大山捨松/wikipediaより引用

西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新 その日、歴史が動いた

大山捨松の激動人生~家老娘→帰国子女→社交ダンサー→敵(大山巌)の妻

投稿日:

大正八年(1919)2月18日、大山捨松が亡くなりました。

陸軍大将だった大山巌の二人目の奥さんです。

実は18歳も年齢差のある夫婦ですが、結婚するまでの経緯はまさに運命としかいいようのないものでした。

 

会津藩 家老の家に生まれたお嬢様

捨松は初名を山川さきといい、会津藩の家老の家に生まれました。

安政七年(1860年)生まれですから、既に幕末もいいところ。
いつ幕府が瓦解してもおかしくないような動乱の時代でした。

戊辰戦争で新政府軍が会津若松城に攻めてきたときには、家族と共に城へ入り、負傷者の手当てや炊き出しなどをしていたといいます。
実はこのとき、攻め手の砲兵隊長が大山巌(当時は弥助)だったことで後々大問題になります。

会津戦争後に撮影された若松城/wikipediaより引用

そして戦争が終わり明治に入った後、旧会津藩の人々は苦難の生活を送りました。

改易の上、極寒の地である斗南藩(青森県の最北短あたり)へ移ることになったのです。ホントは「旧領の一部・猪苗代かどっちか選んでいいよ」ということになっていたのですが、諸般の事情により斗南になりました。

斗南のほうが土地が広く農業がしやすいと考えたとか、寒さについては「そんなの慣れてるから大丈夫ですよHAHAHAHA」と思っていたとかいろいろ言われています。

 

スポンサーリンク

函館のフランス人宅へ里子に出され

案の定、斗南に移った旧会津藩士たちは予想以上の厳しい気候により死者が多発。
耐えかねて逃亡する者も出始め、ますます耕作は進まなくなってしまいました。

山川家も苦しい生活を余儀なくされましたが、家長の山川浩(ひろし・捨松の長兄)たちが開墾や教育に力を注いだおかげで少しずつマシになっていきます。

が、この状況ではどこの家でも一家全員同じ屋根の下で暮らすことは困難です。

そのため、一人でも多く生きられるようにということで、年少者はあちこちへ里子に出されていきました。

捨松もその一人で、彼女は函館の沢辺琢磨という(当時珍しかった)キリスト教司祭の元へ行き、その縁からか同じく函館で暮らしていたフランス人の家に預けられることになります。

 

留学期間10年 希望者は敗軍の家ばかり

そのころ明治政府では岩倉使節団の計画が進んでいました。

このとき随行する留学生には「賊軍」と呼ばれ世間から冷たい目で見られていた者も参加が認められており、捨松のもう一人の兄・健次郎も加わっています。

女子の応募も認められていました。
が、「留学期間は10年ね! お金は政府が出すから心配しないでいいよ!」という条件だったため、希望者ゼロというまさかの事態が起きます。

現代でこそ留学する人はそう多くはないですが、さすがに10年ともなると本人より親が反対したであろうことは想像に難くありません。

しかし、捨松はフランス人の家で暮らしていたことから西洋文化に親しんでおり、山川家でも「いざとなったら健次郎が何とかしてやれ」という結論になったため、応募に踏み切りました。

最終的に女子留学生は5人。

新政府の米国留学女学生 左から、永井しげ (10)、上田てい (16)、吉益りょう (16)、津田うめ (9)、山川捨松 (12)/wikipediaより引用

その全員が佐幕派もしくは賊軍とされた家の娘だったというから、まぁ、なんちゅうか。

戊辰戦争が終わって2年。
まさか『賊軍のやつらならどうなってもエエ』とか思ってたなんてことは……ゲフンゲフン。

 

スポンサーリンク

一度は捨てたが帰りを待つ

明治政府の思惑はともかく、こうして捨松は長い船旅を経てアメリカに渡りました。

「捨松」という一見ヒドイ字面の名前になったのはこの頃です。

無事帰ってこられるかわからない留学に際し、母親が
「お前のことは一度捨てたものと思いますが、帰りを待つ(松)ことには変わりありませんからね」
という意味をこめて名付け直したのだとか。

ということは帰国後改名しても良かったはずですが、そこは親からもらったものだからってことですかね。

日本には昔から魔除けの意味でわざと子供に汚い・縁起の悪い字をつけるという風習がありましたので、その一環かもしれません。
だいぶ時代が離れますが、紀貫之の初名なんて阿古久曽(あこくそ)という現代だったら確実にイジメの元になる読み方ですし。

アメリカでは、牧師のベーコン家で生活することになりました。

大学在学中の山川捨松/wikipediaより引用

神の教えに感銘を受けたのかそれとも形式的なものだったのか、留学中に洗礼も受けていたようです。
ここの末娘アリスとは生涯を通じての友となり、勉強はもちろん交友関係も順調でした。

 

まだ20過ぎたばかりなのにもう縁談は来ない

大学を卒業した留学10年目。

捨松は、帰国命令が出たにもかかわらず、延長を申請し、看護婦学校を卒業したり看護婦の免許を取るなど、留学生の鑑ともいえるほどの意欲を示しています。

会津若松城での経験や、アメリカ赤十字社(捨松の留学中に設立)への関心があってのことでしょうね。

もともと山川家が勉学に熱心な家だったことも強く影響していると思われます。

例えば兄の山川健次郎も米国の名門イェール大に留学し、帰国後は東京大学や九州大学の総長を務めております(会津などの敗軍サイドは政界や軍部での出世が難しかったという事情も)。

かくして捨松は無事に帰国。
されど、当時の日本では彼女が学んだことや看護婦の資格を生かせる場がまだ存在しませんでした。

帰国報告に参内した捨松/wikipediaより引用

10年にも渡る留学で日本語がかなり危うくなっていたことに加え、まだまだ「女は奥にいるもの」とされていた社会です。
「アメリカ娘」と謗られ、これでは何のために留学して頑張ってきたのかわかりません。

さらに23歳になっていたため「行かず後家」扱いされ、親友アリスに
【まだ20過ぎたばかりなのに、母はもう縁談が来ないなんて言ってるのよ】
と手紙を書いています。




スポンサーリンク


いつの時代も母親の言うことって変わらないというか……。
しかし、彼女の本当の激動は、ここから始まるのでした。

次のページへ >



-西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.