歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

伊達家 その日、歴史が動いた

初めて食べた日本人は支倉常長♪バレンタインデーにチョコの歴史を調べた

投稿日:

2月14日はバレンタインデー。

最近は自分用に高級チョコを買ったり、友人同士でネタが仕込まれたチョコを交換するなんてのも珍しくなくなりました。

てなわけで本日は早速チョコレートの歴史を振り返ってみましょう。

 

紀元前1900年ごろから“商品価値”があった

チョコの原材料であるカカオは、アメリカ大陸原産です。

中央アメリカでは紀元前1900年ごろにはもう商品価値が認められており、各地の遺跡から通貨や税金、そして食品として利用されていたことがわかっています。
この時点で既にニセモノもあったそうで。人間いつの時代も考えることは一緒ですね。

といっても今のように固形のチョコが出てきたのはずっと後の話で、長い間チョコレートといえば飲み物のことでした。

カカオ豆をひいた粉とコーンミールや唐辛子を水に溶いて飲んでいたそうです。
今で言えば柿の種チョコの液体版みたいな感じですかね。
やってみたいとは思いませんが。

チョコレートを飲むミシュテカ(アメリカ大陸先住民)の王/wikipediaより引用

チョコレートを飲むミシュテカ(アメリカ大陸先住民)の王/wikipediaより引用

味もそんなにいいものではなかったようで、滋養強壮など薬として用いることがほとんどだったようです。
「良薬口に苦し」という言葉もありますし、昔は世界中どこでも「苦いものは薬だ!」って感じだったんですかね。

塗り薬として肌に塗ることもあったそうです。
塗っても飲んでもおkな薬ってちょっと思いつかないですが、RPGの薬草とかポーションってそういう風に使われてるんでしょうか。

 

スポンサーリンク

お菓子としての発祥はスペイン

ヨーロッパに伝わったのは、コロンブスがアメリカ大陸へやってきてからです。
彼が飲んだかどうかははっきりわかりませんが、ヨーロッパ人で最初にカカオ豆やチョコレートを見たといわれています。

その後スペインの修道士たちがヨーロッパにカカオを持ち帰り、どうにかして美味しくしようとして砂糖や牛乳、バニラなどを入れ始めます。

つまり、お菓子としてのチョコレートはスペイン生まれなんですね。

これがヨーロッパに広まったのは、スペイン王女が数回フランスに嫁いだからです。
彼女らは今で言うショコラティエも連れて輿入れしたそうで、余程好きだったことがうかがえます。この頃はまだホットチョコレートが主流でした。

「昼起きて夜中までパーティーをする生活だったので朝食をあまり食べず、ホットチョコレートを朝食代わりに飲んでいた」
という記述をどこかで見たんですが出典を忘れましたテヘペロ。

精度はさほど良くなかったでしょうが、ある程度限られた範囲ではそれなりに広まっていたと思われます。

近世ヨーロッパでスペインから広まった/wikipediaより引用

近世ヨーロッパではスペインから広まった/wikipediaより引用

 

岩倉使節団も仏国で大絶賛! 戦時中はカカオが入らず

固形状のチョコが流通するようになったのは産業革命以降。
チョコバーやチョコを使ったケーキなどが次々と誕生します。

その後、各国の職人がより甘く、美味しくしようと牛乳を入れたり、粒子を均一にするコンチングという機械を作ったりと、さまざまな工夫がなされて現在のようなチョコレートができたというわけです。

日本人で初めて食べたのは支倉常長だったといわれています。
伊達政宗が超ド級のお使いを頼んだ人ですね。1617年に薬として口にしたそうです。

その後、江戸時代に長崎の遊女がオランダ人客の土産でもらったという記録がありますが、彼女が口に出来たかどうかはわかりません。
たぶん娼館の主人とかが食べちゃったでしょうね。カワイソス(´・ω・`)

支倉常長(仙台市博物館特別展パンフより)

最初に食したのは、なんと支倉常長さんでしたか!(仙台市博物館特別展パンフより)

明治時代には、岩倉使節団がフランスで工場を見学・試食し大絶賛したことを自ら書き残しています。

甘いものは果物か砂糖かあんこくらいしか知らなかったでしょうから、さぞ大きなカルチャーショックだったんじゃないでしょうか。

そしてその後、日本でも作られるようになりました。

が、戦時中はカカオの輸入ができず、幻の菓子とされております。これはチョコだけの問題じゃないんですけどね。
戦後よく叫ばれたという「ギブミーチョコレート」はそういう意味もあったのです。

 

スポンサーリンク

マーブルチョコにポッキー、たけのこの里、パイの実

最近は、高級チョコも当たり前の存在になりつつありますね。

しかし、庶民の味方である当コーナーでは、日本人にお馴染みのチョコレート菓子の発売時期について調べてみました。

※キリがないので板チョコは除外

◆60年代
マーブルチョコレート 1961年
チョコベビー 1965年
ポッキー 1966年
アポロ 1969年

◆70年代
きのこの山 1975年
たけのこの里・パイの実 1979年

◆80年代
チョコパイ 1983年
コアラのマーチ 1984年
すぎのこ村 1987年

◆90年代
メルティーキッス 1993年
アルフォート・ブラックサンダー 1994年
ガルボ 1996年
トッポ 1997年
フラン 1199年

ざっと調べたところこんな感じでした。
好きなお菓子がなかった方スイマセン。

こうして並べてみると、意外にバラけてるんですねえ。

発売までの紆余曲折があったお菓子もありますので、それはまた改めて機会を設けて書きたいなあと思っております(予定は未定)。

 

ホワイトチョコは手作りが大変

ちなみに、ホワイトチョコは20世紀半ばにできています。
カカオ豆の中から苦味の元である茶色い部分を取り除く――という高度な技術が使われています。

ただし茶色い部分に含まれる成分がなくなってしまうため、保存や取り扱いがやや難しくなってしまうのだとか。

もし、手作りチョコがホワイトチョコメインだったらかなり気合入ってるかもしれませんねえ。
真心とお返しには細心の注意が必要……かも?

今の時代に「十倍返し」を期待する人はさすがに多くはないでしょうが、相手の好きなものやちょっとおいしいお菓子・お茶なんかをあげるとフラグが立つかもしれません。

うまく行かなくても責任は負えませんので、悪しからずご了承くださいNE!

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
チョコレートの歴史/wikipedia

 



-伊達家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.