津軽為信/wikipediaより引用

その日、歴史が動いた 諸家

270年間の恨みが爆発した相馬大作事件(未遂)~津軽と南部は犬猿の仲だから

投稿日:

文政五年(1842年)8月29日、相馬大作事件がありました。

正確には未遂なんですが、津軽(弘前)藩主が、南部藩の相馬大作という武士に暗殺されそうになり、この相馬大作が斬首刑に処されたのです。

幕末も近いこの時期ですから何かとソッチ方面のいざこざも考えてしまうかもしれませんが、原因はさにあらず。

実はこの事件の発端は、約270年も遡るものでした。

 

戦国時代から続く不倶戴天の敵がお隣さん

弘前藩主の津軽家。
盛岡藩主の南部家。

この両者は、戦国時代から確執のある仲でした。

そもそも、津軽家の初代・津軽為信は、南部家の一族・大浦氏へ養子に来た説や、南部氏の内紛に乗じて大浦南部氏を継いだ説がありまして。

いずれにせよ、その為信が、同じ南部家の城を次々に落として領地をぶんどって独立したので、戦国時代のこととはいえ火種が残ったのです。

また津軽家は、豊臣秀吉小田原征伐をした際、南部家よりも先に小田原へ着いており、ちゃっかり秀吉にも気に入られて正式に大名となっています。

南部家は古くから東北最北端エリアの支配者であり、彼らからしてみれば津軽に分捕られたようなものです。
戦国勢力マップなどの書籍をご覧になられると、1571年の石川城攻防戦を機に、新たに津軽為信(このときは大浦氏)の勢力圏が塗られているのがわかるでしょう。

そんなこんな諸々の因縁があり、戦国の世が終わって江戸時代になっても、両家の間には穏やかならぬ空気が漂い続けておりました。

かつて南部家は、陸奥と陸中にあたるエリアの大部分を支配しておりましたが、津軽家が陸奥の西側約半分を奪取。青森県では今なお東西の仲がよろしくないと言います

「執念深いなあ」
と思われるでしょうか?

しかし、目の前で土地を巡ってケンカした相手がいたら、いつまでたっても不愉快なのが人の自然な感情ではないでしょうか。

現代の一般人でさえ、親戚や近所で揉め事が起きると「アイツのことは一生許さない!!」と思うことがありますから、手元に武力がある武士の世界となれば、キナ臭くなってもおかしくはありません。

津軽家と南部家の場合、江戸時代の半ばにも一度トラブルが起きています。

領地の境界線にある山が「どちらに帰属するのか?」という問題でした。

津軽家では、記録文書などをきっちり幕府に提出する一方、南部家ではそうした書類仕事が得意な人がいなかったのか、うまく対応できず。
そうこうしているうちに幕府が「じゃあ津軽んちのモンでいいよ」と決めてしまったため、やっぱりスッキリしない結果に終わりました。

ちょいと南部家に同情したくなりますかね……。

 

首謀者の相馬大作は盛岡藩士の次男に生まれたが……

そんな感じで両家の間に不穏な空気が漂うこと約250年間。
ついに爆発したのが今回のテーマ「相馬大作事件」でした。

事件自体は、首謀者の名前を取って呼ばれています。
本名ではないのですが、混乱しそうなので最初からこの名前で統一しますね。

※本名は「下斗米秀之進しもどまいひでのしん」という聞き慣れない姓名です

相馬大作は、盛岡藩(南部家)に仕える藩士の次男として生まれました。

生来あまのじゃくというか気性が荒いというか、あまり勤めに向かない性質の人で。
兄が病弱だったため家督を継がされそうになり、反発して江戸に来たといわれています。

後で帰ってきているので、どちらかというと
「年長者が家を継ぐべきだから、次男の俺がしゃしゃり出るのはおかしい」
と思っていたんですかね。

しかし武士としての誇りはあったのか。
とある旗本に弟子入りして武術や兵法を学び、師範代を務めるほどの技術と見識を身につけました。

また、父が病気になったという知らせが届くと、地元に戻り、私塾を開いて腰を落ち着けました。
評判は上々だったようで、実に200人もの弟子がいたそうです。

質実剛健を地でいく方針だったため、冬には寒さと雪に耐え忍ばねばならない東北人の気質に合ったのかもしれません。

弟子を取るようになってきかん気も落ち着いたのか。
幕末に向かう世の中の空気を感じ取ったのか。
ロシアに対する海防などの話もしていたと言いますから、頭も悪くはないのでしょう。

ただし、同時に不穏な影も忍び寄っていきます……。

 

大作の藩主が死んだ それもこれも津軽のせい?

私塾の会計担当がコレラで亡くなったり。
浜松に作る予定だった私塾の分校が台風で流されてしまったり。

地元に戻ってからの相馬大作には、何かと不幸が続きました。

もし彼がもう少し信心深い人だったら、この時点で「何か悪いことが起きるのかもしれない。自重しなくては」と思ったかも知れませんが、そうはなりません。

このころときの盛岡藩主・南部利敬としたかが39歳の若さで突如亡くなったことで、大作はトンデモナイ方向へ発想を飛躍させてしまうのです。

「藩主様はまだお若いのに亡くなるなんて……これはきっと、津軽のヤツらへ怒りを積み重ねてのことに違いない!」

藩内の不幸を津軽への恨みに変換し、なんと当時の弘前藩主・津軽寧親やすちかに脅迫状を送ってしまうのです。

「今すぐ隠居しないと、どうなるかわかんないよー^^」(超訳)
というテロの予告にも等しいもので、受け取った寧親はこれを無視し、通常通り仕事を続けました。

幕府に届けても面倒になるだけだし、オトナの対応をしたんですね。

しかし、大作は諦めません。

参勤交代の途中で寧親を襲う計画を立て、張り込みを開始。
大砲や鉄砲まで持ち出していたというのですから、本気でした。

そして……。

 

江戸に逃亡するものの、私塾を開いてアッサリ御用

いつまでたっても寧親一行は現れませんでした。
実は、大作の父の元に出入りしていた刀鍛冶が、偶然、この計画を知り、津軽家へ密告していたのです。

脅迫状はハッタリ扱いしていたであろう津軽家でも、具体的な計画があるとわかれば、わざわざ火の中へ飛び込む気にはなれなかったでしょう。

津軽の一行は、途中で道を変え、難を逃れることができました。

一方、失敗を悟った大作は、盛岡藩に累が及ばないよう、再び江戸へ向かいました。
そして、生計のためなのか、事もあろうにまた道場を開いてしまいます。

隠れる気あるんかーい!
と、ツッコミたくなりますように、彼はアッサリ見つかり、弟子の一人とともに処刑されています。

享年34とのことなので、もしこんなことをせずに生きながらえていたら、戊辰戦争で盛岡藩の一員として活躍していたかもしれません。
腕も学もあった人なのは確かでしょう。そう考えると、盛岡藩にとっては惜しい話かもしれませんね。

他の藩や外国でも「数百年越しの恨み」というのはままある話ですが、やはり双方が「解決しよう」という意思を早めに持つことが大事なんでしょうね。

現在の秋田県大館市、国道7号線付近の岩抜山で事件は起きた(というより未遂)/photo by らんで Wikipediaより引用

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon link
相馬大作事件/Wikipedia

 



-その日、歴史が動いた, 諸家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.