明治・大正・昭和時代 その日、歴史が動いた

4月4日はあんぱん記念日~木村屋から明治天皇に献上されて

投稿日:

明治八年(1875)4月4日は、銀座のパン屋さん「木村屋」が明治天皇にあんぱんを献上した日です。

このため4月4日は「あんぱんの日」に定められています。

といってもさほど身分の高くない当時の木村屋主人・木村安兵衛が直接明治天皇へご覧に入れたわけではなく、その間にはさまざまな紆余曲折がありました。

 

明治維新で特権を失った武士が

木村安兵衛は士族の出身。
明治維新の際に特権を失って商売の道に入りました。

最初のお店は火事で亡くなってしまい、銀座に移り心機一転、屋号もそれまでの「文英堂」から「木村屋」に改めます。
このとき既にパンの販売を開始しており、「脚気に効く」という噂や海軍兵学校の御用達になったおかげでそこそこ繁盛していたようです。

が、再び火事に遭ってまたもお店を失ってしまいます。

一度、遠のいてしまった客足を呼び戻すため、安兵衛は「もっと日本人の好みに合ったパンを作ろう」と思い立ちました。
そして息子の英三郎と共に試行錯誤をこらしていきます。

 

スポンサーリンク

パンを和菓子化してみたところ

最終的に行き着いたのは、パンや日本料理ではなく和菓子でした。

パンを焼くときは酵母を使いますが、これを酒饅頭に使われる酒種に置き換えてみたのです。
いかにも酒臭くなりそうですが、焼いてみたところ問題なし。

そして和菓子といえばいわずもがな、あんこは欠かせません。

「酒饅頭で合うんだから、同じ酵母を使ってるこのパンに合わないわけはない」と考え、この新しいパン生地であんこを包みました。
今も木村屋で売られている「酒種桜あんぱん」の誕生です。

これを売り出してみたところ、それまで「パンってなんぞ」だった層にも大ヒット。

安兵衛と旧知の仲で、この頃明治天皇の侍従(お付きの人)を勤めていた山岡鉄舟も気に入り
「これなら陛下もお気に召すだろうから、今度の花見で献上してみたらどうだ?」
と持ちかけました。

山岡鉄舟53年の生涯をスッキリ解説! 西郷隆盛を説得した武芸のサラブレッド

ちなみにこの方、味付け海苔の発祥にも関わっていたりします。
食べ物と縁が深いんですかね。

 

最初は花見の肴だった

花見をするにしても明治天皇という貴い身分のお方ですから、下々のように公園で一杯やるというわけには行きません。
現在の東京都墨田区向島にあった、旧水戸藩の下屋敷への行幸という形でした。

そこへ鉄舟が木村屋から預かったあんぱんをお持ちしたというわけです。
このとき「お花見だし、献上するなら華が欲しい」ということで桜の花の塩漬けが乗せられたのだとか。

結果、明治天皇も昭憲皇太后(当時は皇后)もいたく気に入り、晴れて木村屋のあんぱんは皇室御用達の味となりました。

特に皇后のお口にはよほど合ったそうで、毎年献上することが決まります。
高貴な女性というといかにもお好みが激しそうですが、やはりあんこが良かったんでしょうか。

これによりさらにあんぱんの評判は高まり、多いときは一日10万個以上売れたそうです。この時代によく生産が追いついたものですね。

ちなみに「酒種桜あんぱん」はこしあんなのですが、当時はつぶあん派vsこしあん派の対立はなかったんですかね。今は木村屋でも小倉あんのものがありますので、論争になることはおそらくないと思われますが。

そして他のパン屋さんもあんぱんを作るようになり、今ではスーパーやコンビニのお馴染み商品になったのでした。

今では木村屋のあんぱんもバリエーションが増え、5種類になっています。
先日たまたま5種類食べる機会があったのですが、どれも甲乙つけがたく美味しかったです。さすが、皇室御用達の名は伊達ではありません。

「あんバターホイップ」など変り種もときどき出しており、今も初代の熱心さが引き継がれていることが窺えます。
さっきから木村屋さんをアゲまくってますが、袖の下をいただいているわけではありませんので悪しからず。

ここまで日本におけるパンの地位を向上させたのは、やはりあんこの力も大きいでしょう。

国内最古の例では、なんと紀元前4000年前の遺跡からあずきを栽培していた痕跡が見つかっています。
もっとも砂糖がなかったので、甘いあんこが作られるようになったのはずっと後の戦国時代あたりですけども。

 

スポンサーリンク

新しいものにドンドン挑戦する明治天皇の気質

江戸時代に入ってからは身分の高い人の間で甘いお菓子が広まったため、庶民からすればあんこ=憧れの味だったことは想像に難くありません。

あんぱんを買いに来た人の中には「パンって何だかよくわからないけど、中にあんこが入ってるんだろ!?なら買う!!」という人も多かったんじゃないでしょうか。

これまたどうでもいい話ですが、断髪といいヒゲといいあんぱんといい、新しいものを次々にやらされたり持ってこられて明治天皇も大変だったでしょうね。
ご本人は「良いものは新旧問わず受け入れる」という主義だったようですので、あまりストレスにはならなかったのかもしれませんけども。

その順応性、プライスレス(古い)

明治天皇のエピソードと功績をスッキリ解説! 現代皇室の礎を築いたお人柄とは

長月七紀・記

更新2019年4月4日
初出2013年4月3日




スポンサーリンク


【参考】
あんパン/wikipedia
木村屋
銀座木村屋あんパン物語 (平凡社新書)

 



-明治・大正・昭和時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.