その日、歴史が動いた

佐和山城の戦いで起きた【女郎墜】 三成居城を攻撃したのはまたもや裏切り者!

投稿日:

慶長五年(1600年)9月17日、近江の佐和山城(石田三成の居城)が東軍に攻められました(佐和山城の戦い)。

【天下分け目の戦い】こと関ヶ原の本戦は15日のわずか一日で決着のついたド短期決戦でしたが、実質的な総大将だった石田三成はそこでは捕まりません。
まずは背後にあった伊吹山に逃れ、その後右往左往しながら逃走を続けます。

西軍の正式な総大将は毛利輝元(毛利元就の孫)です。彼は結局、大坂城でステイしていたのですが、逆に言えばまだ兵力を温存しているということにもなります。

なんといっても毛利家は西国随一の大大名。
単独でも3万程度の兵は動員できるはずでした。

さらには、西軍最強の武将とよばれる立花宗茂も無傷であります。

立花宗茂――戦国最強の武将と讃えられた猛将の生き方とは?

【 ...

続きを見る

三成はこれを諦めきれず、再戦しようとしていたのでしょう。

そのためにはまず居城の佐和山へ戻り、支度をしてから大坂へ向かう必要があります。

しかし、その間に、佐和山城と家族が大変なことになっていたのです。

 

佐和山城の戦いに参戦したのは小早川秀秋たち

留守の佐和山城を守っていたのは、三成のお父さん・石田正継や、お兄さん・石田正澄など、石田一族が中心。

ほとんどの兵は関が原へ出払っており、残っていたのは2,800人ほどで、しかも、老兵や女性などしかいなかったともいわれています。
兵としてカウントできたのは1,000ほどだったとか。

佐和山城の曲輪

対する東軍はといえば、損耗はしているもののまだまだ兵力には余裕がありました。

先鋒は、日本史上最大の裏切り者の名をほしいままにする小早川秀秋
実は最初から東軍だと思われていたという見方が有力ですが、このとき同行していたのが、朽木元綱や小川祐忠、脇坂安治、赤座直保だったのです。

朽木、小川、脇坂、赤座の4名は、関ヶ原の当日に裏切りが判明し、大谷吉継や平塚為広らの軍を壊滅に追い込み、関ケ原の動向を思いっきり左右した人物でもあります。

関ヶ原【第二の裏切り者達】と戦った大谷吉継と平塚為広に涙がこぼれらぁ!

日 ...

続きを見る

家康はそれを知ってか知らずか。
彼らに佐和山城攻めを命じたのです。

佐和山

なお、搦め手(裏門)からの攻め手には近江出身かつ豊臣系武将だった田中吉政が配置されており、万全とも言える態勢でした(なお、この田中吉政の部隊が後に石田三成を捕縛している)。

家康自身は、佐和山の南方にある平山に陣取り、戦いの行方を眺めることにしました。

 

「女郎墜」という怖い地名

佐和山城は昔から近江(現滋賀県)の要所といわれていました。

ただ、城自体はそう大規模なものではありません。
石田一家と城兵たちは一昼夜、大軍の猛攻を防ぎきり、健闘します。

しかし、ここでまたしても裏切りにあってしまいます。

共に篭城していた三成の近臣・長谷川宇兵衛守知(もりとも)という武将が手引して、城内へ敵を引き入れ陥落させたのです。

この長谷川守知という武将、もともと東軍側から送り込まれた間者であったとも囁かれています。城外の小早川隊と連絡を取っていたんですね。

一方、内通者がいるなんて予想もしていなかった石田家。
15,000という大軍に攻め込まれては為す術もなく、三成の帰還までもたずに翌18日、一族揃って天守にのぼって自害を余儀なくされます。

なお、このとき石田方の土田東雲斎という者が櫓から金銀をぶん投げ、自害の時間を稼いだとも伝わっております。

小早川秀秋は「不届き者たちよ」と嘆いたそうですが、まぁ、雑兵たちだったら仕方のない話ですよね。石田正継や石田正澄ら一族の人だけでなく多くの者が自害し、城に火がつけられました。

『慶長記』には「天守の上の重より火見え候」と書かれています。

女性たちは敵に辱められるのを恐れ、本丸直下にある谷に身を投じた――そんな噂話から、この谷は今でも
「女郎墜(じょろうおち)」
とか
「女郎ヶ谷」
と呼ばれているんだそうです。ひえぇぇぇぇ。

こちらは城の千貫井戸

源義経や楠木正成のように、ブッ飛んだ戦法を思いつける人が城にいたら、また展開も違ったのでよう。
しかし、生真面目な石田一族にそれを求めるのは無理がありました。

そして佐和山落城により、西軍が盛り返すチャンスは完全に消えてしまったのでした。

 

彦根城から見える佐和山城跡の悲哀

この佐和山城が具体的にどこにあったか。

実は某ゆるキャラ「ひこにゃん」で有名な彦根城の目の前、直線距離にして数キロ程度のところなのです。

※琵琶湖のほとりにあり、すぐ近くには安土城も
黄→佐和山城
赤→彦根城
紫→安土城

三成は人付き合いは下手だったと思われる一方、内政は得意だったので領民からは慕われていました。

しかし、徳川が勝ったからにはいつまでも三成を懐かしまれていては困る……ということで、佐和山城は徹底的に破壊されています。
今はごくわずかに城の痕跡が残るのみで、建物らしい部分はほとんど残っていません。

彦根城は井伊直政や、後の藩主・井伊直弼ゆかりの城としても知られますね。

彦根城から見える佐和山

ちなみにこれで無事家康の機嫌を取れたかと思われた小早川秀秋は、2年後に20歳で死亡。
三成の祟りだとか大谷吉継の呪いだとかいろいろ言われています。

なお、佐和山城の陥落直前に「金銀がばら撒かれた」とあり、財宝の派手な様子を想像された方もおられるかもしれませんが、城内は極めて質素であり、三成が私腹を肥やすようなことがまるで無かったことが見てとれます。

まさに忠臣と呼ぶに相応しい――そんな三成の生涯が以下の記事にまとまっておりますので、よろしければご覧ください。

石田三成41年の生涯をスッキリ解説!関ヶ原まで豊臣を背負った忠臣の再評価

怜 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
『戦国廃城紀行 敗者の城を探る』(→amazon link
『義に生きたもう一人の武将 石田三成』(→amazon link

 



-その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.