有馬晴信の木像(台雲寺所蔵)/wikipediaより引用

江戸時代 その日、歴史が動いた 諸家

最期は詐欺師にハメられた有馬晴信~人生板挟みの連続だったキリシタン大名

更新日:

慶長十七年(1612年)5月6日は、九州のキリシタン大名・有馬晴信が処刑された日です。

この人の一生を一言でまとめるとしたら、
「家を守るために生き、死んだ」
というところでしょうか。

どの大名であってもそれは同じといえば同じなのですが、彼の場合は家を守るためにやったこととその末路が(´;ω;`)ブワッ

 

兄が亡くなりわずか4才で家を継ぐ

晴信の生まれは永禄十年(1567年)。
伊達政宗立花宗茂真田幸村(異説あり)が生まれた武将豊作年の一人です。

現代で言うなら、【花の67年組】ってところでしょうか。
この年に生まれた人の年表を並べたら、興亡の差が激しくて唸りそうですね。

晴信は次男だったため、本来なら家督を継ぐことはありませんでした。

が、兄が若くして亡くなり、わずか4歳で家督を継承。
この流れの時点でもう嫌な予感がしますよね……。

実際、晴信は生涯「何かと何かの板挟み」という状況に置かれて悩みました。

 

龍造寺と島津、そしてイエズス会に囲まれて

最初の板挟みは、龍造寺家とイエズス会です。

有馬家は龍造寺家と領地を接していましたが、単独で対抗できるほどの力はありません。
そこで、西洋の武器と資金的な援助を手に入れるため、イエズス会に接近したのです。もちろん、そのためにはキリシタンになることが不可欠でした。

さらに、それだけでは足りず、次に島津家を頼ります。島津家の動きからすれば、龍造寺家の次は九州全土を手にすべく動くはずなのですが……晴信はその警戒が足らなかったようです。

沖田畷の戦い(1584年)で島津家と共に龍造寺家を下した後、案の定、有馬家はイエズス会と島津家の板挟みになってしまいました。

イエズス会より先に島津家を頼れば良かったんじゃ……とは言わない言わない。異教の団体と他の大名家と、どっちに頭を下げるのがマシなんですかね。

沖田畷で勝った後、晴信はイエズス会に長崎・浦上の地を与えているくらいですから、心情的にはイエズス会のほうを信じたかったのかもしれません。

勝てたおかげで信仰もますます深まり、城下に教会や西洋学校を設立。
多くの宣教師や西洋商人を迎え入れ、後の天正遣欧少年使節のメンバーの中にも、有馬家の領内にあった西洋学校出身の人がいます。

ヨーロッパを初めて見た天正遣欧少年使節~気になるその後の人生は?

天 ...

続きを見る

また、海に面した立地を利用して中国とも交易を行い、かなりの利益をあげていたようです。
豊かな土地ではないだけに、商売で国を養っていこうとしたのでしょう。

 

小西行長を頼り、豊臣政権では立場をキープしたものの

かくして島津家との対立が避けられなくなってからは、同じキリシタン大名の小西行長に渡りをつけました。
豊臣秀吉への便宜を図ってもらい、島津征伐に協力することで、家を守ろうとしたのです。

これは成功し、後の朝鮮出兵にも参加して、秀吉政権での立ち位置は揺るぎないかに見えました。

イラスト/富永商太

しかし、秀吉が諸々の理由でバテレン追放令を出したあたりから、少しずつ雲行きが怪しくなってきます。
晴信はすぐにキリシタンや宣教師たちを迫害する気になれず、彼らを匿うような行動を続けたのです。

関ヶ原の戦い(1600年)では東軍になって生き残り、小西行長が処刑されると、晴信はキリシタンたちの心の拠り所となっていきました。

キリスト教に傾倒するあまりに寺社を破壊し、そこに使われていた石などを城の階段に使ったらしき遺構があるため、かなり強烈なこともしていたようです。

確かに、寺社の破壊は、あちこちのキリシタン大名がたびたび行っていました。
ただ、お寺にあった石をわざわざ踏ませるというのは、何やら偏執的な感がありますね。まぁ、後にキリシタンのほうが踏み絵をさせられるんですが。

 

ポルトガル拠点のマカオで殺傷事件勃発

江戸時代に入ると、キリシタンへの視線は厳しくなるばかり。
その矢先に、海外で割と洒落にならない事件が起こります。

香港の先にあるマカオで、晴信の船の乗員がマカオでドンパチをやらかし、日本人の死傷者が多数出たのです。

当時のマカオはポルトガル領で、責任者はアンドレ・ペッソアというポルトガル人。
いくら同じキリシタンとはいえ、晴信も船員を殺されて黙っていられません。

晴信は家康に許可を取り付け、長崎までコトの経緯を説明しに来ていたペッソアとポルトガル商船を砲撃。
ペッソアは船員を逃がした後に自ら船を爆破し、海の藻屑となっています。

16世紀半ば〜18世紀ごろに用いられたスペインのガレオン船/wikipediaより引用

結果、イエズス会との関係が悪化しました。

そりゃあ、当然ですわな。
イエズス会からすれば「今まで俺たちが助けてやったのに!」という気分になるのも当たり前の話です。マカオで先に暴力を振るったのがどちらなのかはわかりませんが……。

さらにここで、幕府から来ていた目付役(大名などが不審な動きをしないか見張る人)の岡本大八という人物が、晴信に甘言します。

「家康様はいたくお喜びですから、今ならこの功績でもって、龍造寺家に奪われていた土地を取り戻せるかもしれませんよ^^」

 

「金で大名を釣るとは不届き千万!!」

大名にとって、一度奪われた土地というのは何に替えても取り戻したいものです。
そして晴信は、何の裏付けもないこの言葉を信じてしまいました。

大八に黄金色のおまんじゅう(賄賂)を渡し、便宜を図ってもらおうと試みたのです。

しかし、いつまで経っても有馬家が旧領を回復する見込みはありません。

怪しんだ晴信は、大八ではなくその上司の本多正純に直談判します。
正純は家康のお気に入りの重臣でしたから、そちらに話を通せばなんとかなると思ったのでしょう。

それが滅亡への直接的な始まりでした。

江戸時代初期の武士はささいなミスが文字通りの命取りになります。家康は新政権を自分の存命中にできるだけ安定させるべく、どんなミスでも見逃しません。

大八と晴信の直接対決が行われた後、「金で大名を釣るとは不届き千万!!」とばかりに、大八に駿府市中引き回しの上、火炙りの刑に課しました。

そして晴信も、贈賄の罪で甲斐に流され、死罪を申し付けられてしまったのです。

岡本大八事件とノッサ・セニョーラ・ダ・グラッサ号事件が鎖国に与えた影響とは?

キ ...

続きを見る

 

息子の直純が徳川家の妻をめとり、譜代大名に昇格

晴信は、流罪については受け入れました。
が、キリスト教の「自殺をしてはならない」という教義を守り、切腹は拒みます。家臣に自らの首を落とさせたといわれています。

幕府の記録では切腹したことになっているのですけどね。
キリシタンとしての信仰を守ったか、武士としての面子を保ったかという違いでしょう。

キリシタン側からすれば「晴信は神の教えを最後まで守り抜きました」としながら、幕府としては「武士の名誉である切腹で死んだ」ことにしておいたほうが都合がいいですし。
この流れからすると、やはりキリシタン側の記録のほうが正しそうな気はしますね。

有馬家自体は移封された後、息子の直純が継ぐことを許されました。

さらに直純の妻が家康の養女だったことで、後々「願い譜代」という扱いにもなっています。外様大名が譜代大名との縁や功績を利用して、譜代扱いになることです。

キリシタンだった直純は棄教を選んで幕府に従ったことで勘弁してもらえたようです。
とはいえ、そのために幼い異母弟をブッコロしてしまったりしたので、後年は良心の呵責に悩まされたようですが……。

 

そして島原の乱は起こった

一方で領内のキリシタンは見逃してもらえませんでした。

有馬の地は一度天領(幕府直轄領)になった後、松倉重政という大名が入りました。
そこであまりに過酷な弾圧を行ったために、島原の乱を招いています。

また、高山右近など他のキリシタン大名などが国外追放になったのも、この事件の後のことでした。

晴信が旧領への欲を捨てていたら、島原の乱は起こらず、長崎周辺のキリシタンは【隠れキリシタン】になる――というソフトランディングしていたのかもしれません。

あるいは、欲を捨てるまではいかないにしても、大八への賄賂ではなく、もっと別の方法で願い出ていれば、また違ってきたでしょう。

板挟みを何とかやり過ごしてきた大名の、残念な失敗。
そんな風に考えざるを得ない一生だった気がします。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
有馬晴信/wikipedia
岡本大八事件/wikipedia
知られざるキリシタン王国、光と影。

 



-江戸時代, その日、歴史が動いた, 諸家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.