歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

宇佐美定満(宇佐美定行)・歌川国芳作/wikipediaより引用

武田・上杉家 その日、歴史が動いた

宇佐美定満(定行)の不審死ミステリー 謙信の参謀が迎えた溺死という最期

投稿日:

世の中には、想像以上に不思議な出来事が多いもの。

今回は、織田信長本能寺の変と並び、戦国時代のミステリーに分類されそうな、とある事件について考えてみましょう。

永禄七年(1564年)7月5日。
上杉家の家臣である長尾政景と宇佐美定満(定行)が溺死するという不思議な事故がありました。

のっけから穏やかならぬ雰囲気が漂いますが、現代に至るまで事の真相がわからない、というミステリーな話でもあります。

まずはこの時点までの上杉家・長尾家について、内部事情をみていきましょう。
かなり長くなりますが、そのくらいやらないと考察するのも難しいんですこの事件(´・ω・`)

 

越後長尾家は、謙信と政景に分かれる

他の大名家同様、上杉氏は多数の系統に枝分かれしています。

歴史の表舞台でよく出てくるのは、その中で越後守護を代々務めてきた家です。
そのまんま「越後守護上杉家」と呼んでいます。

長尾氏は桓武平氏の末裔で、やはり多くの系統に枝分かれしている家です。

越後守護上杉家と絡んでくるのは、「越後長尾家」と呼ばれる系統です。
こっちもまんまですね。

越後長尾家は、さらに府中上杉氏と上田長尾氏という系統に分かれます。
簡単にいうと、上杉謙信(長尾景虎)が府中上杉氏、長尾政景・景勝親子が上田長尾氏の出身です。

戦国時代の上杉家を扱った著作物では、上田長尾氏に属する武士を「上田衆」と呼んだりもしますね。

今回の話には関係ありませんが、桓武平氏の末裔には平将門などもいます。
つまり、「謙信や景勝は将門とものすごく遠い親戚」ということになるわけです。

といっても時代も地域も違うので、親戚といえないくらい遠いですけども。まあ、意外な繋がりがあって面白いよねということで。

平将門/wikipediaより引用

【関連記事】平将門の乱

 

スポンサーリンク

天文の乱まで遡る因縁があった!?

さて、話は溺死事件の20年ほど前にさかのぼります。

越後守護上杉家が断絶の危機に瀕したとき、奥州の伊達家から「じゃあうちの息子を一人あげるよん」という話が持ち上がりました。
天文の乱(伊達稙宗と晴宗の親子争いを機に東北中が大喧嘩)のきっかけとなった、伊達実元養子入り未遂事件です。

養子を迎える側の上杉家でも、当然これは問題になりました。
養子を迎えるにしても、身近な家から迎えるのが筋ですし、伊達家の中で揉めまくったために、養子が来るのか・来ないのか、よくわからん状態になったからです。

そして伊達家と奥州各地の大名が天文の乱をやっている間に、上杉家と長尾家も入り乱れて抗争を繰り広げていました。
よそにまで迷惑かけた稙宗ェ……。

このとき、府中長尾氏の当主は長尾晴景という人物でした。
謙信の実兄です。
彼はかなり温厚な人で、国人たちに対しても力で押さえつけるより宥和を試み、争いを収める主義でした。武将というよりは政治家に近いというか、戦国時代では珍しいタイプですね。
しかし、天文の乱がらみのイザコザではその手がききませんでした。

 

謙信が還俗するとアッサリ鎮火

そんな中、お寺に入っていた謙信が還俗し、あっさり家中を鎮めてしまいます。
これによって府中長尾氏は晴景派と謙信派に分かれ、身内同士での争いが始まってしまいました。

当時の上田長尾氏の当主は政景で、このとき晴景側についています。

最終的に謙信が府中長尾氏の当主になり、政景もアレコレを経て軍門に降るのですが、これが後々尾を引きました。
政景の父・房長が少々アレな人だったため、その頃のイメージが重なって、政景やその配下の上田衆の待遇も、良いとはいえないものになってしまったのです。

しかし、政景は「一度帰順したからには……」と気分を切り替え、謙信に忠実に仕えました。

家中の混乱に愛想を尽かし、再び出家しようとする謙信を説得して引き止めたり、春日山城の留守を預かったり、信頼も勝ち得ていったのです。

また、政景の正室は謙信の姉・仙桃院であり、夫婦仲が良かったことで、息子である景勝にはあまり悪影響が残らなかったようです。義理の兄ということで、謙信も多少なりとも心強かったでしょう。

 

スポンサーリンク

溺死の原因は諸説入り乱れ……

溺死事件のもう一人の当事者・宇佐美定満(定行とも)は、藤原南家の末裔とされる家柄の人です。
こちらは先祖代々、越後守護上杉家に仕えてきた家でした。

定満は延徳元年(1489年)生まれなので、大永六年(1526年)生まれの政景とは40歳近く離れていることになりますね。
溺死事件の1564年は御年75歳のご老体です。

定満については「天文の乱がらみのドタバタの際、誰の味方についていたのか」「いつ頃隠居したのか」について諸説入り乱れていて、どんな人だかはっきりしない面もあります。
最終的に晴景、次いで謙信に仕え、政景が降伏する際にも功績があったといわれていますので、重臣であることには変わりないのですが。

まとめると、政景と定満は「仲良しではないが、遺恨があってもおかしくはない」という感じの間柄だったことになります。

この日二人が溺死した件についても、諸説入り乱れています。

「二人が酒に酔った状態で舟遊びをしていたために、うっかり足を滑らせた」
「定満が捨て身で政景を暗殺した」
「他の上杉家臣による政景謀殺に、定満が巻き込まれた」

このあたりが主な説ですね。




スポンサーリンク


三つめだったら老人を粗末にしすぎやろ。

次のページへ >



-武田・上杉家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.