歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

菅原道真/wikipediaより引用

飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた

菅原道真はなぜ学問の神様?当初は「火雷天神」と一緒に祀られていたが

投稿日:

日本が多神教の国だというのは今更の話ながら、他国と比べて特徴的なことがひとつあります。
「人物神」といって、生前優れた業績を残した人や死後に祟りを引き起こしているとされた人を神様扱いすることです。

今日はそんな一人に注目。
延喜三年(903年)2月25日は、菅原道真が亡くなった日です。

天才として今なお全国に名を知られる平安時代の学者であり政治家ですが、彼がなぜ学問の神様と呼ばれるのか?ご存知でしょうか。

今回は道真の命日にちなみ、亡くなった後に注目、人物神となるまでの経緯を確認してみましょう。

 

天災が起きるのは彼の祟りに違いない!

今日では当たり前の【道真=天神様】。
実は当初祀られたときから比べると随分様変わりしています。

本来は「皇居に落雷があったり、道真の政敵が次々に亡くなったのは祟りに違いない」ということから、雷神として扱われました。
もともと京都の北には「火雷天神」という雷神が祀られており、ここに道真の社を建てることで神様の力を借りながら鎮めようとしたのでしょう。

ものすごく俗っぽい言い方をすると、
「同僚みたいなもんなんだからあいつなんとかしてよ」
ってとこでしょうか。

流罪になっていた道真の息子達についても「もう帰ってきていいよ」というお達しが出され、道真の怨霊はめでたく鎮まりました。

しかしそれまでの間のインパクトが強すぎて、しばらくの間は何かしら天災が起きると皆「道真の祟りじゃああああ;」と言っていたそうです。とんだ濡れ衣ですね。

北野天神縁起絵巻/wikipediaより引用

北野天神縁起絵巻/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

気付いたら同一視されるようになっていた

百年ほどしてそれが下火になります。

と、今度は【火雷天神】のほうが忘れられかけました。
そりゃあ、こんな印象の強い話を持っている人(神)と同じところにいたら影が薄くなるのも仕方ないことです。

そうしていつしか【火雷天神と道真】は、同一の存在と思われるように……。

どこの国でもよくあることなんですが、よくよく考えたら
「私とお前は同一人物だったのだよ!」
「ナ、ナンダッテー!!」
ってな話なんですよね。昔の人の感覚ってすごいです。

そして道真については頭脳が極めて優秀だったことから「お参りすれば俺も頭良くなるかも!」というように、
【道真=天神様→学問の神様】
と見なす人々が出現。

太宰府天満宮の絵馬

時代が下るにつれて
「そういえば書道も得意だったよね」
「歌もスゲーじゃん」
「学問をする子供も守ってくださらないかしら」
なんて風に、書道や歌道の神、そして子供の守り神だと見なされていきます。

今更ですが天神様大忙しです。

 

行きは良い良い、帰りは……

一方で、ちょっと怖い見方もされています。

「天神様のお通りじゃ」という歌詞で有名な歌、『通りゃんせ』です。
よく知られているメロディーは比較的最近つけられたものですが、歌詞は江戸時代あたりに出来たといわれています。

最近のお若い方だと全部ご存じない方もいるかもしれませんので、歌詞を全部書いておきましょうか。

『通りゃんせ』

通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの細道じゃ
天神さまの細道じゃ
ちっと通して下しゃんせ
御用のないもの通しゃせぬ
この子の七つのお祝いに
お札を納めに参ります
行きはよいよい、帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ

おそらくや「天神様は怖い神様だから気をつけないといけない」というような解釈をされている方が多いでしょう。

しかし、この歌詞ができた頃には、上記のように天神様=子供の守り神でもあるとみなされています。
ならば、お札を納める=信仰している証拠を示したのに、なぜ帰り道が不穏であるというような歌詞になったのか?

子供一人で行かせたならそりゃ帰り道が心配にもなるでしょうが、わざわざ「この子」「お祝い」といっているからには親が連れて行ったのでしょう。
七歳にして自分のお祝いを自分ひとりでするとか何それ寂しい。

口頭で歌が広まった結果、少しずつ変わっていって謎めいた歌詞になったというのもありそうです。

 

スポンサーリンク

天神様に喧嘩を売るような真似して大丈夫?

一部では、いろは歌や「かごめかごめ」と同様、この歌詞を埋蔵金のありかを示す暗号だと考えている人もいるようで。

ある意味天神様にケンカ売るようなもんだと思うんですが、それに対する祟りとかないんでしょうか。
千年経てば人(神)格も丸くなるんですかね。

”あの”細川忠興も晩年には
「明石の浦の牡蠣のように、荒波に揉まれて苦労した人が良い人材だ」
とか言っております。

まして上記のようにアレコレ役目を増やされてしまった天神様であれば、菩薩のような慈悲心があってもおかしくはありません。でなかったら多分キレてるでしょう。

そうすると結局歌詞がイミフになる気がします。
まぁ所詮人間ごときに神様のお心はわからないということで(丸投げ)。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
菅原道真/wikipedia
天神信仰/wikipedia
通りゃんせ/wikipedia

 



-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.