明治・大正・昭和時代 その日、歴史が動いた

田中正造と足尾銅山鉱毒事件~まだ公害は終わっちゃいない?

投稿日:

大正2年(1913年)9月4日、足尾銅山鉱毒事件を告発した田中正造(しょうぞう)が73歳で亡くなりました。

社会科の教科書で公害の話になると必ず出てくるので、うっすら覚えている方もいらっしゃるかもしれません。

あるいは板垣退助さんと区別がつきにくくなっている方もいらっしゃいますかね?

田中正造はもともと政治家でした。
が、当初の議会でこの事件について訴えてもまるで効果がなかったため、最終手段を取ります。

畏れ多くも「直訴」です。

 

現在の栃木県日光市にあった足尾銅山

その前に、発端となった足尾銅山鉱毒事件について見ておきましょう。

足尾銅山というのは、現在の栃木県日光市にあった鉱山です。

発見されたのは江戸時代前期の1610年。
幕府直轄の銅山として、ここで取れた銅から寛永通宝などの通貨が作られたこともありました。

しかし、幕末あたりから採掘量がガタ落ちしたため、一時開店休業状態に陥ります。

その後、明治に入って民営化され、明治十四年(1881年)から大きな鉱脈が次々と見つかりました。

20世紀に入る頃には全国の銅山で1位。
1936年頃には、経営する企業「古河鉱業」は日本の銅の1/5を産出し、その多くが足尾銅山から出るというくらいになったのですが、これが事件の発端となります。

金属というのは、ただ掘り出しただけでは使えません。

鉱石を粉砕し、その後どんな金属が混ざっているかなどによってさまざまな加工をし、純粋な金属を取り出す「精錬」という作業をしなくてはなりません。
様々な薬品や別の鉱物を使うのですが、銅の他に、ガスや金属イオンが出てきてしまいます。

1895年の足尾銅山/wikipediaより引用

その中には自然や人間に有害なものがてんこ盛り。
有害物が適切に処理されなかったため、排水や排気ガスとしてあっちこっちへ広がっていってしまいました。

具体的に何がどうなったかというと……。

 

渡良瀬川から水を引くと稲が枯れるまでに

ガスの影響で酸性雨が降り、足尾銅山周辺の山は軒並みツルッパゲになりました。

木がなくなると地盤が弱まるため、ハゲた山が崩落。
大雨が降れば、それまで山が蓄えてくれていた分の水がいっせいに大洪水を起こすという――自然のイヤな連係プレーがおきてしまいました。

地元の新聞が「あの山大丈夫か」という記事は数回書いています。
この時点では誰も対策を考えていませんでした。

実は考えていた節もあり、当時の知事が
「下流の渡良瀬川は銅の毒でやばいから魚を取るな」
という命令を、民営化の3年後に出しています。

それなら排水をなんとかしろと思うのですが、明治維新=近代化においては富国強兵政策のため、
「魚が食べられない? それじゃあケーキでも食べれば?」
ってな調子……。

いよいよヤバくなってきたのは、周辺地域の田んぼに異常が現れてからでした。

渡良瀬川から水を引くと、稲が枯れてしまうというのです。

植物は水がなければ育たないのに、その水のせいで枯れるとか意味がわかりませんよね。
当然農家の方々は大激怒。

「オラ達の田んぼをどうしてくれるんだあああああ!」

抗議の声を上げますが、銅山側は「だってそうしないと銅が使えないし」と取り合ってくれません。

当然そんな水を飲んだり料理に使うこともできませんから、まさに死活問題でした。

 

国「調査します!」住民「いつ?」国「調査してます!キリ」

正造はこのあたりから鉱毒事件に関わってきます。

まず現地で被害状況を確かめ、できたばかりの衆議院で鉱毒事件について話題にしました。

しかし政府はしらんぷり。
待っていても一向に対策が取られないため、農家の人々は直接東京まで行って訴えました。

担当大臣に会っても一向に良くならず(調査委員会は作ってくれたようですが)何度も東京へ出かけていくことになります。

鉄道は既にありましたが、田んぼがダメになってしまっては収入もなく、運賃が高くてとても使えません。

現代であればデモ行進のようなものでしょうか。
政府はなかなか具体的な対策をしてくれませんでした。

田中正造/国立国会図書館蔵

その間にも鉱毒の被害はどんどん広がります。
渡良瀬川が利根川・江戸川に繋がっているからです。

現在の千葉県市川市行徳付近や、茨城県の霞ヶ浦あたりまで大なり小なり鉱毒の被害を受けたといいますから、さすがの政府もシカトしきれなくなりました。

それでも調査委員会が置かれただけで、実質的な対策は「民間企業」に任せたまま。

正造は「このままじゃ国が滅びますよ! 作物も飲み水もダメになってるのにこれ以上放置する気ですか!」と繰り返し議会で発言しますが、当時の総理大臣・山県有朋の返事は「お前何言ってんのかイミフなんだけど。404エラーです」とまぁ、こんな調子でした。

 

死刑を覚悟でついに明治天皇へ直訴!

明治34年(1901年)12月。
耐えかねた正造は、ついに最後の手段に出ます。

明治天皇への直訴です。

議会で取り合ってもらえないから、その上にいる天皇に訴えるというわけですね。

しかし相手が相手ですから、道端で捕まえて立ち話なんて到底できません。

そこで正造は、鉱毒事件の経緯と被害地域の人々が苦しんでいることを手紙にまとめ、直訴状としました。

当時、天皇への直訴は重罪中の重罪です。
正造も政治家ですから、そこはきちんとわかっています。

即座に死刑になっても構わない、陛下へ伝えることさえできれば――そう覚悟を決め、妻に離縁状を残し、紋付袴で正装して天皇の馬車へと駆け寄ったのです。

「陛下!これをご覧ください!!」

しかし、馬車の中にいる明治天皇に直訴状が渡ることはなく、警官達に取り押さえられてしまったのでした……。

正造が死刑になることはありませんでした。
警察や政府としては、ここで有罪にしてしまうと、明治天皇に鉱毒事件がバレてしまうかもしれないと考えたのでしょう。

そうなれば責任を問われるのは自分たち。
実際の理由ははっきりしませんが、とにかく正造は死刑にならずにすみました。

通洞坑口/photo by Saigen Jiro wikipediaより引用

 

直訴が広く報道され 世論は正造に傾いた

直訴そのものは失敗しました。
代わりに直訴状の中身と「直訴をした」という事実が広く報道されます。

ここでやっと鉱毒事件が世の明るみに出ました。

「政府何してんだ!」
「早く対策しろ!」

世論に押し切られ、再調査が実施。
しかしその結果と対策は「渡良瀬川の途中に池を作ってさ、そこで毒を沈めちゃえばいいよね!洪水防止にもなるし!」というお粗末なものでした。

しかも「場所を確保したいから、一つ村を潰すけどいいよね!」なんて横暴すぎる条件つきです。

当然「どんだけジャイアンなんだ!」と村民達は大反対しますが、村の土地は買収され、強制退去させられてしまいました。

この買収の際にも正造は村民の側に立ち、精力的に演説などを行っていましたが、先に体のほうが限界を迎えてしまいます。

古馴染みの人々へあいさつまわりに行く旅の途中、栃木県佐野市で倒れ、そのまま帰らぬ人となってしまったのです。

その後も足尾銅山は稼動し続け、最終的に閉山したのはなんと昭和48年(1973年)。
正造の死から60年後のことでした。

 

足尾事件は終わらない?

閉山ですべてが解決したわけではありません。

精錬所は1980年代まで動いていましたし、関東大震災の際には渡良瀬川の下流から基準値を超える鉛が検出されております。
銅考え……じゃなくて、どう考えても足尾銅山の影響ですよね。

堤防やダムが作られたため、洪水が起きることはなくなりましたが、鉱毒事件は今も完全に解決したわけではないようです。

松木堆積場/photo by Modeha wikipediaより引用

いくら国の近代化のためったって、あんまりでしょう。

この事件の背景には、有名政治家の子息がこの大手企業に関係していたため、抜本的な解決がされなかったという、信じられない歴史秘話があります。

運営会社の創立者は古河市兵衛さんというのですが、足尾銅山公害を担当したのは農商務省。
この農商務省の大臣・陸奥宗光の次男潤吉が、なんと古河市兵衛の養子となっていたのです。

つまり、どういうことだってば⁉

たとえば今だと原発を担当する経済産業省の大臣の子どもが、原発会社で働いているとか、そんな感じ?
いや~、まさか現代にそんなことはないですよね~~~。

渡良瀬川上流の松木川では、じつに山手線の内側の1/3もの面積の山林が裸地化したままとなり、豪雨などでの土砂災害が懸念され、現代においても国交省渡瀬川河川事務所が数億円の対策事業を発表しています。
まだ当時の被害の回復が残っているのです。

我々の生活は、自然を破壊することの上に成り立っておりますが、そこにはやはり一定の思慮、規制がなければなりませんね。
自然の回復は簡単なことではありません。

明治天皇のエピソードと功績をスッキリ解説! 現代皇室の礎を築いたお人柄とは

幕 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
国土交通省足尾銅山(→link
足尾銅山/wikipedia

 



-明治・大正・昭和時代, その日、歴史が動いた
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.