『湖畔』(1897年)/wikipediaより引用

明治・大正・昭和時代 その日、歴史が動いた

実は薩摩出身の政治家でもある黒田清輝~日本最高の西洋画家はどんな人?

投稿日:

慶応二年(1866年)6月29日は、政治家にして洋画家である黒田清輝が誕生した日です。

本名は「きよてる」、画家としては「せいき」と読みますね。
いっそ漢字も変えてくれたらわかりやすかったのに(ボソッ)。

代表作である「読書」や「湖畔」などが教科書に良く載っているので、どちらかというと画家としてのほうが有名でしょうか。

『なぜ政治家と両立した?』
と不思議に思ってしまいますが、一体どんな生涯を送った人だったのでしょうか。

 

芸術の都・パリで完全に開眼してしまう

黒田は薩摩藩士の子として生まれ、小さい頃に、子爵位を持っていた伯父の養子になって東京へやってきました。

そのまま二松學舍(現在の二松學舍大学の前身。当時は漢学塾だった)に進み、同時期に鉛筆画や水彩画を開始。
貴族に列する家のおぼっちゃまですから、本当であればその後法律や政治についての勉強に邁進しなくてはなりませんでした。

実際、そのために色々な学校へ行ったり、フランスへ留学もしたのですが、芸術の都・パリでほかの日本人画家や画商に出会ったことで、何と画家として生きることを決めてしまいます。
よく伯父さんに勘当されなかったものですね。

帰国後は美術教育に力を入れ、研究所を開いたり、引き続き絵を描いたり、芸術の世界で生きていました。

が、まだ西洋美術に馴染みのない時代に裸婦画を描いたことで、お約束のように論争を巻き起こします。
時には警察から「絵とはいえ、裸の婦女子を公共に飾るとはけしからん!」とお咎めを受けて、絵の下半身を布で隠すという滑稽な事件もありました。

その様子から「腰巻事件」とも呼ばれています。

黒田清輝、ご本人。とても人柄良さそうな雰囲気の佇まいです/Wikipediaより引用

 

従軍画家として日清戦争に同行したこともあった

話は少々逸れますが、同時期のイギリスでは「家具とかピアノの足ってなんかエロくね?」という理由で、ありとあらゆる家具の足にカバーが被せられていたそうで…。

もうちょっと前の時代には「ソファってエロ……(ry」という概念も珍しくなかったらしいのですが、生き物ですらないものから何を感じ取っているんですかね。

日本ではさすがにそこまでの妄想力を発揮する人はいなかったようなので、腰巻事件なんて可愛いものに見えてきます。
春の絵(意味深)にしたって少なくとも一人は人間が描かれてますし。

話が多少前後しますが、黒田はいわゆる従軍画家として日清戦争に行ったこともありました。
当時はまだカメラがそうそう普及していませんでしたし、絵の持つ力は侮れなかったので、画家がマスコミの一員として戦場に行くこともあったのです。

あまり枚数は多くありませんが、現在も戦場や野戦病院の様子を描いたスケッチが残されています。

『読書』(1892年)/wikipediaより引用

 

亡くなる2~3ヶ月ほど前に見た「梅林」で絶筆

そんな感じで画業に励んでいた黒田ですが、やがて転機が訪れます。
義父が亡くなったため、爵位を継いで政界に入らなくてはならなくなったのです。

とはいえ黒田自身も議員になって四年で亡くなってしまったので、あまり政治家としての功績は残っていません。
だからこそ、黒田の名前を聞いても画家というイメージしかないのでしょうね。

ググる先生にお尋ねしても、「1920年に貴族院議員になりました」ということしか出てきませんし。

黒田は亡くなる前に一度倒れていて、しばらく静養に入っていたのですが、起き上がれる間は絵のことを決して忘れませんでした。

絶筆にして最後の作品とされる「梅林」は、亡くなる2~3ヶ月ほど前に、静養先の病室から見た風景を描いたものとされているのです。

筆ではなくペインティングナイフ(平たいコテやノミ・やすりのような形をした道具)を多用していたらしく、他の絵よりも荒々しさといいますか、生への執念というか、絵に対する妄執がうかがえる気がしますね。

『梅林』(1924年)/wikipediaより引用

 

「遺産は美術のために使ってほしい」

本人としてはこの後、筆でもう少し描きこみを入れたかったのかもしれませんが、それは叶いませんでした。

葛飾北斎などの浮世絵と比較してみるとすぐわかります。
黒田を含め、この時代からは人間や物体を立体的に描くのが主流になっていきます。

明治時代に入って「西洋文化サイコー! 西洋に追いつけ追い越せ!!」という風潮が強かったからで、そのために日本画や浮世絵はしばらくの間、忘れられてしまいました。
そもそも江戸時代の浮世絵は、ものによっては現代の新聞紙や雑誌などと同程度の値段しかなく、ときには陶磁器の緩衝材に使われたりしたぐらいです。

黒田は遺言で「遺産は美術のために使ってほしい」と書き残していました。
それに応じて建てられたのが、現在東京国立博物館のすぐ近くに建っている「黒田記念館」です。

入館料は無料とのことですので、トーハクや動物園の喧騒に疲れたら、こちらへ立ち寄ってみるのもいいかもしれませんね。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
黒田清輝/Wikipedia
文化遺産オンライン
黒田記念館

 



-明治・大正・昭和時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.