歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

松平忠吉/wikipediaより引用

徳川家 その日、歴史が動いた

松平忠吉(家康の四男)は関ヶ原で大活躍!10万→52万石に大出世するも

投稿日:

徳川家康には、男女合わせて17人の子供がいました。

男の子が12人で女の子が5人。
女の子の人物像や嫁ぎ先などが不明なことはままありますが、男の子について知られていないとなるとチョット不思議です。

以下のメンバーは割と知られていると思いますが、

松平信康(長男・信長の命で切腹
結城秀康(次男・豊臣秀吉の下で人質)
徳川秀忠(三男・二代目将軍)
・松平忠輝(五男・妻は伊達政宗の娘)
・徳川義直(九男・御三家の尾張藩祖)
・徳川頼宣(十男・御三家の紀州藩祖)
・徳川頼房(十一男・御三家の水戸藩祖)

他の5人は名前すら聞いたことがない――という方も少なくないのでは?

本日はその四男に注目。
慶長十二年(1607年)3月5日、家康の四男・松平忠吉が28歳で亡くなりました。

松平姓だと「また何かいわくつきか」と嫌な予感がした方もいらっしゃるかもしれませんが、ご安心ください。

この方の場合は、親戚の東条松平家というところに世継ぎがいなかったため、「ならばお前が行ってこい」という理由で養子として出されたからです。
実に穏やかというか普通の流れですね。

ここは徳川家(松平宗家)が立て続けに当主を暗殺されて危うかったときもずっと味方でいてくれたので、家康も恩義を感じていたのだとか。

 

こんなイケメンに仕えられるなら死んでもいい

さて、忠吉本人はどういう人だったのか?
というと、若年のうちに亡くなってしまっているので、あまりエピソードは伝わっていません。

複数の記録によれば
「イケメンだった」
「優しいイケメンだった」
「こんなイケメンに仕えられるなら死んでもいい」
「イケメンが大将ならきっと勝てる!!」(超訳)
という記述があります。

家康の息子の中でもかなり眉目の整った人だったのでしょう。

異母兄弟の秀康や忠輝が顔で苦労したと伝わるのと比べたらエライ違いですね。
二人ともカワイソス(´・ω・`)

結城秀康/wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

関ヶ原で先陣切って、豊久も討ち取って

母親は西郷の局という人で、兄の徳川秀忠は同母兄弟になりますね。

血筋も悪くなく、顔も良く、さらには武士としての器量もあり、それだけに人望もあったようです。

彼の初陣は関が原の戦いで、見事に島津豊久(義弘の甥っ子)を討ち取っています。
つまり伝説の「島津の退き口」と対峙したわけです。

岳父(妻の父)であった井伊直政など。
家康お墨付きのツワモノたちが脇を固めていたとはいえ、本人の度胸もかなり据わっていたでしょう。

そもそも関が原で「戦いの口火」を切ったのも、忠吉が先攻したからだったという話もあります。

本来は福島正則が先陣のはずだったところ、逸る忠吉を直政が説得しきれずに出て行ってしまったのだとか。
映画やドラマだったら死亡フラグですね。

実は忠吉の配置されたところは秀忠が入るはずの陣だったという話もあります。

この二人は同母だっただけに兄弟仲が良かったようで「兄上すまん」「遅刻した俺が悪い」ぐらいで済んでいたかもしれませんね。
仲良し大事。戦場でのアレコレは、後々まで恨まれることもありますしね……。

関ヶ原の戦いの松平忠吉・井伊直政陣跡/photo by 立花左近 wikipediaより引用

 

武蔵国忍城10万石から清洲52万石へと大出世

関ヶ原という大舞台で、見事に初陣を果たした忠吉。
このとき頭に傷を負ってしまいました。本気の島津と戦うとヤベェってことでしょう。

お供をした井伊直政もこのときの鉄砲傷が遠因でその約1年半後に死亡したとも言われます。

忠吉はそれまでの武蔵国忍城10万石の領地から、関が原での功績で清洲52万石に取り立てられたので、家康もかなり期待していたでしょうね。

しかし、それから程なくして1607年に死亡。

28歳という若すぎる弟の死に、秀忠はとても悲しんだそうです。
家康五男の信吉も、関が原後に病死しているので、徳川家にとっては不幸の多い時期でもありました。

ただし、家康の子供は、当時の基準からするとかなり生存率が高いほうです。

本サイトの歴女医・馬渕まり先生が以下の記事で述べておられますように、昔の赤ちゃんは成人すること自体が大変でした。

江戸時代以前の乳幼児死亡率が異常なのはナゼ? 徳川家でも島津家でも子供は多く亡くなった

記事によると
・初の人口調査(明治32年)で、生後1年未満の乳幼児死亡率が15%
だそうで。

江戸時代には当然、そのような調査はありませんが、
・成人まで生きられる割合は6-7割程度だったのではないか?
と目されております。

逆に言えば3~4割は亡くなってしまうものですが、家康の子供で幼いうちに亡くなったのは17人中3人でした。
2割弱ですから、通常に比べて【約2倍以上の生存率】となりますね。

 

スポンサーリンク

家康の後家好み 実は「子供大好き」か?

家康が後家好みだったことは割と知られています。
おそらくこれが子供の生存率を高めていたのではないでしょうか。

後家ということは既に子供を産んでいる可能性が高く、健康な子供を産める女性の判断基準としてはかなり信憑性があるといえます。
感情ではなく理論的な意味で子供を大事にしていたと見ることもできますね。

日本一の権力者になるのですから、それぐらいの冷静さは必要だったのかもしれません。

興味深いことに、三代・徳川家光までは同じくらいの子供に恵まれています。
が、時代が下ると将軍の子供が半分以上も10歳未満で亡くなっていたりします。頑丈そうな八代徳川吉宗の子供でさえ、5人中2人は早世しているくらいです。

これは両親の栄養状態や体の鍛え方も影響してそうですね。

歴代将軍の中には、虫歯が酷かったり脚気を患ったり、戦国時代にはあまり見られなかった病気をしていた人もいました。
脚気は麦飯や玄米(ビタミンB1)で防ぐことができますが、江戸時代には玄米に代わって白米が主食でしたので、それまでより発症例が増えたのでしょう。

虫歯に関しては、白米の摂取に加えて、砂糖の生成技術が進んだことや輸入によって供給が増え、将軍の口にも入るようになったからでしょう。
甘党だった将軍もいますし。

また、炊いた後のお米をお湯で洗ったりなど、毒を恐れるあまりいろいろしすぎて栄養が取れなくなっていったという理由もあります。
戦国時代はそんなことしてるヒマありませんから、家康のほうが後の将軍達より栄養状態が良かったかもしれません。

忠吉の知名度が低いのは、
・四男
・夭折
・同母兄や他の兄弟が目立つ
といった状況だったからでしょうか。

関ヶ原の話なんて、かなり面白いんですけどね。

長月七紀・記




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典
松平忠吉/wikipedia

 



-徳川家, その日、歴史が動いた
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.