいて上杉謙信にフルボッコにされますが、なんだかんだで一向一揆も制圧するのでした。

それが1580年というわけで、約100年も自治が続いたんですね。

最後は柴田勝家が平定! 100年続いた加賀一向一揆 そもそもナゼ起きた?

 

【享禄・天文の乱(大小一揆)享禄四年(1531年) 

ものすごく関係人物が多くてややこしいので一行でまとめますと……。

「本願寺法主・蓮如が子供を13男14女も作ったせいで相続や権力関係がめんどくさいことになって爆発した一揆」

もちろん一人の妻が産んだわけではなく、妻が亡くなるたびに新しい女性を迎えていたのですが……いくら妻帯おkな宗派だからって精力的すぎるやろ。
だから子や孫たちも権力に固執するようになった?

 

スポンサーリンク

【畿内一向一揆(=大和天文一揆)天文元年(1532年)

元々は管領家の畠山義堯と細川晴元の争いです。

それが、お互いにアッチコッチの守護大名や本願寺などを味方につけようとした結果、本願寺宗徒(一向一揆勢)が暴走して奈良を燃やすなどの蛮行を働くという「(゚Д゚)ハァ?」な展開になりました。

味方につけようとした晴元も最終的には一揆鎮圧に手こずっているので、もうなんとも言えません。

「庶民であっても、集団になれば権力者の手に負えなくなることがある」
それを証明した一件ともいえます。

 

【三河一向一揆】永禄六年(1563年)~永禄七年(1564年)

三方ヶ原の戦い神君伊賀越えと並ぶ、家康のトラウマの一つです。

平家の家臣にも真宗を信じている人が多かったため、一揆側についた人も少なくありませんでした。

詳細は以下の記事をご覧ください。

鉄の結束だった徳川家臣団を分断! げに恐ろしき三河一向一揆の結末と影響は?

 

長島一向一揆元亀元年(1570年)~天正二年(1574年)

信長が総攻撃をかけ、大量虐殺したことで知られる一揆です。

延暦寺焼き討ち事件とあわせて【魔王っぷり】を強調するときに使われますが、織田方も庶兄・織田信広をはじめ、かなり戦死しているのでどっこいどっこいかなぁと。
こちらも詳細は以下の記事へ。

なぜ長島一向一揆を徹底的に潰したのか 信長の対宗教戦略を振り返ってみる

えっ、信長は比叡山を焼いてない!? 比叡山延暦寺焼き討ち事件の真相とは?

 

【越前一向一揆】天正二年(1574年)~天正三年(1575年)

この話もややこしいのですが、信長との関わりが強いので、少しだけ詳しくみていきましょう。

まず、天正元年(1573年)、織田信長が越前の朝倉義景を攻め滅ぼします。
信長の義弟・浅井長政が同盟を結んでいた相手です。

朝倉氏の家臣のうち、信長に臣従した者は旧領を安堵され、その中で信長の道案内役をした桂田長俊(前波吉継)が守護代に任じられました。
しかし、長俊は朝倉氏の中では重臣というわけでもなかったため、他の朝倉氏旧臣から反発を受けることとなります。

また長俊は、守護代に任じられた後から図に乗り始め、さらに反感を買います。
ついには元々仲が悪かった富田長繁などが中心となり、長俊をブッコロすため越前の村の人々を味方につけ、土一揆を起こすのでした。

あれよあれよと3万にも膨れ上がった一揆勢。
彼らは一乗谷城を攻略し、桂田長俊も一族もろとも皆殺しに遭ってしまいます( ̄人 ̄)

一揆衆は続けて、府中の旧朝倉土佐守館にいた三人の奉行(木下祐久・津田元嘉・三沢秀次(=溝尾茂朝))に攻め込みました。

ここで安居景健(朝倉景健)が調停に入り、上記の三人が越前から岐阜へ行くことで和睦が成立。
そろそろ潮時では……という場面でも富田長繁は止まりません。

有力者である魚住景固(うおずみ かげかた)を自らの居城である龍門寺城に招き、次男の魚住彦四郎とまとめて始末してしまいます。

まだ終わりません。
さらにその翌日には、魚住氏の居城・鳥羽野城(現・福井県鯖江市)にいた魚住景固の嫡男・彦三郎をも討ち取って、これまた一族根絶やしにするのでした。

別に魚住氏とは敵対していなかったので、何がしたいんだかわかりません。
それは当時の人々も同じでして。長繁の動向を見て、一揆の参加者や越前の人々は不安になるばかりです。

そりゃあ、敵でもない家を皆殺しにするような人を信用できないですよね。
いつ自分たちに矛先が向くかわからないのですから。

さすがに空気を読んだのか。
長繁は民衆をなだめるためにいくつかの政策を出したものの、それでも信望を得るには足りません。
やる順序が逆だったら有効だったかもしれませんけどねぇ。

そしてどこからか”長繁は、信長に「俺を越前の国主にしていただけるなら、織田家に従います」と言っているらしい”という噂まで流れ出しました。

ここで住民、爆発!

長繁と決別するため蜂起した一揆衆は、加賀から七里頼周(しちり よりちか)や杉浦玄任(すぎうら げんにん)を招いて旗頭にします。
二人は本願寺の僧侶。
ですが、例えば杉浦玄任などは越中で一揆勢を率いて上杉謙信や朝倉義景とやりあった戦巧者でもありました。越前の一揆衆にとっては、頼れる顧問のような存在だったといえます。

こうして越前の一揆衆は、七里頼周を大将とする一向一揆に姿を変えました。
最初から浄土真宗徒が結託したのではなく、
【土一揆の民衆】

【浄土真宗の僧侶】
が後から結びついたのです。

長繁軍vs一向一揆衆の戦いは3ヶ月ほど続き、ほどなくして味方に裏切られた長繁が背後から撃たれて戦死。
翌日には一揆勢の元に首が届けられ、首実検も行われています。

その後、一揆勢は周辺の朝倉氏旧臣を次々に攻め落とし、ついには越前全体が一揆勢、つまり百姓のものになってしまいました。
当時これを「百姓の持ちたる国」と称していたほどです。

この状況は一筋縄ではいかないと判断した信長は一度軍を引き上げ、他の敵対勢力に対応しながら好機を待ちます。
その機会は案外早くやってきました。

天正三年(1575年)。
顕如が越前「守護」として派遣した真宗のエライ僧侶達が、朝倉氏旧臣の領地を独占してしまいます。
さらには「織田軍との臨戦態勢下にあるから」と称し、越前在地の国人衆や民衆に重税や過酷な労働を課していきます。

そのため越前における天台宗や真言宗、そして国人衆や民衆、遂には越前の浄土真宗などが大反発。
逆に言えば、身内以外の人から総スカンを食らっていたような状態になりました。
そりゃあ一揆勢からしたら、よそから来た生臭坊主にコキ使われるなんて、真っ平御免ですわな。

一方信長はこの年5月、長篠の戦いで武田氏に勝利しており、また街道の整備なども行って、どの方面にでも大軍で攻め込めるよう準備をしておりました。
そこで入ってきたのが
「越前の一向一揆衆が分裂しました!」
という報。

再攻略を始めた織田軍が勝利することとなり、北陸の一向一揆は収束、柴田勝家を総司令官とする織田家の北陸方面軍が組織されます。

 

【石山本願寺一揆(=石山合戦)元亀元年(1570年)~天正八年(1580年)

織田信長が10年間苦しめられた戦いです。

本願寺第十一世の本願寺顕如が、雑賀衆・浅井氏・朝倉氏・武田氏・上杉氏・毛利氏など組んで信長包囲網を形成、各地の門徒と連動した史上最大の一向一揆でした。

ここまでくるとむしろ「対信長大同盟」とでもいったほうがいい気がしますね。
ナポレオンと信長ってよく対比されますし。

さんざん殴り合った結果、正親町天皇の勅令による条件つき講和で閉幕しました。

 

この時期、モンゴルから攻められてたら……

さて、あらためて室町時代のカオスを確認しておきますと……。

最初の土一揆が【正長の土一揆】で正長元年(1428年)。
一向一揆も、最初は近江・金森合戦で文正元年(1466年)。
そんでもって、最初の国一揆である【山城の国一揆】が文明十七年(1485年)です。

この他に嘉吉の乱・応仁の乱をはじめとした武士同士の争いも起きていたわけで。国全体が戦国状態というか、むしろ戦に全く関わってなかった人なんていたんだろうかという状態ですよね。

ホント、この時代に元寇みたいな外患がなくてよかったものです。

海の向こうでは明王朝が、モンゴル系民族との戦いに皇帝が親征して捕虜になったことがありました。
もし日本が陸続きだったり、日本海がもっと穏やかな海だったり、明がさっさとやられたりしてモンゴル民族がまた進出しに来ていたら、三英傑の時代になる前に日本という国がなかったかもしれません。

巨大な敵ができることによって、国内が一致団結してたら別ですが……この後の歴史を見る限り、その可能性は低そうです。

同時代、航海技術に優れていた国というとスペインやポルトガルですが、スペインは1492年までレコンキスタ(vsイスラム王朝の戦い/和訳:国土回復運動)をやっていたので、そんな余裕はありません。

ポルトガルは1249年にレコンキスタを終えていましたが、その後はイベリア半島内での戦争が続いていたため、やはり外征するどころではなかったといえます。
いずれにせよ、当時の航海技術では、日本まで大軍を送ることは難しかったでしょう。

外患のなかった江戸時代末期までの日本。
本当に運が良かったんですね。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典「一向一揆」「加賀一向一揆」
一向一揆/wikipedia 加賀一向一揆/wikipedia

 




1位 薩長同盟
倒幕のためじゃない!


2位 意外と優しい!? 織田信長さん


3位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


4位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-鎌倉・室町時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.