立花道雪/wikipediaより引用

大友家 立花・高橋家 その日、歴史が動いた

雷切の主・立花道雪の何が凄い?「勇将の下に弱卒無し!」に痺れる憧れる

更新日:

【人物概略:立花道雪とは?】

生没年:1513-1585年
※1516年の出生年表記もあり

父:戸次親家べっきちかいえ
母:由布惟常ゆふこれつねの娘

豊後鎧岳城よろいだけじょう主・戸次親家のもとに生まれ、幼名は八幡丸。
1536年に家督を継ぐと、当初は大友義鑑よしあきに仕える。

その後、大友氏内での後継者争い【二階崩れの変(1550年)】が勃発すると、嫡男である大友義鎮よししげ(大友宗麟)を支持し、敵対した入田親誠いりたちかざねや菊池義武よしたけを追放して、武功をあげた。

以降も、大友氏の重臣として、豊後や豊前、筑前を中心に活躍。

近隣エリアで大きな動きがあったのが1557年だった。
大友義鎮(宗麟)の弟で大内家当主の大内頼長が毛利元就に斃され、大友と毛利の対決が本格化し、筑前の国人・秋月文種あきつきふみたねも敵方になびく。
道雪は、秋月文種の古処山城こしょざんじょうへ攻め込み、自害させるも、毛利との争いはさらに激化し、門司城や周辺エリアで度々戦いが行われた。

毛利元就のターゲットは商いの大きな博多港であった。

ここを押さえるべく毛利隆元(1563年に不審な急死)・吉川元春小早川隆景らも度々派遣すると同時に数々の調略も仕掛けるなどして、徐々に勢力を伸長し、立花城主・立花鑑載あきとしが元就の調略で反旗を翻す。

さらに大友氏に対しては西から龍造寺隆信からの圧力が加えられる中、道雪が立花城を陥落させて大友氏の窮地を救う(1568年)。以降は再び毛利氏との勢力争いが続き、圧巻は1569年【多々良浜の戦い】であった。

毛利氏と大友氏による激戦区となった北部九州エリア(筑前~豊前~豊後)

吉川元春・小早川隆景を中心に組まれた毛利軍と、これを迎え撃つは立花道雪吉弘鑑理よしひろあきただ臼杵鑑速うすきあきはやの【豊州三老or大友家の三宿老】を中心とした大友軍。

双方合わせて8~9万という大軍同士の争いが起き、共に多くの被害者を出しながら決着はつかず、引き分けで落ち着いた。

ちなみに同年(1569年)、娘の立花誾千代が誕生している。
1575年、娘に家督を譲ると、高橋紹運の嫡男・高橋統虎(後の立花宗茂)を跡取りとして婿にもらう。

1578年、大友宗麟の強引な島津討伐に反対をするも、宗麟は強硬に日向攻めを主張。
【耳川の戦い】と呼ばれる戦いに発展し、大友氏は吉弘鎮信(高橋紹運の兄・宗茂の伯父)や角隅石宗ら有能な家臣を失い、家勢を失っていった。
道雪は、戦いを強行した大友宗麟や大友義統らに対して激しく怒りを覚えたという。

以降も合戦に明け暮れる日々を送り、1585年に猫尾城攻撃中に陣中で発病し、亡くなった。

享年73(1516年生まれであれば70)。
なお道雪以前の代表的な名前は「戸次鑑連」であり「べっきあきつら」と読む。
以下、本文へ。

 

立花道雪は宗茂の義父であり誾千代の実父であり

怖いものの代名詞として挙げられる地震、雷、火事、親父――。

戦国時代にこのうち二つを兼ね備えた人がいました。

天正十三年(1585年)9月11日に亡くなった立花道雪です。

この方は西の最強武将として知られる立花宗茂の義理のお父さん。
娘の立花誾千代に婿入りしたのですね。

夫婦の話は以下の記事にお譲りして、今回は道雪を見て参ります。

戦国最強の武将・立花宗茂はなぜ天下を取れなかったのか

【 ...

続きを見る

立花誾千代は戦国一のガチ女城主! 父は雷・道雪で夫は最強・宗茂

永 ...

続きを見る

道雪は何度も名前を変えているので、時期によって異なりますが、最も有名な「道雪」表記で統一させていただきます。

 

愛刀「千鳥」で雷神を退治して半身不随に

道雪は若い頃、「千鳥」という愛刀で雷を斬って、その中にいた雷神を退治したといいます。
その代償として半身不随という大きな障害を負ってしまうことになりました。

時期は元服直後の頃と目されています。

まぁ、雷に打たれただけ?と考えればそれまでなんですが、戦場に出る武士としては実に痛いところです。

ただし、道雪は「雷に撃たれた親父」というだけではありませんでした。
なんと半身不随になった後も、輿に乗って出陣していたのです。

しかも輿の中には鉄砲と刀を用意して、自ら敵陣に乗り込んでいくという豪傑ぶり。やる気満々です。
輿を担ぐ者達には棒で合図を送りながら、隊列が乱れると容赦なく殴りつけたとも言われています。

それでも部下に愛想を尽かされたとか裏切られたとかいう話が伝わっていないので、愛のムチ(棒だけど)だと思われていたんでしょうね。

実は、道雪と部下とのエピソードは実に心温まるものばかりです。

 

弱い兵がいても、それはオレの責任っちゃね!

道雪のモットーは「勇将の下に弱卒無し」。

「大将が強ければその下にいる兵士が弱いはずがない」という意味で、道雪は「オレが強いんだからお前らが弱いわけはない」と天狗になっていたわけではありませんでした。
逆に「もし弱い兵がいたとしたら、それは上にいる将の責任だから、兵士自身は気にしなくて良い」と考えだったようです。

これが根底にあったからか、道雪は部下にとても優しく接していたという話がたくさん伝わっています。

「私は道雪様のお役に立てていなくて申し訳ないです」
「いやいや、お前が頑張ろうとしてるのは知ってるから、気にすんな!それより焦って突っ込んで無駄死にするなよ!お前達がいないとオレはこの通り、戦に出られないしなHAHAHAHA」

部下の働きを見ててくれる上司とか、なんなんでしょう、この絶滅危惧種は。

ただし、道雪は規律にとても厳しい人でもあったそうです。
とある年の年末、蒲池氏という大名と戦をしていて陣地で年を越すことになりました。
年末年始も仕事というのは戦国時代から珍しい話ではなかったんですね。

ですが、このとき道雪に無断で家へ帰ってしまった部下が数名。
人情に厚い道雪は「正月だから仕方ない」と許すかと思えば取った行動は真逆そのものでした。

「勝手に帰るようなヤツはオレの部下じゃねえ!親ごと殺してこい!!」
「えええ!? 本人はともかく、親はいいんじゃないですか?」
「うるせえ! 規律を破った息子を匿うような親は同罪だ!」

うはっ、雷親父ってレベルじゃねー!

 

凄絶すぎる遺言「遺体は甲冑姿で敵陣に向けて埋葬せよ!」

何はともあれ、こういう公正な上司だったら、多少叩かれたくらいで反抗する気にはならないかもしれません。

決して道雪の部下が風変わりな人ばかりだったわけではなさそうです。
たとえ怖くて逆らえなかったとしても…。

半身不随についてはハテナがつくこともありますが、道雪が雷より恐ろしいと言われていたことだけは納得できそうです。というか、この雷っぷりで健康体だったら恐ろしいにも程があります。

しかしさすがの雷親父様も病には勝てませんでした。

主君・大友宗麟の無謀にも程がある島津氏討伐の失敗により、大友氏が圧倒的に不利になる中、最期まで戦い、陣中で亡くなってしまいます。
享年70。

それでもなお主家を守りたかったらしく、遺言ではこう言い残してます。

「オレはもうもたないが、死んでも殿をお守りするから甲冑を着せて敵陣に向けて埋葬するように!」

この雷親父さん、ヤル気ありすぎですよね……。

遺言は義理の息子・立花宗茂により、あっさりひっくり返されてしまうのですが、その理由は「義父上を敵地に葬るのは心苦しい」というマトモな内容だったので、さすがの道雪も勘弁してくれたことでしょう。

ちなみに漫画「NARUTO」の必殺技のひとつ「千鳥」は、このお方の名刀がモチーフです。

もう一人の九州最強・吉弘統幸! そして宗茂の従兄弟は戦場に散った

知 ...

続きを見る

雷に打たれても死なず〜ただし脚が不自由になったコワモテ道雪

編 ...

続きを見る

長月 七紀・記
【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon link
『戦国大名系譜人名事典 西国編(新人物往来社)』(→amazon link
立花道雪/wikipedia

 



-大友家, 立花・高橋家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.