豊臣秀頼/wikipediaより引用

豊臣家 その日、歴史が動いた

なぜ豊臣国松(当時8才)は市中引き回しで斬首にされた?大坂城陥落の悲劇

投稿日:

良いときは良く、悪いときはトコトン悪く――。
権力者の家族は、ギャップが激しいものです。

慶長二十年(1615年)5月23日に処刑された豊臣国松もその一人でしょう。

「誰?」という声が聞こえてくる気がしますが、名字から何となく検討はつくと思います。

ヒントは「同じ年の5月8日に何があったか?」です……けど、日付だけじゃわかりませんよね。
追って見ていきましょう。

 

秀吉の孫ってことで天国と地獄…

豊臣国松とは、豊臣秀頼の息子です。

秀頼といえば母の淀殿とワンセット。
母子のインパクトが強すぎるせいで、いつまでもお坊ちゃんだったかのようなイメージも漂いますが、彼もちゃんと大人(意味深)になっていました。

ただし、男子を生かしておくと、いつどこで誰が担ぎ上げないとも限りません。
禍根を残さないため、大坂城陥落後に徳川家康が処刑した――そんな単純かつ後味の悪い話でもあります。

当時、秀頼は20歳そこそこでしたので、国松が処刑されたときはなんと8歳。
現代でいえば小学2年生になったばかりです。まぁ、武家の慣例を考えたら仕方ない話なんですけどね。

しかし、京都市中を引き回した上での斬首というのはさすがに酷すぎるとは思ってしまいますが……。

 

平安時代の故事にならって…助けてやれんかったんか?

「引き回し」とは刑罰の一つ。
縛られた状態で馬に乗せられ、罪状や名前を書いた札をつけられて街中を巡らされるというものです。

当時は現代よりもっと“恥”に対して敏感な時代ですから、これはとんでもなく屈辱的なことでした。
身分が高ければなおのことです。

今の感覚でムリヤリ置き換えるとすれば、選挙カーのてっぺんに乗せられてスピーカーで「コイツ◯◯って言うんですけど、こんなことやったんですよー恥ずかしいですねー!!プークスクス」と言われ続けながら町内一周+全国ネットで生中継されるような感じでしょうか。

しかもそれに耐えたところで、待っているのは死刑です。

ここまで極端な処罰にしたのは、おそらく家康の頭に源頼朝の故事があったからでしょう。

近年では足利直義説が有力な源頼朝肖像画/wikipediaより引用

頼朝が平清盛に処刑されかけたところ、清盛の義母などが口添えしたおかげで命を助けられ、成長後に平家を討ち倒す――というお話です。
要は「まだ幼いから」といって情けをかけると、やっと手に入れた天下人の座が一瞬で奪われてしまうかもしれません。

だからこそ、市民に「コイツが秀頼の息子だから!今日殺したから!もう秀吉の血筋なんかいねーから!!」(超訳)とアピールする必要があったのですね。

それでも生存説があったりするんですが、秀頼同様に「薩摩に落ち延びた」というあたりがまたベタな話ですので、事実がどうこうというより、民衆の願望が説話になったというのが真相でしょうね。

 

DV専用の駆け込み寺

というわけで秀吉・秀頼の血筋は絶えることになるのですが、この時点ではまだ他にその血を引く人が生きておりました。

一人は後に“天秀尼”(てんしゅうに)と呼ばれる女性です。

秀頼の正室&徳川秀忠の娘である千姫が「せめて女の子だけは助けてください!」と懸命に嘆願したため、「尼寺に入れるならよかろ」ということで命を助けられました。

天秀法泰尼(実母は成田助直の娘)/wikipediaより引用

このとき入ったお寺は東慶寺(とうけいじ)でした。
鎌倉幕府の一番有名な執権・北条時宗の正室だった女性が創建したといわれているところです。

今は男性のお坊さんが日々お勤めをされているそうですが、明治時代までは女人禁制ならぬ男子禁制の尼寺でした。

いつの頃からの方針なのかはハッキリとは不明ながら、夫に暴力をふるわれた妻など、苦境にある女性の「駆け込み寺」として機能しており、天秀尼もその方針を引き継いでいったそうです。

また、家康の孫・千姫が後ろ盾になってくれたことで、天秀尼だけでなく東慶寺の立場も保たれ、江戸時代を通して幕府公認の「縁切寺」として離婚などを受け持つ家庭裁判所としての役割を果たしていました。

”あの”淀殿に育てられた秀頼の娘が、家庭裁判所の所長みたいなことをしてたのかと考えるとなかなかスゴイ話です。

 

実はいた!? もう一人の男子?

国松と天秀尼の二人はほぼ間違いなく秀頼の子供ですが、もう一人兄弟がいたともいわれています。

求厭(”きゅうえん””ぐえん”どっちか不明)というこれまたお坊さんで、臨終間際に
「実は私は秀頼の次男だったのだよ!」
「ナ、ナンダッテー!!」
と話していたらしいことが記録されているのです。

大坂夏の陣の直後、細川忠興が国元へ書いた手紙の中にこんな記録も残されておりました。

細川忠興/wikipediaより引用

「秀頼には実は息子が二人いて、家康が血眼になって探してるよ。お前らそれっぽいの見つけたら知らせるようにな」(意訳)
求厭がその一人だとすればつじつまは合います。

とはいえ、本人が素性を明らかにすることを避けていたということは、当然他の人が残した記録もないわけで、ホントなのかどうかはわからないのですけどね。

しかも求厭が仏門に入ったのは、徳川家の菩提寺である増上寺だというのですからこれまた「???」です。

いわく「徳川のお膝元である寺で修行をし、恨みの気持ちを昇華させたかった。死ぬ間際になってようやくそういう気分になれて良かった」らしいのです。

が、家康や秀忠が自分の家の菩提寺=自分も埋葬されるか位牌を置かれるであろう寺の僧侶について、まったく素性を知らないなんてことがありえるんでしょうかね?

求厭が隠したとかごまかしたというのはありそうですね。
それにしたって国松の弟ということは当時5歳くらいなわけで、家臣が隠して連れてきたにしてもちょっと無理があるような……。

近畿だとバレるでしょうけど、他にもお寺はたくさんあるわけですし、わざわざ江戸まで来る必要はどこにもないですよね。
「灯台下暗し」を狙ったとしたらかなりのやり手です。

それに、秀頼は以前も書いた通り今で言う関取レベルの超巨漢でした。
もし求厭が本当に秀頼の息子なら、当時の基準としてはかなり大柄で目立ったのではないでしょうか。

母親似だったとしても多少は父親に似るでしょうし。体格じゃなく顔が似てたら一発でアウトですしおすし。

ついでにいえば、増上寺の公式サイトなどで求厭に触れられていないのも気になります。
亡くなったのは増上寺ではなく京都のほうだから?

DNA鑑定するにしても、そもそも比較すべき相手である秀頼や母親、国松はどこに葬られたのかもわかりません。
唯一できそうなのは天秀尼ですが、たぶん荼毘にされてるでしょうからやはり無理でしょうね。

まぁ、歴史はアレコレと思いを巡らせるのも醍醐味の一つということで。

長月 七紀・記

【関連記事】

豊臣秀頼は秀吉の実子ではなかった!? 天下人に降りかかった衝撃スキャンダル

【参考】
豊臣国松/Wikipedia

 



-豊臣家, その日、歴史が動いた
-, ,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.