浅井畷の戦いの舞台となった小松城

前田家 その日、歴史が動いた 関ヶ原の戦い

信長家臣の二代目たちが激突!浅井畷の戦いが北陸の関ヶ原と呼ばれる理由

投稿日:

弟の前田利政が東西どちらにもつかなかった、明白な理由は不明で、
「利政は西軍派だったが、兄が東軍につこうとしたので動けなかった」
「西軍に妻子を人質に取られていた」
などの説があります。

全部かもしれませんね。

結局、関が原本戦がたった一日で決着がつき、西軍がほぼ壊滅したことから、丹羽長重や前田利政は改易の憂き目を見ることになりました。

前田利政/wikipediaより引用

西軍の処分が決まる前に、利長と長重は本戦の直後である9月18日に和議を結びました。

このとき前田家から丹羽家へ人質に出されたのが、後の加賀藩二代藩主・利常です。
当時はまだ6歳の少年でした。

長重は、幼くして人質となった利常を哀れんだのか、手ずから梨を剥いてやったという逸話があります。

利常は利長たちとは異母兄弟であることから、前田家での立場が微妙だったため、人質として出向いた先で思わぬ優しさをかけてもらい、非常に感動したようです。

晩年まで梨を食べるたびに長重との思い出を話していたのだとか。
おそらく、長重とどんな話をしたのかも語ったのでしょうね。

長重は関が原当時はまだ子供がいなかったので、擬似的に親心を味わっていたのかもしれません。って、ちょっと美化しすぎですかね。

 

長重の居城だった小松城をガッチリ改築した利常

長重と利常には、もうひとつ接点になりそうなポイントがあります。

長重は改易された後、慶長八年(1603年)に常陸国古渡(現・茨城県稲敷市)1万石で大名に復帰しました。
さらに徳川秀忠の御伽衆(話し相手・相談役)に選ばれるなど、重職を果たすようになります。

一方の利常は、慶長十年(1605年)6月から加賀藩主を務めているので、参勤交代や何かの行事の折に江戸で長重と再会することもあったかもしれません。

また、利常は後に自らの隠居所にするため、かつての長重の居城である小松城を大々的に工事しました。

堅城だったことが一番の理由でしょうけれども、小松城は元和元年(1615年)の【一国一城令】によって廃城になっています。
そんなところ、しかも堅城として名高い城をわざわざ再建するというのは、幕府にケンカを売るも同然の行為です。

 

利常「戦場で鼻毛を切るヤツがおるか!」

また、利常は隠居するとき徳川家光に引き止められたのをガン無視しています。

彼は「戦場で鼻毛を切るヤツがおるか!」とばかりに鼻毛を伸ばし切っていた、最後の戦国大名と呼べるキャラクターであり、ともかく最後の最後まで度胸が良すぎでした。

前田利常【鼻毛大名】は利家の子にして最後のリアル傾奇者だった!

& ...

続きを見る

もしかすると、利常は幼いころの思い出や、長重を偲びたかったのでしょうか。

その後、利常の嫡男・光高が29歳の若さで亡くなり、利常は幼い孫・前田綱紀の後見として藩政に復帰したため、楽隠居ではなかったのですけれども。

実際に戦闘が起きているので穏やかとはいいきれませんが、長重と利常の関係については、割と心が温まる話……かもしれませんね。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典』(→amazon link
『戦国人名辞典』(→amazon link
浅井畷の戦い/wikipedia
前田利長/wikipedia
前田利常/wikipedia
丹羽長重/wikipedia

 



-前田家, その日、歴史が動いた, 関ヶ原の戦い

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.