曾我兄弟(歌川国芳)/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代 その日、歴史が動いた

曽我兄弟の仇討ちの結末は!? 巡り巡って鎌倉幕府でドタバタ勃発

更新日:

創作の世界で「敵討ち」や「復讐」は一種のロマンを生み出します。

ただし、現実的に考えると、やるほうもやられるほうも悲惨なもので、「仇の仇の仇……」というように、終わりが見えなくなってしまいます。
現実社会では、こうした連鎖を防ぐため司法制度があるわけですが、そういったものが整えられていない時代に、公正に裁くのは至難の業でした。

本日はその一例であり、鎌倉幕府にも影響を及ぼしたリベンジのお話。

建久四年(1193年)5月28日は、日本三大仇討ちの一つ、”曽我兄弟の仇討ち”があった日です。

ちなみに他の二つは
【伊賀越えの仇討ち(鍵屋の辻の決闘)】

【元禄赤穂事件忠臣蔵の元ネタ)】
になります。
聞き覚えのある方もいらっしゃるでしょう。

曽我兄弟の仇討は、鎌倉時代に入った直後――これから世情が安定していこうとしているときに起きました。
なぜ物騒な事件が……?

 

所領争いがキッカケで親戚同士が殺し合う

ことのキッカケは、ここから二十年ほど前に遡ります。

当時、伊東祐親(すけちか)という豪族と、その親戚・工藤祐経(すけつね)という人の間で争いがありました。
まあ親族だろうとなかろうと、争いとなればもめる原因は大体決まってますよね。

ご多分にもれず、この二人も所領を巡っての争いでした。
奪ったのが祐親で、奪われたのが祐経です。

そして恨み心頭に達した祐経は、一緒に狩りへ出かけていた祐親とその息子・河津祐泰(かわづすけやす)をブッコロす計画を立案。
そして見事祐泰を仕留めたのですが、祐泰にはこのとき妻と二人の息子がいました。

この息子たちが、本日の主役(?)の曽我兄弟です。

母親が曾我祐信(すけのぶ)という武士に再嫁したため、こちらの名字で呼ばれるようになりました。
兄が曾我祐成(すけなり)、弟が曾我時致(ときむね)というのですが、あだ討ちが有名すぎるため、あまり個人名で呼ばれることはないようですね。

曾我時致/wikipediaより引用

 

親の仇を発見! 頼朝配下の武士になっていた

彼らは父がコロされてしまったとき幼児でした。
それだけに「父」という存在に対して憧れを抱いていたようです。

義父である祐信とはあまり仲が良くなかったそうなのですが……まあ、それは現代でもままある話ですね。

祐成は義父の跡を継ぎ、時致は実父の菩提を弔うために箱根権現へ入れられてしまいました。
そのまま穏やかに成長する未来もあったのでしょう。

そんなあるとき、頼朝が箱根権現へ参拝しにやってきて、御家人になっていた祐経を発見。
「ここで会ったが百年目!」とばかりに後をつけましたが、途中でバレた上に「これで勘弁してくれや(´・ω・`)」と短刀をもらってなだめられる始末でした。

しかし、親の仇をそのくらいのことで諦められないですよね。

時致は神社を抜け出して北条時政(政子のトーチャン・曽我兄弟にとっては義理の叔父さんでもありました)に身を寄せ、復讐の機会をひたすらに待つのです。

 

宴会後、寝静まったところを襲いかかる

そして建久四年5月。

「頼朝様が富士で狩りをするってよ! 祐経のヤローもついてくるってさ!」

そんな情報を聞きつけた兄弟は「今日こそ!」と思い立って復讐に挑みます。

といっても武士の狩りは軍事訓練も兼ねており、有り体にいえば武装集団です。
そのど真ん中に飛び込むのは無謀でしかありません。

そこで二人は28日の夜まで待ちました。
この日は狩りの最後で、成果を祝った宴が開かれていたのです。

遊女も呼ばれ、呑めや歌えやの大賑わい。
祐経が寝入ったところに曽我兄弟は押し入りました。

丁寧なことに、祐経を起こしてからコロしたそうです。
最後の最後に「テメーが昔殺したヤツの息子だよ!」くらいのことは言われたでしょうから、さぞ恐ろしかったことでしょうね。自業自得といえなくもないですが。

 

一時は命を救おうともしたが

しかし、合戦でもないのに人を殺しておいて騒ぎにならないわけがありません。
気付いた他の御家人たちが兄弟を取り囲み、兄の祐成はその場で討たれ、弟・時致は翌日頼朝の前へ引き立てられました。

近年では足利直義説が有力な源頼朝肖像画/wikipediaより引用

そこで彼が父の仇を取るためにやったということを説明すると、頼朝は一時罪を許そうとします。
頼朝もかつて父・義朝を殺され、伊豆に流されて苦労をしていますので、他人事とは思えなかったのでしょう。

ですが、そこは初の武家政権を作った人です。
祐経の子供たちが「許せません!」と言い張ると、時致の首を刎ねることに決めました。

仇が討てれば自分の命はどうでも良かったのか。
それとも兄も既に討たれていたからか。

時致は抵抗することも、異論を唱えることもしなかったとか。

 

範頼がどでかいミスをやらかして、源氏の悲劇に……

こうして仇の取り合いが続くようなことは防げたのですが、丸く収まらなかったことが一つありました。

上記の通り、この仇討ちはときの将軍・頼朝が出かけた先でのことであり、そのせいで鎌倉幕府に大混乱が起きてしまったのです。

現代のような情報網がない時代。
いくら正確に伝えようとしても、失敗した伝言ゲームの如く、話が全く別物になるのもままあることでした。

このときも、いつの間にか「源頼朝が暴漢に襲われて生死不明」という話になってしまい、幕府中枢は大混乱。
後に「尼将軍」と呼ばれるほどの烈女・北条政子も気が気ではありませんでした。

そこでうっかりどでかいミスをやらかしてしまったのが、頼朝の縁者で一番まともだった弟・源範頼です。

彼は義姉を励ますつもりで「源氏には私がいますからご安心を」と言いました。
が、疑心暗鬼に陥りかけていた政子は、これを「私が次の将軍になりますからw」という意味に取り違えてしまったのです。

政子の考え方もちょっと飛躍しすぎているし、範頼も範頼でまずい発言ですわな。
「落ち着いて続報を待ちましょう」くらいであれば疑われることはなかったんじゃないかと思うのですが。

源範頼/wikipediaより引用

そして無事頼朝が帰ってくると、涙ながらの再会もそこそこに、政子は「アナタの弟さん怪しいわよ」とチクってしまいました。

さすがに、妻の言うことをその場で鵜呑みにしたわけではないでしょう。
が、源平の戦い中や義経とのアレコレがあった後では、頼朝にとって「身内」というだけで人を信じることができなくなっていたことは想像に難くありません。

その後どうなったかは……以下の過去記事をご覧ください(´;ω;`)

源範頼の不審死~10人以上いた源氏兄弟で頼朝に消されたのは義経だけじゃない

源 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
曾我兄弟の仇討ち/Wikipedia

 



-鎌倉・室町時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.