歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

足利義輝/wikipediaより引用

日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた 剣豪・武術・忍者

永禄の変って実は戦国インパクト大!足利義輝が三好三人衆らに襲われ、刀で応戦そして散る

投稿日:

室町時代の「変」や「乱」って、ほとんどが将軍権力の奪い合いです。

むろん各大名家の家督争いなんかも含まれますが、基本的には「次の将軍は○○だろ!」という軸があり、その周囲に別の権力集団が群がるカタチですね。

そこで、こんな風に思ったりしません?
この頃の将軍って弱すぎ。
ヤル気あんのか……と。

本日は、そんな既成概念をぶっ壊す「永禄の変(1565年)」に注目です。

1565年と言えば、もはや完全に戦国時代であり(桶狭間の戦いが1560年)、その中でも凄まじさランキングでは上位に入るのではないか?という将軍の最期。

何がインパクト大かって、将軍の足利義輝自ら、刀を握って敵襲に応戦し、そして壮絶に討ち死にするところでしょう。

本稿では、前後の政治史や時代背景を押さえつつ、振り返ってみたいと思います。

 

将軍の生命すら懸念されるカオス

1467年に始まり、京都を火の海にした【応仁の乱】。
細川政元の手により将軍がすげ替えられた1493年の【明応の政変】。

この両事件をもって日本は引き返すことのデキない戦国時代へ突入したとされ、室町幕府では将軍の生命すら懸念されるカオスに脅かされておりました。

むろん足利将軍家とて手をこまねいているばかりじゃありません。

何とかして自分たちの地位を安定させたい――そのために十二代将軍・足利義晴も、失われた権威と実権を取り戻すため、本来は味方であるはずの管領・細川氏も含めて戦い続けていました。

足利義晴/wikipediaより引用

永禄の変の加害者側となる三好氏は、もともと室町幕府の管領を担ってきた細川氏の家臣筋です。
その細川氏が政元以降、当主と管領の座を巡って分裂しまくり、三好氏はその戦のために畿内を転戦していました。

しかし、細川晴元が管領の地位に落ち着くと、三好氏の力はかえって邪魔になります。

そして享禄五年(1532年)6月。
当時の三好氏当主である三好元長は飯盛城の戦いで、晴元と手を組んだ一向一揆に敗死してしまいました。

さんざん利用しておいてヒドイ……でも、これが戦国なのよね……。

 

スポンサーリンク

長慶が新当主 いったんは細川と和解するものの……

当主を失った三好氏は代替わりし、元長の息子である三好長慶が当主となりました。

まだこの時点では元服も済ませていないような少年でしたが、早くから頭角を現し、細川晴元軍とも戦います。

その後は晴元が
「長慶はまだ若年だし、今帰参するなら許してもいいよ」(超訳)
という態度を取ったため、長慶はこの話に乗って細川氏へ戻りました。

三好長慶/wikipediaより引用

その後、長慶が晴元の武将として働いていると、領地問題でちょっとしたトラブルが起きます。

長慶の父・元長が生前与えられていた河内の代官職を長慶が望むと、晴元が聞き入れなかったのです。

元長の死後、この職には同族の三好政長が就いていました。
この両者(元長と政長)、三好家内でも非常に仲が悪く、政長が度々晴元に「元長の野郎、こんなことを企んでますよ!」といった讒言をしていたといわれています。

そんな人が一度手に入れた職をそう簡単に譲るはずもありません。
晴元からしても、ここであっさり長慶に代官職を与えてしまったら、今度は政長から恨みを買うことになります。

晴元や政長はそんな感じでナァナァにしたがりましたが、長慶は納得しきれません。そりゃそうだ。

 

六角氏の仲介で和議が成立する

かくして、間にいくつかの別件を挟んで天文十八年(1549年)、長慶は政長を討ち取ります。

これを危惧した細川晴元は、前将軍・足利義晴と十三代将軍・足利義輝を連れて近江坂本へ逃げました。
事実上の人質です。

しかしその間に、今度は長慶が京都を掌握し、実質的には政権交代が起きるのです。

晴元から見ると
「将軍を人質にして優位に立ったと思ったら、力がなさすぎて意味がなかった」
という感じになります。あぁ、涙目。

ここからしばらく、近畿を手中に収めた長慶と、京都に戻りたい義輝&晴元の対立が続きます。

権力的には長慶が有利。
戦力的には近江守護・六角氏を味方につけた足利義輝らに有利でした。

そして永禄元年(1558年)、六角義賢の仲介で、やっと和議が成立します。

和議は、長慶が以下の条件を受け入れること。

・晴元が隠居すること
・細川氏の家督は親戚の氏綱が継ぐこと
・晴元の息子聡明丸(後の昭元)を幕府の中枢に据えること
・義輝の上洛

これで公的には足利義輝の側近となり、一応、話も丸く収まったかに見えました。

 

スポンサーリンク

次々に身内が脱落し、そして長慶自らも

先に動いたのは細川晴元でした。
晴元が再び挙兵すると義輝も呼応し、再び三好長慶と対立します。

一方の長慶は、自身の病気に加え、弟の十河一存と三好実休、そして嫡男・三好義興など、身近な親族を立て続けに亡くし、その影響なのか、徐々に判断力を失っていきます。

残っていた弟の安宅冬康も、家臣からの讒言で自害。
実に、長慶の居城・飯盛山城に呼び出されての死となりました(長慶により殺害されたという説も)。

次々に親族が死にゆくなか、永禄七年(1564年)には長慶自身もついにこの世を去ります。

この間、足利義輝は、全国の戦国大名へ合戦の調停を行なったり、幕府の役職を与えたりして、権威回復に努めていました。

特に、三代将軍・足利義満以来、ほぼ伊勢氏が独占していた政所執事の座を奪い、義輝の義理のイトコにあたる摂津晴門に同職を与えたことは、将軍親政の足がかりとなりました。

政所は室町幕府の財政と領地関係の訴訟を扱う役所です。
将軍の権力や統治と密接に関わっていますね。

義輝からすると、何をやるにしても、ここをおさえなければいけなかったワケです。

北条早雲こと伊勢宗瑞もこの伊勢一族ですから、単なる浪人どころかエリートだったことがご理解いただけるでしょう

北条早雲/イラスト・富永商太

【関連記事】北条早雲

 

三好や松永を恐れて逃亡なんてもってのほか!

足利義輝の行った親政は、当人にとっていいことばかりじゃありません。
特に、残った三好一族の危機感を強めてしまったのは、結果的に失敗でした。

長慶亡き後の三好氏では、長慶の甥・三好義継が当主になっていたのですが、彼は若すぎて実権は皆無に等しい状態。
三好三人衆と呼ばれる重臣三人と松永久秀が中心となっておりました。

彼らは当然ながら義輝を敵視し、
「あの将軍、くそウゼーな、ブッコロそうぜ」(超訳)
という方針を固め、さっそく動き始めます。

義輝側でも不穏な空気を感じておりました。
二条御所の堀や土塁を強固にするなど、いざというときに備えます。

ルイス・フロイスの「日本史」によると、永禄の変前日、義輝は一旦京を離れようとして、御所から出ていたそうです。

しかし、義輝の近臣たちが「三好や松永を恐れて逃げ出すなんて、将軍の権威を失墜させることになる」と大反対。
義輝も死出の旅の伴をする気満々の彼らに対し、「それでも俺は逃げる!!」とは言えず、御所に戻っています。

こんな流れだと、なんだかその人たちが義輝暗殺に一枚噛んでいそうな気さえしますが、乗り込まれた後の行動を見るとそうでもなさそうです。

現代の我々からすると
「権威のために命を捨てるとか本末転倒じゃね?」
と言いたくなってしまいますがね。
そこは当時の価値観ですから……。

 

スポンサーリンク

「征夷大将軍が兵を直接率いて戦った」稀有な例

かたや三好三人衆と松永軍は、当時行われていた御所の門の改修が済む前に決着をつけてしまおうと考えました。

清水寺の参詣を名目として、約1万の兵を率いて市中に入り、一気に御所へ。
「将軍に訴訟あり」と偽って、取次を求めました。

訴訟自体は事実だったとする説もありますが、この直後に攻撃を開始しているので、その可能性は低そうです。

義輝は、既に完全に包囲されたといっていい状況でしたが、近臣たちはよく応戦しました。

十数名で三好方の数十人を討ち取ったそうですから、単純に考えて一人で二人以上倒しているわけで、士気の高さがうかがえます。
その力は、もっと別の機会に発揮したほうが良かった気がしますけどね。

彼らの抵抗は、将軍を守るためというよりも、名誉を保たせるための時間稼ぎだったのかもしれません。

まず側近の一人・進士晴舎(しんじ はるいえ)が、敵の侵入を許したことの詫びとして、義輝の御前で切腹しました。

義輝はその後、近臣たち一人一人と最後の盃を交わし、三十名ほどを率いて自ら討って出たといいます。

これは日本史上稀に見る
「征夷大将軍が兵を直接率いて戦った」
瞬間でもありました。

義輝自身も剣豪・塚原卜伝に教えを受けていたとされるだけあり、自ら薙刀を振るい、その後、手元にあった刀で応戦したといわれています。

剣豪将軍と呼ばれた足利義輝/wikipediaより引用

このとき「名刀を畳に予め突き刺しておき、切れなくなっては次々に持ち替えていた」という図で語られることが多いのですが、おそらくや後世の脚色でしょう。

まあ、この状況で
「鞘から出してすぐ使えるようにする」
「それでいて自分が怪我をしにくい状態を保つ」
を兼ねるには、畳に突き刺すのがベストといえないこともありませんけれども。

また、このとき現代でも国宝となっている名刀中の名刀「三日月宗近」を義輝が使っていた、という話もありますが、これも確実な史料ではないようです。

現在残っている三日月宗近の刀身からすると、このような荒っぽい状況で使われてはいなさそうです。
そもそも、三日月宗近は伝来にはっきりしない部分が多いため、義輝が持っていた可能性についても確定はできないそうで。

 

義輝の家族も、多くが乱の被害者となり

このように奮戦した義輝主従も、やはり多勢に無勢というもの。
当日、在京していた公家の山科言継の日記「言継卿記」によれば、この日の正午過ぎあたりには側近が全員討死あるいは自害し、義輝も自害したといいます。

ちなみに主犯の一人とされる松永久秀は、永禄の変当日は京都ではなく大和にいたそうで。
足利義昭の書状からすると、久秀個人としては将軍家に対して手荒なことをするつもりはなかったようです。

ただし、義輝暗殺について三好三人衆に反対した形跡も見当たらないので、
「ワシは手を出さないけど、アンタらがやりたいなら勝手にすれば?」
みたいな感じだったのかもしれません。

義輝の家族も、多くがこの乱の被害者となりました。

・義輝の弟 鹿苑院院主・周暠(しゅうこう)三好方に殺される
・義輝の母 慶寿院(近衛尚通の娘にして十二代将軍・足利義晴の正室)自害
・義輝側室 小侍従(進士晴舎の娘)義輝の子を身ごもっていたため殺害される

義輝の正室である近衛稙家の娘は、実家の近衛家へ送り届けられました。

また、義輝のもう一人の弟であり、当時は興福寺一乗院の門跡を務めていた覚慶(後の足利義昭)も助かっています。
二ヶ月ほど軟禁状態に置かれた後、細川藤孝らの救出という流れでしたので、なかなか大変でしたが。

このあと義昭は、六角氏や若狭武田氏などを頼って転々と移動し、朝倉氏の元へ身を寄せることになります。

 

スポンサーリンク

次はお約束とばかりに松永の排除始まる

こうして邪魔な義輝を片付けた三好三人衆と松永久秀。
お約束とばかりに、その後は、仲間割れを始めます。

彼らは11代将軍・足利義澄の孫・足利義栄を14代将軍として担ぎ上げていたのですが、この時点ではまだ朝廷も対応を決めかねていました。
つまり、まだ神輿が定まってもいない状況でケンカを始めているわけで……お前ら、何しよんじゃ(´・ω・`)

三好三人衆は年若い三好氏の当主・三好義継の名のもとに、松永久秀の排除を計画します。

一方、久秀は大和守護を自称し、大和をシマにするべく動き出します。
もともと大和には守護がおらず、その立場にあたるのは興福寺でした。

というか興福寺は、藤原氏の祖先である中臣(藤原)鎌足とその息子・藤原不比等ゆかりのお寺なので、歴代の政権が誰も手出しできなかったのですね。

興福寺五重塔

源平合戦の最中に、平家の八つ当たりみたいな経緯で焼かれたことはありましたが、それでも建物的にも権力的にも、難なく再建。
延暦寺と同じように、強訴(ごうそ・僧兵らが神木などを担いで要求を押し通す)もしておりました。

戦国時代には、興福寺に組み入れられていた武士の一人・筒井順昭(つつい じゅんしょう)などが戦国大名化し、事実上の守護として大和を治めていました。

ただし、順昭は急死しており、まだ数え2歳の子・筒井順慶が跡を継ぎ、現実的には順昭の弟(順慶からみて叔父)二人が補佐して何とか治めていたという状況です。

永禄の変の数年前から松永久秀が筒井氏を圧迫、領地と居城・筒井城、そして実質的な守護の権利も奪っておりました。

松永は、織田信長も絡んだラストが凄まじすぎて曇りがちですが、その手腕はまさに戦国の梟雄と呼ぶにふさわしいんですね。
斎藤道三、宇喜多直家(あるいは北条早雲)と共に【戦国三大梟雄】と称されるだけはあります。

【関連記事】斎藤道三

 

三好三人衆&筒井軍 vs 松永久秀&三好義継軍

そんなわけで、三好三人衆からすると、興福寺は「敵の敵は味方」です。

彼らは手を組み、主に堺で久秀との攻防を繰り広げました。
一連の戦いの中で、筒井城は三人衆に奪い返されています。

しかし、事実上、三人衆の人質状態だった三好義継が脱出し、久秀に保護を求めてしまったものですから、さぁ大変。
仮にも三好氏の当主が来てくれたワケですからね。
久秀は大喜びで迎え入れ、三人衆を討つ大義名分を手に入れました。

一方、三好三人衆に味方していた筒井順慶は、筒井城の防備を固め、久秀は義継と共に多聞山城(現・奈良市法蓮町)へ移ります。

しばらく城の外で戦っていると、その戦闘の最中に久秀は、陣地にできそうなエリアの寺院を次々に焼いてしまいます。
この地域の寺院の中には、久秀に贈り物をして機嫌を取ったところもあったといいます。

構図としてはこんな感じです。

【三好三人衆&筒井軍】
vs
【松永久秀&三好義継軍】

両者の戦いは長丁場に入り、次第に後者が押されていきました。

状況を打開すべく、久秀は三人衆軍の本陣があった東大寺を奇襲。
この戦いの中で、失火もしくは偶発的な事故から東大寺が燃えてしまいます。

これと後々の経緯を指して
「久秀は歴史ある東大寺を焼いたからバチが当たったんだ」
と言われるようになるのですが、東大寺炎上の原因はハッキリしておりません。

もちろん、久秀が焼いた可能性はゼロではありませんが、周辺の寺院を焼いた話と混同されている可能性も否めません。
まぁ、日頃の行いですわ。

ちなみに、このとき焼かれた大仏と大仏殿が両方再建したのは、実に120年以上も後の1680~1700年代(貞享・元禄年間)でした。
お察しのとおり江戸時代です。

 

幕府機能がいよいよヤバイことに

東大寺の激戦でさすがに反省したのか。

その後、両軍は信貴山城(現・奈良県生駒郡)や多聞山城を舞台に戦い続けます。

三好軍は、久秀の居城・多聞山城を包囲するところまで行きましたが、久秀方の士気は高く、また多聞山城も堅牢だったため、なかなか落ちません。
城攻めって、基本的に城方が有利ですしね。

これまた余談ですが、多聞山城の「多聞」は多聞天=毘沙門天のことです。
城内に多聞天を祀っていたことからその名を城の名にしたそうで。霊験と言っていいんですかね。

さて、これらの戦いとほぼ同時並行で、朝廷では頭を抱えていました。

かつて似たような状況に陥った【嘉吉の乱】のときは、赤松満祐の目的が「将軍義教だけの暗殺」だったため、管領以下他の幕臣の生き残りが多く、幕府機能は一応維持できていました。

しかし、永禄の変では将軍も奉公衆も全滅してしまった上、管領家もボロボロ。
さらに、三好・松永が足利義栄、朝倉氏が足利義昭と、別の将軍候補を掲げていたため、余計対応が難しくなっています。

義栄も義昭も、二人とも血筋としては問題ないだけに、かえって判断がつきかねることになりました。

 

ついに信長の台頭へと時代が導かれ

こうなると上洛したほうが先に将軍に――。
そんな状況で、近畿では上記の三人衆と久秀の内紛が続き、朝倉氏は一向一揆対策に追われて、それどころではありません。

そこで朝廷は、義栄・義昭双方の将軍候補に対して取り敢えず「一万疋(百貫)献金してくれたら将軍宣下するよ」(意訳)と連絡します。
これに対し、義栄は一万疋の献金を半分に値切り、永禄十一年(1568年)2月に摂津富田において将軍宣下を受けました。
しかし、京都の情勢が相変わらず不安定だったため、上洛はできていません。

そうこうしているうちに、義昭は朝倉氏を去って織田信長を頼ります。
信長は義昭を擁し、義栄が将軍宣下を受けてから7ヶ月後の永禄十一年9月に、道中の全てをなぎ倒しながら上洛しました。ついでに三好三人衆を追い出し、久秀と義継は信長に降伏。

さらに、義栄は上洛できないまま病死したため、朝廷は上洛したばかりの義昭を正式な十五代将軍に任じました。
これで一応、永禄の変から始まる混乱は一旦収束します。

が……この後は義昭と信長の不和が持ち上がってきて、戦国時代のラストへ向かっていくのです。

【関連記事】織田信長

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典「三好長慶」「足利義輝」
永禄の変/wikipedia

 



-日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた, 剣豪・武術・忍者

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.