上田秋成/wikipediaより引用

江戸時代 その日、歴史が動いた

「雨月物語」を著した上田秋成~鹿島稲荷の予言を超えて長生きする

投稿日:

文化六年(1809年)6月27日は、作家の上田秋成あきなりが亡くなった日です。

『雨月物語』などの作者で、知名度は作品名>>>作家名という気がしますね。

何回か名前が変わっていますが、例によって「秋成」で統一しながら振り返ってみましょう。

雨月物語表紙/wikipediaより引用

 

父は不明ながら17歳で紙油商人の元へ養子入り

秋成は享保十九年(1734年)、大坂・曾根崎でとある女性の私生児として生まれました。
父親は定かではないとされていますが、当時の一般庶民であれば珍しくはない状況だったでしょうね。

決して恵まれているという生まれではないながら、3歳のときに紙油商を営む上田茂助という人の養子に入れたのは幸運でした。

しかし、養子入りの翌年に疱瘡(天然痘)にかかってしまいます。
まさに「禍福はあざなえる縄のごとし」。

義父・茂助は、加島稲荷神社(現・香具波志神社)へ秋成の回復を祈願しに行くと、
「お前の子は68歳まで生きられるだろう」
というお告げが降ります。

これを聞いた秋成も気持ちが前向きになったようで、なんとか回復。後遺症として手の指が不自由になってしまいましたが、それ以後は秋成も加島稲荷へ何度も参詣しに行っています。
そしてこのことが後々、彼を大きく助けることになります。

 

様々な和書・漢書に親しみ、17歳で俳諧を始める

成長するにしたがって、秋成は文学の世界にのめりこんでいきました。
17歳の時から俳諧を始め、さまざまな戯作や和書・漢書を読んで知識を蓄えたといいます。

商家の跡継ぎとして26歳のとき結婚し、残念ながら子供には恵まれていません。
結婚の翌年には義父が亡くなり、店を継いでいます。

商売に励みつつも学問を続けていたようで、30歳のときには大坂へやってきた朝鮮通信使と筆談したとも。漢籍の素養があったからでしょうね。

そして32歳のとき、商売を続けながら初の著作「諸道聴耳世間猿しょどうききみみせけんざる」を発表します。
翌年にも作品を発表していますし、割と多作型の作家だったようです。

国学者や医師とも交流していますので、創作意欲が刺激されやすい環境だったのかもしれません。
あるいは、やる気を保つために幅広い知識を得ようとしたのでしょうか。

 

37歳で火事に遭い、39歳で医師開業

こうして二足のわらじを履いていた秋成。
37歳のとき自分の店が火事にあって破産に陥ります。

そこで一時、加島稲荷の神職に住む場所を提供してもらっていたのだとか。
日頃から熱心に参詣していたからこそ、神職の方も手を差し伸べたのでしょうね。

また、この頃から友人のツテで医学を学び、39歳のとき医師を開業しています。
2年程度の知識で人の体を診ていいものなのか……とツッコミたいところですが、当時は現代のようなカリキュラムがあったわけでもないですしね。

代表作『雨月物語』は、秋成が42歳のときのものです。
和漢の昔話をベースにした怪談が9編まとめられています。

一番有名なのは「浅茅が宿」でしょうか。
ろくでなしを絵に描いたような旦那と、それを見捨てない妻の(主に妻が)不幸なお話です。

雨月物語9編のあらすじはウィキペディア先生で読めるので、気になる方はそこから入っていくのもいいかと。

個人的には西行と崇徳院が「山月記」にも似たやり取りをする「白峯」が好きです。

雨月物語/wikipediaより引用

 

鹿島稲荷の予言を超えて長生きを果たす

その後は寛政二年(1790年)に左眼を失明しながらも、物語の他に源氏物語の注釈書『ぬば玉の巻』や、考証「漢委奴国王金印考」、随筆集「癇癖談」(くせものがたり)など、幅広い文章を書いています。

また、京都に引っ越して妙法院宮真仁法親王、正親町三条公則、大田南畝など、上は法親王(出家した親王)から下(?)は狂歌師まで、さらに交友関係を広げました。カオスすぎる。

寛政十年(1798年)には一時的に右目も失明。
順風満帆ともいい難い状況でしたが、これは鍼医に治療してもらってなんとか回復したそうです。

その後も著作活動はしていますし、口述筆記だったとしたら、書いた人の名前も残るでしょうしね。

鹿島稲荷の予言が真実であれば、秋成は享和元年(1801年)には亡くなるはずでした。
それへの感謝をこめて、この年は自作の和歌集を奉納しています。

実際には8年ほど長生きしているので、この和歌集がお稲荷様のお気に召したのかもしれませんね。
秋成自身は覚悟を決めていたらしく、享和二年(1802年)には西福寺(左京区南禅寺草川町)に自分のお墓を作っていますが。その殊勝さがまたよかったのかもしれません。

秋成は子供がなく、妻にも先立たれていたため、最晩年は弟子の一人だった伏見稲荷の祠官・羽倉信美の家で面倒を見てもらっていたようです。

西福寺は銀閣寺から徒歩30分くらいのところですので、哲学の道や途中の寺社を訪れつつ、〆に秋成のお墓参りをするというコースも面白そうです。
それぞれの場所にはあまり関連はありませんが、京都は見どころが多いだけに、ジャンルよりエリアを絞ってじっくり見るのもアリですしね。

長月 七紀・記

【参考】
『改訂版 雨月物語―現代語訳付き (角川ソフィア文庫)』(→amazon link
上田秋成/wikipedia
雨月物語/wikipedia

 



-江戸時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.