壇ノ浦の戦い/Wikipediaより引用

源平 その日、歴史が動いた

開戦、壇ノ浦の戦い! 源氏 vs 平家の最終決戦は、いかにして行われたか

投稿日:

元暦二年=寿永四年(1185年)3月24日は、壇ノ浦の戦いが行われた日であります。

ご存知【源氏vs平氏】の最終決戦であり、いろんな意味で劇的であることは、みなさんもなんとな~く頭にございましょう。

平家物語での【壇ノ浦の合戦】は以下のように美しく表現されております。

「平家の赤い旗や印が水面に散り、まるで紅葉の名所・竜田川の紅葉のようだった」(意訳)

なんだか完全に【風流】ですね。
しかしコトの詳細記録があまり残っていないので、いささかヌル~くなってしまいますが、まずは先へ進みましょう!

 

義経は水軍を雇って平氏に対抗!

一ノ谷の戦い
屋島の戦い

と、立て続けに源義経にボッコボコにされた上、九州にいた味方が源範頼源頼朝の弟)にやられてしまった平家軍。
もはや進退窮まった状態にありました。

それでも黙ってやられるのは不本意でしょうから、本州と九州の境目にある彦島というところに立て篭もります。
そして当然の事ながら、東からは義経、西からは範頼がやってきました。

彦島は瀬戸内海の他の島に比べれば大きなほうですが、それでも陸戦で決着をつけるには狭いところです。
となるとこれまた当たり前のように、本格的な戦いは海の上ということになります。

水軍に強い平家にとっては正真正銘、最後のチャンス。
さすがにこの頃になると、源氏方も船の重要性はわかっていたので、義経がまず周辺の水軍(海賊+傭兵みたいなもの)を傘下に組み入れ、「俺が先頭に立つ! 皆の者続け!!」となりました

が、ここで頼朝からお目付け役としてつけられていた梶原景時(かじわら かげとき)という人物が、義経に待ったをかけます。

馬込万福寺蔵の梶原景時像/Wikipediaより引用

馬込万福寺蔵の梶原景時像/Wikipediaより引用

 

恨みに思った景時があることないこと報告

「いやいや、大将が先頭に立つとかありえないでしょ、フツー。やられたらどうするんですかw」(意訳)

景時は言いました。

一応ただのイチャモンではない内容ですが、義経は聞く耳を持ちません。

「大将ってのは一番エライ人のことなんだから、鎌倉の兄上に決まっているだろう。俺は一軍の将に過ぎん。だから先頭でもおk!!」(超訳)

これに対し、景時の反応も実に大人気ないもので……「あいつ器小せーな」(超訳)とボヤいてしまいます。
義経も義経で「あんたバカァ?」(超訳)と返したため、あわや最終決戦の直前で同士討ちになるところだった……といわれています。2人とも子供だわ。

その場は他の家臣たちが間に入って事なきを得ましたが、景時はこれを恨みに思い、後々義経についてあることないことを頼朝へ報告したといわれています。

その後どうなったかということを考えれば、義経失脚の一因がこのくだらない口ゲンカだということは勿体ない気がします。

もちろん景時だけのせいではありません。他ならぬ義経自身の行動によるところが最も大きいですし、頼朝だっていくら現場にいないとはいえ、景時一人の戯言を心の底から信じるほどのアホでもない。
まぁ、物語の伏線としてはなかなかですよね。

話を壇ノ浦に戻しましょう。

源義経/wikipediaより引用

 

平家の主だった将たちは次々と海へ

義経軍は東(瀬戸内海)から向かってきたので、平家軍はこれを彦島から迎え撃つ形になりました。

船の扱いには平家に一日の長があったため、序盤は義経軍が苦戦。
しかし潮の流れが変わり、義経軍を後押しするように波が動き出すと、これに乗じて平家方の船に乗り移ることができました。

その後は漕ぎ手や船頭を射ったり斬ったり、制圧にそう長い時間はかからなかったようです。

海戦で船が動かせないのではどうにもなりません。ですから、この時点で平家の主だった将たちは次々と海へ身を投げたといわれています。
これまた平家物語の有名な場面、「先帝身投」はこのあたりです。

現在の壇ノ浦/Wikipediaより引用

現在の壇ノ浦/Wikipediaより引用

 

清盛の妻・二位尼が安徳天皇を抱きかかえ…

先帝とは、この時点で廃位同然の状態だった安徳天皇(清盛の孫)のこと。
このときは平家の女性達と同じ船に乗っていました。

そこへ平家軍の実質的な大将だった平知盛がやってきて、「これから珍しい東男をお目にかけましょう」と笑ったそうです。

生きるか死ぬかの瀬戸際というときに、同じ武士でありながら「東国の者だから」という理由で見世物扱いするというのはなかなかのブラックジョークですね。

とはいえ女性達にとっては「もうすぐここに源氏軍がやってくる」=死の宣告ですから、いよいよ覚悟を決めなくてはなりません。

清盛の妻・二位尼(にいのあま)は安徳天皇を抱きかかえ、三種の神器のうち天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)と八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を身につけました。

まだ6歳の安徳天皇には事の次第がわからず、「尼よ、わたしをどこへ連れて行くのか?」と尋ねたそうです。

さすがに二位尼も全てをそのまま話すことはできず、「波の下にも都はございます。ご案内いたしましょう」と答え、そのまま海へ身を投げたといわれています。

八艘飛びを描いた和布刈公園の壁画/Wikipediaより引用

義経の八艘飛びを描いた和布刈公園の壁画/photo by TT mk2 Wikipediaより引用

 

長い髪を熊手に引っ掛けて建礼門院を引き上げた

このとき安徳天皇の母・建礼門院も入水しました。

が、彼女は源氏軍によって命を助けられ、母子連れ立っての旅立ちは叶いません。
このとき源氏軍は「長い髪を熊手に引っ掛けて」彼女を引き上げたそうです。ひでえことしやがるなぁ。

上記の通りこれは平家物語の表現なので、実際には波に打ち上げられたところを源氏軍が見つけただけかもしれませんけども。

その後、平家方では男性も女性もこぞって海に身を投じ、後には平家の赤い旗と無人の船だけが残ったのでした。
まさに「おごれる者も久しからず、ただ春の夜の夢の如し」といった状態だったのでしょう。

……え?「赤い旗を紅葉に例えてるんだから、”春”をオチに持ってくるな」って?
こまけえこたあいいんだよ。

実は建礼門院の他にも平家方でこのとき生き残った人がいたのですが、それはまた日を改めてお話しましょう。

長月 七紀・記

更新2019年3月24日
初出2015年3月24日

【参考】
国史大辞典
高等学校古典B/平家物語
壇ノ浦の戦い/Wikipedia

 



-源平, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.