吉岡彌生/wikipediaより引用

明治・大正・昭和時代 その日、歴史が動いた

吉岡彌生 女性のための医学道!東京女子医科大学で差別なき医療の学び舎を

更新日:

「精神論」は古い考えではあります。

が、ときには人間の気持ちが何かを大きく動かすことも事実。
精神論が「他者から強制されて嫌々やる」のに対し、自発的に何とかしようとしたことは良いほうへ向かっていく気がします。

本日はまさにそういった強い意志でもって、現代の日本にも影響を与えた、とある女性のお話です。

明治四年(1871年)4月29日は、東京女医学校・東京女子医学専門学校の創設者である、吉岡彌生(やよい)の誕生日です。
現在は東京女子医科大学ですね。

彌生=弥生=旧暦3月ですが、旧暦だと4月29日は3月10日になるので、そこから名づけられたものと思われます。
風流ですよね、こういうの。

明治初頭の女子教育、しかも医学関連というとなかなかに大変そうですが、一体どういった経緯で学校を創設するまでになったのか。
早速、見て参りましょう。

 

済生学舎では野口英世の先輩にあたる

彌生は旧姓を鷲山といい、現在の静岡県掛川市に生まれました。

鷲山家は掛川の名家で、思想家や医師、蔵元などさまざまな分野に秀でた人が出ている家です。
彌生の実家は鷲山家の分家筋ではありましたが、父親が漢方医だったとのことなので、やはり全体的に優れた頭脳を持った血筋なんでしょうね。

当時は女子の高等教育や就業について少しずつ理解が進みはじめた頃で、彌生も18歳のときに上京。
済生学舎(現・日本医科大学)に入っています。

昭和初期の日本医科大学(旧・済生学舎)/Wikipediaより引用

このとき「済生学舎に女子が入学できた理由」が、後々、彌生を奮起させる理由になるのですが、それはまた後ほど。

済生学舎には後に野口英世も通っていましたので、彌生は野口の先輩ということになります。
所属していた年は重なっていないため、お互いに知っていたかどうかはビミョーなところです。

 

ドイツ語を習うための私塾で吉岡荒太と出会う

地道に学び、21歳のときめでたく試験に合格。
晴れて医師免許を取得した彌生は、一度地元に帰って父とともに仕事をしていました。

これは私見ですが、彌生の父・養斎は、
「これからは西洋医学も重視せねばならん。そのほうが患者のためになる」
といったようなことを考えて、娘の知識や技術を取り入れようとしたのではないでしょうか。

三年ほど地元で診察をした後、彌生は再び上京します。
別にお父さんと仲違いしたわけではなく、ドイツ留学のためドイツ語を学ぼうと考えたのです。

東京で開業し、昼間は診察をしてお金を稼ぎながら、ドイツ語を教える私塾で勉強。
同時期に女学校にも通っています。

彼女は旧制小学校から直接済生学舎に進んだため、女子教育の現場を知らなかったからだと思われます。
もしかしたら、このあたりから将来は女子教育に携わりたいと考えていたのかもしれません。

さらに、二回目の上京と同じ年の秋に、ドイツ語を習いに行っていた私塾の院長である吉岡荒太(あらた)と結婚しています。

院長先生というと何となくお年寄りを想像しますけれども、荒太は彌生より4歳年上。
彼もまた医学の道を志して、地元の佐賀から上京していたのですが、学問のため後からやって来た弟二人と自分の生活を切り盛りすべく、医師を諦めて私塾を開いていたのだとか。

「縁は異なもの味なもの」といいます。
もしどれかひとつでも違っていたら、彼らが夫婦にならなかったばかりでなく、彌生が大学を作ることはできず、女性の医師が増えるのももっと遅くなっていたのかもしれませんね。

 

母校である済生学舎が、女子の入学を拒否した

その後、都内で開業。
公私共に順風満帆に見えた彌生は、29歳のときに信じがたいニュースを耳にします。

母校である済生学舎が、女子の入学を拒否したというのです。

理由は、「他の学校と同じく入学試験ができたこと」「女子がいるせいで学内の風紀が乱れたから」という、現代であれば人権団体が激おこになるようなものでした。というか、昨今も入試問題での男女差別が明るみにでたばかりですよね。ほんと嘆かわしい。

彌生が済生学舎にいた当時は入学試験がなく、だからこそ女子も入学できるということになったのです。

しかし、卒業して立派に医師として働いていた彌生からすれば「風紀が乱れるのは自律心の欠如であり、女子だけの責任ではない!」と言いたくなるのも当たり前の話。
おそらく他の女性医師の中にも同じことを考えた人はいたと思います。

彌生がスゴイのは、そこで「女子のための医学校を作ろう!」と思い立ち、その年のうちに本当に学校を作ってしまったことです。行動力すげえ。

東京女子医科大学病院1号棟(1930年竣工)/photo by Kentin Wikipediaより引用

これが東京女医学校です。

設立から12年で東京女子医学専門学校という名前で昇格し、20目には文部省指定校となって、卒業=医師資格取得の権利を得ました。

 

女性だけの医学校にこだわった理由

残念ながら、夫・荒太とはその後すぐに死に別れてしまいました。
彌生は女性医師や産婆(現在は助産師)・看護婦育成のため、ますます奮起していきます。

文部省の委員になったり、教育厚労省を受賞したり……。
公の機関にも働きを認められ、日本の代表として欧米の医学・母子保護事業の視察に行ったこともありました。

戦時中もいろいろな役に就き、そのために戦後一時期教職・公職追放されています。
しかし、その間も大学設置の認可が出たりしているのでよくわかりません(´・ω・`) 日本の事情も複雑怪奇です。

彌生は1871年生まれですので、戦後になる頃には立派な(?)老婦人になっています。
が、写真を見ると眼光や背筋の伸びた姿は若い頃のまま、という印象を受けます。

そしてそれは、外見だけではありませんでした。

戦後は「女子だけの教育環境というのはいかがなものか」という、以前とは真逆のよくわからん理屈で非難されたこともありました。

「女性の経済力を上げるためには、女性だけの教育環境が欠かせない」「医師は女性に適した職業である」と考えていた彌生は、あくまで女性だけの医学校にこだわります。

この考えがあるため、東京女子医科大学は今も国内唯一の女子医科大学となっています。

 

叙勲を機に危篤状態から立ち上がり完全復活!

もう一つ、彼女の気迫が伝わってきそうなエピソードがあります。

彌生は85歳で勲四等を受けたとき、体調を崩して危篤状態でした。
が、叙勲の知らせを聞くや奮起し、体を治してしまったというのです。

しかも叙勲までギリギリ持ちこたえたというのではなく、その後3年ほど生きています。

「病は気から」とはいいますように、寿命まで気迫でなんとかなるもんなんでしょうか。
これこそ東京女子医科大学なり、他の医大なりで研究していただきたいものです。

亡くなったのは88歳、米寿を迎えた後のことです。
遺言によって遺体は解剖され、後の医学のために活かされました。

徹頭徹尾「女性と医学」のために生きた――とてもカッコいい生き様ですね。

長月 七紀・記

【参考】
吉岡彌生/Wikipedia
一般社団法人至誠会/Wikipedia
唐津探訪

 



-明治・大正・昭和時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.