徳川家康/絵・富永商太

徳川家 その日、歴史が動いた

神君伊賀越えルートはここ!家康はどんな道を通って三河へ帰還した?

更新日:

天正十年(1582年)6月4日。
伊賀の険しい山々を、わずかな手勢と共に家康が駆け抜ける”神君伊賀越えがありました。

理由は他でもありません。
この二日前の6月2日に本能寺の変が起き、織田信長に続いて徳川家康の命も危険にさらされたのです。

明智光秀や野盗に狙われたのですね。

6月3日から始まった豊臣秀吉の”中国大返し”と比べると、若干、インパクトには欠けますが、生涯に3度あったとされる命の危機の1つであり、かなり見応えのある逃避行でもあります。

前後の動向も合わせて振り返ってみましょう。

 

武田家なくなり駿河で信長を接待

この年1582年3月、武田勝頼を死に追い込み、ついに信長は武田家を滅ぼしました。

もちろん家康の調略など徳川家の協力が不可欠であり、信長は大いに感謝していました。
奥さん・瀬名姫と、長男・松平信康を自害させられたのに(少なくとも表向きは)、恨まず加勢し続けたのですから、そりゃあ大切な存在ですよね。

そのため信長は、駿河国(現・静岡県)をまるごと家康に任せております。

この大盤振る舞いに対する返礼として、家康は駿府一体に私財を投じて大工事を行い、新しく作った宿で信長をもてなしました。

長年の塩分過多な食生活で短気になってたっぽい信長も大喜び。
元々「戦国で唯一、双方共に裏切らなかった同盟」でもある両者ですし、幼い頃から顔を見知っていた(といわれている)ので、お互い昔の不遇を思えば感激も一入だったでしょう。ええ話や。

 

宴会には宴会で返す それができる男の流儀

この宴会がそもそも返礼ですので、ここでおしまいにしても良かったのです。

が、よほど嬉しかったのでしょう。
信長はさらに「(家康に)あんだけやってもらっといて、ハイ終わり、ではちょっとな。今度ウチに来いよ。ついでに京・大坂も見物してったらいいじゃん」(超訳)ということで、さらに安土城へ招いています。

この辺の気の使いようは一般的なイメージの信長らしくないというか、それだけ家康と徳川家を重要視していた証左ですかね。

さすがに家康としても「いやいや結構」と断るのは心証を悪くしかねませんし、受けて安土に向かいます。
家臣たちは「返礼の返礼とか怪しくね?殿が危ないんじゃね?うおおおおおお殿をお守りするのだああああああ!!」(※イメージです)ということで緊張しまくっていたようですが。

このときのお供は人数は少ないながら、本多忠勝井伊直政など、徳川四天王と呼ばれる人々を含めた、いわば精鋭中の精鋭でした。
後のことを思えばこれが良かったんですけども、物々しいにも程があるやろ。

本多忠勝の生涯と5つの最強エピソード・年表付!兜や城下町の秘話も熱い

─ ...

続きを見る

 

安土城でどのような食事が振る舞われた?

安土城では、信長自ら給仕やお酌をするなど。
「ウェルカム家康とその家臣たち!!」な大歓迎を受けました。

実際、安土城でどのような食事等が振る舞われたか?

まだ交通網も発達してなかった当時において、全国から取り寄せた高価な食材を次々に提供――。

そんな記録をもとに再現したのが名古屋「宝善亭」で出されていた『信長御膳』です。
以下に食レポがございますのでよろしければご参照ください。

安土城で家康に出された食事「信長御膳」舌で味わう歴史エンタメが再現された!

長 ...

続きを見る

食事を振る舞われた家康一行は、さらに能見物などで数日過ごした後、京都へ向かいます。

家康はあまり演劇に興味がなかったようなので「ありがた迷惑だったんじゃね?」と見る人もいますが、まぁそこはお付き合いなんでしょう。

信長の息子・織田信忠と、豊臣秀吉は大の能ファンで、秀吉などは後年、自ら作品を作るなど意外な趣味力を発揮しております。

なお、この家康滞在中の接待役が明智光秀で、途中、「腐った魚を出しやがって!」と信長にぶちキレられて接待役を外され、その恨みから本能寺の変に至ったという説もありますね。
現在では否定されておりますが、古いフィクションなどではしばしば見られたシーンですので、そう思われている方も多そうです。

※本能寺の変諸説については以下にマトメております

本能寺の変真相 なぜ光秀は信長を殺したのか? 数ある諸説を検証!

日 ...

続きを見る

少し余談が過ぎましたね。
そろそろ本題へと参りましょう。

 

堺でお買い物中に本能寺の変!

家康は予定通り京都を見物し、5月30日からは堺見物をしていました。

国主ですから、ただ単に楽しんでいただけではなく「これからウチ街をどう作っていくか?」なんてことも考えていたでしょう。
しかし、この堺滞在中に激震が走ります。

6月2日に本能寺の変が起こったのです。

浮き浮き旅行気分から一転、家康はドン底気分に落とされます。

京都から堺までは、当時の交通事情でも一両日程度しかありません。
もしも明智光秀が「信長に味方した奴全部ブッコロ!」なんてことを言い出せば、真っ先にやられるのはほぼ丸裸状態の家康です。

さらには「今のうちに武士っぽい奴の首を持っていけば、光秀サマがお金を払ってくれたり、取り立ててくれるかも!?」なんて皮算用を立てる者がおるかもしれません。
農民や地侍などの、いわゆる落ち武者狩りですね。

八方塞がりになった家康、一時は「(京都の知恩院で)ワシも死ぬ」と大混乱に陥ったとも伝わります。

しかし「信長死す」の報を届けてきた商人・茶屋清延(茶屋四郎次郎)や本多忠勝、案内役の長谷川秀一などが説得。

「私たちもお供しますので、一刻も早く逃げましょう。金を出せば通してくれるところもあるはずです」

少人数だからこそ、かえって目立たず行動できる――と踏んだのでしょう。
さすが商人、目端が利くというかなんというか。

 

約200kmの逃避ルートはこう!

とはいえ、まともな道を通ったのでは「どうぞ怪しんでください」と言っているも同然です。

主要な街道は既に明智方に封鎖されているだろうと踏んで、裏道どころか獣ですら通るかどうか怪しいようなルートを選んだとされています。

決死の逃亡劇ですから、はっきりした道筋はわかっていません。
その上で『石川忠総留書』に記されていたという逃亡ルートの経路を以下にマークしてみました。

※地図参照『主従わずか数十人 苦難の伊賀越え 歴史群像(著:桐野作人)』(→amazon link

地図上にある赤いポイントは、ザッと以下の地名になります。

堺(5月29日~6月2日・大阪府堺市)

平野(6月3日・大阪市平野区)

穂谷(6月3日・大阪府枚方市)

宇治田原(6月3日・京都府宇治田原町)

信楽(6月3日・滋賀県甲賀市)

下柘植(6月4日・三重県伊賀市)

鹿伏兎城(6月4日・三重県亀山市)

白子町(6月4日・三重県鈴鹿市)

海路(6月4日)

岡崎城

この地図を拡大して見てみると、戦国当時であれば、まさに道なき道を行くといった山間ルートであり、「よく数日で踏破できたな……」と感嘆せざるを得ません。
現代ですらほとんどの場所が緑一色=山の中ですから、当時なんて想像もつかないほどです。

ちなみに現在の道路で計算してみますと、ざっとこんな感じです。

①国道25号 199km
②国道1号 227km

えぇと……。
なんだかんだで、豊臣秀吉の中国大返しとほぼ変わりませんね。よくぞ無事に戻れたものです。

伊賀を抜けるときは服部半蔵こと服部正成の顔が利いた上に、茶屋四郎次郎の働きでスンナリ通れたのが大きいのでしょう。
実際、山賊などがいる場所があり、茶屋四郎次郎が先回りして”銀子配り(お金バラマキ)”をするなどして家康を助けました。

かくして厳しい道を無事に通過できた家康。

本能寺の変後に大移動できた二人がその後天下人になったというのも、なんだか偶然ではない気がします。

中国大返し! 秀吉・官兵衛の10日間で230km強行軍を考察してみる

あ ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
『主従わずか数十人 苦難の伊賀越え 歴史群像(著:桐野作人)』(→amazon link
伊賀越え/wikipedia

 



-徳川家, その日、歴史が動いた
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.