絵・小久ヒロ

江戸時代 その日、歴史が動いた

そもそも計画が杜撰過ぎ!だから由比正雪の乱は失敗した

更新日:

慶長十年(1605年)5月1日は、軍学者の由比正雪が誕生したとされている日です。

この時期に生まれたとなると、たとえ神童レベルの頭脳を持っていたとしても、戦での活躍は見込めない頃合いですが……別の理由で歴史に名を残すことになりました。

皆さん、ご存知、由井正雪の乱ですね。

 

江戸で軍学塾 一時は3,000人もの門下生

正雪の出自には諸説あり、ハッキリしていません。

17歳のとき江戸の親戚の家で働き始めたといわれているので、一般庶民であったことは間違いなさそうです。

軍学者の楠木正辰という人物に弟子入りし、才能を見込まれて正辰の娘と結婚して婿入り。
神田で自分の軍学塾を開きます。

教え方がうまかったのか。
一時は3,000人もの門下生がいたとかで、中には大名家の家臣や、幕府に仕える旗本もいたといいます。
おそらくは、関が原の戦いや大坂の役で職を失った浪人たちも多かったでしょう。

いつの時代も、クビにされれば腹が立つものです。
現代でも、いきなりリストラされて「はい、では次の職探します」となる人はそう多くないですよね。

正雪の周辺でも、「俺をクビにした幕府が憎い!」と考える者が多くいました。

また、世間的にも盗賊や追い剥ぎで食いつないでいる浪人も多かった時代です。
幕府や大名の「ウチで仕事しない?」という誘いを断ったもある正雪は、そうした不満を持つ浪人たちに支持されるようになりました。

 

徳川4代将軍・家綱の代で不満爆発!

正雪が出仕を拒んだ理由は不明です。

窮屈な武家勤めよりも市井で教えるほうが性に合うと思っていたんですかね。
身分の低い者がいきなり由緒ある組織に入ると、何かとやっかみを買うものですし。

そんな慶安四年(1651年)、三代将軍・徳川家光が亡くなり、10歳の徳川家綱が四代将軍となりますと事態はにわかに動き始めました。

ただでさえ幕府に不満を持つ浪人たちは、
「そんな子供がトップになれるような組織に、俺達は苦しめられているのか!」
と激怒。
正雪もノセられてしまい、
「この機に幕府をぶっ潰して、浪人たちに新しい仕事を作ってやろう」
と考えました。

徳川家綱/wikipediaより引用

家綱が病弱だったことも、火に油を注ぐ事実のひとつでした。
しかし、その計画は、軍学者とは思えない杜撰なものだったのです。

 

由比正雪と愉快な仲間たちのダイナミック討幕計画

正雪たちの計画は、だいたいこんな感じのものです。

【プランA】
幕府の火薬庫+αに放火

江戸城に放火

江戸城にやってくる幕閣や旗本を鉄砲でスナイプ無双

家綱を誘拐

【プランB】
京都と大坂で騒動を起こす

天皇を誘拐

高野山か吉野で討幕の勅命をもらう

全国の浪人が味方してくれる(はず)

プランA・Bが両方成功すれば 大 勝 利 !

 

現代の我々から見てもガバガバな計画だったわけで

「蜂起すれば、後は自然に成功するでしょ♪」
というような行き当たりばったりの計画ですね。

希望的観測な部分が多すぎるというか。
大奥なり幕閣なりの屋敷に間諜(工作員)を潜ませて内部から崩すくらいの長期的視野は持つべきだったと思うのですが……。

そもそも「トップが幼い・病弱でも、重鎮がしっかりしてればうまくいく」という例は江戸時代までにいくつもあります。
なぜ学者の正雪がそこに全く気付かなかったのか?

謎が多すぎる。
門下生が増えすぎて【俺様エライ】と勘違いしてしまったのでしょうか。

ついでにいうと、当時の天皇は後光明天皇でした。

武家を相手に一歩も引かずの後光明天皇 江戸時代の痛快エピソード!

日 ...

続きを見る

詳しくは上記の過去記事に譲りますが、皇室では珍しく、自ら武道を嗜んでいたという方です。
絶対に大人しく誘拐されないというか、もし御所に踏み込んだとしても、足利義輝の最期みたいになりそうで……。

正雪たちは後光明天皇の人となりを知らなかったんでしょうか。

足利義輝の壮絶過ぎる散り際! 剣豪レベルまで剣術を磨いた室町将軍

室 ...

続きを見る

そんな感じで、現代の我々から見てもガバガバな計画で、オチもまた「何だかなあ」というものでした。

正雪の門下生の中に幕府からの隠密が混ざっており、計画は事前にあっさりバレ、プランA担当だった正雪の同志・槍術師範の丸橋忠弥がとっ捕まります。

プランB担当の正雪は既に京都へ向かっていたのですが、途中、駿府の宿で包囲され、自決しました。
大坂の担当者も自害し、忠弥は磔刑に処されて計画は失敗に終わっています。

浪人が味方になってくれると思っていた割に、正雪が囲まれたときに誰も助けに来なかったあたり、たとえ駿府で逃げ切れたとしても京都で捕まったでしょう。

 

幕府の方針変更で結果的には……

その後、正雪の遺品から紀州藩初代・徳川頼宣からとされる書状が見つかったため、一時「将軍の親戚が謀反!?」と騒動になりました。

偽物であると判断され、大きな処分にはなっていませんが、頼宣はこれ以降、実質的に幕政に関わることはできなくなっています。
幕閣にも警戒され、紀州藩には、幕府の隠密が多数放たれていたとか。

また、翌年にも似たような事件が起きており、幕府は「これ以上浪人を増やすのはマズイ」と判断したのか。

このころから文治政治に路線を変えていきます。

文治政治と武断政治 違いをわかりやすく!なぜ四代将軍は法重視に切り替えたのか

社 ...

続きを見る

具体的には、
「家光時代まで頻繁に行われていた大名の改易を控える」
「末期養子(大名が死ぬギリギリに養子を迎えること)を認める」
などの緩和策によって、浪人の増加を防ぎ、治安を安定させようとしました。

皮肉にも、結果として正雪らの目的は達成されたことになります。

正雪が幕府に仕えて、信頼を得たところで「私の門下にも、改易に遭って生活に困っている者がたくさんいます。何か仕事を与えてやってもらえませんか」とでも持ちかければ、死人は出なかったんじゃないですかね……。

まったくもって手段と目的が入れ替わると恐ろしいものです。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
由井正雪/Wikipedia
慶安の変/Wikipedia

 



-江戸時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.