当時の船舶イメージ(画像はオランダ製軍艦の開陽丸)/Wikipediaより引用

幕末・維新 新選組 その日、歴史が動いた

開陽丸とは?最期は土方歳三を乗せ函館へ向かった江戸幕府の悲しき軍艦

投稿日:

死後や失脚後に人の評価が定まったり名声が高まるというのはままある話です。
今回は、地味ながらにイイ仕事をしていた人の置き土産のお話です。

慶応三年(1867年)3月26日、江戸幕府の軍艦・開陽丸が横浜港に到着しました。

オランダで建造されたので、地球をほぼ半周してやってきたのです。

黒船来航によって「ウチの船じゃ太刀打ちできなくね? 造船技術を勉強しないとやばくね?」と焦った幕府が、オランダへ留学生と船大工を派遣して作らせた船でした。

 

建造を押し進めたのは?

これを推し進めたのは安藤信正という老中です。

彼はマイナーながらに先見の明を持っていた幕閣。

安藤信正/wikipediaより引用

【関連記事】安藤信正

当初は黒船を見せ付けてきたアメリカに依頼しようとしました。

が、「ウチは今(南北)戦争中だからダメデース。そんなことやってるヒマはナイデース!」と断られてしまったため、付き合いの長いオランダを頼ることになったのです。

「開陽丸」といういかにも縁起の良さそうな名前は、建造中につけられたものです。

幕末の動乱の中、明日をも知れない幕府と日本に少しでも瑞兆の感じられる言葉を、ということで選ばれたそうです。

開陽=日が開ける=日が昇る→夜明け前→オランダ語に訳すと"Voor lihter"(フォール・リヒター)になるため、現地の人々からはそう呼ばれていたとか。

 

スポンサーリンク

船の「◯◯丸」という名前に特別な基準ナシ

日本の船に「ナントカ丸」という名前が多いのは、特に厳密な基準があるというわけでもないそうで。

明治以降は法律で「(統一したほうがカッコいいし)なるべくナントカ丸にしてね」と決められていたのですが、2001年にこの項目が削除されたため、今は慣例になっています。
欧米圏では船や海を女性として扱うことが多いので、男性名にあたる「ナントカ丸」は結構奇妙に見えるかもしれませんね。

旧軍では旧国名・藩の名前や伝説上の動物、名所の名前をそのままつけたものが多くなっていますが、規則性についてはウィキペディア先生のまとめがわかりやすいのでそちらをどうぞ。

地名が多いのは、当初外国に倣って人名をつけようとしていたのを、明治天皇が反対して取りやめになったかららしいです。
確かに、故人であっても人の名前を付けた船が沈んだらいい気分はしないですからねえ。

欧米圏だと同じ名前の人が何人もいるのであまりそう感じないかもしれませんが、日本人の名前がそっくり被ることってあんまりないですし。

 

ウチの海軍でもこんな完璧な船ないっす!by蘭

閑話休題。
話を幕末へ戻しましょう。

建造&武装を無事終えた開陽丸は、検査も無事終え「ウチ(オランダ)の海軍でもこんな完璧な船持ってないっスよ!うちらいい仕事したわー」というオランダ側の自画自賛を受けて帰国します。

出迎えたのは、軍艦奉行に就いていた勝海舟たちでした。

勝海舟/wikipediaより引用

安藤信正は坂下門外の変(文久二年=1862年)で失脚&蟄居処分になっていたので、自ら計画を推し進めた最新鋭の軍艦を見ることはおそらくなかったと思われます。切ないですな……。

そして船に見劣りしない海軍を作ろうということで、海舟らも頑張ったのですがその前にタイムリミットが来てしまいました。

言わずもがな、慶応三年といえば大政奉還です。

勝としては自分で「徳川より日本のためを思って行動していた」と言っているのでどうでもよかったでしょうけども、他の佐幕派にとっては一大事。
これに伴う討幕派との小競り合いで肩慣らしをし、いざこれからというところだったのです。

しかし、鳥羽・伏見の戦いで幕府側が負けてしまったため、開陽丸はその優秀な性能を知られる前に「徳川慶喜が江戸へ逃げ帰るときに使った船」という不名誉な印象を持たれることになってしまいました。

 

スポンサーリンク

土方(ひじかた)を乗せて函館へ向かったが

その後は信正や海舟の意思とは真逆の方向に使われることになります。

江戸城が新政府軍に引き渡された際、旧幕府側は開陽丸を始めとした船の引渡しを拒否したのです。

そして他の船を引き連れ、佐幕派が頑張っていた仙台へ脱出。
元新選組・土方歳三を始めとした「まだだ、まだ終わらんよ」と粘る人々を乗せ、箱館(函館)へ向かいます。

戊辰戦争の最終局面・箱館戦争でも大活躍するはずでした。
それが予想外の最期を迎えます。暴風によって座礁沈没してしまったのです。

建造元自ら「最高の船」とまで言わしめた船が無残に沈んでいく姿は、佐幕派の人々へ大きな衝撃をもたらしたことでしょう。
沈没前に乗組員が全員脱出できていたのは不幸中の幸いですけども。

開陽丸はその後引き上げが行われ、現在は北海道檜山郡江差町で復元されています。

船の中には本物の開陽丸の内部にあった遺物が展示されており、往時を偲ぶ事ができるとか。

大砲や拳銃といった武具の他に個人のものと思われる財布があるらしく、公式サイトに「船員が隠し持っていたへそくり入れ」って書いてあるんですけども、なぜへそくりと特定できたんですかね。中にメモでも入ってたんでしょうか。

3月いっぱいまで冬季閉館ですので、4月になったらお近くへお訪ねの際は立ち寄ってみるのもいいかもしれませんね。

へそくりの真偽を確かめに。

長月 七紀・記

更新2019年3月26日
初出2014年3月25日




スポンサーリンク


【参考】
国史大辞典
開陽丸/wikipedia
船名/wikipedia

 



-幕末・維新, 新選組, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.