飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた

源雅信とは? 宇多源氏の祖にして娘の倫子は藤原道長の妻となる

投稿日:

正暦四年(993年)7月29日は、源雅信(まさざね)が亡くなった日です。

源氏というと一般的には武士を連想される方が多いですが、雅信は宇多天皇の孫(敦実親王の三男)で、宇多源氏の祖とされる人。

当人は、藤原家に対抗するようにして公家として出世を重ねた方です。

しかし、雅信の娘が藤原道長に嫁いで、その後、道長が出世を遂げるという不思議な運命に遭うお方でもありまして。
その生涯を見てみましょう。

 

「仕事中は仕事の話しかしないカタブツ」

生まれは延喜二十年(920年)。
その後、承平六年(936年)の16歳時に臣籍降下しているため、武家というより公家に入ります。彼の子孫には武士になった人もいますが。

父は敦実親王で琵琶の名手でした。

そんな芸術の才能は雅信にも伝わったのか。
音楽はじめ、朗詠、和歌、蹴鞠など、当時の貴族の教養は一通り得意としています。

ただし、若い頃は村上天皇に「仕事中は仕事の話しかしないカタブツ」と言われるくらいまじめな人で、あまり好かれていなかったようです。

それはそれで美点のような気がしますが、村上天皇も音楽や和歌を好んでいたので、そういった話をしながら楽しく政務をしたかったのでしょうか。
これは現代でも意見の分かれるところですかね。

出自が出自ですので、臣下になってからも雅信は順調に昇進を重ねていました。

円融天皇が安和二年(969年)に即位すると、その信任を得て出世スピードが倍増。
安和二年(969年)~貞元三年(978年)の9年間で左大臣にまで昇進し、亡くなるまでその位にあったのです。

また、弟の重信も正暦二年(991年)に右大臣となり、兄弟で文字通り左右を固めました。

 

藤原家の権力争いが激化して

このとき、世は、藤原氏が後宮政治に乗り出していた時代です。

雅信が左大臣になったとき、それまで左大臣と関白を兼ねていた藤原頼忠が太政大臣に、藤原兼家が右大臣となりました。

頼忠は歌人として有名な藤原公任の父、兼家は藤原道長の父です。
この二人は後宮に娘を送り込んだり、表の政治でも争いを繰り広げていました。

円融天皇は、こうした藤原氏による政争と政治の私物化に歯止めをかけようと、雅信の官位を上げて対抗させようとしたのです。

雅信は円融天皇時代の皇太子だった花山天皇の傅役も務めており、円融天皇の悲願がうかがえます。

源氏物語に詳しい方ならご存知かと思いますが、右の藤原家・左の藤原家と光源氏、(作中の)冷泉天皇の関係ですね。
円融天皇と雅信、雅信と花山天皇は親子じゃありませんが、その辺は事実そっくりにしてしまうとマズイですから、紫式部が物語に仕立てる中で調整したのでしょう。

円融天皇が譲位して花山天皇が即位した後も、なにかと雅信を頼りにし、頼忠を遠ざけようとしています。

そのため頼忠がそのうち政務への積極的関与をやめ、別系統の藤原氏で花山天皇の叔父である藤原義懐(よしちか)が台頭してきました。

 

65歳の高齢を過ぎてもなお働いて

雅信は寛和元年(985年)あたりから足腰の不調を訴えるようになっていました。

が、それでもまじめに仕事をしており、大きなミスもなかったようです。
65歳というと、この時代ではかなりの高齢ですし、無理もないですよね。仕事をしていたことで張り合いが出て、より長寿を保てたのかもしれません。

さらに時は流れ、円融天皇の子である一条天皇が即位します。

一条天皇の生母が兼家の娘だったため、今度は兼家が摂政として影響力を強めました。

しかし、雅信は引き続き皇太子の傅役を務めて、権力を保っていたので、兼家にとっては目の上のたんこぶのような存在。
しかも雅信に手落ちがなく、政治的に失脚させることも難しかったため、さぞや歯噛みしていたと思われます。

兼家は悪あがきとして、左大臣の雅信より下の右大臣という地位から降りて摂政になり、「雅信の下じゃありません!」アピールをしましたが、大した影響はなし。
そりゃあ後宮政治を狙う気満々の藤原氏と、臣籍降下したとはいえ確実に皇室の血を引いている生真面目マンとじゃあ、世間も皇室も他の貴族も後者を信用しますよね。

 

入内先選びが難航……ついに政敵・道長に娘を嫁がせる!?

とはいえ、雅信も後宮政治に全く興味がなかったとか、自ら禁じていたわけではなかったようです。

彼は子々孫々のため、自慢の娘である倫子をいずれかの天皇に入内させることを考えていました。

が、年齢の釣り合う花山天皇は退位してしまい、入内先選びが難航。
上皇に娘を嫁がせて皇子が産まれたとしても、皇位を継承できる可能性はとても低くなってしまいます。

その矢先に、雅信にとっては政敵である兼家の四男・道長に「お嬢さんを僕にください!」(※イメージです)と申し込まれるちょっとした事件が起きてしまいます。
当時の道長は兄たちとの政争に勝てる見込みがなく、将来性があるとは言いがたかったため、雅信はこの結婚に乗り気ではありませんでした。

紫式部日記絵巻の藤原道長/wikipediaより引用

しかし、雅信の正室・藤原穆子(ぼくし or あつこ)が、以下のような理由から道長と倫子の結婚に賛成します。

・一条天皇は倫子より16歳も年下である

・ときの皇太子(後の三条天皇)も8歳下で、釣り合うとは言いがたい

・無理に倫子を入内させるよりも、将来が未知数な道長に嫁がせ、いずれ産まれる姫(自分たちにとっての孫娘)を入内させるほうがいい

こうして穆子は、倫子を半ば強引に道長とくっつけてしまったのだそうです。
これには双方の父である雅信も兼家もボーゼンとしていたとか。うわ、カーチャンつよい。

 

道長と倫子は仲睦まじく、2人の間に彰子が生まれる

すったもんだな経緯ではありましたが、道長と倫子の夫婦仲は良好。
結婚の翌年に藤原彰子が産まれています。
後に一条天皇の中宮となり、紫式部などによる華麗な文学サロンを開くあの人です。

雅信は彰子が2歳のときに73歳で亡くなっているため、孫娘やそれ以降に続く一族の繁栄を見ることはありませんでした。
同時期に道長は兄たちを蹴落として藤氏長者になっており、穆子の目が正しかったことが証明されます。
そのため、道長も穆子には頭が上がらなかったとか。義理でもカーチャンはつよいなあ(小並感)

ちなみに、穆子も倫子も80代後半~90歳まで生きています。
彰子が長生きだったのも、母や祖母の遺伝だったのでしょうね。

他にも雅信の子孫はいくつかの公家や武家の佐々木氏に続き、栄えていきました。

ちなみに道長は倫子より前に醍醐天皇の第十皇子・源高明(たかあきら)の娘・明子を妻にしていました。

しかし高明が雅信よりも先に亡くなっていたために、明子の後ろ盾はないも同然で、これも倫子とその子供たちが出世していくきっかけになっています。
高明は延喜十四年(914年)生まれで天元五年(983年)に亡くなっているので、雅信と大差はありません。

もしも高明と雅信の死去の順番が異なっていれば、倫子の子供である彰子や頼通と、明子の子供である能信(よしのぶ)の言動は入れ替わっていたかもしれません。

歴史の大筋には影響しなさそうですが、こういう紙一重なところってワクワクしますよね。
……しない? そっか(´・ω・`)

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
源雅信/Wikipedia

 



-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.