楠本イネ/wikipediaより引用

女性 江戸時代 その日、歴史が動いた

日本初の女医・楠本イネ 父はあのオランダ人医師・シーボルトです

更新日:

文政十年(1827年)5月6日は、後に日本初の女医となる楠本イネの誕生日です。

母が日本人女性で、父は外国人男性。
今では珍しくもありませんが、当時は、外国と交流をほぼ絶っていた江戸時代の日本です。

では、なぜイネが誕生したのか?

理由はシンプル。
彼女の生地は長崎で、母・滝が、出島に出入りしていた遊女だったのです。

おそらくやイネの他にも、同じような出自の子供はいたでしょう。

しかし、イネの場合は父親の職業がその後の運命に大きく影響しました。

なぜなら、その父とはフィリップ・フランツ・バルタザール・フォン・シーボルト。
すなわち「鳴滝塾」を作ったあのシーボルトだったからです。

さらに宗城はイネ本人のことも引き立ててくれ、足場が固まり始めます。
そんなこんなで女医としての知識を深めていったのですが、ここで思わぬ事件が起きてしまいます。

 

シーボルトの肖像画(川原慶賀筆)/Wikipediaより引用

 

父・シーボルトは地図の持ち出しがバレ…

シーボルトは、当時長崎のオランダ商館所属の医師として働いており、そこで滝と出会っていろいろあった結果イネが生まれたのでした。

二人はイネをそのまま放り出したりはせず、自分の家に引き取っていたので、きちんと家族として認めていたようです。
しかし、イネが物心つく前、2歳のときに悲劇が起きます。

シーボルトの一時帰国の際、日本の地図を持ち出そうとしたのが幕府にバレ、再入国禁止処分になってしまったのです。

地図を持ち出したらマズイ理由は至極単純。
国防上の観点からです。

戦争をするとき、地形というのは非常に重要になってきます。
中国の儒学者・孟子も「天の時、地の利、人の和」が重要であると説いていますね。

「日頃の行いが正しければ自然と国は治まるモンだから、戦なんてする必要ないんだけどね」(超訳)
なーんてとも言っておりますが、まぁその話は置いておきましょう。

大きな山を回りこむように動けば敵に悟られずに背後を突くことも可能ですし、海でもまた同じようなことがいえます。
というわけで、そもそも国防のために鎖国状態を続けていた幕府としては、外国人による地図の持ち出しというのは厳罰にすべき事柄だったのです。

シーボルトは「そんなつもりじゃなかったんです。日本がどんな国なのか、故郷の人にも広めたくて」と言いましたが、そんな言い訳は通用しませんでした。

 

混血児ゆえに普通の幸せは望めない!?

そうしたシャレにならないうっかりのせいで、イネは父としばらくの間、別れ別れになります。

幼い娘と情を交わした相手のことは気がかりだったのでしょう。
医学の弟子達に二人の生活を面倒見てくれるように頼んでから日本を後にしました。

楠本イネの母・滝の肖像画/Wikipediaより引用

帰国後もたびたび滝とイネへ文物を送っているので、いつか再会するつもりもあったのでしょう。
その中にはオランダ語の教本や医学書も含まれていました。

もしかするとそれらは弟子達に宛てて送ったものだったのかもしれませんが、これがイネの人生を決めるきっかけになります。

混血児ゆえに周囲から冷たい視線を浴びることもあったイネは、
「普通の女性と同じように、結婚したり家庭を持つことはできない」
と考えたようで、こうした本から医学やオランダ語を学び始めたのです。

それまでも女性の助産師(いわば”産婆さん”)はいました。
が、解剖学まで学んだのはイネが日本で初めてだといわれています。

師の一人には、大村益次郎もいました。
シーボルトの門下生の一人が宇和島藩の人で、藩主・伊達宗城(だて むねなり)の覚えもめでたく、その縁で益次郎とも知り合ったようです。

明治維新で大活躍した大村益次郎/Wikipediaより引用

明治維新で大活躍した大村益次郎/Wikipediaより引用

さらに伊達宗城はイネ本人のことも引き立ててくれ、足場が固まり始めます。

そんなこんなで女医としての知識を深めていったのですが、ここで思わぬ事件が起きてしまいます。

 

タダで授かった娘だから、名前は「タダ」って……

イネは上記の通り普通の女性として生きることはできないと思っていたので、結婚するつもりはありませんでした。
おそらく恋愛すらあきらめていたでしょう。

それなのに、子供を授かってしまったのです。

お相手は医学の師と言われながら、詳しい成り行きはわかっていません。
イネは相手のことをひどく嫌っていたそうなので、憶測でモノを言うのもなんですが、まあ、なんというか、その、同意なき犯罪だった可能性もあり……。

生まれた女の子は「タダで授かった子だから」という、なんだかなぁ~な理由で「タダ」と名付けました。

これはさすがに伊達宗城にも「あんまりにもかわいそうだろ(´・ω・`)」と諭され、結果「高」と名前を変えています。

話が前後しますが、宗城はイネが元々名乗っていた「失本」という名字についても「縁起が良くないから変えなさい」と言っています。

その後は「楠本伊篤(いとく)」と名乗るようになりますが、この記事では「イネ」で統一しますね。
個人的にはイネ=稲=縁起物ということで、そう悪い名前でもないと思いますし。

娘の楠本高子/Wikipediaより引用

娘の楠本高子/Wikipediaより引用

 

都内に診療所を開設 福沢のススメで宮内庁へ

デカすぎるアクシデントも乗り越え、その後もイネは懸命に医学の道を歩みます。

神様のお眼鏡に叶ったのか。
31歳のときには、父・シーボルトとの再会も果たしております。

別れたのが2歳のときですから、記憶はなかったでしょう。しかもこのトーチャン、滝とイネの家にいた家政婦に手を出して子供を作っちゃったものですから、ものの見事に娘から軽蔑されます。

感動の再会が台無しだよ!
上記の件といい、これでは男性に対して完全に夢を持てなくなったのも無理はありません。

医師としては順調で、明治に入る頃には師匠からも認められていました。

益次郎が刺客に襲撃されたときにも治療にあたっています。

彼は現在でも処置が遅れれば助からないような”敗血症”という状態になっていたため、残念ながら助けることはできませんでした。
宗城当人にとっては、かつて縁のあった人が力を尽くしてくれただけでも気持ち的には充分だったかもしれませんね。

その後はお雇い外国人として来日していた異母兄弟の支援で、東京に診療所を開きました。

福沢諭吉と知り合ったことで宮内庁へも推薦。
明治天皇女官の一人が出産する際にも世話役を任されています。

残念ながら死産だった上に、その女官自身も亡くなってしまいましたが、それまでずっと逆境で暮らしてきたイネにとっては、身に余る光栄だったことでしょう。

楠本イネと娘の楠本高子/Wikipediaより引用

楠本イネと娘の楠本高子/Wikipediaより引用

しかしその後、医師が免許制になると、既に歳を取っている自分では無理だと考え、助産師として新たなスタートを開拓。
62歳で廃業した後は、異母弟・ハインリッヒのもとに身を寄せ、76歳まで生きました。

死因は食中毒だったそうなので、もしそれがなければもっと長生きしていたかもしれませんね。

イネは1977年の大河ドラマ「花神」でヒロインとして描かれていたことがあるのですが、これだけ波乱万丈な人生を歩んだ人ですから、そろそろもう一度主役にしてもいい気がします。

高が生まれたくだりについては多分改変が入るでしょうけども、そんなの今更ですし。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
楠本イネ/Wikipedia
楠本高子/Wikipedia

 



-女性, 江戸時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.