大久保利通/国立国会図書館蔵

西郷どん特集 幕末・維新 その日、歴史が動いた

大久保利通49年の生涯をスッキリ解説・年表付!暗殺に斃れた西郷どん親友

更新日:

西郷隆盛が死んだのはアイツのせい!

このように公私両立を図りながら、日本を強い国にするべく頑張っていた大久保でしたが、いつの時代も話のかみ合わない人はいるものです。

いや、「1つの欠点が100にも1000にも見える人」というべきでしょうか。今でもいますよねこういうの。
「大久保とかいうヤツは政治を牛耳って好きなようにしている!その証拠に、アイツは同じ釜の飯を食っていた西郷隆盛を殺したじゃないか!天誅!!」という実に短絡的な理由で、大久保は殺されてしまったのでした。

どこかから「大久保は生来病弱だ」とでも聞きつけて「なら意表をつけば簡単にブッコロせる」と思ったのかもしれません。

実行犯達が犯行後に出した文書に、大久保含めた明治政府の要人をことごとくけなしている部分があるのですが、体格の良かった大隈重信でもなく、幕末の頃には暗殺をやってのけたこともある伊藤博文でもなく、大久保を狙ったというのが卑怯ですよね。

一応実行犯の文書には「大久保の罪」としていくつか挙げられているのですけども、どれもこれも「国の制度をまるっと変えるのに時間がかかることがわからんのかい」と言いたくなるようなものばかりです。

大久保自身、暗殺直前に「明治維新は三十年でやり遂げるつもりでいないとダメだ。最初の十年は創業にあたり、次の十年は国内を整えることに集中する。ここまでを自分の仕事として、最後の十年は後進たちに任せたいと思う」(意訳)と言っていたのですから、やっている本人としてもそうそうすぐにやりきれるものではないと思っていたのです。

 

スポンサーリンク

借金 死後に債権者は来ず

特に「国の金を無駄遣いしているけしからん」という項目については全くの的外れでした。大久保は公共事業の費用不足を補うため、私財を投じた上借金までしていたからです。

大久保が亡くなったときには当時のお金で8000円になっていたそうですから、今の貨幣価値にして1億円をはるかに超える借金でした。個人的な遊興のためでなく、国のためにこれほどの借金をいとわなかった人に対してこの言い分はあまりにも失礼というものです。

ちなみに大久保が何のためにお金を借りていたのか債権者は知っていたらしく、死後「貸した金返せよ!」と言って来る人はいなかったとか。

当時は今のように有名人の言動についてニュースが流れるということがないので、大久保の実像がわからなかったにしても、あまりにもターゲットの絞込みがお粗末すぎます。

そんなに正義漢ぶって暗殺なんぞするくらいなら、内務省に乗り込んで「今からオレが最高最短のやり方で日本を良くしてやる!皆黙ってついて来い!!」とでも言ったほうがまだマシでした。誰もついていかないどころか役所の中に入ることもできなかったでしょうけど。

大久保や西郷隆盛、伊藤博文など、明治維新で大きな役割を果たした人物がことごとく非業の死を遂げているというのは何とも皮肉なものです。
まるで神様が使い捨てたかのように感じるのは、ワタクシだけでしょうかね。

 

【大久保利通・年表】

1830年 1才 薩摩藩の鹿児島城下に生まれる(西郷隆盛は1827年生まれ)
1839年 10才 蛮社の獄で高野長英や渡辺崋山などが捕らえられる
1840年 11才 アヘン戦争始まる(2年後に終わる)
1841年 12才 天保の改革水野忠邦
1844年 15才 元服
1846年 18才 記録所書役助として働き始める(西郷は郡方書役助)
1850年 21才 お由羅騒動勃発・父と連座して罷免される
1851年 22才 ジョン万次郎が帰国
1853年 24才 ペリー来航(翌1854年に日米和親条約)
1857年 28才 精忠組として活動→島津久光への接近始める
1857年 28才 篤姫徳川家定が婚姻
1858年 29才 日米修好通商条約に調印(松平忠固が推し進めた)
1858年 29才 島津斉彬が急死
1858年 29才 安政の大獄で、西郷が月照と共に入水自殺を試み、島送り
1859年 30才 吉田松陰が死刑
1860年 31才 桜田門外の変
1860年 31才 島津久光に初の謁見
1861年 32才 抜擢されて藩政に携わる
1862年 33才 島津久光から一蔵の名を賜る
1862年 33才 和宮親子内親王徳川家茂へ降嫁
1862年 33才 西郷が奄美大島から帰還
1862年 33才 寺田屋事件で薩摩の攘夷派が島津久光に粛清される
1862年 33才 西郷、島津久光の怒りを買い、徳之島&沖永良部島へ
1862年 33才 生麦事件
1862年 33才 高杉晋作らの英国公使館焼き討ち事件
1863年 34才 新撰組の前進・壬生浪士が結成される
1863年 34才 長州藩が下関戦争(英・仏・蘭・米)
1863年 34才 薩摩藩が薩英戦争
1864年 35才 池田屋事件(長土藩の攘夷派が新撰組に討たれる)
1864年 35才 禁門の変で薩摩&会津が長州を京都から追放
1864年 35才 佐久間象山が暗殺される
1864年 35才 第一次長州征伐で長州はソク白旗
1865年 36才 利通に改名
1866年 37才 西郷隆盛と木戸孝允薩長同盟を結ぶ
1867年 38才 明治天皇が即位
1867年 38才 高杉晋作が結核で死亡
1867年 38才 徳川慶喜による大政奉還
1867年 38才 坂本龍馬中岡慎太郎が暗殺される(近江屋事件)
1867年 38才 庄内藩が、薩摩のテロ行為に報復として江戸藩邸を焼き討ち
1868年 39才 鳥羽伏見の戦いをもって戊辰戦争が始まる
1868年 39才 大阪への遷都を提案
1868年 39才 会津戦争・北越戦争・上野戦争箱館戦争
1869年 40才 版籍奉還
1871年 42才 廃藩置県
1871年 42才 岩倉使節団で欧米へ渡り、留守は西郷らに任せる
1873年 44才 征韓論を機に西郷らが下野
1873年 44才 内務省を設置して内務卿に就任
1873年 44才 地租改正法や徴兵令
1874年 45才 佐賀の乱江藤新平が死亡
1875年 46才 秩禄処分で士族の家禄等が剥奪される
1876年 47才 廃刀令により士族は帯刀の特権も奪われる
1876年 47才 神風連の乱・秋月の乱・萩の乱
1877年 48才 西南戦争(京都で指揮)
1878年 49才 紀尾井坂の変にて暗殺される

長月 七紀・記

大久保利通の墓(東京・青山霊園、武将ジャパン編集部撮影)




スポンサーリンク


参考:大久保利通/wikipedia 紀尾井坂の変/wikipedia

大利通の墓の説明板(武将ジャパン撮影)

 



-西郷どん特集, 幕末・維新, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.