絵・小久ヒロ

前田家 その日、歴史が動いた

豪姫(利家の娘)イケメン大名・宇喜多秀家に嫁ぎドラマのような人生を送る

更新日:

憧れる女性は多いけど、実際はそんなにラクじゃないよね? という「お姫様」。

戦国時代は、政略結婚で嫁ぐのが当たり前であり、実家と嫁ぎ先を橋渡しする外交を担っていたりもしました。本日はその中でも、「名は体を表す」とばかりに剛毅さを見せた女性に注目します。

寛永十一年(1634年)5月23日は、豪姫が亡くなった日です。

前田利家の実の娘であり、かつ豊臣秀吉の養女、さらには戦国時代きってのイケメン・宇喜多秀家の正室でもあります。

今回は彼女自身ついて、少し詳しく見ていきたいと思います。

 

子供に恵まれず悩んでいた秀吉の養女に

豪姫が生まれたのは、天正二年(1574年)。
まだ織田信長も存命中であり、実父・利家も養父・秀吉も若手だった頃のことです。

豪姫は前田家の四女だったりするんですけども、子供としては五人目です。
両親が健康だったおかげか。
夭折した子が一人しかいないというのは、当時としてはかなりの確率です。

江戸時代以前の乳幼児死亡率が異常なのはナゼ? 徳川家でも島津家でも子供は多く亡くなった

しかし、そんなにぎやか家族だった利家夫妻の隣では、秀吉夫妻がなかなか子供に恵まれず悩んでいました。

後々のことを考えても、子供がいないのは秀吉に問題があったのは明白ですが、まあ当時はハッキリとわかりませんからね。

利家はそんな友人夫婦を哀れに思い、「なら、次に生まれてくる子はお前の養子にやろう。元気を出せ」と励ましました。

こうして豪姫は秀吉の養女となったのです。

 

同じく秀吉の養子だった宇喜多秀家と15歳で結婚

記録がはっきりしていないので、生まれてすぐに秀吉の元にいったのか、何年か経ってから養女になったのか。
その辺はよくわかっておりません。

ただ、秀吉の猫可愛がりからして、かなり小さい頃のことだったのは間違いなさそうです。
もちろん秀吉の妻・ねねも同じように豪姫を可愛がり、血は繋がっていないにしても幸せな家族がまた一つできました。エエ話やで。

そして無事健康に育った豪姫は、15歳のとき、同じく秀吉の養子だった宇喜多秀家へ嫁ぎます。

宇喜多秀家/wikipediaより引用

夫婦仲は極めてよく、三男二女に恵まれました。
心身ともに実の両親や養父母に似たんですね。

順調すぎたせいで、この間についてはネタがあまりなくて書き手としては困るのですが(´・ω・`)

環境が激変したのは、秀吉が亡くなった後。関が原の戦い直後からです。

秀家は上記の通り秀吉の養子でしたし、それを抜きにしても宇喜多家として恩があったため、当然、石田三成につきました。

そして西軍が敗れたため、当然宇喜多家はお咎めを受けます。
しかし秀家はすぐには出頭せず、しばらく薩摩へ身を寄せて島津家にかくまってもらっていました。

 

本来は死罪となるハズの旦那は息子達と共に八丈島へ

このころ豪姫の元へ密かにその知らせが届き、秀家存命を隠すための工作をしていたともいわれますが、どうだったのやら。

秀吉は生前「豪が男だったら関白を譲ったのに」とまで言っていたらしいので、日頃から聡明な女性ではあったのでしょう。

結局、その後秀家は出頭して八丈島へ流されます。
息子達も父とともに流罪となりました。
※最新研究によると例外もいたそうです

宇喜多秀家の子孫が熊本で武士になっていた【新発見!】

本来は死罪になるところを、豪姫の兄・前田利長や、ときの島津家当主・島津忠恒の嘆願によって罪を減じられたのです。
こういうときって、ホント日頃の行いが出ますよね。

もちろん、豪姫もそのままではいられません。

が、彼女は実家に戻らされ、他の罪に問われることはありませんでした。
家康は、淀殿や秀頼のことも「女子供は関係ない」として不問にしていますから、元から豪姫をどうこうするつもりはなかったのでしょう。

現代では飛行機で約50分の八丈島。戦国~江戸時代ですと、相当な距離になりますね…/Wikipediaより引用

その後はずっと加賀で暮らし、夫との関係は死ぬまで続きました。

八丈島へ仕送りや人材を送っていたことが有名ですね。

驚くべきことに、秀家と密かに会っていた――なんて話もあります。
といっても流罪になる前の話で、秀家が各地を逃げている最中、密かに豪姫の元に立ち寄って末娘ができたといわれているのです。

スリリングにも程がありますね。

 

葬儀には宇喜多の旧臣たちも参列していた

さすがにそれ以降は夫と再会することはできず、三十数年後の1634年5月23日に豪姫は加賀で静かに世を去りました。

葬儀は宇喜多家の菩提寺で行われ、宇喜多家の旧臣も参列したといわれています。

日頃の関係が良くないと前田家側でも許可を出さなかったでしょうから、前田家と宇喜多家の関係も良好だったのでしょうね。
そして、豪姫が秀吉やねね、秀家はもちろん、どちらの家でも好かれていたことがよくわかります。

夫や息子と生き別れになってしまったのは残念ですが、娘二人は無事嫁ぎ先で落ち着いていますので、戦国時代の女性としては幸せなほうでしょうか。

フィクションで女性の視点から歴史を描くのであれば、こういった人物を主役にすえてほしいものです。

宇喜多秀家はイケメン・リア充のお坊ちゃま? 謀将・直家の息子は八丈島で大往生

長月 七紀・記

【参考】
豪姫/Wikipedia

 



-前田家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.