広島県尾道市の浄土寺に伝わる足利尊氏肖像画/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代 その日、歴史が動いた

3分でわかる足利尊氏!合戦に明け暮れた生涯から室町幕府を樹立する

更新日:

正平十三年・延文三年(1358年)4月30日は、室町幕府初代将軍・足利尊氏が亡くなった日です。

鎌倉幕府を滅亡させたかと思ったら、南北朝と兄弟喧嘩のドタバタを激しくしたり、室町幕府を開いたり。
何かとお騒がせな方ですが、まぁ、本人は魅力的な方ではあります。

初名は高氏ですが、尊氏で統一しますね。

 

足利尊氏は下野出身?それとも鎌倉?

尊氏の出生地はドコなのか?
と、これがよくある話でハッキリしていません。

足利氏はその名の通り下野国足利(現・栃木県足利市)を本拠としておりましたが、鎌倉幕府ができてからは源氏の名家のひとつとして鎌倉にいることが多かったからです。

また、母が上杉氏の出身だったため、その本拠地だった丹波国上杉荘(現・京都府綾部市)で生まれただろうという説も有力になっています。

そのため、「もしかすると、尊氏は足利に行ったことがなかったのでは?」ともいわれています。
新田義貞が鎌倉幕府にモブ扱いされ、地元で苦労していたのとは対照的ですね。

ちなみに、足利家と新田家の初代は兄弟同士ですので、まさに血を分けた一族だったりします。
末路は全然違いますけどね……。

 

側室の子で長男でもない

せっかくですので足利家が如何に名門だったか?
源氏の系図で確認しておきましょうか。

この通り、あの武田信玄の武田家や源頼朝らと親戚になります。
めちゃめちゃ遠いですけどね。

ともかく尊氏は、生まれた場所は不明で、立場も微妙だったことはハッキリしています。
実は彼、父の正室生まれでもなければ、庶出の長男でもなかったのです。

正室生まれの兄・足利高義がいて、順当に行けば彼が足利家を継ぎ、尊氏は弟・直義とともに長兄を支えていくことになっていたでしょう。
しかし、高義が若くして亡くなってしまい、その子供たちはまだ幼少ということで、尊氏が跡目を継ぐことに……なりません。

長兄が亡くなったとき、尊氏は12歳。
まだ元服はしていませんでしたが、これに合わせて元服をし、兄の代わりに跡を継いでも不思議ではない歳です。

なのに父・定氏はそうせず、なぜか自分が再登板しています。

「正室の血筋を引く少年を当主にするのは心もとないが、だからといっていきなり側室生まれの次男に継がせると後々面倒そう」

おそらくや、そんな考えだったのでしょう。
この摩訶不思議な思考回路は、後の尊氏とも少し似ている気がします。

親子って、似てほしくないところが似るものですよね(遠い目)。

 

父親がなくなり、27歳でようやく足利当主に

15歳で元服した後もすぐには家督を継がせてもらえません。

しばらくは日陰とも日向ともいえない場所に置かれた尊氏。
非公式に結婚して息子をもうけたり、不幸まっしぐらというわけではなかったようです。

足利家は代々北条一族から正室をもらうことになっていたので、尊氏も例にもれず、北条氏から正室を迎えています。
赤橋登子といって、後に室町幕府二代将軍・足利義詮を生む人です。

ここでもまた「側室生まれの長男」と「正室生まれの次男」という複雑な構図ができてしまったのですが、後に哀しい形で解決することになります。

そうこうするうちに貞氏が亡くなり、尊氏は27歳でやっと足利の家督を継ぐことができました。

同時期に、上方では南朝の後醍醐天皇が「今度こそ鎌倉幕府を倒してやる!」と音頭を取りはじめます。
今日では当時の年号をとって「元弘の乱」と呼ばれている戦いです。

鎌倉幕府もタダでやられる気はありませんから、全国の武士に動員をかけます。

尊氏は「父の喪中なので……」という至極まともな理由で断ろうとしましたが、「幕府が危ないってときにフザけてんの?」(※イメージです)と言われて無理やり出陣させられました。

「太平記」などでは、これをきっかけに尊氏が鎌倉幕府や北条氏に恨みを持つようになったとされています。
しかし彼の性格的に、親兄弟に筋を通したかったんじゃないでしょうか。

 

正成に勝ち、賞賛を浴びるも一人でさっさと帰ってしまう

このとき尊氏が向かった先は、これまた南北朝の主役の一人・楠木正成の赤坂城でした。
正成は奇計でもって生き延びましたが、戦としての勝者は尊氏です。
試合と勝負の差みたいなもんですね。

楠木正成/wikipediaより引用

そのため幕府からも他の武士からも「さすが足利氏! おれたちにできないことを(ry」(※イメージです)と賞賛を浴びながら、尊本人はよほど不服だったらしく一人でさっさと鎌倉へ帰ってしまいます。

あまりの非礼ぶりに、北朝方の花園上皇が「いくらいい仕事したからってちょっと……」と言われてしまいました。

元弘の乱が終わると関係者が次々と処罰され、後醍醐天皇は廃位の上、隠岐島への流刑。

尊氏は第一の功績者として幕府に従五位上の位をもらいますが、その翌年に後醍醐天皇が再三倒幕計画を立てた際、鎌倉幕府を見限っています。
このとき正室・登子と嫡男・義詮は鎌倉で人質になっていたので、密かに連絡をとって脱出させました。

一方、側室生まれだった長男・竹若丸は、同じように脱出した後、駿河国浮島ヶ原(現・静岡県沼津市)で幕府の追手にかかって殺されてしまったといわれています。

長庶子の行く末もきちんと世話しようと思っていたのか。
それとも幼くして亡くなったことを哀れんだか。
尊氏は後々同じ駿河で竹若の菩提を弔いました。

新田家の初代・新田義重と足利家の初代・足利義康がちょうど竹若と義詮と同じく、「庶出の長男&嫡出の次男」という関係でしたので、尊氏も似たような処置をするつもりだったのかもしれません。
これより後の時代でも、そうした扱いをした・された人は多いですしね。

 

六波羅探題を滅ぼすと、義貞が鎌倉幕府に引導渡す

源氏の名門・足利が後醍醐天皇についた!
そんなビッグニュースは各地の武士を大きく動かしました。

さらに、後醍醐天皇の意向を受けて各地に「一緒に幕府を倒そう」という手紙を出し、兵をまとめて六波羅探題(鎌倉幕府の京都における拠点)を滅ぼします。

同時期に、これまた源氏の名門である新田義貞が兵を挙げ、鎌倉を攻めて幕府本体を滅ぼします。

「同族が離れたところで協力し、大きな組織を滅ぼした」
という実に胸アツな展開のはずですが、この後の流れが派手すぎて、なかなかそういう視点で見られることは少ないですね……(´・ω・`)

もしかしたら、お互いのご先祖があの世で「見ろよ、俺たちの子孫めっちゃいい仕事してる! 皆エライ!!」とかハッスルしてた?
と、そのへんの妄想はさておき、鎌倉幕府が滅亡してHappyな後醍醐天皇は、後世に悪名高き「建武の新政」を始めます。

後醍醐天皇/wikipediaより引用

 

配下を建武政権に送った

尊氏も従三位に昇格。
武蔵守の役と「尊」の字を拝受して、いよいよ存在感を強めていくはずでした。

が、自らは実質的な要職に就かず、自分の配下を建武政権に送るという形を取ります。
なぜ、そんなことになったのか?
※続きは次ページへ

次のページへ >



-鎌倉・室町時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.