幕末・維新 その日、歴史が動いた

幕末に外国人初の富士山登頂を果たした英国人オールコックがCRAZY!!

投稿日:

万延元年(1860年)7月26日、イギリス公使のラザフォード・オールコックが、外国人として初めて富士山に登りました。

十四代・徳川家茂に謁見して正式に認められた公使なので、幕末の話題ではちょくちょく名前を見かけるお人です。
当コーナーでもアーネスト・サトウを取り上げたときにチラッとでてきています。

ニッポン大好きな幕末外交官アーネスト・サトウは「佐藤さん」じゃない

1 ...

続きを見る

 

オールコックの英国に富士山のような山はなし

なぜ登山先に富士山を選んだのか?
というと、意外に純朴な理由があったようです。

当時、日本へ入国できる海路はごくごく限られており、オールコックは東海道に沿うようなルートで品川から上陸していました。

その途中、海上から見た富士山に対し
「OHフジヤーマ!スゴーイネー!!」(超訳)
と感動し、ついでに麓の温泉にも入りたいということで登山旅行を決めたのだとか。

イギリスは、ほとんど山がないですし、温泉もほとんどありませんから、物珍しさと実用を兼ねていたのでしょう。

当時のイギリス貴族では「こんな国でこんな山に登ったんですよハッハッハ」という自慢話が流行っていたともいいます。
それがほぼ地球を半周した”極東”であれば尚のことでしょう。

ラザフォード・オールコック/wikipediaより引用

 

リアルガチで尊皇攘夷派に襲われるよ

しかし、ここで一つ障害が立ちふさがります。

幕府からは「正式に手続きを踏めば、外国人も日本旅行OK」というお触れが出ていたものの、ときは攘夷運動真っ最中。
「ガイジンなんて皆(ピー)しちまえ!!」という物騒な連中がウジャウジャしておりました。

実際にあちこちで外国人やその世話役をしていた日本人などが惨殺されており、オールコックが全く知らなかったとは考えられません。

よくその中で「旅行したいんで許可ください」と言えたものです。
日本刀を舐めていたか、本物の馬鹿か。

幕末の訪日外国人は日本をどう見てた?銃でも勝てない日本刀にガクブル

煙 ...

続きを見る

幕府だってトラブルは勘弁です。

「攘夷の連中に襲われたら、大問題だよ、あばばばばば」という本音を隠し、「すいませ〜ん、宿とかの手配ができないんで今回は諦めてもらえませんかね?^^;」とオールコックに打診しました。

 

むちゃむちゃ満喫しとるやないか

しかし、彼はその程度でごまかされてはくれません。
イギリスには空気を読むって感覚がないんですかね? って、んなもん当たり前か。

オールコックは「私的な旅行だし、病人の療養もさせたいから少人数でこっそり行きたい」とも言っており、危険度がさらに高まってしまうため幕府も絶対に許可を出せません。

結果、護衛はもちろん、駕籠担ぎやらお付きの人やらで100人規模の団体になってしまったらしく、オールコックはじめイギリス人一行は、こんな(´・ω・`)顔だったとか。

「駕籠は窮屈だから馬がいい」
というイギリス人一行の意見に対して幕府はOKを出しました。

となると一定数の人数はやむを得ないでしょう。
馬で行く=顔が見える=「ワタシタチガイコクジンデース!!ヨーロシクネー☆」と大声で吹聴して回るのとほぼ同義ですからね。

なんせ2年後の1862年には横浜で生麦事件も起きているほどですからね。

生麦事件~そしてイギリス人奥さんは頭髪剃られ、薩英戦争から友情が生まれる

文 ...

続きを見る

幕府側の胃痛は凄まじいものだったと容易に想像できますが、裏腹に、オールコック一行は用意された大名用の宿舎や休憩所でゆったり過ごし、風景をスケッチしたり、スイカやふかしいもなどを買って食べるなど、日本の夏を満喫していたらしきことが書き残されています。

順応性、高すぎやろ。
てか心配させられた幕府が気の毒やろ。

 

神の山の火口に鉄砲撃ちこむ愚行!やっぱり海賊なのか

そしていよいよ富士山に到着。

山小屋での寝泊りはノミなどのせいであまり居心地が良いとはいえなかったようです。

登山道を四時間歩いたり、彼らの体力や根性がうかがえます。
イギリス貴族って知的なイメージが強い気がしますが、意外にガテン系というか肉体労働もきっちりこなすんですねえ。

しかし良かったのはそこまででした。

富士山頂に到着した彼らの行動は奇天烈というかクレイジーというか、よく幕府の人間が「霊峰富士に何てことしてくれやがんだてめえええええ!?」とブチキレなかったのかが不思議なくらいぶっ飛んでいます。

「イギリス国旗を掲げた」
「礼砲として火口にピストルを撃った」
「(ヴィクトリア)女王陛下の健康を祝して、その場の雪でシャンパンを冷やして乾杯した」

だったそうで……何してくれやがってるんですか。
そのまま火口に蹴り落とされてもおかしくなさそうなほどの無礼振りです。

だから海賊って言われるんだってばよ。
ぜんぜん気にしてなさそうですけど。

一方、富士山の景観についてはベタ褒めで、こういうのはツンデレっていうんですかね。

オールコックは1864年(元治元年)頃にイギリスへ帰りますが、彼や周りの人が書いた記録によって、富士山の景観等に憧れを抱くヨーロッパ人が多くいたようです。

 

イギリス山岳会の雑誌にも寄稿

特に影響を与えたのが、同じくイギリス人の宣教師ウォルター・ウェストンでしょうか。

彼は富士山だけでなく日本アルプス等も踏破し、イギリス山岳会の雑誌にも寄稿しています。
「日本アルプス」の呼び名も、彼が「飛騨山脈をはじめとした山々は、日本のアルプス山脈と形容するにふさわしい」と絶賛したことからついたものだそうで。

そんな険しい山々を、厳冬の中で踏破した佐々成政の精神力ってマジぱねぇ……。

佐々成政53年の生涯をスッキリ解説!信長の側近から秀吉の反逆者へ

1 ...

続きを見る

海外からのTOKYO観光客は増え続けていて、五輪もあって今後まだまだ増えるでしょう。
オールコックほどのDQNぶりを発揮する人が出てこないことを祈るばかりです。

長月七紀・記

【参考】
http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/6206/1/51-4miyanaga.pdf(PDF)
ウォルター・ウェストン/wikipedia

 



-幕末・維新, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.