村田清風/wikipediaより引用

幕末・維新 その日、歴史が動いた

幕末長州が活躍デキたのは村田清風のお陰?「そうせい候」の下で手腕発揮

投稿日:

天明三年(1783年)4月26日、幕末の長州藩家老となる村田清風が誕生しました。

この時期に家老、しかも長州……となると並々ならぬ苦労をしていそうですよね。

実際、長州藩は、清風が生まれる前から割ととんでもない状態でした。

 

明倫館で学費を免除されるほど頭脳明晰だった

江戸時代の初めからここまでの毛利家をまとめると、こんな感じになります。

【ドキッ! 不運だらけの長州藩】

・関が原の(名目だけ)西軍総大将だったため、200万石の領地が36万石に減らされる
・家臣の忠誠心が厚く、召し放ちを行わなかった(できなかったともいう)
・収入が1/6になったのに働く人数が変わらず、財政は悪化の一途
・代々の藩主や家臣たちが一時的に持ち直しても、その度に凶作や洪水で台無し
・「やっとプラスになったと思ったら、またマイナスになっていたでござる。な、何を言っているのか(ry」状態

清風が生まれた時点で、だいたいこんな感じ。
よくこれで倒幕の一角になったものだと思いますよね。

そこに、清風やこの時期のあの藩主、そして多くの家臣たちが大きく関わっています。

明倫館の跡地に建つ明倫小学校

清風は、村田光賢という長州藩士の長男として生まれました。

藩校・明倫館で頭角を現し、学費を免除された上で書物方を任されるという嘱望のされようです。藩政がキツイ中で気前がいいというか、教育を重視していたのは実際大切なことでありますね。

9才にして明倫館の教壇に立った吉田松陰には勝てませんが、それでも頭脳明晰だったのは間違いありません。

そして一つ年上の第九代藩主・毛利斉房(なりふさ)の小姓として仕えはじめてから、主家に忠誠を尽くすことになります。
このとき清風、25歳。

斉房は父の急死により10歳で家督を継いだ若き藩主でしたが、本人も27歳の若さで亡くなってしまいました。
さらに斉房の嫡子も夭折していたため、斉房の弟である毛利斉熙が十代藩主となります。

 

スポンサーリンク

清風たちが引き締めても、ご隠居様が垂れ流す

長州藩の財政は、この間も決して良くはありませんでした。
さらに斉熙には、因果関係が飲み込めていなかったというか、一言で表すなら「財政的センスがとことんない人物」だったようで。

斉熙は、隠居してから江戸の屋敷近辺の海を埋め立ててまで道場その他の施設を作るなど、現代の我々からしても「おいおい、今の状況わかってんのかーい(#^ω^)」とツッコミたくなるようなことばかりしています。

養子の十一代藩主・毛利斉元(なりもと)や、清風ら家臣たちもさぞかし頭が痛かったでしょう。

清風はこの間も
「江戸ではこれこれを節約しましょう」
「国元のここを直せば良いと思います」
と積極的に幾つもの進言をしています。

その一方で、肝心のご隠居様が足を引っ張るので効果は思うように出ません。

それでも引き続き勉学には励んでいた清風。

兵法や海防、政治などについてよく学んでいたようで(ときに塙保己一に師事することも)、36歳のときには自身の家の家督も継ぎ、ますますやる気を出していたと思われます。

一時期、政治の表舞台から引退していた時期もありましたが、まあ、デキる人に蓄電期間はつきものですよね。
意見がなかなか取り入れられなかったことや、長州藩内での商人vs農民の対立でうまく行っていなかったことが理由のようでした。

 

藩主たちが連続で亡くなり「そうせい候」がやってきた

そんなときに起きたのが、主君たちの連続急死です。

斉熙と斉元が続けて亡くなり、23歳で十二代藩主となった斉熙の次男・毛利斉広(なりとう)もまた、在職20日という短さで急逝するという大混乱に陥ります。

跡継ぎがいたのでまだ良かったものの、度重なる藩主やご隠居の死で葬儀の費用がかさみます。
将軍になる前の徳川吉宗も、似たようなシチュエーションに遭っていますね。

この混乱極まる長州藩で急遽十三代藩主になったのが、斉元の長男で当時17歳だった毛利敬親(たかちか)
長州藩の実質最後の藩主となる人です。

毛利敬親/Wikipediaより引用

敬親はまず藩の窮乏ぶりを聞かされ、国入りの際も従来の豪華な行列や儀式を取りやめました。

木綿の着物を着て、馬に乗った姿で入国。
そんな殿様・敬親を見て、領民は感涙したといいます。

従来であれば大名の参勤や国入りは駕籠であり、庶民はお殿様の顔を見ることもほとんどなかっただけに、良い意味で強い衝撃を受けたでしょう。

次に敬親は、国元の優秀な人材をかき集めて、財政再建にとりかかります。
その中に、隠居状態だった清風もいたのです。

以前にも毛利敬親の記事で触れさせていただきましたが、敬親は家臣の言うことをよく聞き、納得してから「そうせい」と命じていた人です。

毛利敬親(もうりたかちか)とは?激動の幕末で「そうせい候」と揶揄された生き様

つまり「わしが良いと思ったことは許可するから、思う存分やれ」というタイプ。
そのために【そうせい候】とも呼ばれたのでした。

かつてご隠居様に足を引っ張られた清風としては、最高の主君だったと思われます。

 

スポンサーリンク

身分低くても登用し、名家出身でも罷免する

「今までの改革は何故失敗したか」
「それを踏まえた上で、今後どうすべきか」

敬親は清風を含めた重臣たちに、意見書を出すよう命じました。
このとき清風の意見が藩内で最も整理されていたので、敬親の信任を受けたことでしょう。

中でも「君臣の心を統一して改革に励むべき」というところは注目され、一種のスローガンのようになりました。

藩士に長州藩の財政状況を公開し、江戸屋敷・国元両方で、奥向きを含めた厳しい倹約を行います。
一方で、削減され続けていた藩士の給料を少しずつ増やし、心象や各藩士の懐事情を良くしました。

また、自分の仕事について意見を言えない(考えない)者は名家出身でも罷免し、身分が低くても優秀であると判断された者を登用していきます。
さらには長州の特産品である蝋を藩の専売から自由取引にする代わりに税をかけました。
自由取引は長年商人たちから望まれていたことでもあったので、税がかかってもやりたがったようです。

まだ終わりませんよ。

下関で藩の運営による金融・倉庫業を開始させると、にわかに商売は軌道に乗り始めます。。

当時の西国における廻船業では、その時々の相場によって「大坂で高く売れそうなもの」と「それ以外のもの」を分けて扱っていました。
後者は大坂に入る前に売りさばき、より前者に近いものを新しく仕入れて、大坂に行くようにしていたのです。
そのほうが儲かりますよね。

清風はこのやり方に目をつけ、下関での取引を促すことによって、藩に儲けを出したというわけです。

 

やっぱり教育が重要! 藩校や学問所を充実

しかしこれは、大坂での物流が滞ることにもなりました。

幕府に「キミんとこで商売拡大したせいで、大坂に物が入ってこなくて困ってるんだけど? 責任者出してくれる?^^」(※イメージです)とお咎めを受け、清風は改革から離れざるをえなくなります。

同時期に中風にもなっていたようなので、ある意味タイミングが良かったかもしれませんが。

幸い(?)改革と同時に教育事業を推し進め、清風自身の母校である藩校・明倫館を拡大したり、三隅山荘尊聖堂という学問所を作っていましたので、回復した後は教育や著作活動に力を注いでいます。

萩・明倫館学舎教卓

晩年は、家老の周布政之助という人物に請われて藩政に復帰しましたが、他の藩士に反対されて成功はしませんでした。

それと同じ年に中風が再発して亡くなっているので、どちらにしろ体力的に難しかったかもしれませんね。
成功している最中でメインの担当者が亡くなってしまうと、それはそれで大変です。

こうして幕末ギリギリのタイミングで長州藩の財政はかなり改善し、討幕の一翼となることができたのです。

長月 七紀・記

3分でわかる毛利元就75年の生涯!なぜ一代で中国地方8カ国を制覇できた?

 

【参考】




スポンサーリンク


村田清風/Wikipedia

 

 



-幕末・維新, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.