リスボン大震災/wikipediaより引用

災害・事故 その日、歴史が動いた

M9.0のリスボン大震災(1755年)宰相セバスティアンはいかに対応したか?

投稿日:

1699年(日本では江戸時代・元禄十二年)5月12日は、ポンバル侯爵セバスティアン・デ・カルヴァーリョの誕生日です。

後のポルトガル宰相となる人物で、推定マグニチュード9.0とも言われるリスボン地震(リスボン大震災)に対応しました。

地震大国に暮らす我々には他人事とは思えない出来事ですよね。

今回は彼の生涯を追いかけながら、その点についても見ていきましょう。

 

経済的苦境に追い込まれていたポルトガル

セバスティアンは、ポルトガルの首都・リスボンの小さな貴族の家に生まれました。

長じてからヨーロッパ有数の名門・コインブラ大学で学んだ後、軍に入って最初の結婚。
若い頃から能力を認められていたようで、大使としてロンドンやウィーンでの駐在も経験しております。

こうして他国と自国の違いや差を肌で感じとってきたのでしょう。
当時の王妃マリア・アナがオーストリア・ハプスブルク家の出身だったことで目をかけられましたが、その夫である国王ジョアン5世には嫌われてしまいました。
男のプライドみたいなものも関係していたかもしれませんね。

しかし、次に王位を継いだジョゼ1世はセバスティアンを最初から信頼し、外務大臣の後、国政全体を任せていきます。

ポンバル侯爵セバスティアン/wikipediaより引用

当時のポルトガルは、同盟国であるはずのイギリスによって経済的に苦しい状態になっていました。
1703年に結ばれたメシュエン条約により、ポルトガルのワインを買ってもらう代わりにイギリスの毛織物を優先して輸入しなくてはならなかったため、国内の毛織物が大打撃を受けてしまったのです。

ちなみに、ポルトガルの儲けよりイギリスの儲けのほうが大きく、それが産業革命の資金になったといわれています。

つまりイギリスは同盟国を踏み台にして世界の工場になったわけですね。ゲスい。
まあ、ポルトガルの財力も南米その他の植民地からぶんどったものなので、「金は天下の回り物」といったところですが。

 

推定マグニチュード8.5-9.0のリスボン地震

織物とは少し違いますが、ポルトガルには編み物にゆかりのある習慣がいくつか存在します。
10代半ばくらいから親戚や知人が嫁入り道具を少しずつ贈るという習慣があるのですが、その中にも手編みの品はよく選ばれるのだとか。

また、「ポルトガル式」という一見アクロバティックな糸のかけ方をする編み方もあります。そのくらい、編み物や毛糸が生活に根付いているわけですね。
それが敵国ではなく同盟国のイギリスにやられたというのは、笑うに笑えません。

そんなこんなで苦しい財政を立ち直らせるべく、セバスティアンは多方面の対策を行いました。
工業・商業の推進や軍の再編、母校コインブラ大学に新しい研究施設を作ったり、幅広い視点で改革を行ったのです。

が、その手を遮るかのように、彼が宰相になったのと同じ年、リスボンを大きな災害が襲いました。

1755年11月1日のリスボン大地震です。

当時のリスボンは「都市計画って、何それ?」状態で、空いてる土地にガンガン建物を造っていたため、崩れた建物や火災旋風に巻き込まれて亡くなった人も多かったとされています。

27万人いた人口のうち1/3以上が亡くなったといわれていますから、その光景たるや「想像を絶する」という言葉ですら生温いでしょう。

地震後のリスボン/wikipediaより引用

ちなみに、ジョゼ1世も王妃とともに被災し、一時馬車の中に閉じ込められてしまったことで、その後、重度の閉所恐怖症になってしまったそうです。
もともと政治には積極的とはいえない王でしたが、これでは遅かれ早かれ政治から遠ざかっていたでしょうね。

 

犠牲者の遺体を沖合で水葬し、疫病を防ぐ

公共施設も多く被害に遭い、特に美術館や宮殿に被害が出たことで多くの名画や彫刻、大航海時代の記録が失われてしまいました。

カルモ修道院など、今も再建できていない場所があるほどですから、被害の大きさが偲ばれます。
かつて大きな聖堂であったと思われる場所が、この地震以降は野ざらしのままになっていますが、石材の砂塵を浴びた白と青空が美しく、観光客は多いようです。

美しすぎて廃墟という言葉がそぐわないといいますか、西洋な雰囲気のRPGなどでありそうな光景なのが人気なのでしょうね。
まぁこれは、ポルトガルという国そのものがその後アレな感じだったからというのもありますが……。

カルモ修道院の廃墟/photo by Chris Adams wikipediaより引用

この大災害に対し、セバスティアンは常識を捨てた対策を行います。

まず、犠牲者の遺体を沖合で水葬し、疫病の蔓延を防ぎました。

キリスト教では死後の復活のために土葬を行いますから、水葬は背教行為とも呼べるものでした。
セバスティアンはそれを押し切って行ったことにより、官民ともに建物の再建へ全力を尽くせるようにしたのです。

このときからリスボンの街は区画整理された……ことになっているのですが、現在の地図を見るととても碁盤の目状とはいえないような……(´・ω・`)
まぁ、セバスティアンの時代から200年以上経っていますので、その間に作られた道も多いのでしょうけれども。

 

暗殺未遂事件の関係者を容赦なく処刑

こうしてリスボンの街の復興を手がけたセバスティアンをジョゼ1世はますます信頼しました。
というか、自分が遊びたいがために仕事を押し付けました。もう嫌な予感がしますね。

案の定、「何でアイツだけあんなに力を持っていい思いをしてるんだ! そんな状態を認める王も王だ! ブッコロ!!」(超訳)と考える貴族が大多数となり、ついにジョゼ1世とセバスティアンの暗殺未遂という大事件が起きます。

経緯がそもそも逆恨み同然ですし、国王と宰相を手に掛けようとするのは重大な反逆です。

そのため、セバスティアンは少しでも関係があるとみなした者を容赦なく捕らえ、拷問の後に処刑していきました。
その中にはジョゼ1世の異母兄弟姉妹もいたようで、彼の断固とした姿勢が窺えます。

また、イエズス会も暗殺に関与したとして、財産没収の上ポルトガルから追放しました。

上記の水葬についてもそうですが、金融を握っていたユダヤ人の待遇を見直すなど、セバスティアンはたびたびイエズス会と対立していたため、これを好機としてまとめて片付けようとしたのでしょう。

当時のカトリックからすれば「お金=汚いもの」「ユダヤ人=ユダの末裔だから汚い奴ら」→「なら汚いものは汚い奴らに扱わせよう!」というのが当たり前だったので、それを否定するセバスティアンが許せなかったのも無理はありません。

震災後に推奨されたポンバリーナ様式の耐震構造/ photo by Galinhola wikipediaより引用

 

イベリア半島の独裁者は割と穏やかな天寿をまっとう

また、セバスティアンは「ポルトガル国内に黒人奴隷を連れてきた場合は、即座に開放すること」という制度を作りました。

人道的な感じもしますが、これはただでさえ人手不足の植民地で、さらに労働者が減るのを防ぐという合理的な理由のほうが大きかったようです。その辺はまあ、この時代の人だから仕方ないですね。

こうして国王の代わりに多方面の改革を行ったセバスティアンでしたが、その反動もまた多岐にわたりました。

ポルトガル最大の植民地であったブラジルは、次第に独立の兆しが見え始めます。
また、ジョゼ1世が亡くなって娘のマリア1世が国王になると、宮廷どころから「女王から20マイル(約32km)以内に近づくな」とまで言われるほど嫌われてしまいました。

領地を取られたわけではなかったので、その後は田舎で穏やかに暮らしていたそうです。
マリア1世が近所にやって来たときは、セバスティアンのほうが出ていかなければなりませんでしたが、独裁者としては静かな晩年だったといっていいでしょう。

ポルトガルやお隣のスペインでは20世紀にも独裁者が登場していますが、例のちょび髭やイタリアでマフィアとガチンコ勝負した人と違って天寿を全うしているのは、セバスティアンのような前例があったからなのかもしれません。

まあ、仕事をちゃんとしてて庶民から(比較的)恨みを買っていないのですから、当たり前ではありますけども。
イベリア半島の事情を知ると、「独裁者」の定義やイメージがちょっと変わるような気がします。

長月 七紀・記

 

防災グッズ実際に役立つオススメ10選

【編集部より】

過去の記録で地震を学び、そこで我々はどうすべきか?

実はこうした災害では
【3日間は自力で生きられるように備蓄しておこう】
と国や自治体も言っています。

文句を言ったって仕方ありません。
自分の身は自分で守るだけ。

要は、防災グッズ・避難グッズを予め備蓄しておくということですね。

そこで編集部では実際に購入した防災グッズを紹介させていただきます。
すべてAmazonで調達できますので忙しい社会人のみなさんもご安心を。

 

①保存水

何はともあれ水です。

今回私は、各自治体の防災ページを参考にグッズを揃えましたが、とにかく水の重要性をどこでも強調しております。

【注意事項】
・人が一日に必要な水分は2~3リットル
・3日分で10リットルは最低確保(できれば5日分欲しい)
・10年もつ保存水もある

これまでは2リットルの5年保存水を18本(36リットル)持っており、引っ越しを機に10年保存水を追加しました。

それがコチラです。

500ml×24本を3ケース(36リットル)。

Amazonにて購入しました→ 特殊衣料 カムイワッカ麗水 10年保存水

そして購入してから気づきました。
15年バージョンもあったことをorz

たぶん近いうちに買い増しします(´・ω・`)

【15年保存水】ミネラルウォーター「カムイワッカ麗水 500ml×24本セット」

 

②非常食

水をキープしておけば1週間は生きられる。

とはいえ我が家には幼い娘もいて、食をキープしないわけにはいきません。

さらには『もし、ご近所さんに用意がなかったら?』なんてことも考え、大量に買っておきました。
ご挨拶したお隣さんがイイ人だったんで。

こちらの商品は
非常食セット サタケ アルファ米 永谷園フリーズドライご飯 13種セット 5年保存(amazonにて購入)
となります。

ぶっちゃけ、食えれば何でもいいんですが、どうせなら味がバラバラな方が良さそう、ということで上記13食を3セット。
一日3食で一人3日分ですね。

これとは別に以前から買い置きしておいたのが家族3日分ありますので、まぁ、大丈夫でしょう。

※非常食の中には在庫待ち1~2ヶ月とかございますのでご注意を

 

③簡易トイレ

生活用水で最も必要になるのはお風呂とトイレ。
風呂は我慢ができてもトイレはそうはいきません。

となると水を運んでくるしかなく、災害時にかなりの重労働となります。

お風呂には常に水を張っておくと、非常時にトイレを流すのに助かりますが、どうせなら簡易トイレも用意しておこう――。

ということで実際に買ったのが上記の非常用トイレセットになります。

Amazonで購入→驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用 トイレ セット【凝固剤、汚物袋、BOSの3点セット ※防臭袋BOSのセットはこのシリーズだけ!】 (15回分)

凝固剤と袋がセットになっていて、これだけあれば対応可能というタイプです。

想像よりサイズは小さく、隣のスマホと比べていただければと思います。
下駄箱とかに入れておけば、さして邪魔にはならないでしょう。

 

④普段も使えるポータブル充電池

言うまでもなく今はスマホ時代。
情報の多くはここから入ってきますし、誰かに連絡するときも端末が欠かせません。

そこで一番困るのが電源です。

購入したのはバッテリー パソコン 185Wh MAXOAK 超大容量50000mAh モバイルバッテリーというポータブル充電池です。

USBや2種類の電源端子で、スマホだけでなく、99%のノートPCに対応という製品。
普段からノートPCを持ち歩く機会のある人には超オススメです。

通常のAC/DCアダプタに対応したインバータを買おうか?
とも迷ったのですが、長くても5日間であろう厳しい非常時に必要なのは、携帯性の高いポータブル充電池との判断からです。

 

⑤ラジオ

地震当日、あるいは数日間で貴重な情報源となるのがラジオと言います。

停電してしまったらテレビは使えない。
いざというときは電源の確実なアナログ機器の方が強いんですね。

そこで購入したのが
・充電
・手回し充電
・乾電池
・ソーラ
に対応したSONY製品のラジオソニー SONY ポータブルラジオ ICF-B99(amazonにて購入)です。

なんつーか、ウォークマン世代のおっさんとしてはSONYってだけでひれ伏してしまいますので、いい買い物した感で値段のことは目を瞑れそうです。

 

⑥懐中電灯

懐中電灯はご覧の通り2本購入です。

電池入れっぱなしで液漏れしたりするケースがあるので一つは電池を入れた状態、もうひとつは抜いております。

妻と私、一人一本という使用方法も考慮。
そう高くはない商品なので3つぐらいあっても良かったかもしれません。

もちろんコチラもAmazonで購入、商品名はWsiiroon LED 懐中電灯 XM-L2です^^

 

⑦ガスコンロ

もしも冬に大地震があったら?
絶対に欲しくなるのが温かいお湯類でありましょう。

そこで必須となるのがガスコンロ。
すみません、これだけ撮影を失念しておりましたのでAmazonさんからイワタニ カセットフー 達人スリム 【うす型コンロ / 高さ74mm】 CB-AS-1です。

撮影を忘れた――というのも私に限らず、普段から持っている方も多いと思うんですね。

つーことでイワタニ カセットガス オレンジ 3本組だけ追加して購入しております。

各種情報によると3~5本あると良さそうです。
どれだけあっても将来的に邪魔にはならないものなので、ぜひとも備蓄を。

 

⑧ポリタンク

簡易トイレも飲料水も確保。
となるとその間の生活用水は事足りているなぁ……。

とは思ったのですが、いざというときに備えてポリタンクも用意しました。

それがロゴス 水缶 抗菌広口水コン16です。
16リットルの水が運べます。

Amazonでの評価は散々(★☆☆☆☆)ですが、試しに水を入れてみたところ問題なかったなぁ、と。
ただ、上記のような折り畳みタイプは万が一のことを考え避けた方が良いかもしれません。

それと!
大事なのが自治体が供給してくれる【水ポイント】ですね。

災害時に配給してくれる箇所がいくつかありますので、ご近所を事前にチェックしておきましょう。
特に、都内近郊で徒歩の方は、ちょっとした距離が響いてきますので^^;

なので肩から下げられるタイプか、あるいはキャリアも一緒に用意しておくと良さそうですね。

 

⑨寝袋

冬場に電気もガスも止まったら。
一番つらいのが暖房でしょう。

自宅での避難生活をするにしても、暖房まったくない状態での夜はかなり堪えます。

そこでの寝袋です。
さすがに雪山で過ごすワケではないので、安価なもので済ませておきました。

Amazon's Choiceにも入っているLICLI 寝袋 「丸洗いできる 封筒型 シュラフ 」なら一つ2,499円。
十分でしょう。

 

⑩USB充電式小型ランタン

いざ避難生活を迎えたら、夜の灯は懐中電灯だけで足りない――。

そこで便利なのが小型ランタンです。

下に並べたカッターナイフ(標準型のタイプです)と比べてみてください。
小さいですよね。

スペックは小さくありませんよ。
BRISIE LEDランタン 暖色 電球色はUSB充電で50時間もの連続点灯が可能。

しかもLED電球の使用寿命は100,000時間以上と言いますから、先程紹介しました充電池が一緒にあれば、実質これ一つで乗り越えることが可能ですね。

必要だとは思っちゃいるけど、ついつい面倒になって先延ばしにしがち。

僕もようやく重い腰を上げて購入しました。

今は、胸の中に、そこはかとなくあったモヤモヤが消えて、とても良い気分です^^

文:五十嵐利休(本サイト編集人)

【買い物情報】
防災グッズ実際に役立つオススメ10選
amazon.co.jp

【参考】
ポンバル侯爵セバスティアン・デ・カルヴァーリョ/wikipedia
リスボン地震_(1755年)/wikipedia

 



-災害・事故, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.