武田・上杉家 北条家 その日、歴史が動いた

信玄の娘にして氏政の妻・黄梅院 同盟破棄により起きた悲劇の離別とは?

更新日:

永禄十二年(1569年)6月17日は、黄梅院武田信玄の長女)が亡くなった日です。

名前の読み方は「おうばい」か「こうばい」かはっきりしていないようなので、皆様お好きなほうでどうぞ。

この時代、信玄の娘という立場に生まれたとなるとそれだけで貧乏くじの予感がしますが、まさにそんな生涯を送った人でした。
彼女の一生を見ていきましょう。

 

義元が信長に討たれ、三国のバランスが崩れる

黄梅院は、武田信玄とその正室・三条夫人の間に生まれた娘です。

場合によっては、武田の有力家臣に嫁いで、家を守り立てる道もあったでしょう。

しかし、当時の情勢から、信玄は長女を他国へ嫁がせることを決めます。
黄梅院は12歳で後北条氏の次代を担う北条氏政に嫁ぐことになりました。

まさに政略結婚のテンプレな経緯で相模に輿入れした彼女でしたが、夫との仲は良好でした。

公家の姫である三条の方から生まれたので、生来の気品や身につけた教養など、夫から大切にされるような美点もたくさんあったのでしょう。
後に後北条氏を継ぐ氏直をはじめ、子宝にもたくさん恵まれました。

北条氏政/wikipediaより引用

しかし、大国の事情が絡んだこの蜜月は、長くは続きませんでした。

当時、武田・後北条・今川の三家は、通称【甲相駿三国同盟】と呼ばれる同盟を結んでいたのですが、桶狭間の戦い今川義元が斃れたことにより、三家の絶妙なパワーバランスが崩れてしまったのです。

信玄が攻め込んだ駿河の今川。
義元の跡を継いだのが今川氏真であり、その正室が後北条氏の姫だったため、話をこじれました。

詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

今川館の戦いで、やっぱり逃げるしかなかった今川氏真 嫁の実家・北条家に落ちのびる

洋 ...

続きを見る

ものすごく簡単に言うと
「今川家臣が氏真を見放したため、氏真と妻(北条の娘)が着の身着のまま、徒歩で逃げざるを得なかった」
という感じです。

 

なぜ信玄ほどの者が敵を増やすような真似を……

自分の娘が同盟相手にそんな目に遭わされ、いい気分になるわけがない――。
後北条氏の北条氏康は激おこムカ着火ファイヤー状態になり、甲相駿三国同盟はものの見事に瓦解してしまいました。

発端は義元を討ち取った織田信長と言えないこともないんですが、信長からすればこの地域がドロドロしてくれたほうが有利なんですよね。

信玄が自ら強敵を敵に回してしまったというのも腑に落ちない。
戦だけが戦略ではないという良い例かもしれません。まぁ、それだけ海のある駿河が魅力的だったのかもしれませんが。

ともかく手切れとなれば、後北条にしたところで、これ以上「敵」の娘を家にとどめておく理由はありません。

かくして、黄梅院は甲斐へ送り返されることになりました。
「堪忍分」というお金をつけてくれたので、舅の北条氏康としても、黄梅院個人に対しては悪い印象はなかったのでしょう。

堪忍分とは、客として身を寄せていた人や、家臣が討ち死にした場合に、遺族に与えられるものです。
氏康はおそらく、前者の意味で黄梅院に堪忍分15貫文を与えたのでしょう。

まぁ、跡継ぎを産んでくれた上、息子とも仲良くやっていた人を別れさせなければならないのですからね。
良心があれば呵責を覚えるのは至極当然ですね。

もともとは信玄の攻撃があったわけですが。

 

氏康から黄梅院へ渡された餞別は15年分のお米代

15貫文はどれぐらいの価値なのか?

戦国時代の貨幣価値は諸説ありますが、1貫=米1石という説があるので、わかりやすさ優先で試算してみましょう。
「米1石=成人が1年に食べる米の量」です。

となると、黄梅院は15人を1年、あるいは1人を15年養えるだけの金額をもらって離婚した(させられた)ことになります。

現代でも離婚の際に子供の養育費の話が出ますが、この場合は「子供を育てるのに必要な費用のうち、食費分だけもらった」という感覚になるでしょうか。
まぁ、黄梅院の場合は子供を連れて帰ることはできませんでしたが……。

少なくとも、「蔑まれて叩き出されたわけではない」ということになるでしょうか。

甲斐に戻った後は世の無常を嘆いたのか、甲府にある大泉寺というお寺で出家したといわれています。
しかし、離縁から約7ヶ月後に27歳という若さで亡くなっておりますので、もしかしたら離縁の前あたりから病みついていたのかもしれません。

だとしたら、瑕瑾がない上に病身の嫁を送り返さねばならないことになるわけで、氏康が堪忍分を与える気になるのもうなずける話です。

 

菩提寺は甲斐市にある早雲寺黄梅院

信玄は、娘の菩提を丁寧に弔いました。

そもそも娘を思いやる気持ちがあるなら、もう少し外交をうまくやれとツッコミたいところですね。
まぁ、目の前に攻略しやすい駿河があって、しかも海はあるし、温暖だし、国全体や家臣からすれば「とりにいって当然でしょ!」という流れでやむを得なかったのかもしれません。

黄梅院の菩提寺は、現・甲斐市に建てられ、今は当時の本尊であったとされる子安地蔵だけが近くの竜蔵院に安置されております。
京都にも同名のお寺があるので、間違えないとは思いますがご注意を。

また、妻を深く思っていたのでしょう。

後に武田と和解した氏政も、後北条氏の菩提寺である早雲寺内に黄梅院(現存せず)を建立。
彼女を弔っていたと伝わっております。

大河ドラマ『真田丸』では高嶋政伸さんが演じられ、どことなく性格に偏りのある人物像として描かれましたが、実際は妻を愛する一人の武将としての一面が垣間見えるところですね。
まぁ、主役ではないので、そこまで描かれることもないのでしょうが……。

早雲寺本堂/photo by 立花左近 
wikipediaより引用

なお、完全に余談になりますけれども、毛利両川の一人・小早川隆景の戒名も「黄梅院」です。

この時代、黄色い梅=完熟した梅に何か特別な意味があったんですかね。
そのものズバリな名前の「黄梅」という植物もありますが、日本に入ってきたのは江戸時代に入ってからなので、おそらく彼らの戒名やお寺の名前の由来ではないと思われますし。

偶然の一致だとしたら、それはそれですごいですけれども。

梅は熟すと黄色くなりますから、隆景はともかく、若くして無念のうちに亡くなったであろう黄梅院に名付けるのは少々酷な気もしますが……(´・ω・`)

もしも生まれ変わりがあるのなら、来世こそ幸せになっていてほしいものです。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典』(→amazon link
黄梅院について/甲斐市
黄梅院 (北条氏政正室)/wikipedia
早雲寺/wikipedia
黄梅院_(京都市)/wikipedia
小早川隆景/wikipedia

 



-武田・上杉家, 北条家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.