歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

火縄銃で射撃姿勢の足軽/wikipediaより引用

日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた 合戦

鉄砲伝来って誰がいつ日本のどこで?→種子島に漂着した中国船にポルトガル人が乗っていて

投稿日:

戦国時代は「外国からの文物」が多く入ってきた時代です。

当時「南蛮」と呼ばれていたヨーロッパ人との接触が始まり、新しく輸入された中でもインパクトのあったのが鉄砲とキリスト教。
教科書的には【鉄砲伝来】とか【キリスト教伝来】なんて言われたりしますね。

今回は鉄砲について見ておきましょう。

 

中国船に乗っていたポルトガル人が

日本に鉄砲が伝わったのは、全くの偶然といってもいい出来事でした。

ときは天文十二年(1543年)の8月25日。
当時、日本の最南端ともいえる地域の一つ・種子島に、大きな外国船が流れ着きました。

どうやら中国の船らしい。
「中国人なら話が通じるだろう」ということで、種子島の人が中国人乗組員に筆談で事情を聞いてみたところ、船には南蛮商人(この場合はポルトガル)が乗っていて、「鉄砲」という今までにない新しい武器を持っている……ということがわかりました。

注意すべきはポルトガル船ではなく中国船ってところですかね。

また、ポルトガル側の記録では1542年となっていたり、他にも、もう少し前から使われていたなんて説も囁かれたりしますが、まぁ、ここでは通説通りに進めていきましょう。

この「新しい武器」に興味を抱いたのが島の領主・種子島時堯(ときたか)
さっそく大枚はたいて二挺購入したのが、日本にやってきた最初の鉄砲です。

種子島時尭/photo by みっち会話) wikipediaより引用

時堯は「なんだこれすげえ! ウチでも作ろう!」と考え、さっそく家臣に火薬調合を学ばせるわ、領内の鍛冶屋に銃の筒を作らせるわというハッスルぶり。

しかし、鉄砲をバラしてみたところ、見て模倣するだけではどうしても作れないパーツがありました。
やる気だけじゃどうにもならないことがある――って、なんともリアルですね。

 

スポンサーリンク

初の国産鉄砲ができた!

足りないパーツはどうするか。
幸運なことに翌年、別の外国船が種子島にやってきたことにより、この問題は解決します。

船の中にパーツの製造法を知っていた人がおり、彼から技術を学び取ることができたのです。
そして間もなく、種子島で史上初の国産鉄砲が作られました。

種子島火縄銃/photo by Gnsin wikipediaより引用

驚いたのは、ここから一年程度で数十挺の鉄砲を作ったということでしょう。
種子島にどれぐらい鍛冶屋がいたのか不明ですが、スピードラーニングにも程があるというか……。

この鉄砲は「火縄銃」と呼ばれるようになります。
発火に火縄を使うためで、まんまっすね。

初めて国産に成功した土地の名前から「種子島」や「種子島銃」という呼び名も広まりました。
モノの名前に発祥地や名産地の名前がつくのもよくある話です。

「中国や朝鮮、あるいは東南アジアからの密貿易によって、1543年よりも前に鉄砲が伝来していた」という説もありますが、まだ決定打と呼べる史料が出てきていないので、ここでは割愛させていただきます。

でも、応仁の乱までの時期や、戦国時代に入ったばかりの頃に鉄砲が伝わっていたら合戦はより悲惨な状況になっていたそうでしょうし、1543年伝来で良かった気もしますね。

まぁ、それでも長篠の戦いなんてのもあるわけですが。

【関連記事】長篠の戦い

 

「てつはう」は全くの別物です

鉄砲の話は、他にも面白ポイントがあります。
もう少し突っ込んでみましょう。

歴史上、特に日本史上で「火薬を使った武器」というと、もう一つ有名なものがあります。
日本が使ったものではなくて、使われたもの。
パッと思いついた方は、鎌倉時代がお好きな方か、歴史全般をバッチリ抑えている方でしょうか。

元寇で、文字通り炸裂した「てつはう」です。

蒙古襲来絵詞/Wikipediaより引用

ひらがなのくせに読みづらい歴史用語の一つですが、これは「空洞になった鉄の容器の中に火薬を詰め、口火に点火してから投石機で放つ」というもので、今日イメージする鉄砲とは別物です。
用途としても威嚇や牽制の意味合いが強く、戦況を決定づけるほどの殺傷力はなかったと考えられています。

ただ、室町時代までの日本語では「火とデカイ音を放つもの」を全部「鉄砲」と表記していたというのもありまして。

つまり、爆竹のことも当時は「鉄砲」と表現することがあり、これをそのまま見て「1543年以前に鉄砲が伝わっていた」と考えた人もいたようです。
実にややこしい話ですが、言葉は生き物ですから、無理のない話ですね。

 

スポンサーリンク

種子島から紀州の根来寺へ

視点を日本国内に戻します。

種子島での鉄砲量産成功は、商人などを通じて本土にも噂されるようになりました。

紀州の根来寺(ねごろでら)から種子島時堯へ「一挺譲ってくれませんか」という使者が来たといわれています。
時堯もかなりの金額で購入したので迷ったようですが、言われた通りに一挺譲りました。

根来寺は平安時代に開かれ、現在にも続く由緒正しいお寺でありながら、戦国時代には70万石を超える領地と、1万前後の僧兵を抱える武装集団になっていました。

立地的にも中央の権力争いに巻き込まれにくいところではあります
が、もし事が起きれば、数で押し切られたり、兵糧攻めに遭って苦しくなることもありえます。そうした窮地に陥る可能性を減らすため、鉄砲を配備しようと考えたのでしょう。

根来寺大伝法堂/photo by 663highland wikipediaより引用

根来の刀鍛冶はスグに鉄砲製作に慣れたらしく、天文十四年(1545年)には堺から注文が入ったこともありました。

また「堺の商人が種子島に1~2年留まって鉄砲を練習し、習熟して戻ってきた」とか、「天文十三年(1544年)に十二代将軍・足利義晴が、管領・細川晴元を通じて近江国友村の善兵衛という鍛冶屋に鉄砲を注文した」という話もあります。

それまで見たことも聞いたこともなかったようなものを、いくら情報やお手本があるとはいえ、一年程度で作れちゃうってスゴイ話ですね。

刀の名産地など、元々鍛冶の技術が発展していたところは、鉄砲を大量生産した土地にもなりました。

刀も鉄砲も、いずれも製鉄・鋳鉄技術を必要とするからです。

もちろん、そういった町の全ての鍛冶屋が、鉄砲や刀ばかり作っていたわけではありません。
農具や包丁、錠前なども作っており、材料が同じ、かつ積み重ねてきた技術が高かったから、質の良いものを色々と作ることができたようです。

戦争や軍事目的の技術が平和利用される――それは現代でも珍しい話ではありませんね。

 

瞬発式と緩発式

次は当時の鉄砲の作りについてみてみましょう。

種子島時堯が手に入れた火縄銃は「マラッカ型」と呼ばれるもので、その名の通り東南アジア製でした。
【瞬発式点火機構】を持っているのが特徴です。

一方、ヨーロッパ製火縄銃は【緩発式(かんぱつしき)点火機】という別の仕組みが主流でした。

ヨーロッパから来たもの=ヨーロッパの主流が最先端ということになりそうですが、なぜ東南アジアや日本では別の機構が用いられたのでしょうか?
これには、それぞれの方式の特徴と、地形が関係しています。

まずは瞬発式と緩発式の特徴から見てきますと……。

瞬発式は、ばねを使って瞬時に火縄に点火することができるため、点火→発砲のタイムラグが少なく、現代イメージするような銃に近いとされています。

これに対し緩発式は、引き金を引く速度に応じてアームが動き、点火するようになっています。これにより瞬発式より点火が遅くなるのだそうで。

「早く撃てるほうがいいじゃん」
とツッコミたくなりますが、瞬発式は暴発しやすいという欠点もありました。
暴発すれば人的被害はもちろんのこと、当然その銃は使えなくなってしまうわけで……二重の損失を生む元になります。

そのため、発砲までの早さと命中精度では瞬発式、安全性や操作性においては緩発式がそれぞれ優れていると考えられます。

砲術の一流派として知られる稲富流砲術秘伝書/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

二丁拳銃がない理由

次に地形の差ですが、これは割と単純な話です。

平原が多いヨーロッパや中国大陸では緩発式、東南アジアや日本のように平原が少ない地域では瞬発式が好まれたという傾向があります。

◆安全性が高い緩発式=多くの射手が発砲に成功する確率が高い=弾幕状態を作りやすい

◆素早く撃てる瞬発式=標的に勘付かれる前に発砲できる=狙撃に向く

平原ならば、弾幕を張ったほうがより多くの敵を倒せますが、そもそも障害物が多かったり、地形の高低差がある場合は弾幕を張りにくいので、狙撃に向く銃のほうが使いやすいということになわけですね。

「どちらかだけが優れている」という話ではなく、現代的にいうなら、機関銃(=大量殺戮兵器)、とスナイパーライフル(=目標だけをピンポイントで撃ち抜く武器)の用途が違うのと似ているかと。

この好みは戦国時代だけでなく、江戸時代や幕末まで続きました。
幕末には命中精度の低い銃も入ってきていましたが、それは当時のヨーロッパにおける最新式の銃だったからです。

というか現代でも、命中精度と安全性を両立した銃火器を作るのは結構難しいことなんですよね。
もちろん技術は向上していますが、重さや反動などの問題もあります。

完全に余談ですが、漫画やゲーム、あるいは洋画の強いキャラクターでよく見かける「右手と左手に一丁ずつ銃を構えた人物」が現実世界ではほとんどありえないのは、「拳銃の構造上、左手用の拳銃を作るのが難しく、調達も困難だから」だそうです。見た目はすごくカッコイイんですけどね。

ただし、弾を撃ちきった後の再装填に時間がかかっていた時代は、予備として二丁以上の拳銃を持つこともありました。
予備なので、左右の手で同時に撃つわけではありませんが。

 

細川と三好の戦闘で鉄砲による死者

そんなこんなで、あっという間に国産製造に成功した火縄銃は、残念ながら使い手が扱いに慣れるまで少し時間がかかりました。

公家・山科言継(やましな ときつぐ)の日記「言継卿記(ときつぐきょうき)」では、天文十九年(1550年)7月14日、「東山で起きた細川晴元と三好長慶の戦闘(中尾城の戦い)で、細川軍の発砲により、三好軍に死者が出た」と書かれています。

三好長慶/wikipediaより引用

公家の日記ですから、信頼度はかなり高いかと思われます。
この頃の公家の例に漏れず、言継も手元不如意で、調薬を副業にしており、庶民との付き合いもたくさんしていましたので、おそらくは戦見物をしに行った人から聞いたのでしょう。

早い時期に鉄砲を使った記録としては、他に天文二十三年(1554年)、島津氏家臣の伊集院忠朗による加治木城(大隅)攻めが挙げられます。

また、十二代将軍・足利義晴が晩年に作らせた中尾城の防壁は、砂利や石を詰め、鉄砲対策を意識していたのが見て取れます。
この城を建て始めたのが天文十八年(1549年)10月なので、鉄砲伝来から数年しか経っていません。上記の通り、義晴自身が以前鉄砲を注文したことがありましたので、より正確な情報を持っていたのでしょう。

いずれの事例も、日本における鉄砲の伝搬スピードの凄さがわかりますね。

少なくとも、「こういうヤバイ武器が世の中に出てきた。国内でも作れるようになっているから、いつ誰が使ってくるかわからない。備えなければ!」という概念は、かなり広く浸透していたとみていいでしょう。

 

スポンサーリンク

白兵戦はきっつい!そりゃあ鉄砲が重用されるでしょ

実際、鉄砲の登場は、戦の性格を大きく変えました。

槍や日本刀(打刀)も集団戦向きの武器ですが、これらの白兵戦用武器と違い、鉄砲は「攻撃する側にほとんど身体的損耗がない」という点が大きなメリットです。これは現代の戦争でも同じですね。

鎌倉時代以降は、大鎧(源平合戦で描かれるような鎧)より軽い胴丸・腹巻というタイプの防具が主流になりますが、それでも白兵戦での体力損耗は凄まじいものです。

特に、洋の東西を問わず「鎧」というものは案外隙間が多いので、接近戦だとその隙間や人体の急所をお互いに狙って鎬を削ることになります。
鎧の隙間を狙うこと専用の「鎧通し」と呼ばれる分厚い刃の短刀もありますし、首を取るにもそれなりの力や時間がかかります。そこを逆襲されて……なんて話もよくあります。

鉄砲の場合、とにかく的中さえすれば余計な損耗はほぼなくなります。
首は後で取ればいいですし。

そのため、日本では特に「命中率が高い鉄砲」が求められ、それを作るために各地の鍛冶は腕を磨くようになりました。

これまた物騒な話ですが、質の高い鉄砲をたくさん作れれば、どこかの大名がまとめて買って良い収入になる可能性が高いので、商売の基本に基づいた行動ともいえますね。

大坂堺の鉄砲鍛冶の様子/wikipediaより引用

 

江戸幕府の許可で「拝借鉄炮」や「預鉄炮」

どんどん精度を高めていく鉄砲。
こんなもんが広がっていったらそりゃあヤバイ。

つーことで豊臣秀吉が刀狩りを行って以降は、江戸時代を通じて鉄砲の所持規制が行われています。

しかし、江戸時代に入った頃、猪や鹿などによる田畑への食害防止などのため、鉄砲は不可欠なものにもなっていました。
他の手段もなくはないですが、鉄砲が一番効果的かつ労力が少なかったからでしょうね。

そのため、幕府は一定の期間に限り、鉄砲を借りられる制度を設けています。

「拝借鉄炮」とか「預鉄炮」なんて呼ばれていました。
あるいは、許可の期間をとって「日切鉄炮」や「四季打鉄炮」と呼ぶこともあったようです。

ただし、鉄砲を遠距離に渡って持ち歩くことには規制がかけられています。
特に、関東への持ち込みは老中の許可が必要とされ、厳しく制限されていました。江戸だけじゃなくて関東ほぼ全域というあたりがミソですね。

ちなみに、クロスボウも実は戦国時代に入ってきていました。

しかし、射程や手入れの難易度・携帯性で弓に劣り、威力では火縄銃に劣るということで広まらなかったようです。
古代にも中国から「弩」と呼ばれていたクロスボウの一種が入ってきていましたが、これもあまり広まっていません(使っていた形跡はあるのですが)。

弓・火縄銃・クロスボウの特徴を簡単にまとめると

【弓】
熟練に時間がかかるが、手入れが比較的楽で携帯性もよく、速射性・射程距離・威力ともに申し分ない

【火縄銃】
手入れ方法や製作にやや難があり、火縄によって敵に勘付かれるおそれもあるが、破壊的な威力を持つ

【クロスボウ】
扱いやすく慣れるまでの時間が最も短く、一般人でも戦闘員になれるが、威力や携帯性で劣る

だいたいこんな感じですかね。
どれも一長一短ですが、弓のメリットの多さが日本人には好ましく思えたのでしょう。

 

日本で弓が特別視される理由

これは個人的な意見ですが、弓がずっと現役であり続けたのは、日本では魔除けにも使われる別格の武器だったからかもしれません。

矢をつがえずに弦を引いて音を鳴らす「鳴弦の儀」という儀式が平安時代から行われており、源氏物語にも出てきます。

現代でも、皇室や神社では鳴弦の儀をやることがありますね。
武家の末裔の方が参加していることもあるので、公開されているものは見に行ってみるのもよろしいかと。

さらに、「弓を引く」「弓馬の道」「海道一の弓取り」といった慣用句も多いですし、日本人にとって弓は「単に有用かどうか」では割り切れない文化的な密着があったのでしょう。

源為朝のように、「数人がかりで弦を張るような強弓を一人で扱える人」への憧れも影響していそうです。

源為朝/wikipediaより引用

【関連記事】源為朝

現代でも、流鏑馬や三十三間堂の通し矢など、弓を使う文化行事は他の武道と比べて多いですよね。
奉納相撲もありますが、相撲そのものが神事ですし。

その辺の証明はかなり難しいところですが、人も武器も適材適所ということですかね。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典「鉄砲伝来」「鉄砲」
鉄砲伝来/wikipedia

 



-日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた, 合戦

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.