その日、歴史が動いた 剣豪・武術・忍者

剣聖・上泉信綱の実力!新陰流元祖の腕前は剣豪の中でも最強だった!?

更新日:

戦国武将と並んで人気のある時代劇の主役といえば、剣豪。

天正五年(1577年)1月16日、新陰流を起こした上泉信綱が亡くなったといわれています。

知名度の割には生年や生まれた場所など詳しいことがはっきりわかっていません。

上野国(群馬県)の大名家に生まれたとか、いやいやそこまでいい身分だったら流浪の旅になんぞ出ないだろうとか、一生のうちわかっていることのほうが少ないお人だったりします。

剣豪としてのイメージが強い信綱ですが、戦乱の世では剣一本で生きていくことは到底不可能でした。
そのため、剣の修行とともに兵法(戦のやり方)も学んでいたようです。

資料によっては剣豪ではなく「兵法家」としているものもありますね。
いわゆる文武両道というところでしょうか。うーんカッコイイ。

 

けっこう偉い身分だったかも

彼の名は同時代の人間にはよく知られていたようで、これまた剣豪将軍として名高い足利義輝に講義をしたという記録もあります。例によって時期は不明ですが。

一番よく出てくるのは、意外にも山科言継(やましなときつぐ)という公家の日記です。

この人、公家にしてはかなりアグレッシブというかイレギュラーというか、この時代に仕事でとはいえ自ら尾張まで行って織田信秀(信長のトーチャン)と親睦を深めたり、京では庶民と一緒に風呂に入ったりとなかなか面白い人です。

ついでに、気に入った人とはとことん付き合う質だったのか。
信綱の名前はなんと三十回以上も日記に出てくるようで、いくらなんでも好きすぎだろ、と(アッー!な意味ではなく)。

言継も、他の公家と同じく荘園(領地)をぶん捕られてしまっていたので、兵を動かす方法や剣術に興味があっのですかね。まぁ、ただ単純に気が合った可能性の方が高いですが。

この日記「言継卿記」に信綱が初めて出てくるのは永禄十二年(1569年)のこと。

亡くなったのが天正五年(1577年)ですから、また不慮の事故などでないとしたら、言継と会ったときには既にいい歳だったことになりますね。

信綱が京を出て行ったのが二年後なので、そんな短期間に同じ人物と三十回以上会ってたことになるんですけど……深く考えないほうが良いでしょうか。

真面目な話をしますと、お寺に出かけるときにお供をしてもらうとかそういう関係だったようです。
公家とそういう付き合いができるということは、やはり信綱は由緒正しい大名家の出だったのかもしれません。

 

中央での出世や権力には興味ナシ

元亀元年(1570年)に【従四位下】という位階をもらったことも、言継卿記に書かれています。

どのくらいエラいのかといいますと、秀吉政権時代に大名の嫡子が初めてもらう位が従四位下ですから、なかなかのもの。
大事なことなんで自分で書き残しておいて欲しかったなぁ。

とはいえ位階をもらった翌年には京を出て行ってしまうので、中央での出世とか権力には興味がなかったのでしょう。

剣豪っぽいストイックさですね。

このとき言継から下野国(栃木県)の結城家へ紹介状を書いてもらったとのことなので、おそらく結城晴朝(家康の次男・結城秀康の義理のお父さん)に何かしらやっかいになったと思われます……。

ただ、言継卿記にもさすがに関東のことまでは書かれていないので、信綱の足跡はここで絶たれてしまいました。

そのため、亡くなった日付も場所もあいまいになっているというわけです。

 

木刀で怪我したら意味ない……と、竹刀を発明!

しかし、彼の場合日付にこだわらなければ逸話には事欠きません。
それまで剣術の稽古は木刀を使うのが主流で、死傷者が出るのも珍しくはありませんでした。

信綱は「それじゃ意味ないだろ」と考えたらしく、剣と同様に扱えてより殺傷力が低く、稽古向きの「袋竹刀」という新しい道具を作ったといわれています。

名前の通り現在の竹刀の元になったもので、今でも信綱の起こした新陰流を始めとして多くの流派で使われています。

また、映画の殺陣ばりにカッコよすぎる逸話もあります。

あるとき、信綱は旅の途中でなにやら騒ぎに遭遇しました。

村人に話を聞くと、通りすがりの不届き者が村の子供を人質に取って小屋に立て篭もるという、困った状況とのこと。
腕の立つ者が村にはおらず、説得しようにも犯人は聞く耳持たずで難儀していたそうです。

「剣を持つ者として許せん!」
そんな正義感に駆られたのか、それとも「子供を見殺しにすんのも後味が悪いしなあ」とイヤイヤだったのかまではわかりませんが、信綱は一策講じました。

居合わせた僧侶から袈裟を借り、さらに村人から「子供を助けるために、ちょっとおにぎりを作ってくれ」と頼んだのです。
村人はチンプンカンプンだったでしょうが、藁にもすがる思いでおにぎりを用意してくれました。

そして信綱は袈裟に着替えてくるなり、立て篭もり中の小屋に向かって「いつからそうしてるのか知らんけど、お前もその子も腹減ってきてるんじゃないか?ここにおにぎりがあるから、とりあえず食べな」と穏やかに話しかけました。

図星だったのか、犯人はあっさりそのおにぎりを受け取りに出てきます。
そこを信綱ががっちり取り押さえ、誰にもケガをさせることなく子供の救出に成功した……。

という、某セブンサムライの元ネタになったと言われている出来事です。

地名や時代が全く伝わっていないので信憑性が薄いですが、もし事実であればおそらく京を出てから結城家へ向かうまでの話でしょうね。
言継に話していれば多分言継卿記のネタ、もとい記録されていたでしょうから。

もしかすると京に行くまでの出来事で、すっかり忘れてたって可能性もありますけども。

あるいは本人からすると、たいしたことじゃなかったんですかねえ。

謎多き剣豪というと神秘的なイメージがありますが、実は「こまけぇこたぁいいんだよ!!」というようなおおらかな人だったのかもしれませんね。

長月七紀・記

【関連記事】

足利義輝の壮絶過ぎる散り際! 剣豪レベルまで剣術を磨いた室町将軍

室 ...

続きを見る

柳生一族に生まれた酒乱の嫡男・柳生十兵衛はこれでヒーローになりました

お ...

続きを見る

【参考】
国史大辞典「上泉信綱」
上泉信綱/wikipedia

 



-その日、歴史が動いた, 剣豪・武術・忍者

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.