八甲田山

その日、歴史が動いた

八甲田雪中行軍遭難事件~マイナス20℃ 真冬の青森で登山そりゃ遭難するわ!

投稿日:

急がば回れ、急いては事を仕損じる――。
人の世は何かにつけ準備不足だとロクなことはなく、特にそれが軍事ともなれば大惨事に直結します。

明治三十五年(1902年)の1月23日に始まった、旧陸軍の八甲田雪中行軍遭難事件はまさにその一例でしょう。

「八甲田山死の彷徨」などでよく知られ、参加者210人のうち実に199人が死亡する(最終的な生存率5.2%)という最悪の遭難事故でした。
当時を振り返ってみましょう。

 

青森隊と弘前隊の二部隊が参加

実はこの訓練には二つの部隊が参加していました。
元々は、当時、緊張が高まっていた対ロシア戦を想定していた訓練ですので、一部隊だけでは不十分と思われていたのでしょう。

参加したのは
・青森歩兵第5連隊(以下青森隊)
・弘前歩兵第31連隊(以下弘前隊)
であり、それぞれルートも目的も日程も別。

互いの訓練予定すら知りませんでした。

小説などでは悲惨さを強調するためなのか、この2隊が競争したかのような話にされていますが創作です。

 

スポンサーリンク

二つの隊の命運はなぜ分かれたのか

実は、この2つの隊は真逆といっていいほどの結果を出しています。

遭難したのは青森隊だけで、弘前隊は途中の帰還者1名を除いて全員生還しているのです。
ルートが異なるとはいえ、なぜ同じ場所で訓練をしたのにもかかわらず、このような違いが出たのでしょう?

その理由は大きく分けて三つあります。

一つめは気象条件

当時は記録的な寒波と強風が日本全体に襲いかかっておりました。
世界有数の豪雪地帯である八甲田山周辺はマイナス20℃にまで冷え込んでいたと推定されています。

ちなみにマイナス20℃というと、南極にある日本の昭和基地で真冬(8月)の平均気温とほぼ同じです。

現在記録されている南極の最低気温はマイナス89℃なので、南極としてはマシなほうなんですがね。

タロとジロを始めとする樺太犬の強靭さと人間の脆弱さがわかります。

スポンサーリンク

二つめは青森隊の情報収集不足

青森隊は平地出身の者が多く、八甲田山周辺の気候に詳しい者はほとんどいませんでした。

しかも、地元民が寒さや天候悪化を懸念して、引き留めたり、あるいは案内を申し出たりしたのに、それを断って訓練を強行しております。
確かにいざ実戦となれば天候悪化はむしろ好機ですから、強行したくなるのもわからなくはありません。

が、訓練で命を落としたら意味がないんですよね。

さらに情報不足・認識不足から、青森隊は厳寒地に赴くとは思えないほどの軽装で入山したといいます。
予備の靴下や軍手すら用意せず、さらには凍傷を防ぐための知識がなかったため「ちょっと温泉入ってくる」程度の認識だったそうです。

三つめは指揮系統の混乱

青森隊では訓練直前に本来の階級や職務と食い違った人間が入っていたため、兵士が「誰の言うことを聞いたらいいのかわからなくなった」という軍隊としてはあるまじきことが起きていたそうです。
途中から相談もなく指揮官が交代していたともいわれています。

これだけ悪条件が重なったら遭難は当然、生存者がゼロでもおかしくはなかったでしょう。
現実もその半歩手前といった程度ですが。




スポンサーリンク


続きは次ページへ

次のページへ >



-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.