絵・小久ヒロ

伊達家 その日、歴史が動いた

伊達秀宗(=政宗長男)の少し切なくてイイ話~切られた家臣のことは横に置いて

更新日:

「親の心子知らず」とよく言われますが、その逆もまた然り。

特に豊臣秀吉が天下人になってからは「妻と子供をワシの手元に差し出さんかい!」という人質の方針が固められ、父親とはロクに顔を合わせず育っていきました。
これでは親子の愛情もすれ違いになりがちで、本日はそんな戦国~江戸期のホームドラマなお話です。

明暦四年(1658年)6月8日、宇和島藩主の伊達秀宗が亡くなりました。

名字からお察しの通り、あの伊達政宗の息子(長庶子)です。

どこの家でも同じ話なのですが、
【長男かつ側室生まれ=長庶子】
というのは立場が非常に難しいもの。

ヘタに野心を持ったり家臣に担がれれば成敗されかねないし、かといって沈黙を突き通すには中々プライドが許しません。

しかも伊達秀宗の場合、生まれたのが天正十九年(1591年)ということで並々ならぬ苦労もしています。
例によって判官びいきの血が騒いできましたので、さっそく生涯を見ていきましょう。

 

秀吉のむちゃぶり「4歳の息子に伊達家を譲れ」

父・政宗には、長いこと子供が生まれませんでした。

正室の愛姫(めごひめ)との婚姻は早かったものの、戦やらなんやらで留守が多かったからだと思われます。

そこに側室とはいえ男の子が生まれたのですから、喜びようはハンパではありませんでした。
家臣達からも「御曹司様」と呼ばれ、後継者間違いナシと見られていたのです。

しかし、当時は秀吉が耄碌(もうろく)し始めた頃。
真実は未だ不明ですが、豊臣秀次切腹事件(1595年)など軽挙妄動が目立ってきたあたりです(朝鮮出兵が1592年から)。

政宗は「秀次とそこそこ付き合いあったから」というとばっちりで「隠居して秀宗(※当時4歳)に家督を譲れ!」なんてムチャ振りをされていました。

豊臣秀吉/wikipediaより引用

伊達家は鎌倉時代以来の名家。
それを幼児に継がせるのはどうよ?ということで、徳川家康が間に入って何とかしてくれたのですが、このあたりから秀宗の人生にいろいろケチがついてまわります。

まずは「秀頼と歳の近い小姓が欲しいから、秀宗を上方へよこせ」というもっともらしい理由で人質になってしまいます。
このときわずか5歳で元服し、”秀”の字を秀吉からもらいました。
無茶苦茶にも程があんだろ。

秀吉が死んだら死んだで関が原の戦いでも大坂方の人質にされ、次は江戸で人質になり……。
と、秀宗は幼少期のほとんどを人質としてあっちこっちで不快な思いをしながら耐えて暮らします。

他の大名も似たようなものですが、この後の経緯を考えると秀宗の場合はことさら哀れに思えてきます。

 

本妻に弟が生まれちゃって…

ここにきて正妻の愛姫に男の子が生まれたのです。
秀宗からすれば腹違いの弟であり、世間的には正式な後継者ということになります。

秀宗も井伊直政の娘を正室にもらっているので、いきなり冷遇されたわけではないんですが、この腹違いの弟が元服の際、秀忠の”忠”の字をもらって忠宗と名乗ったことで、秀宗が家督を継ぐ可能性は消えてしまいました。
”秀”に秀吉の影を感じ、恨みに思った可能性は高そうです。

当コーナーでは散々ネタの塊扱いしている政宗ですが、さすがに長男の不満に全く気付かないようなバカ親ではありません。

「アイツにもいろいろ苦労させたし、何とかしてやらんとなー」ということで、秀宗の顔が立つ方法を考えはじめます。

とはいえ、すぐにいい手は浮かばず、ビミョーな空気の中、親子揃って大坂冬の陣に参戦しました。

これは余談ながら、秀宗は、政宗の子供の中では唯一実戦経験があるということになります。
他に落胤で大坂夏の陣に参加した人もいるんですが、まあそれは置いといて先行きましょう。

 

もらった新領地 それが愛媛県の宇和島市

伊達軍は冬の陣では特筆すべき功績を挙げておりません。
お歳暮代わりにいくらか領地をもらえることになりました。

ここでピンと来た政宗!

「いただいた土地のうち、伊予宇和島(現・愛媛県宇和島市)を息子にやりたいんですが」
と秀忠に申し出ると許可が下り、さらに秀忠から
「秀宗は真面目だからオマケしてやろう」
ということで、分家扱いではなく大名扱いにしてくれます。

親心か世間体からか。
政宗も「なら頼れる家臣をつけてやらんとな」と張り切り、選りすぐった人物とさらにお世話係や兵卒合わせて1,200人をつけ、長男を送り出してやりました。

しかし、この家臣団が火種になってお家騒動が起きてしまうのです。

 

カリスマ父から離れて自由になったのにウザイお目付け役が

普通こういう時って後継者問題から発展することが多いんですが、このときは家臣vs家臣の対立で、主君の家に火がつくという誰得な展開でした。

なんと、父親が付けたお目付け役の重臣を殺してしまったのです。

しかも大名になったばかりの秀宗。
【報告・連絡・相談】のいわゆる”ほうれんそう”があまりよくわかっていなかったのか無視したのか、死人が出てるのに幕府にも父親にもこれを知らせませんでした。

当然、政宗はブチキレて
「あいつもう勘当しますんで、領地を取り上げていただいて結構です!!」
と幕府に申し入れてしまいます。

まぁ、ちょっと落ち着こーぜ、トーチャン。

ここで運よく仲裁が入りました。ときの老中・土井利勝です。

「まあまあ二人とも落ち着きなさいよ。言いたいこと溜まってるからこうなったんでしょ?一回顔を合わせて話せばわかるって」(※イメージです)

そう諭された親子は頭を冷やし、助言通りに直接話し合うことにしました。

 

息子の怒り爆発! それを受け止める父・政宗 エエ話や

秀宗は、これまで父に抱いていた不満を全部ぶちまけます。

ずっと人質生活に耐えてきたのに家督を継がせてもらえなかったこと。
独立したのに家臣の一部が政宗の言いなりで秀宗にケチをつけてくることなど。

「はっきり言って恨んでます」と伝えたのです。

ドラマだったらここで刃傷沙汰になってもおかしくなさそうな展開ですが、そこは秀吉や家康の嫌がらせをやり過ごしてきた(ただしたまに悪戯はした)政宗ですから、子供に不満をぶつけられたからといってキレることはありません。

「そりゃそうだよな。トーチャンも悪かったよ(´・ω・`)」(※イメージです)
ということで、この親子ゲンカは無事丸く収まります。めでたしめでたし。

イラスト・富永商太

その後スッキリした秀宗は藩政に力を注ぎ、名君と称えられるようになりました。

幕末の宇和島藩主(伊達宗城など)がより有能だったため、現代では地元でもあまり尊敬されていないようですが、政宗譲りの肝の据わりようや、年貢制度の整備などの働き振りが伝えられています。

幕末の名君と名高い伊達宗城〜政宗子孫の藩主は心中測れぬ傑物だった!?

文 ...

続きを見る

話し合いがよかったのか。
政宗とは、以前よりも率直な手紙をやり取りできるようになったようです。

特に和歌に関するものが多く、「和歌はある程度早く詠めないと、人前で恥をかくぞ」とか「この前の歌は良かった。ここをこうしたらもっと良くなるぞ」とか、和やかな雰囲気が漂っています。

とはいえやはり支藩・分家扱いは本意ではなかったのでしょう。

政宗死後・忠宗の代には「家光の御前に出るとき、忠宗の上座に座った」なんてエピソードも残ってたりするんですが。

これが原因でトラブルになった記録もないので、おそらく忠宗も「兄上はいろいろあったから仕方ない」と思っていたんでしょうね。
忠宗は忠宗で、父親が隠居しないまま危篤になっちゃってハラハラしたり、凄まじく苦労してますが。こちらもエエ人や。

 

愛媛の郷土料理「じゃこ天」に秘められた親子の思い

ところで愛媛県には「じゃこ天」という郷土料理がありまして。
魚の頭と内臓を取り、皮・骨ごとすり潰して形を整え、油で揚げたものです。

日本各地にもありますが、愛媛のそれは
「初代藩主・秀宗が仙台を偲んで作らせた」
といわれています。
笹かまとは関係なさそうです。

上記の通り秀宗の前半生はほとんど人質でしたし、それが終わって間もなく宇和島に来ていますので、仙台に行ったことがあるかどうかはアヤシイ=こじつけの予感大ですが。

でも、そういうこじつけができるということは、秀宗が父親に似て料理好きだったか(政宗は家臣に料理をふるまったことでも知られます)、食にある程度うるさかったかのどっちか、あるいは両方だった可能性がありますよね。

日本人なら知っておきたい和食の歴史~イワシ大好き紫式部、懐石料理は利休から

朝 ...

続きを見る

そして少なくとも、存命中は領民から慕われていたのではないでしょうか。

上記の上座云々の件といい、この辺を見ると「やっぱり似たもの親子じゃんw」と微笑ましい気分になります。
もっと早く腹を割って話せていれば、また違った関係になっていたんでしょうねぇ。

じゃこ天は、地元以外でも、新橋にある愛媛・香川のアンテナショップで食べられるそうなので、お近くの方はお試しになるのもいいかもしれません。
私もそのうち行ってみたいと思います。

あー、でも、鯛めし(こっちも宇和島名物)と迷いますね、じゅるるるるる。

宇和島城

長月七紀・記

【参考】
『素顔の伊達政宗~「筆まめ」戦国大名の生き様 (歴史新書)』(→amazon link
『戦国武将の手紙を読む―浮かびあがる人間模様 (中公新書)』(→amazon link
伊達秀宗/wikipedia
じゃこ天/wikipedia
せとうち旬彩館

 



-伊達家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.