彰義隊との上野戦争の様子/国立国会図書館蔵

西郷どん特集 幕末・維新 その日、歴史が動いた

彰義隊が散った上野戦争 旧幕府軍の悲しき結末を振り返る

投稿日:

慶応四年(1868年)5月15日、上野戦争(彰義隊)が発生しました。

ものすごく簡単に言うと、戊辰戦争の局地戦の一つです。
幕末クライマックス期の江戸は【江戸城無血開城】のほうが有名なため、この上野戦争はほとんど忘れ去られていますが、実は戦闘があったのですね。

戊辰戦争における、他の有名な戦いと共に時系列で説明しようと思ったら、ワケわかめになりますので、単独で紹介させていただきます。

時期的には、会津戦争と北越戦争が始まり、
【一方その頃江戸では……】
みたいな感じ。

そんなタイミングで一日で戦闘が終わってしまったため、上野戦争はほとんど知られていないのでしょう。

ちなみに私の地元・千葉県北西部でも、上野戦争の前に
市川・船橋戦争
というドンパチが起こっており、資料の中身を見ると、ごくごく近所の地名の連続で「あそこで戦ってたの!?」とびっくらこいた覚えがあります。

市川・船橋戦争とは?戊辰戦争の局地戦が上野戦争前に起きていた

上野近辺にお住まいの方は、もしかしたらそんな気分になられるかもしれません。

てなわけで本題へ。

 

「アイツら片付けとかないと後々危ないんじゃね?」

なぜ上野でこんな物騒なことになってしまったのか?
旧幕府軍の一部が「まだだ、まだ終わらんよ!」と軍を結成し、その本拠を上野に置いていたからです。

「彰義隊」というカッコイイ名前の部隊だったのですが、幕末の団体によくあることで仲間割れし、過激派がさらに新選組の残党とくっ付いて「殺ってやるぜ!!」とテンションを上げてしまっていました。

元は徳川慶喜の警護のためと称して結成された部隊ですが、慶喜が水戸に向かった後も江戸に居座り、不穏な空気を醸し出しておりました。

そこで「アイツら片付けとかないと、後々危ないんじゃね?」ということで、新政府軍が討伐に乗り出したのが上野戦争です。

 

大村どんは鬼でごわすか!?

新政府軍は容赦しませんでした。

指揮を務めたのは、大村益次郎という長州出身の人物。
外見から「火吹きだるま」という、今だったらイジメレベルのあだ名をつけられていましたが、それに惑わされてはいけません。

大村益次郎/国立国会図書館蔵

ちょっと前の第二次長州征伐のときには、それまで存在すらしていなかった市民の軍を編成するわ、武器を買い集めるわ、容赦なく最新ライフルや大砲をぶっ放すわ。
幕府軍を木っ端微塵にしたという、恐ろしい人物です。

上野戦争でも最初から手加減なんぞするつもりがなかったらしく、その陣容を見た西郷隆盛がドン引きします。

「大村どんは、彰義隊を皆殺しにするつもりでごわすか」
「イエスオフコース!!……何か?」

※実際のやり取りとは天と地ほどの乖離があるであろうことを注記しておきます。イメージですよイメージ。

どんな陣形だったかというと、孫子に出てくる「三方を包囲して一ヶ所逃げ道を開けておく」という実にシンプルなものです。
逃げ道まで完全に塞いでしまうと、破れかぶれになった敵がかえって強くなってしまうから、別の道を用意しておくのですね。

ですので、これ自体はそれまでの戦でもよく見られた方法だったのですが、大村がその後やったのは容赦ない総攻撃かつ集中砲火でした。

こんな恐ろしい武器が用いられました。

上野戦争で用いたとされるアームストロング砲/wikipediaより引用

 

 

彰義隊側も黙ってやられるつもりはないので応戦。
結果、上野一帯が焼け野原としか言いようのない状態になってしまいます。

当時の写真を見ると、絶句してしまうほど。

上野戦争の跡地/wikipediaより引用

このとき、戦国の転職王こと藤堂高虎のお墓を擁していた寒松院というお寺も焼失してしまいました。

こんな焼け野原になったんじゃ仕方ないですね。
しかし、その中で残った高虎のお墓って一体……高虎本人の体も隙間がないほどの戦傷だらけだったそうなので、お墓に集中砲火を受けるくらいは屁の河童だったかも……?

そんな戦だったので死傷者も多いかと思いきや、新政府側が100名程度、彰義隊は260名超と案外な少なめでした。

戦闘が一日で終わったこと。
新政府vs旧幕府というより、それぞれごく一部同士の参加者で戦ったからでしょう。

彰義隊の残党は根岸方面に逃げたものの、その後この名前で隊を組むことはなかったようです。
個人的に会津戦争や函館戦争に参加した人がいたといいますから、心の底から新政府が気に食わなかった人の集まりだったんでしょうね。

 

死者はしばらく野ざらしという最低の扱い

いずれにせよ明治政府にとって彼らは「往生際の悪い奴らの集まり」であり、死後の扱いは最低でした。

徳川家の菩提寺・増上寺や、縁のある人物が彰義隊死者の引き取りと供養を申し出ても認めてもらえず、しばらくの間野ざらしにされていたそうです。
それが文明国になろうとする人の取る態度でしょうか。

見るに見かねて、三河屋という商人がお金を出して荼毘にしたそうです。
この人は増上寺に出入りしていたものの、立場的にはほぼ中立だったので許可が出たのでしょう。

それでも表立って供養することはできず、改めて政府から供養の許可が出たのは明治七年(1874年)のことでした。

現在、上野公園の中にある彰義隊のお墓は、こうした紆余曲折を経て建てられたものなんですね。

上野彰義隊のお墓

上野というと美術館や博物館、動物園が思い浮かぶ人が多いと思いますが、たまにはこうした史跡にも立ち寄ってみるのも良いかもしれません。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
上野戦争/wikipedia
彰義隊/wikipedia

 



-西郷どん特集, 幕末・維新, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.