歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

毛利家 その日、歴史が動いた 諸家

尼子晴久は毛利や大内とバッチバチ!御家立て直しの手腕は評価されるべき?

投稿日:

永正十一年(1514年)2月12日は、中国地方の代表的戦国大名・尼子晴久が誕生した日です。

毛利元就の話をするときに大内家と一緒になって出てくるので、何となく聞き覚えのある方が多いのではないでしょうか。

他の戦国大名と同じく、幼名と初名と一番有名な名前が違うのですが、わかりやすくするため「晴久」で統一します。

 

父と兄が相次いで亡くなり経久から家督を引き継ぐ

晴久は、出雲(現・島根県東武)の戦国大名・尼子家の次男として生まれました。

当時は晴久の祖父・尼子経久の代です。

ゆえに順当に行けば、晴久から見て祖父→父→兄と家督が継がれていく流れですが、兄と父が続いて亡くなったため、晴久が祖父から家督を継ぐことになります。

まだ若い晴久は祖父からの指示を受け、周辺の大名とときに争い、ときに和睦して家を守っていきました。

ただし、ずっと祖父の言いなりというわけでもなく、家督を継いだ翌年には大内家の持っていた石見銀山などを攻略し、金策と領地の拡大などにも注力。
結果、播磨(現・兵庫県)まで勢力を伸ばすことに成功し、大内家よりも尼子家のほうが京都に近くなっています。

さらに西の九州では、大友家が、近江に逃れていた十二代将軍・足利義晴(十三代・足利義輝と十五代・足利義昭のトーチャン)を援護しようと考えていたため、これが大きな障害になります。

毛利元就と対決するのは、晴久が30代半ばに入ってからです。

 

スポンサーリンク

元就の手腕を警戒した経久は「軽挙を慎め」

毛利家は、元就の前の代までは尼子家の傘下でした。
が、家督相続のゴタゴタが終わった際、もう一人の中国の雄・大内家に帰属しています。

祖父・経久は元就の手腕を警戒して「軽挙は慎め」と孫の晴久を諭しましたが、既に周辺の豪族を傘下に収め、自信満々だった彼はこれを聞き入れません。

大軍を率いて毛利家の本拠・吉田郡山城へ攻め入ります。

が、元就は冷静に籠城戦を展開しました。
士気を保ちながら、圧倒的な大軍を相手に、粘り強く大内家の援軍を待ちます。

中国地方のお話で欠かすことの出来ない元就さん/イラスト・富永商太

毛利元就/イラスト・富永商太

一方、尼子軍は元就に翻弄され、士気も戦力もダダ下がり。
多数の家による連合軍であるがゆえに指揮系統が混乱し、さらには背後から大内軍に叩かれて、散々な結果に終わってしまいました。

この時、大内家から派遣されたのが、後に主である大内義隆を滅ぼす陶晴賢だったというのがまたなんとも……。
さすが戦国時代。どこもかしこも人間関係がドロドロしてますね。

この大敗により、尼子家に協力していた豪族も大きく力を削がれたり、大内家に寝返ったり、嫌なフラグが立ち始めました。
やがて尼子家自身も経久を亡くし、晴久に忠告できる人がほぼ皆無になってしまいます。

 

「天空の城」月山富田城ならば負けません!

吉田郡山城攻めの翌年、大内家が尼子家の本拠・月山富田城を攻めてきました。

月山富田城の戦い】という記事で「元就は月山富田城を一度攻めたことがある」と書きましたが、それがこのときのことです。
もちろん、元就以下毛利家の面々も攻め手にいました。

しかし、尼子家もそう簡単には倒れません。

月山富田城は「天空の城」とあだ名されるほどの地形に築かれた城です。
さしもの大内家らも簡単には落とせませんでした。

ここで、一度寝返った豪族たちが
「何かこのままだと尼子のほうが勝ちそうじゃね? 今なら謝ればまた仲良くしてもらえるかも」(超訳)
と考え、再び尼子家につくという事態が起きます。

地獄の沙汰も金次第ならぬ、力次第というところでしょうか。

ともかく、これにより背後を突かれる形になった大内家や毛利家は、命からがら撤退。
おかげで尼子家は最低限の勢力を保つことに成功しましたが、ここから再び回復させるためには長い時間を費やさなくてはならず、大内家についた親族の粛清や、小競り合いがしばらく続きます。

にしても、ここで息を吹き返す手腕はスゴイですよね。

 

スポンサーリンク

毛利元就と雌雄を決する前に……

一方、大内家では陶晴賢の裏切りにより義隆が斃されたため、中国地方の勢力図が大きく変わります。

朝廷や室町幕府には
「大内がダメなら尼子にちょっと目をかけてやるか」(超訳)
とみられ、晴久に正式な官位や役職が与えられています。まさにタナボタ。

晴賢とはしばらくの間手を組んだり戦ったりとやりあうことになりますが、厳島の戦いで晴賢が元就に敗れると、大内家そのものがもはや脅威ではなくなりました。

そのため、晴久は領土確保・防衛のために動いていくようになります。

晴久の晩年には、元就が旧大内領の大半を支配下に収めたため、毛利家と再び対峙……するのですが、最終的な決着が付く前に、晴久は急死してしまいました。

尼子家の記録である『雲陽軍実記』の記述から、死因は脳溢血とみられています。
享年47は当時の寿命としてもちょっと早く、時代と状況的に暗殺もありえそうなのがなんとも。

晴久を「短慮で大将の器ではない」と表する向きもあります。
しかし、一度は崩れかけた家の勢力を盛り返したことは、評価されてしかるべきではないでしょうか。

神社の再建や大陸との交易もしていますし、内政のほうが向いていたのかもしれません。
次に家督を継いだ息子・尼子義久もそんな節があります。

義久の代で、大名としての尼子家は終わりを迎えているのですけれども、血筋は現在まで続くのです。

晴久のような人物を評するときには、見る側の人間性も現れるものなのかもしれません。

長月 七紀・記

3分でわかる毛利元就75年の生涯!なぜ一代で中国地方8カ国を制覇できた?




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典
尼子晴久/wikipedia

 



-毛利家, その日、歴史が動いた, 諸家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.