飛鳥・奈良・平安時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

モヤッとする「位階と官位」の仕組み 正一位とか従四位ってどんな意味?

投稿日:

信長が名乗った上総介にはどんな意味がある?

とはいえ、何事にも例外はつきもの。この場合の数少ない例外が大内義隆です。
あまりにも献金が多かったためか、従二位・兵部卿という大名屈指の高位に登っています。

兵部卿とは、兵部省=現代の防衛省のような仕事をしていた役所の長官(卿)のことです。
実はこれ、本来は親王が他の役職と兼務すべきものとされていました。
義隆については後半生が注目されがちですが、ノリノリだった頃の権勢のほどがうかがえます。

また、戦国時代にやたらと官職名を名乗る大名がいたのは、朝廷に献金して任じてもらった場合と、勝手に自称したケースもありまして。
両方とも「武家官位」と呼ぶのでややこしいですね。

前者の例は大内義隆、後者はありすぎて書ききれないほどありますが……有名どころだと、若い頃の織田信長が「上総介(かずさのすけ)」を名乗っていました。

イラスト・富永商太

上総は親王任国といって、親王でなければ国主になれないとされ、他の地方とは別格の扱いを受けていたところです。
ここだけだと信長が野心満々だったようにも見えますね。

ただし、「介」は長官である「守(かみ)」の部下です。
さらに、親王任国の場合は親王自身が赴任することはなく、中央から介が派遣されていました。現地の最高責任者というわけです。

この辺を総合して考えると、「信長が上総介を名乗ったのは、次代の皇族の補佐を務めたいという意思表示」と解釈することもできるわけです。
まあ、信長が皇室をどう思っていたのかはまだ確定できていませんし、他の要素もたくさんあるので、断言はできないですけどね。

 

官位についてのマトメ

だいぶややこしくなりましたが、官位について無理やりまとめると

・官位は「官職」と「位階」を合わせた呼び方である
・家によって頭打ちが決まっていた
・それを飛び越えられたのは戦国時代、かつ金の力くらい
・皇族は別格だけど世代に影響される

という感じでしょうか。

官位相当制の表もウィキペディア先生や歴史手帳などに出ていますが、受験をお考えの方はそこまで覚える必要はないでしょう。
エンタメ目線で
「好きな歴史上の人物の官位が、全体的に見るとどの辺のエラさになるか?」
みたいな視点で楽しむのが良さそうです。

 

神社にも「神階」という序列があった

余談ですが、実は神社にも「神階」という位階が決められています。
例えば、伏見稲荷大社は最高位である「正一位」です。ここから転じて、お稲荷様のことを正一位と呼ぶこともあります。
夏目漱石の「草枕」の最初のほうにも「正一位 女に化けて 朧月」なんて句が出てきますね。

「お稲荷様が正一位なら、伊勢神宮はどうなるんだ?」
と思った方もおられるかもしれませんが、ここでもやはり「別格」というものが存在します。

天皇に位階がないのと同じように、皇祖神には格付けできないんですね。
同様に、三種の神器の一つ・八咫鏡(やたのかがみ)のプロトタイプとされる鏡を祀った日前神宮(ひのくまじんぐう)と國懸神宮(くにかかすじんぐう)も、位階を超越した立場とされています。

年始に初詣をされる方は、並んでいる間にその神社の位階をググる先生にお尋ねしてみるのも良いかと思います。
神様だって、自分のことに興味を持っている人間にはご利益を与える気になる……かもしれませんしw

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典「位階」「官職」「蔭位」
神階/wikipedia

 



-飛鳥・奈良・平安時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.