足利義満/wikipediaより引用

鎌倉・室町時代 日本史オモシロ参考書 その日、歴史が動いた

足利義満51年の生涯をスッキリ解説!日本国王の称号を持つヤリ手将軍

投稿日:

興福寺の強訴に対し義満
「あ、ウチは源氏なんで^^」(※イメージです)
という理由で、堂々と出仕を続けたのだそうです。

確かにその通りなんですけど、面の皮と度胸が揃ってないとこういうことはできないですよね。

ちなみに、源氏は基本的に八幡神(誉田別命=応神天皇=八幡大菩薩)を守護神としています。
そりゃ関係ないですよね。

義満はさらに、この強訴のせいで滞っていた歌会始めなどの行事を大々的に復活させ、逆に興福寺の宗徒を威圧しました。

「オメーらの脅迫なんざ屁でもないわwww 言いたいことがあるならもっとはっきり言ってこいや!」
という感じでしょうか。

そもそも、南朝方にぶんどられたのに、なぜ京都(=北朝方)へ訴えてくるのかがよくわからんところです。
この頃まだ南北朝の合一は影も形もありませんし……まさか、興福寺の面々が南北朝の事情を知らなかったはずもないでしょうし。謎だらけです。

 

寺とも対話を進め、バランス重視の政策で舵を取る

義満の精神攻撃は興福寺に大きな打撃を与え、以降強訴をしても京都市内までは入ってこられなくなりました。

とはいえ、義満は「ざまあwww」では済ませず、興福寺だけでなく延暦寺にも直接対話をするシステムを設けたり、寺領確保や仏事再興などにも務めてバランスを取りました。
締めるべきところは締めた、という感じですかね。

その翌年からは、幕府や守護大名に関するトラブルが増えてきます。

かつての重鎮・斯波義将が管領・細川頼之の罷免を求めてきた【康暦の政変】では、頼之をクビにして幕府の重鎮を斯波氏とその周辺人物に入れ替えました。
しかし、翌年に頼之は赦免され、幕政に復帰。

上記の強訴への対応と併せて考えてみると、
「義満は、頭に血が上っている相手をいなすのが非常にうまかった」
気がします。

立場からすれば、断固として立ち向かうこともできただろうけど、それで喪うものの多さや重さを意識していたんじゃないか、と。

 

守護大名には実力行使じゃい

その反面、守護大名とのトラブルについては、実力行使が多いのも特徴です。

① 美濃の有力者・土岐氏の内紛を力でねじ伏せる(土岐康行の乱)

② 11ヶ国もの守護を務めていた山名氏清をわざと反乱させて討伐(明徳の乱)

③ 大陸との貿易で莫大な財を築いていた大内義弘を挑発し、半ば騙し討ち(応永の乱

なかなかドス黒いものが見えますが、尊氏や義詮の時代のことを考えると、こうでもしなければ収まらなかったのでしょう。
後年の【応仁の乱】でも、将軍が積極的に行動しなかったために、話と戦がこじれて戦国に突入してしまっていますし。

並行して寺院の建立を複数行ったり。
摂関家と親密になって偏を与えたり。
武家として初めての源氏長者(公家・武家問わず源氏の流れを汲む中で一番官位が高い人)になったりもしました。

また、准三后という「太皇太后・皇太后・皇后に準ずる」扱いも受けるようになっています。

教科書では「義満の権力がスゴかったので誰も逆らえませんでした」と簡単にまとめられてしまっていますが、この辺も押さえておくと【理由がわかって】面白いんですけどね。

強訴に毅然と立ち向かったり、行事を復活させたり、武家同士の争いを鎮めたり、義満がそれに見合う功績をきちんと挙げていたからこそ、そういう立場になれたのです。
むやみやたらに刀を振り回して威張り散らしていたわけではありません。

むしろ、周りの人々が義満に媚びへつらって女性を差し出したりしていました。

どっちかというとこれのほうが問題かもしれません。
古い時代にはよくあったことですが。

 

地方遠征で地方豪族もキッチリ〆る

この後、富士山や厳島神社への遠足(超訳)もやっています。

もちろん、遊びではありません。
中央政権で充分に権威を得たので、次はそれをできうる限り広い範囲に見せつけ、
「いざとなったらワシがここまで来て相手してやんよ^^」
と示したのです。

明に対しても
「南朝の誰それよりもワシのほうがエライし、ワシと交易したほうがメリットありますよ」
というアピール材料になったのでしょう。

が、なかなか交渉が進まず、南北朝の統一にも取り組みますが、それでもやはり「天皇の臣下」という扱い。
結局、義満は、1394年に自ら進んで職を辞し、出家していました。

これでようやく明から「そんならお前を”日本国王”にしてやんよ」(意訳)とお許しが出て、貿易できるようになるのです。

こうした経緯から「義満は皇位を簒奪しようとした」なんて言われたりするのですが、個人的には違う気がします。

中国の歴代王朝から見て、「王」は中国に朝貢する国の代表者のことです。

つまり、日本の官職を辞した後の義満が日本国王になったということは、義満が個人的に明の臣下になったということ。
これなら、天皇や日本の朝廷の人々の権威や立場は損なわれません。義満が狙ったのはそこだと考えられないでしょうか。

実質的に明へ引っ越すわけでもないし、貿易で見込める利益のほうがずっと重要ですし。

そもそも、天皇よりエラくなりたいなら、明の皇帝の家来になるのもイヤだと思うほうが自然ですよね。
よほど明を神聖視していて、日本を卑下していたならともかく、そのそぶりもありません。明の要求で倭寇(海賊)退治はしていますが、それはちゃんと貿易できないと自分のメリットもなくなるからでしょう。

上記のように、義満は「自分は源氏の名門である」という自負があります。
そして、源氏の大本は皇室です。
それをかなぐり捨ててまで、心の底から明の臣下になりたいと思うでしょうか。

まあ、これはあくまで私見で、義満の心の中まではわかりませんが。

 

文化育成にも余念はなく

その後の義満は京都北山に別荘を建てて移住。
能を大成させた観阿弥・世阿弥を庇護しつつ、北山文化と称される文化を花開かせます。

文化の中身についてはまた後日、ある程度詳しく扱いますね。

将軍職は息子の足利義持に譲っていましたが、やっぱり実権は手放しませんでした。

ただ、寄る年波にはいつまでも勝てず……1408年、病に倒れ、何度か持ち直しながらも一週間程度で亡くなります。
享年51。
当時でしたら、ギリギリで大往生と言っていい年齢ですかね。

最期の最期で、あまり仲の良くなかった息子・足利義持が、快癒の祈祷をあっちこっちに命じてくれたのは、救いだったかもしれません。
義持が「あのクソオヤジめ、できるだけ長く生死の境で苦しませてやるぜ」とか思ってたんじゃなければ……。

義満の遺骨は相国寺塔頭鹿苑院に葬られました。

しかし江戸時代中期の天明八年(1788年)に起きた【天明の大火】で焼けてしまい、その後は、明治時代の廃仏毀釈で寺ごとなくなって、当時の墓がどこの誰だかわからなくなってしまいました。

代わりに金閣が昭和まで残り続けたので、義満本人としては本望だったかもしれません。
放火後の写真ですら美しく見えてしまう建築物など、世界に目を向けてもそうはありません。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典足利義満
足利義満/wikipedia

 



-鎌倉・室町時代, 日本史オモシロ参考書, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.