歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

日本史オモシロ参考書 江戸時代 災害・事故 その日、歴史が動いた

天明の大火は“放火犯”の仕業~京都史上最大クラスの大火災は応仁の乱より酷い?

投稿日:

泰平の世――。
と思いきや、数々の災害に見舞われた江戸時代

全国的には四大飢饉や富士山の宝永噴火、さらには浅間山の噴火などが有名ですが、江戸と並ぶもうひとつの中心地・京都でも大きな災害が起きています。

天明八年(1788年)1月30日に発生した【天明の大火】です。

 

出火元は宮川町団栗辻子(どんぐりのずし)

天明の大火は別名も多く
「京都大火」
「団栗焼け(どんぐりやけ)
「申年(さるどし)の大火」
「都焼け(みやこやけ)
などとも呼ばれます。

それぞれ場所や干支から来ている呼び名ですが、「団栗焼け」は、出火元となったのが鴨川東岸・宮川町団栗辻子(どんぐりのずし)という地点の空き家だったことに由来します。

未明に何者かによって放火されたそうで、トンデモナイ放火魔がいたものです。
何らかの意図あってのことだったとしたら、実に恐ろしい話で、この日は風も強く、あっという間に洛中へ燃え広がりました。

深夜についた火は丸々1日以上かけて燃え広がり、広範囲にわたって京の街を焼き尽くします。

東は河原町・木屋町
北は上御霊社・鞍馬口通り・今宮御旅所北辺
西は智恵光院通り・大宮通り
南は東西本願寺の北辺

上記の広大な区域に壊滅的な被害を与えました。

現代でも京都市の中心区域と呼べる範囲であり、当時は「市街の8割が燃えた」とまで言われています。

 

スポンサーリンク

寺院は201ヶ所、神社37ヶ所が被災した

もちろん、朝廷や公家もタダでは済みません。

禁裏(現職の天皇がいる皇居)
仙洞御所(上皇の御所)
公家屋敷
二条城
所司代屋敷
東西両町奉行所
といった重要拠点も被災しました。

実際の被害を見てみますと……。
寺院は201ヶ所、神社37ヶ所が被災したという記録があります。

これが一体どれぐらいの規模なのか?

京都府神社庁のホームページによると、現在、京都市内にある神社は217軒。
寺院はiタウンページに載っているお寺の数は1242軒です(京都市内の信頼できるデータが見つからずスイマセン)。

現代と比較してみても、かなりの寺社が被害を受けたことがわかりますね。

一説には、「応仁の乱のときよりも、天明の大火による被害のほうが大きかった」ともいわれています。
「京都では、”先の戦争”というと応仁の乱を指す」なんてジョーク(?)がありますが、天明の大火のほうが深刻だったんですね。

死者については、幕府の公式記録によると150人らしいのですが……「この規模の火災にしては少なすぎる」という疑念も持たれています。

この数字は、清浄華院(しょうじょうけいん・京都市上京区)の天明の大火の供養塔にも添えられています。もしかすると、ここに運ばれた遺体の数が150体だっただけなのかもしれません。他にも被害者を弔ったお寺はたくさんあったでしょうしね。

幕府以外の記録では1,800人、あるいは2,600人という数字もあるようです。

焼失家屋は36,707戸に及びました。

ちなみに大河ドラマでも取り上げられた禁門の変(長州vs会津&薩摩)では、戦いの後に「どんどん焼き」という大火が起き、このときは約28,000戸が焼失しております。
いずれも凄まじい規模だったことが窺い知れますね。

なお、昨今、人気の高い画家・伊藤若冲も、天明の大火に巻き込まれて自宅を焼失。
1800年に亡くなりました。

 

囲米を使って食料を確保する

復興は、もちろん大変でした。
ちょうどよく(?)米の買い占めをやって幕府に処罰された蔵があったため、そこから被災者へ配分したり、籾を備蓄する「囲米(かこいまい)」を行って、当面の食料を確保します。

囲米とは、今でいうところの救援物資倉庫のようなもの。
元々は戦国時代に兵糧を蓄えていたのが始まりで、戦がなくなった江戸時代には、冷害や天災への備えとして食料を備蓄しておりました。

米の価格を調整する目的もありましたが、江戸時代における災害の多さを考えると、被災時へ備えるウエイトのほうが大きかったでしょう。

幕府や大名家が備蓄したところが「囲米」。
農村部での自主的な備蓄や、お金持ちの寄付によるものが「義倉」というように、少々呼び名が変わります。

義倉は社倉とも呼ばれ、日本史受験でも美味しい得点源になるところですね。

建造物などへの復興は、火が収まって10日前後が経った2月中旬から始まりました。
混乱を防ぐため、復興用資材の流入制限がされたり、復興に注力するために株仲間などを一時停止したり、様々な工夫を行った結果、この規模の災害としては比較的早く、京の町は混乱から立ち直ることができたようです。

ただし、御所の再建などを巡っては、朝幕関係に火種を残しました。

 

スポンサーリンク

ぜいたくな御所など建てられません!

ときの帝は光格天皇
明和八年(1771年)生まれで安永九年(1779年)即位ですから、天明の大火が起きた天明八年(1788年)は、まだ18歳の若さです。

上記の通り、この火災では皇居や女院の御所なども被害を受け、それぞれ仮の御所へ移り住むことになりました。

光格天皇は聖護院。
義母といえる立場の後桜町上皇は青蓮院。
後桜町上皇の生母・青綺門院(せいきもんいん)は知恩院。
といった感じです。

光格天皇の御所については、再建までに数年の時間を要しています。
というのも再建の規模について、朝廷と幕府の間に溝が生じてしまったのです。

朝廷側は、伝統に従って壮麗な御所が再建されることを望んでいました。

が、ときの老中首座であり寛政の改革で知られる松平定信は、
「ただでさえ大飢饉で幕府は財政難に陥っているのに、ぜいたくな御所など建てられません!」
と大反対。

松平定信/Wikipediaより引用

結局は朝廷側の言い分が通ったものの、押し切られて莫大な費用を捻出しなければならなくなった定信は、その後もずっと腹を立て続け、京都所司代や京都町奉行へ
「朝廷のワガママをこれ以上許すなよ(#^ω^)」(※イメージです)
と命じています。

 

両者の仲は【尊号一件】の確執に発展

定信の主君である将軍の権威は、天皇から与えられたものなのですから、もうちょっと柔軟な返事をしたほうが良さそうですけれどね。

この大火とほぼ同じ時期に、定信と光格天皇は【尊号一件】と呼ばれる確執を起こしているので、かなりイライラしていたと思われます。

尊号一件のほうは、後桜町上皇が光格天皇をなだめて、なんとか丸く収まりました。
その辺の話は以前取り上げているので、気になる方は併せてどうぞ。

光格天皇、幕府へ物申す! 知られざる名帝の頑張りが明治維新へ繋がった

「国母」と称される後桜町天皇 現代皇室にも影響を与えた最後の女帝、その功績

受験勉強の範囲では、どうしても一つ一つの物事を暗記していくことに集中しがちです。
こうやって関係する点をつなぎ合わせてみると、ストーリーが思い描けて覚えやすくなるのではないでしょうか?

無味乾燥な暗記作業の補助となれれば幸いです。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典「天明の大火」「天明の京都大火」「囲米・貯穀」
天明の大火/wikipedia

 



-日本史オモシロ参考書, 江戸時代, 災害・事故, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.